• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

未来形の will と be going to について

willと be going to はどちらも未来形ですが、文章の内容によっての使い方がわかりません。教えて下さい。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数45
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

使い方の違いは簡単です。be going to は事前に今後の予定(又は計画)が決まっている時に使います。 willは事前に今後の予定が決まっていないで、その場で何かを決める時に使います。 以下の例文を見てください。 「明日はなにをするの?」と友人に尋ねられた時に「明日はテニスをする。」と答える場合を例示しました。 I am going to play tennis tomorrow.「明日はテニスをする予定です。」は友人に聞かれる前から、テニスを明日するのだと決めていた時の答です。明日の予定はもう既に決まっていたわけです。 I will play tennis tomorrow.「テニスをしようかなあ。」は尋ねられて初めて明日、何をしようかと考えて「そうだなあ、テニスでもしようかなあ。」といった感じで使います。 どちらも未来を表しますが使い方の差異、参考になりましたか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

使い分けがよくわかりました。日時、買い物、などきまっている事柄は be going to で、 そうしようかなと思う時は will を使えば良いのですね。 教えて頂いて有難う御座いました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

 俺の講師だったアメリカ人によりますと、will は確定した覆せない予定に使うんだそうです。  電話が鳴った場合に "I will get it"(私が取る)と言ったり、またはカーチェイス中に助手席から "I'll control!"(代われ!)と言えば、それがすでに決定した予定であることをアピールできます。  実際にはほとんどのケースでは思いつきを述べることにしか使えないわけなのですが、文章の場合には、遠い未来の場合でも確定された未来を述べるケースもあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • willやbe going to以外の未来形は?

    ある動画で見たのですが、willやbe going toだとネイティブが話している未来形が完全に再現できません。 ネイティブはwillやbe going to以外に5つの未来形を使用するらしいです。 考えられるとすれば何でしょうか?

  • will  と be going to

    こんにちは。また教えてください。 シャドーイング用に使っているテキストにこんな文章があります。 Next year,my father will be going to New York,and so will I. (父は来年、ニューヨークへ行きます。私もついて行くつもりです。) 1.未来をあらわす「will」と「be going to」が続いているので「おや っ?」と思ったのです。 「will+be+ing」で未来進行形と解釈する と意味が変になるよう な 気がします。 「will」をとって、「my father is going to go to New York・・・」でいいと思うのですが・・ 2.もうひとつ。「・・・and so will I」はなぜ「I will」ではない のでしょう?  以上、よろしくお願いします。

  • will と be going to

    will と be going to では未来形ですよね?この2つはなにが違うんですか? (意味がという意味です。)

  • willとbe going to の使い方

    willは未来のことであっても、その場で決めたような内容の未来を表す時、be going to は既にそうすると既に決めていることがらについて表す。このように分けて使うと聞いたことがあります。自分でも納得したつもりだったのですが、分からないものが出てきました。 how much longer will you stay? と英語のドラマでいっていたんですが、これはなぜなのでしょう? あとどのくらい滞在するかは普通決まっているのでhow much longer are you going to stay?とならないのでしょうか? お分かりの方宜しくお願いします。

  • be going toとwillの併用

    正確に言うとbe going toとwillには意味の違いがあるかもしれませんが、 いずれも未来を表現して「~だろう」と訳すと思っていました。 また、 一緒に使う事はないとも思っていました。 しかし、 以下の文を辞書で見つけてしまいました。 We will be going to have a pool party, so bring your togs and towels. (プールパーティーをするから水着とタオルを持ってきてね) この文章のwillとbe going toはどう解釈すべきでしょうか? よろしくお願い致します!

  • will be going to

    I will be going to see you very soon. (1) He will be going to play tennis at 3pm tomorrow. (2) という文を見たのですが、これらは以下の文章とどのような違いがあるのでしょうか? I will see you very soon. (3) I will be seeing you very soon. (4) He will be playing tennis at 3pm tomorrow. (5) will be going to ~ と、will be ~ing の違いを教えてください。 そして、(1)(3)(4)、(2)(5) はそれぞれどのような意味合いになるのか教えて頂けると有難いです。 どうぞよろしくお願いします。

  • will と be going to do について

    willとbe going to doでは、どちらが確実な未来を表すといえますか? 分かりやすく教えてください。

  • be going toの比較的近い未来とはいつまで?

    be going toは比較的近い未来を指し、Willは近くても遠くてもよいと聞いたことがありますがbe going toの「比較的近い未来」とはどのくらい先までを言ってますでしょうか?1週間?1月後?言っている本人の主観?「就職がそこに内定いるので来年必ず入社する。」なんて場合はbe going toでいいのでしょうか?

  • willとbe going to について

    be going to については、根拠のある予測、心づもり will については進行中の予測、近い未来の確実な予測 とあります。 Look out! Your baby (will / is going to) fall off the bed! について、選択しなくてはいけませんがこの場合、根拠のある予測とも近い未来の確実な予測ともどちらでも取れそうで決めかねております。 日常生活では恐らくどちらでも良いのでしょうが、問題としてとく場合はどうなるのでしょう? どうか教えていただけますか?

  • will と be going toについて

    参考書の例文に"Do you know that a new building will be build next year?" と書いてあったんですがこれはなぜbe going to じゃないのでしょうか? あらかじめ決まっていることはbe going to で、その場できまったのはwillって習ったんですが。 それを考えるとbe going to のほうが・・って思ってしまうんですが。わかる方、回答お願いいたします;