• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:コンマ無しの関係代名詞)

コンマ無しの関係代名詞と非制限的用法

このQ&Aのポイント
  • コンマ無しの関係代名詞と非制限的用法についての仮説(A)と(B)について調査しました。
  • 仮説(A)では『非制限的用法』においてコンマ無しの'that'が多く見られます。
  • 仮説(B)では『非制限的用法』においてコンマ無しの'which'が多く見られます。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • fwkk8769
  • ベストアンサー率61% (160/259)
回答No.2

回答の数が少ないようなので一言私見を述べさせていただきます。 ● 仮説(B)について。 (「非制限的用法」において コンマ無しの "which" で済ます場合が非常にたくさん見られる) 確かに英字新聞などを読んでいると、非制限用法であるにもかかわらず「コンマ無しの "which" で済ます場合が」「たくさん見られる」ように思います。 まず、次のサイトのNo.15と13が参考になります。(http://club.japantimes.co.jp/blog/qa/index.php?blogid=9&archive=2005-11) ただし、1897年に出たある本によれば非制限用法全体の90%でケースでコンマは用いられているそうです(←Pam Peters, ”The Cambridge Guide to English Usage” CUP, 2004, p469)。つまり、「「非制限的用法」において コンマ無しの "which" で済ます場合が非常にたくさん見られる」の『非常に』にという部分には私は抵抗があります。 また、渡辺登士ほか著『英語語法大事典・第4集』(大修館書店、1995年、p.1149)も関係詞whoに関連して、「実際には非制限用法の関係詞の前にコンマがない例は決して少なくありません」と書いています。 ● 仮説(A)について (「非制限的用法」において コンマ無しの "that" で済ます場合が非常にたくさん見られる) 私はこの表現自身に抵抗感を覚えます。結論から言うと「コンマ無しの "that"」は確かに先行詞を「制限[限定]」するものではないものの、かといっていわゆる「非制限的用法」とは異なるものと私は見ています。 そもそも質問にある例文(A)(the Third Army that was arrayed in...)にあるthatははたしていわゆる「非制限的用法」のthatなのかという点で、私は現時点ではそうとは言い切れないようにとらえています。 例えば上述の『英語語法大事典・第4集』(pp. 987-988)は 1. the rain that nourishes the crops and the sun that ripens them … という例文を挙げて、この2つのthatはいわゆる限定用法とは異なり、「すでにそれ自体限定されている先行詞のもっているある特徴をとくにとり出して記述する節」を導く用法であると説明しています。そしてこのthat …の節は 「the cruel Nero の cruel という形容詞と同じものと言えましょう」 と補足し、さらに 2. the rain which nourishes the crops … のようにwhichを用いるとほかにnourishes the cropしないsunなど、いくつかのsunsの存在を認めていることになってしまい、一方 3. the rain, which nourishes the crops, … の「非限定用法」のwhichを用いると、which …は挿入されたという感じで、” which …” の節の記述に置かれる表現の重点が、英文1のときよりもはるかに軽くなってしまう、と言っています。 また同書は、同じ限定[制限]用法でもwhichとthatでは「差異」があり、指示代名詞に由来するthatの方がwhichやwhoにくらべて「限定力が強い」ということができるとしています。このthatの特徴をジャパンタイムズ編集局の伊藤サム氏は、先行詞とthat以下を「強力に溶接し、一体化する」(また、「前後の意味を強烈に接着して一つの概念にしてしまう」とも表現しています)ものと説明しています(The Japan Times 2005年5月26日付け第17面の「英字新聞Q&A」の回答より)。 ● 因みに私自身がこのカテで取り上げた関係詞thatの用例: Such transactions are illegal under the Organ Transplant Law that went into force in October 1997. (http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2447209) もこの「先行詞とthat以下を『強力に溶接し、一体化する』関係詞thatの用法かな、と今思っているところです。

noname#23004
質問者

お礼

a) Japan Times のオフィシャルQ&Aサイト(ブログ形式)があったなんて知りませんでした。とても役に立つリンクで、本当に感謝しています。今まであいまいにしてきた点が明確に解説してあり、梅雨明けのような爽快な気分です。 b) 『英語語法大事典・第4集』の2に関しては「それ、that と逆じゃないのかな」と思ったのですが、それ以外は鱗が目から落ちた気分です。that を溶接になぞらえるのはすごく視覚的で、インパクトは最高です。その比ゆを利用させてもらいたいと思います。 私なりの言葉で言うと、関係代名詞と言っても形容詞の変形と考えたら楽です。その際、that のほうが which より「密接な(fwkkさんの言葉では溶接し、一体化する」一種の後置形容詞、と。 (あ)まさに「付加的形容」のときはコンマと関係代名詞、 (い)「すごく密接」のときは普通の制限的用法 その中間はコンマなしで済ます。 でも、ジャパンタイムズ編集局の語るように大半の人はルースである。 と自分なりにまとめてみました。この回答は自分がめぐりあったベスト10の回答に入ります。ネット越しですが拍手と祝福を送らせていただきます!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • amip
  • ベストアンサー率53% (69/129)
回答No.1

まず、the 3rd Armyは固有名詞ですか? 非制限用法の意図は、その唯一のものに対して説明を付け加える事にあります。 制限用法との違いは何かというと、例えば (A) He is Taro, who is good at math. (B) He is Taro who is good at math. (A)の文は「彼は太郎で、算数が良くできる」 (B)の文は「彼は(たくさんいる太郎のうちでも)算数が良くできる太郎だ」 という意味になります。つまり、制限用法の「制限」というのは、先行詞に対する制限、すなわち限定になりますので、(B)の文は「たくさんいる太郎のうちでも」というニュアンスになってしまいます。だから、固有名詞についてはコンマ付の非制限用法が使われるのです。 あんまり質問の答えになっていない気が・・・すいません。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 関係代名詞 which that の使い分け

    こんにちは。 関係代名詞の which と that の使い分けについて質問です。 ご存知のように関係代名詞には制限用法と非制限用法があります。 それらの区別について日本の中学校高校では以下のように教えますよね。 ・制限用法にはwhich that 共に使える。 ・非制限用法にはwhichのみ使える。whichの前にコンマ(,)を打つ。 日本の学校では関係代名詞の主役はwhichであり、「コンマ」で 制限・非制限の区別を語ります。 thatは制限用法で使えると教えますが、脇役のような扱いです。 最近 which と that の使い分けを調べていたのですが、ネイティブのサイトを見ると 限定用法では基本的に that を使い、which は非限定用法で使うと書いてあります。 限定用法でwhichを使うなとは書いてはいませんが、そのような使い分けが明快だと 書いてあるサイトが複数ありました。 なかなか面白いなと思いました。 日本の学校教育(特に高校)で関係代名詞の主役を which にして 制限・非制限用法を語る際にコンマに焦点を当てる理由を 考えてみると、試験問題にしやすいからかもしれませんね。高校時代に that と which の区別を詳しく習ったことは一度もありませんでした。 一方ネイティブは、コンマの有無よりもthat とwhichの使い分けで悩む人が多い。 話がそれました。 質問に戻りますと、日本人でも英語に堪能な方はthatとwhichの区別を意識して いらっしゃるのでしょうか?例えば限定用法では原則thatを使うとか、 特定の場合にはthatでそれ以外はwhichを使うとか。 ご回答よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞の制限用法と非制限用法

    学校では関係代名詞の制限用法と非制限用法の違いはコンマの有無にあると教わりました。 でも私の本によると、コンマの有無は勿論ですが、 先行詞が人の場合は 制限用法も非制限用法も関係詞はwhoになりますが、それ以外の場合は 制限用法の時がthatで 非制限用法の時がwhichを使うそうなのです。 ということは、whichは制限用法では使えないことになるのでしょうか? 逆に学校では thatもコンマで区切れば非制限用法として使っていたような気がするんですが。

  • 関係代名詞のところです お願いします

    「(a)(b)がほぼ同じ内容になるように( )内に適語を入れなさい。」 という問題です。 (a)Azusa understood the example written in English. (b)Azusa understood the example (that) (was) (written) in English. ( )内の関係代名詞を that にしたのですが。模範解答では「which」となっていました。 この場合、that ではダメでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 関係代名詞について教えて下さい。

    関係代名詞で、「Which」と「, which」は、 用法として異なります、 一方で、thatを使った関係代名詞の場合には、「that」しか使えないわけですが、 この場合には、「Which」とは同じ用法でしか使えないということなのでしょうか?

  • 関係代名詞の非制限用法?

    以下の文を見た上で私の質問に答えてください。 SAN FRANCISCO----Voters' economic status and religious convictions played a greater role than race and age in determing whether they supported the Nov.4 ballot measure outlawing same-sex marriage in California,a new poll shows. 質問:文の最後の動詞であるshowsが、Voters' ~Californiaまでの節を関係代名詞の非制限用法として目的語をとっているのでしょうか?そうでなければ、何故カンマがあるのか説明がつかないと思うんです。でも、非制限用法ではwhichは省略できないとききました。。 何故カンマがあるのだろうか、、このカンマはどのような用法なのだろうか、、?

  • コンマ(,)+スペース+関係代名詞whichのイントネーション

    次の2つの例文A,Bは互いに文の意味するところが違いと思います。 A. Today’s environmental problems entail diverse economic issues, which directly involve zero-sum options in a global scale. B. Today’s environmental problems entail diverse economic issues which directly involve zero-sum options in a global scale. そこで質問ですが、例文AとBで、関係代名詞whichの前にカンマ(,)+ スペースがある場合とない場合とでは、文を読み上げるときイントネーションに違いがあるのでしょうか? もっともBの例文は米語ならwhichの代わりにthatを使うのかもしれませんが。

  • 関係詞:固有名詞を先行詞にできる?

    中学の娘の問題集で見つけました。 Mr.Tanaka that we know very well is a kind doctor. 関係詞の先行詞は固有名詞はNGだと習っていたのですが、この文章は正しいですか? 固有名詞の後にカンマもありませんので非制限用法でもありません。 宜しくお願いします。

  • 関係代名詞の非制限用法について

    関係代名詞に関して質問させていただきます。 次のような問題と解答があります。 問.次の二つの文を関係代名詞を用いて一つにせよ。 My only son often writes to me.  He lives in New York now. 解答.My only son, who lives in New York now, often writes to me. → この問では、My only son を先行詞とする関係代名詞 who を、非制限用法で用いることが求められています。これは先行詞が特定の人物を指しているからだということは、よくわかります。この場合、初学者からは 「who の代わりに that を使ってはいけないのか?」という質問が出ますが、その場合、「that は非制限用法では用いないから」と答えるようにしています。 ところで、 This is the only paper that contains the news. 「これがそのニュースをのせている唯一の新聞だ。」 のように、先行詞にonlyがついている場合にthatを優先的に用いることはよく知られていますが、先ほどの私の解説を逆手にとって、「先行詞にonlyがついているのだから、関係代名詞は非制限用法にせねばならないのではないか。その場合、thatを非制限用法で使えない以上 which を使って、This is the only paper, which contains the news. と書き換える処置をすべきではないか」という意見が学生から出ました。 もちろん、学生が提案したこの文に対しては、the only paper がどんな意味で「唯一」なのかがわからないままにコンマが現れ、そこでいったん意味が途切れてしまうので、この文を読む者は奇異に感じるであろう、と答えることはできるかと思います。 しかし、この場合でも、「先行詞が唯一のものを指す場合に関係代名詞thatを優先的に用いる」というルールと「先行詞が特定できる場合に関係代名詞を制限用法で用いてはいけない」というルールとが両立することを説明するのに依然として苦慮します。 このようなケースにどのように対応すればよいでしょうか。少し長いですが、教えていただければたいへんありがたいです。

  • TOEIC で関係代名詞の問題

    TOEIC で関係代名詞の問題ですが、 The accounting department identified an unusually large expense incurred during Mr.Osborne's business trip _______required approval from a manager. (A)that (B)when (C)what (D)who の問題で、(D)whoを選択したところ、 答えは(A)thatでしたが、なぜthatを入れるのかがいまいちわかりません。 先行詞が固有名詞だと限定されるそうですが、カンマ、whichだと whichも使えますか? また同じような文章が出たときにどのような対策、判断をすればよいのか ご教授お願いします。

  • 関係代名詞の非制限用法

    関係代名詞の制限用法と非制限(継続)用法の違いが分かりません。 The boy who brought the message is waiting.(制限用法) This essay was written by a friend of mine, who lives here.(非制限用法) 下の文は「エッセーは私の友人により書かれ、そして彼はここに住んでいる」となりますが、それなら This essay was written by a friend of mine who lives here. とすればいいわけで、わざわざコンマを入れる必要もないと思われます。どうしてこんな表現をわざわざ使うのかが分からないので教えてください。両者の違いがよく分からないのです。

MFC-J4440Nの受信設定
このQ&Aのポイント
  • MFC-J4440Nのfax受信設定で外付け電話がFAX付き留守電の場合、本機でfaxを受け電話で留守電を受けたい。
  • お使いの環境はWindows10で無線LANに接続されています。
  • 電話回線の種類はひかり回線です。
回答を見る