• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

フランスなどのワイン生産国ではぶどうを食べることはありますか?

フランスやイタリアなどワインの生産国では、食べるぶどうは売られているのでしょうか。フランス人やイタリア人、他のワイン生産国の人は日本人のようにぶどうをデザートとして食べたりしますか。もし、そうなら、ワイン用のぶどうの種類と同じか、そうでないか、ご存知の方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数485
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

フランスもイタリアも同程度の葡萄栽培面積を持っていて トップのスペインの次に位置しております。 追加のご質問には、ちょっと調べて見ましたが、いまだ確りとして回答が出来ません。 一ついえるのは、緯度の関係からフランスの収穫期は8月から10月末頃、一方イタリアは8月から12月であり、且つ食用の中心である品種ITALIA(別名IDEAL) の色々な銘柄を栽培していることもあり多く生産できる環境にあると考えられることです。 此れがITALIAの画像です。多少楕円卵で皮が厚めで 齧る感じがなんともいえない葡萄です。 http://www.premiumwanadoo.com/charlyprimeur/article.php3?id_article=136 http://www.ecole-plus.com/dessin(5)/cepages.htm 因みにフランスで栽培の主要な葡萄の種類 食用: Italia, Alphonse Lavallee, Chasselas,Muscat ワイン用:(赤)Carignan, Grenache, Merlot, Cabernet-Sauvignon, Syrah, Gamay, Cabernet franc, Pinot noir ワイン用:(白)Chardonnay, Sauvignon, Semillon, Melon, Chenin, Colombard, Riesling 力不足です、お許し下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

重ね重ねご丁寧な回答、感謝申し上げます。ご親切に甘えて、もう一つだけ質問させていただいてもよろしいでしょうか。もし、フランスやイタリアで生食用のぶどうをお食べになったご経験があれば、食感や甘み、酸味は日本の生食用ぶどうと比べてどんな違いがあるか、教えていただければ本当にありがたいのですが。向こうの人は日本人のようにしっかりした実より、熟したくちゃくちゃしたほうを好むと聞きましたが、本当でしょうか。値段は日本に比べやすいのでしょうか。日本では傷や実が欠けていると売り物にならないとされますが、むこうではどうなのでしょうか。そういう事情をご存知であれば、教えてください。よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • あなたはイタリア派?フランス派?

    食べ物・料理がどれもおいしく、デザートも最高。 ついでにおいしいワインもいっぱい。 多くの有名デザイナーを輩出していて、おしゃれな服・雑貨などがいっぱい。 どこに行っても美しい町並みで歴史もある。 すばらしいオペラ・バレエが見ることができ、 美術館も多く芸術があふれている。 観光名所もいっぱい。 上記のことはイタリア・フランスに共通して言えることだと思います。 日本人だけでなく全世界の人の人気観光国イタリアとフランス。 皆さんはイタリア派?フランス派?

  • フランスとイタリアどちらが好きですか?

    人(国民性)、文化、建築、食べ物、街・・・と比較対象はなんでもいいのですが、 フランスとイタリア、どちらが好きですか? 私は初め、パリにすごく憧れていましたが、街の汚さと悪臭と人の性格の悪さに幻滅しました。 そして治安が悪いと思っていたイタリア(ローマやフィレンツェ)の方がパリよりは格段にマシ(きれい) で、何よりフランス人よりは接しやすく感じました。 みなさんはどんな印象をお持ちですか? ---------- ちなみに在パリの日本人の方が、在フィレンツェの日本人より明らかに高飛車だったのは受けましたw 在パリ日本人 「あなた、パリ初めて?」 「たとえフランス語ができたとしたって、パリジャンヌとコミュニケーションが取れるかどうかなんてわからないわよ。(私はもう大丈夫だけどね・・なんたって在パリですからwみたいな感じで」 「パリは快適」「世界一美しい街」・・・道端に堂々と散らばる大量の犬のう○こ、おしっ○臭い地下鉄、それらをもちろん知ったうえでの発言なんでしょうが、どこを見てそう言い切れるのか不思議でなりません。もはや意地?負け惜しみ? 在フィレンツェ日本人 すご~くだらけている人を何人か見ました。働かない、というか・・。 イタリアの情報を聞きこむも、住んでいるのに細かいことを知らなかったり、 休憩ばかり気にしていたり。現地のイタリア人の方がよっぽど働き者でした。

  • 毎日飲むワインの価格

    フランスやイタリアでは、平均すると1年間で日本人がビールを飲む量と同じくらい、あるいはそれよりもたくさんのワインを飲むそうですが、 ワインのフルボトル1本、750ml。1本1000円程度と考えると、 ビール(あるいは発泡酒)に比べて随分高いと思います。 おそらく、毎日飲むからには、ビールと同じくらいの値段で買える必要があると思うのですが、フランスやイタリアでは、どのくらいの価格のワインを日常消費しているのでしょうか。 ネット上でよい資料が見あたりませんでしたので、すみませんが、教えてください。よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

お値段ですネット販売ではキロ当たり 4,4~9ユーロ(660円~1350円)位です。 http://www.natoora.fr/Boutique.asp 味は好みがあるので、個人的には皮ごと 頂くし、その噛み応えから ITALIA(別名IDEAL) などが好きです。 野菜や果物は市で売られているので 日本のようにあまり見かけにはこだわらすです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご親切なご回答、本当にありがとうございます。大変参考になりました。お知らせいただいたHPもすごく勉強になりました。重ねて御礼を申し上げます。

  • 回答No.3

売られております。(以下、フランスの事例でご説明致します) 葡萄には 生で食べる Raisin de table(直訳:テーブルの葡萄)と ワイン用の Raisin de cuve(直訳:大樽の葡萄)に分類されます。 その両方に通用するのはchasselaという品種のみで その他は厳格に分かれております。 食用葡萄の2000年のEUでの生産は イタリアが圧倒的で70%、スペイン16%、ギリシア9% フランス3%、ポルトガル2%で、この5カ国で100%です。 フランスは自国生産では、自国ので消費量をまかないきれずに なんと食用葡萄の輸入国なのです。 輸入国トップはドイツ、二位は英国、三位が仏国なのです。 フランスがこのようになる理由は食用の葡萄の生産地が ほぼVaucluseとTarn-et-Garonneの2地方に限定だからです。 食用の限定して、お答えです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すごく勉強になるご回答、ありがとうございます。イタリアが70パーセントとダントツなのは、何か理由があるのでしょうか。イタリア人はぶどうが好物? 輸出するため? ---。教えていただけますか。詳しいご回答、感謝いたします。

  • 回答No.2
  • times3
  • ベストアンサー率23% (858/3649)

 食用のブドウとワイン用のブドウは違いますので、食用のブドウは普通に食べますよ。  料理やケーキにも入っていますし。 食用ワイン用どちらにも使えるブドウもありますが(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よくわかりました。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • QRZ
  • ベストアンサー率20% (3/15)

生食用のブドウはたくさん生産されていて市場で売っています。日本より種類は多いです。 ワイン用は酸味が強い種類もあるので全部が生食には適しているとは言えないようですが、完熟して糖度が上がる種類は食べることもあるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

適切なご回答、ありがとうございました。疑問が解けました。

関連するQ&A

  • イタリアとフランス

    イタリアとフランスは私の中でかなり近いイメージ(地理的なことではなく流行りも野本か週刊とか)があるのですが実際どのぐらい近いのでしょうか?韓国と日本ぐらいですか? モニカベルッチという女優をご存知ですか??イタリアの女優さんですがフランス語もぺらぺらだし最近はフランス映画にもよくでますしフランスに在住もしています。でもやはりフランスの人から見ればあくまで彼女は外人なのでしょうか?彼女のようにイタリアもフランスでも有名というのは特殊なのでしょうか?フランス人にとっては例えて言うならユンソナとかビビアンスーみたいな感じなのでしょうか?

  • フランスは日本人に対して冷たい人が多いのでしょうか。

    フランスは日本人に対して冷たい人が多いのでしょうか。 来年以降もし機会があればスイスから国境を越えフランス北部の街にも 行ってみたいと思っています。 ただフランス人は日本人に対して冷たいとか意地が悪い人が多いって 書き込みをネット上で見かけますが、 実際そうなのでしょうか? 以前、個人旅行でドイツやオーストリアに行ったことがありますが 気さくな感じで明るく接してくれる人が多かったです。 フランスは冷たく接する人が多いのでしょうか。

  • ワインについて

    昔ロンドンに行った時、向こうのあるお宅で飲ませてもらったワインがすごく美味しくて、また飲みたいといろいろ試してみましたが、なかなかそれだけ美味しいものに出会うことができません。 白ワインの辛口で、味があるって感じでした。表現が難しいですが、なんかだしが効いてるような感じでした。ワインに詳しい方、こんな表現でわかりますか?他の表現が思いつかないです。香りは特に記憶にありません。(そんな特に印象的なものではなかったのでは?)  ちなみに、ラベルはなんかフランス語っぽい感じだったと思います。 どんなワインを買えばいいのでしょうか? ヴィンテージもんなんでしょうか?それとも年代に関係なくぶどうの種類とか作り方、地方などによるものなのでしょうか? わかる方教えてくださいませ。

  • フランスでの日本人の採用について

    こんにちは、フランスで支社を作りたいと思っていますが、フランス在住の日本人の採用をするためにはどのような方法があるか分かる方がいらっしゃったらぜひ教えてください。フランス人で日本語が分かる人でも構いません。ちなみに3/7-8までパリに居ります。

  • 誕生年のワインを贈りたい

    1968年生まれの彼に誕生年のワインを贈りたいのですが、私はワインが飲めないので赤・白があるくらいしか知りません。 一応私なりに調べてわかったことは ・ビンテージ物は保管状況によって味の質の差が激しい ・年によって当たり・ハズレがある(1968年はボルドーは不作、ブルゴーニュは天候不順で生産量がわずかだった) 調べれば調べるほど産地やぶどうの種類、専門用語が増えて混乱してます。 ネット通販も見てみましたがどの国の・どの産地のものがよいのかわからず・・・。 飲めないのでワインショップには行ったことがなく(敷居が高そうなイメージがあります)、また予算が3万円以下と 低めなので相談に乗ってもらえるかも不安です。 こんなに無知ならワインなんて贈るなとお叱りを受けそうですが、お酒が好きな彼にどうしてもプレゼントしたいので、 ワインに詳しい方・ワイン好きの方どうかよろしくお願いします。

  • 【ワイン】味の違い

    ワインに興味を持ちました。 もともとワイン好きというほどではなく、 どちらかといえば教養として興味を持っていたのですが 味や香りのバリエーションの多さに驚き、 ワインの魅力にとりつかれつつあります。 まずは味がどう違うのかというのを知りたいので 満遍なく飲んでみたいのですが このまま飲み続けると味がわかるようになる前に 破産してしまいそうです。 今まで飲んだワインのうち、記憶にあるのは下のようなものです。 ・赤ワイン Ch.ピション・ロングヴィユ・コンテス・ド・ラランド Ch.ラフィットロートシルト ヴォーヌロマネ タイユバン シャンボールミュジニー ヴィエーヌヴィーニュ フレデリックマニアン 他、Ch.ボーモン、Ch.カマンザック等 ・白ワイン シャブリ ヴォーデジール ルィラトゥール シャブリ フルショーム (ロンデパキ、ドーヴィサ以外の良く知らない生産者) シャサーニュモンラッシェ クロ・ド・マルなんとか 1erCru Ch.オリビエ(サンジュリアン?)[まずい] 他、ムルソー、マコン等 【質問1】 今後はどのようなものを飲んだらいいでしょうか? まずは生産量の多いところのメジャーな味で、 上記にはないような味を飲んでみたいと思っていますが オーメドックとシャブリは良く飲んだのでそれ以外でお願いします。 イタリアの各地区ごとがいいでしょうか? フランスでこれは飲んでおけ!というのがありましたらお願いいたします。 【質問2】 今後、効率よくワインに詳しくなっていくためには どのようにすればいいでしょうか? 【質問3】 ソムリエ教本を買って読みましたが産地の羅列だったので ワイン王国やワイナートなどの雑誌で生産者を覚えたりしました。 産地や品種、生産者による味の傾向を知っていれば もっと違いがわかりやすくなるのではないかと考えています。 そこで、ワインスクールに通うことを検討していますが テイスティングの数が少なかったり 初心者向けの話を延々とされてしまっては お金がもったいないなぁと思って考えてしまいます。 ワインスクールではどのようなことを教わるのでしょうか? 行った方の感想などもお願いいたします。

  • フランスでの結婚しないパートナービザ

    このカテゴリーでよいのかわかりませんでしたが、質問させていただきます。 フランスに住むフランス人の彼からいっしょに暮らそうと言われております。結婚も考えたのですが、当面はパートナーとして暮らそうと思っております。フランスでは結婚しなくても結婚している場合と同じような権利を認められているようなんですが、それはフランス人またはユーロ圏の人だけなのではと疑問がわきました。 そこで、日本人がフランスにいっても就労ビザなどは適応できるものかその辺のところがわかるサイトやご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。やはり結婚しないで一緒に暮らすのは無謀なんでしょうか?

  • スパークリングワインを探しています

    7~8年前に飲んだワインではっきりとは覚えていないのですが、もう一度飲みたいと思い探しています。 すこし記憶もあいまいなのですが・・・ ・白のスパークリングワイン。かなり微炭酸な感じでした。 ・葡萄の味より林檎の蜜のような味がした。 ・ボトルの色は濃い色ではなかったような気がします。グリーン?だったかな ・ラベルは白で3~4種類のフルーツの絵が描いてあった。 ・原産地は日本じゃなかったことはたしかですがイタリア?フランス? 詳しくは覚えていません。 これくらいの情報しか覚えていないのですが、もし心あたりがありましたら教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 様々な国の人の性格

    各国の男女の性格が知りたいです。やはり人によって違うとは思いますが、多少国によって違うのではと思っています。イタリア人はゆとりがあるとか。日本人は外国人に比べて自己主張しないなど。日本人男性は女々しい人が多いなど聞きますよね。マレーシア人の友人がいますが、日本人男性よりよっぽど女々しいのですが・・。ペルー人の友人は情熱的だと思います。フランス人はからかうのが好きとは本当ですか?日本人男性はもてないとかも聞きますよね。他のサイトで、イタリア人男○女×、フランス人男×女○などと書かれているのを拝見しました。イタリア人とフランス人はあまり性格は変わらないのかな?と思っていたので驚きました。実際外国の方でお友達が多い方、外国に住んだ事がある方など教えていただけませんか?各国の男女の性格を先ほどのように○×など評価してその理由など何でも構いません。よろしくお願いします。

  • 中国の農薬ワイン?

    今朝テレビで、今、餃子で問題の中国の生産農家の映像が映ってて、ぶどうにたくさんの、農薬をかけていて、取材の方が、「そんなに農薬をかけて大丈夫ですか?」との質問に「これは、ワイン用だから大丈夫!」と農家の人が言ってましたが・・・?ワイン大好きで毎日飲んでる自分にとってかなりショックでした。中国産のワインなんて見た事ありませんが、どこかの国に一旦入ってからスペイン産とか、オーストラリア産とかになって、日本に入るのでしょうか?よく見ると輸入ワインと書いてます。赤ワインは体に良いと思い毎日飲んでましたが、もしかして農薬ワイン?とゾッとしました。あの農薬たっぷりのブドウの行き先がとても気になります。昔と違い安価な物がたくさんありますがソレがそうなのでしょうか?どなたか専門の方よろしくお願いします。