• 締切
  • すぐに回答を!

冷蔵庫での発酵

  • 質問No.2545755
  • 閲覧数136
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
スイートロールを作る際に1次発酵後、冷蔵庫の野菜室に1晩置くと焼き上がりの生地が細かくなります。
偶然やったやり方なのですが、なぜそうなんるのか知りたいです。詳しい方の回答お待ちしてます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (907/1826)

『パン「こつ」の科学』(吉野精一、柴田書店、1993年)
http://www.shibatashoten.co.jp/bookstore/book/000257.html

この本に、「低温(冷蔵)長時間醗酵法」というのがあります。ごく大まかにかいつまむと、
・卵や砂糖、油脂類を多く使うリッチなパンは、温度が高くなると生地がべたつくので、冷蔵して作業性をよくするのが第一の目的。
・5~10℃で、2~10時間程度かけてゆっくり醗酵・熟成させると、生地の水和性がよく伸展性に優れたグルテンになる。
・生地の膨張を抑えることで、パンの密度を高めて風味や味を強調し、生地の酸化を抑制して食感の軽いパンにすることができる。
・炭酸ガス、アルコール、有機酸など醗酵の副産物もゆっくり生産されるので、風味成分をコントロールしやすく、副素材の味や風味を生かすことができる。

低温長時間醗酵法は、スイートロールのようにリッチなパンには最適な方法ということですね。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ