• 締切済み
  • 暇なときにでも

矩形波に関する疑問

矩形波は基音と奇数倍音の重ね合わせにより人工的に作られた波ということですが、周波数10kHzの矩形波は周波数10khzの正弦波のように聞こえるのですか。10kHzの矩形波は10kHz、30kHz、50kHz、・・・の重ね合わせであるけれども、人間の可聴周波数は20Hz~20kHz。ならば30kHz以上は聞こえない→10kHzの正弦波と同じということにはならないのですか。説明お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数474
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

> 矩形波は基音と奇数倍音の重ね合わせにより人工的に作られた波 これは逆に考えた方がいいと思います。 矩形波は電子回路(マルチバイブレーター)で簡単に作れます。 これを周波数分解すると上記のようになるのです。 CDのサンプリング周波数が44.1kHzなのは人間の可聴周波数20kHz×2に若干の余裕を加えたものです。 しかし今は反省されて高音質のものはサンプリング周波数を上げています。 30kHz単独では聞こえなくても10kHzと30kHzを同時に聞くと10kHz単独の音とは明かに違うそうです。 個人差もあると思いますが人体とは複雑なもののようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 正弦波と矩形波(方形波)

    正弦波と矩形波(方形波)についての質問です 同じ周波数、同じ音圧で正弦波と矩形波のそれぞれを聞くと正弦波より矩形波のほうが鮮明に聞こえますが、これは何故なのかがよくわかりません。矩形波が周波数f、3f、5f、・・・(2n-1)fの重ね合わせによる波であることが関連しているのではないかと思いますが、よくはわかりません。考え方は間違っていないですか。 回答のほうをよろしくお願いします

  • 矩形波から正弦波を作る。

    矩形波から正弦波を作る。 矩形波からRLCフィルタを通して正弦波を作っています。 周波数は10KHz程度です。 そこで、矩形波に対する正弦波の振幅を机上で算出しようとしているのですが算出値と実機の測定値が合いません。 算出方法は、RLCフィルタのインピーダンスを求めて減衰率を算出し、矩形波の振幅(Vp-p)値に減衰率を掛けています。 例えば、5Vppの矩形波に減衰率が0.5だったとすると、正弦波は2.5Vppになると考えているのですが、実測値は、2.5Vppよりも若干大きくなってしまいます。 これは何故なのでしょうか? 矩形波には奇数次の高調波が含まれますが、実はこの高調波成分に起因して、単純なインピーダンスによる減衰率計算に誤差が生じているのでしょうか? 理屈が分からず困っています。 正しい算出方法を知りたく、ご教示下さい。

  • 矩形波を使って正弦波を作る時

    ロジックICから出力した矩形波を使って、同じ周波数の正弦波を作りたいのですが、何か良い方法がありますでしょうか?(周波数は480kHzです。) とりあえず、今思いつくのは、矩形波をLCフィルタに入れる方法くらいですが別の方法があれば是非。

  • 回答No.2
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率28% (1434/5099)

そのとおりです。 周波数10kHzの矩形波は周波数10khzの正弦波のように聞こえます。 もっと周波数が低いと汚い音に聞こえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

人間の耳は重ねあった波形の結果を聞きます。 ですから元の周波数が何であるかの判断はつきません。 10kHzの正弦波と10kHzの矩形波は別物ですので別の音として聞こえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 3MHzの発振器を探しています/矩形波を正弦波に

    FM変調で信号伝送を行おうと思ってます。切実に悩んでます! 直流電圧(入力信号)1~4Vの入力で周波数を変化させて正弦波を出力できるVCO回路を探しています。 発振周波数は3MHz付近で入力信号に応じて変わってほしいです。 当初、VCOのICを利用しようと考えたのですが、どのICも矩形波出力でしたのであきらめていました。 そこでバリキャップダイオードを使ってクラップ(コルピッツ)発振回路を組もうと思っていたのですが、LC発振は外部の影響ですぐに発振が止まったり不安定になるということを聞きました・・。 ですので、やはりICで出ているVCOを利用した方がよいのではないかと思い始めています。 外部に接続したコンデンサによって矩形パルスの周波数を調節できるパルスICが存在するようなので、その矩形波をなんとか正弦波に変換したいのです。(コンデンサはバリキャップダイオードに置換して電圧制御させる) そこで以下の方法のいずれかで実現できないでしょうか?? ・矩形波入力に同期して正弦波を出力してくれるICは存在しますでしょうか? ・矩形波から基本波を出すとして、フィルタ回路が考えられますが、今回はFM変調に用いますから、矩形波は3MHz付近で上下に変動するわけです。変動幅のある矩形波をすべてきれいな正弦波にフィルタすることは可能なんでしょうか? あるいは・・ もしかしたらそんな苦労せずとも、3MHz付近で電圧制御できる正弦発振ICは存在するのでしょうか? 長くなって申し訳ないですが、どうか知恵ください。よろしくお願いします!m(__)m

  • 矩形波 正弦波

    1MHzの矩形波から1MHzの正弦波を生成する方法を考えているのですが良い案があれば教えてもらいたいです. 矩形波はクロックとしてデジタル回路で用いています. 生成した正弦波はAM変調回路における搬送波として用いたいです.

  • 矩形波の角を取りたい

    表題の通り、矩形波の角を取る回路を教えてください。 現在、とあるセラミックスピーカーを±50Vの矩形波で駆動しています。この音を柔らかくするため、正弦波に近づけたいと考えています。しかし完全な正弦波ではなく、目指している波形は、高次高調波が失われた矩形波のような「角の取れた矩形波」です。 角をとる最も簡単な方法といえば、積分回路を使う方法だと思います。しかし、この方法ではパルスの立ち上がり部分が急峻になってしまいます。これだと柔らかい音にはなりませんでした。今度は、立ち上がり部分も滑らかにしたいと考えています。 発振回路などを増設方法ではなく、あくまで「パルスの角をとる方法」を教えてください。どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 簡単に矩形波を正弦波に変換する方法はありませんか?

    市販のフィルタや雷サージ機能の内蔵されている電源タップなどで正弦波にできると良いのですが、無理でしょうか? また、きれいな正弦波ができないとしても、使用することで矩形波が正弦波に近い波形になるものがあれば教えていただきたいです。 ちなみに、正弦波に変換したい理由ですが、 矩形波のUPS(無停電電源装置)を使用しているのですが、 矩形波だと機器によって不具合が出るようですので、 UPS(無停電電源装置)を買い換えずに対策できればと思っています。

  • フィルタ回路をつくりたいのですが・・・(矩形波をSin波に変えたいです)

    自作でPLL(フェイズロックループ)回路を作りました。そこから80Hzの矩形波を2チャンネルで出力させて、1つをロックインアンプのリファレンスに入れ、もう1つの出力加振器を動かしたいのですが、矩形波では無くSin波で動かしたいので、この矩形波をSin波に変えたいと思いました。 つい先日、矩形波はフーリエ展開をすれば、Sin波の基本周波数と奇数倍の周波数の足し合わせということを習いました。 なので、この80Hzの矩形波から基本周波数の80Hzのみを取り出せる(通過させられる)フィルタを作れば良いのではと考えました。 そこで、80Hz以上の周波数成分を除去すれば良いのではと考え、RCローパスフィルタを作り、通してみました。 「ω=2πf=1/RC」から、C=0.1μFとして(持っていたので)、Rを求めて作りました。 結果は、矩形波の立ち上がりはSin波のような出力でしたが、下がるところがゆるやかで、1周期として見るとノコギリのような形になってしまいました。「なってしまいました」というか、RCフィルタはそういう特性をもっているのだと、参考書を見て先ほど分かりました。 なので、矩形波からきれいなSin波をつくるには、どのようなフィルタ回路だと良いのか、ぜひ教えてください。 出来れば簡単な回路が良いのでRC回路が良いのですが、無理ならLC回路やオペアンプを使った回路などもお願い致します。 今はバンドパスフィルタでは??・・・とも考えています。 回路の初心者なのですが、宜しくお願い致します。

  • 矩形波のデューティ比を50[%]にするには

    デューティ比50[%]の矩形波を生成したいと考えています。周波数は数Hz~8MHzまで可変したいと考えています。TLC555で発振させています。その後段に周波数を変化させてもデューティ比50[%]にする回路が必要となりますが、どのように回路を組めばよいのか分かりません。教えて頂けるようお願いいたします。

  • エージング:矩形波などについて

    現在、Creativeのヘッドフォン:Aurvana Live! を購入し音量は普通より若干大きめで音楽のランダム再生をしてエージングをしております。(ジャンルは様々) 質問は主に二つあります。 そこで、こんな自己流でいいのかと思い色々と調べてみました。 その結果、高音はエージングしても大差がなく、主に低音部分が慣らされる感じということがわかりました。 肝心のエージングの方法ですが、5Hz~10Hzの矩形波(トトトトトという音の波形?)を20時間程度流せば良いということがわかりました。しかし、ピンクノイズが良いという情報も… ここで一つの質問です。 ●矩形波とピンクノイズはどちらがエージングに適しているのでしょうか? 次に、矩形波が適していると仮定して、再生する周波数5Hz~10Hzとありました。 しかし、Aurvana Live! の周波数帯域が10Hz~でした。 二つ目の質問です。 ●『矩形波を定格入力すると危ない』のようなこともあったのですが、この場合はAurvana Live! で5Hzの矩形波を流しても大丈夫なのでしょうか? 定格入力について調べてみましたが、よく理解できず、こんな質問になってしまいました。申し訳ありません。 それでは、宜しくお願い致します。 長々と質問してしまい本当に申し訳ありません。

  • UPSの矩形波とPCの正弦波

    APCの家庭用のUPSを検討していますが、 バックアップ時の電源供給が矩形波となっています。 但し、N社製のPCは正弦波のみ対応と仕様に書かれています。 これを、メーカの窓口へ問合せたところ常時でなければ矩形波でも 問題はないと思うとの回答でした。保障はできませんがと付け加えられましたが。 実際のところ、停電時の数分とかであればパソコンは矩形波でも問題ないのでしょうか。

  • 矩形波と正弦波の半波整流

    矩形波の半波整流を行っていますが、半波整流した直流電圧を算出できる式はないでしょうか? 実験値と比較してみたいのです。 また、正弦波を半波整流した時と矩形波を半波整流した時では整流後の直流電圧値は異なります。(実験結果から矩形波の方が高い) 感覚的には分かるのですが、理論的にこの理屈を説明できる方がいれば助言お願い致します。

  • OFDMの電波って矩形波で飛んでくるの?

    すごいアホなタイトルですみません。 添付画像はウィキから持ってきました。 素朴な疑問なんですが、OFDMの波形って フーリエ変換すると、添付画像みたいに ピークがあってサイドローブがあって、みたいなパワースペクトルに なるじゃないですか。 元の波が矩形波だと、こういう周波数特性になるとすると、 実際に空間に伝搬するときも、電波は矩形波で来るのでしょうか? もしそうだとすると、矩形波で伝搬する電波って、不思議ですよね~ 本当にそんな形で空間を飛ぶのか、信じられません。