• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

創業費、開業費の償却について

初めての決算をむかえますが、開業費、創業費を一括で初年度に償却したいのですが、法人税法と商法では規程が違うようですので、処理方法を教えてください 出来れば仕分けもお願いします。現在は貸借対照表上繰延試算として処理しています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1544
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#24736

開業費、創業費の償却については、商法では5年間の償却となっていますが、税法上は任意となっています。 初年度で一括償却されたいとのことですが、税法上は問題ありません。 仕訳は次の通りです。 開業費 100.000 /  繰延資産  250.000 創業費 150.000 / 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 開業費の償却忘れについて

    弥生会計を導入している法人です。 今回の決算(第9期)で、貸借対照表を見ていたら、繰延資産のところに開業費(427,416円)があることに気がつき調査しました。 開業費は第1期で仕訳されており、その後一度も償却されていませんでした。 調べたところ、本来5年間で減価償却(5等分での原価償却)をする必要があるようです。 すでに期間(5年)が過ぎていますが、今からどう処理してよいのか分かりません。 今期に、このような仕訳をすればよいのでしょうか。 借方           貸方        摘要 開業費償却 427,416 開業費 427,416 第1期~第5期の決算時償却忘れの為処理 ご教授よろしくお願いいたします。

  • 繰延資産の償却

    繰延資産の償却 法人税法上、創業費・開業費は任意償却となっています。 この意味は (1) 資産とした場合、極端な話、永久に償却しなくてもかまわない   のでしょうか。 (2) 資産計上して、償却する場合。毎期好きな金額を好きな期間に   わたって、償却してもよいのでしょうか。 (3) 決算書の注記は、任意償却と記載すればよいのでしょうか。 (4) 別表は初年度資産計上した場合でも、つける必要があるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 開業費の処理

    商法では開業費は繰延資産として5年以内償却で、税法上は一括で償却できたと思うのですが、ということは、実際の支出額を経費で処理してしまって良いということでしょうか? 最近この開業費に関して改正がありましたでしょうか?

  • 開業費の償却について教えて下さい。

    開業して3年目になります。 初年度の開業費を繰延資産としたのですが、1年目、2年目共に赤字だったので償却しませんでした。  3年目の今期は黒字になりそうなので、繰り延べした資産を償却したいのですが、2年分はどうなるのでしょうか? 100万円の資産だった場合、 20万円しかだめなのか、30万円償却できるのか、それとも任意の金額(全額?)償却できるのでしょうか? どなたかご存知の方、教えていただけないでしょうか? お願いします。

  • 定率法による減価償却の仕訳方法について

    はじめまして。現在簿記を勉強しておりますが、以下の仕訳で悩んでおります。もしお分かりの方、助言をお願いします。 問題は以下のとおり 本店・支店のそれぞれの残高試算表を元に本店・支店合併の貸借対照表を作成します。 (1)備品について、定率法により減価償却を行う。償却率は25%である。 残高試算表 貸方        本店     支店 備品        500,000 400,000 減価償却累計額  1 20,000 40,000 (ほかにも科目ありますが省きます) この場合、 備品 本店500,000+支店40,00×25%=225,000(減価償却費) もとある減価償却累計額 本店120,000+支店40,000+225,000(備品の償却費)=385,000→この金額を貸借対照表の減価償却累計額に記入 ・・・上記処理で正しいのでしょうか? また貸借対照表の備品科目は900,000のままでいいのしょうか?色々調べましたが類似した問題がありませんでしたので、教えてください。 尚、説明が不足している場合は補足いたしますのでご指摘ください。よろしくお願いいたします。

  • 開業費を償却しないって可能?

    青色申告2年目の申告になります。業績が芳しくないため、5年定額の減価償却で始めた開業費の償却を今年度は0円で、次年度に繰り越すことって可能なのでしょうか?商法では開業費が任意償却だが、税法上は強制償却だから不可という話も聞きましたが、ならば1円でも計上すればよいのか、などと悩んでいます。よろしくご助言ください。

  • 原価償却の仕分け

    減価償却資産の名称等(繰延資産を含む) - 車 面積又は数量 - 1台 取得価額  350,000円 償却の基礎になる金額 315,000円定額法で2年です 償却率 0、5 本年中の償却期間 12ヶ月  本年分の普通償却費 157,500円 本年分の償却費合計 17,500円 事業専用割合 50  本年分の必要経費算入額  78,500円 未償却残高 48,062円 になりました。 この時の貸借対照表の期末の車輌運搬具の金額と損益計算書の減価償却費の金額ですが教えてください。また正しい仕分けを教えてください  仕分けが                 貸方 車輌運搬具 78,500 借方   事業主貸  78,500       減価償却費 78,500    車輌運搬具 78,500 としました。損益計算書の減価償却費78,500と記入しました。         貸借対照表を車輌運搬具(期首)205,562(期末)48,602 にすると資産が78500円多くなります。済みませんが分かる方ご指導ください

  • 減価償却の未償却額

    会計ソフト"でき○○"で会計処理をしています。 経理の知識がないので、意味はよくわからぬまま入力しています。 Q1. 減価償却の項目では 耐用年数を過ぎた物は「償却」できないようになっていますが 未償却額は残っています。 これは100%償却できなくて何%かは残るようになっているものでしょうか? Q2. 貸借対照表の資産には (1)未償却額と同額の科目 (2)未償却額の合計より少ない科目 がありますがなぜでしょうか? 素人の推測では (3)未償却額は取得価格に対して償却した残りの金額であって 現在、その金額の価値があるわけではない・・・ということでしょうか? (4)貸借対照表の資産は簿価としてその価値がある・・・ということでしょうか? 税務署からクレームを受けたことはありませんが、 意味がわからず悩んでいます。 ご教授、よろしくお願いします。

  • 日商検定 貸借対照表 減価償却累計額の表示

    はっきり知っている方がいたら教えて下さい。 例えば試算表に備品減価償却累計額と書いてあるときに、貸借対照表を書くときには「減価償却累計額」ですか。「備品減価償却累計額」と書いてはいけないのでしょうか。

  • 貸借対照表における開業費(個人・青色申告)

    恐れ入ります。初めての青色申告です。 開業費は繰延資産で、5年の減価償却をしようと思っています。 50万の開業費とし、今年申告分は10万円だと思います。 作成した貸借対照表を見ると 【資産の部】の開業費には、何も記載されず、 【製造原価】のその他の製造経費の欄に 減価償却費の下に開業費と項目が追加され、 そこに40万円と記載されています。 上記のままではおかしいでしょうか? もしおかしければ何が原因なのでしょうか?? どうぞお助け下さい。 よろしくお願いします。