• 締切済み
  • すぐに回答を!

リンパ節の癌について

とても仲良くしている従兄の奥さんに、先日悪性と思われる腫瘍が腰あたりのリンパ節に見つかりました。 勉強しようと家族みんなで色々と情報を集めているのですが、なかなかわかりません。 ・最初は転移性のものと思われたのですが、元々の癌が見つからず、リンパ節が原発ではないかと言われています。 ・8月の血液検査では特に問題がなかったそうです。(しかし検査結果に疑問もあったそうです) ・ここ2ヶ月で6~8kgほど体重の減少があり、倦怠感、食欲不振などがあります。 ・2ヶ月ほど咳がひどいですが、アレルギーと診断されました。 ・腫瘍の大きさは3cm程度と言われています。 これらの症状などから、現在どのような状態なのか、いろいろな可能性など参考になることがありましたら教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数8399
  • ありがとう数13

みんなの回答

  • 回答No.6

原発が分からないリンパ節の腫瘍であれば,第一に悪性リンパ腫が疑われます。この病気はリンパ節のガンで,放射線治療や抗癌剤治療がよく効きますが,治療方針の決定には,腫瘍を全部あるいは一部切除して,どのようなタイプのものか調べる必要があります。専門は血液内科になりますが,「腰あたりのリンパ節」がお腹の中であれば,腫瘍の切除は消化器外科の医師が行うことになります。

参考URL:
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010212.html#03

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リンパ節転移

    癌によるリンパ節転移は遠隔転移をブロックしているのでしょうか?数個のリンパ節に生着せずに遠隔転移することは少数なのでしょうか? また消化器系にできた腫瘍は血流転移しやすいみたいですが卵巣癌は血流転移がほとんどないみたいなのですが どのような違いがあるのでしょうか? 教えてください!

  • リンパ節への転移

    よろしくお願いします。 昨年4月に肺がんIIIaが発覚。 腫瘍大3cm、リンパ節2カ所転移があり、5月に手術(リンパ節も含め全て切除)、 7~10月に抗がん剤を受けました。 今年2月に単純CT+頭部MRIでは異常なし。 今年5月のPETctで、食道の外側のリンパ節にsuv4.1の集積が有り、 食道の検査(胃カメラ+組織検査)と造影剤CTを受けました。 本日、結果が出て、 ・食道は癌の可能性なし ・食道の外のリンパ節の腫れを認め(1個所のみ)、集積の高さから転移癌と判断 となりました。 ショックで混乱してしまい、担当医への質問が全くできず、 気がつけば、ベッドが空き次第、抗がん剤スタートとなっていました。 数時間して落ち着いてきて、ちゃんと話をしなかった自分に腹が立ちつつ、 あまりにも何も確認できていない(担当医はこちらが聞かない事には一切教えてくれません)事に焦り、 直ぐに病院に電話して、「あまりに混乱して何も確認できなかったので、もう一度話を伺いたい」とお願いしましたが、「今日はこれから用事もあって忙しいので無理。入院時に」との返事でした。 以下は、私が今日医師に確認しようと思っていた事です。入院はまだ2週間程度先です。 もし、何か経験ある方やヒントになるような事でも何でも良いので、わかる方教えてください。 (1) 2月の「異常なし」からいきなりsuv4.1と比較的高集積の癌が転移するものなのでしょうか? (去年のステージIIIaのリンパ節2カ所が2.8と2.9の集積で既に転移でした) (2) もし2月からの短期間ではないのなら、もっと前から・・・前回の抗がん剤の前からすでに確認できない小さな癌はあったという事になると思うのですが、それだと抗がん剤治療は効かなかったという事になりませんか? なのに前回と同じ種類の抗がん剤治療をするのは、どういう意味があるのでしょうか? (3) 抗ガン剤でリンパ節の癌は無くなるものなのでしょうか? (4) 場所が食道の外(結構上の方)であるため手術で摂る事は出来ないと言われましたが、内視鏡とか本当に手立ては無いのでしょうか? (5) 放射線は不向きなのでしょうか? よろしくお願いします。 また、上記以外で、なにか情報や担当医に確認したほうが良い事(上記は入院時にも質問するつもりです)がありましたら、教えてください。

  • 癌の転移と原発?の違いは?

    癌の転移と原発?の違いは? 姉に腎臓癌の疑いがあり、昨日まで数種類の検査を行って、その結果説明がありました。ドクターの話では「腎臓に9センチの大きさの腫瘍、肺にも2センチの大きさの腫瘍が認められた。しかし、肺のそれは、腎臓の腫瘍が転移したものではない。」とのことでした。家に帰ってからふと思ったのですが、肺の腫瘍は何故転移したものではないと断言できたのでしょうか。どなたかご教示ください。よろしくお願いします。

  • 回答No.5

私はマーケティングプランナーであって、医者ではないので、ファジーな内容でお話しすることをご了承下さい。 現在の一般的な癌治療法は、外科・抗癌剤・放射線の3種です。この3種類の治療法はもちろん良いのですが、免疫力を低下させることが多いのが欠点。 念のため、これらの治療法をする前に、まだ保険外治療ですが、リンパ球療法の医療機関に相談にも行ってた方が良いかもしれませんね。 免疫療法は、少量の血液を採取し、Tキラー細胞やNK細胞を抽出し、1000倍に培養増殖させてから、体内に戻し、がん細胞の増殖を抑制したりする治療法です。基本的に副作用はないと聞いてます。ただ、まだ一般的でなくご存知でない方も多いと思いますし、その治療法を取り入れている医療機関もまだ数少ない状況です。まぁ、まだ歴史の短いバイオの医療ですから。 基本的に正常な人でも一日3000~5000個のがん細胞が出来ていると聞いてます。それをTキラー細胞やNK細胞などの免疫細胞が殺傷し癌が発病しないで済んでます。 外科・抗がん剤・放射線の癌治療を行うと、どうしてもそれらの免疫細胞をも痛めてしまう為、いざ残された手段として免疫療法を行おうとしても、出来ない場合があります。知人に紹介してあげた時は、「ここまで抗癌剤と放射線で正常リンパ球が減っていると培養が難しい。病状の経緯からすると半年前であれば…」と言われました。予めリンパ球の冷凍保存等をそうした機関でお願いしておけば、いざと言うときの第4治療法としても役立ちますし、既存の外科・抗がん剤・放射線と並行して治療すると効果が高まる場合もあるようですし、退院後の再発防止にも役立ちます。ちなみに、医療においてQOL(生活の質)が叫ばれていますが、この治療は定期的に点滴をして免疫細胞を体内に戻すだけなので、入院せずに仕事をしながら治療している方もいらっしゃいます。 まぁ、私は医師ではないのであまり専門的なことは言えませんが。 リンパ球バンク…NK細胞の培養技術の会社 リンフォテック…T細胞を中心に培養する技術の会社 ネットで検索すればすぐに出てきます。電話掛ければ近くの取扱医療機関を教えてくれます。 「癌細胞100個にNK細胞を100個投下した場合、90個殺傷する。」「癌細胞100個にTキラー細胞100個投下した場合10個殺傷する」って教えられました。以前、個人的な主観ですが知人にはリンパ球バンクに先に行かせました。 その他、「外科・抗がん剤・放射線」治療以外の方法も幾つか知っていますが、一つは入手が困難、もう一つは今から本格的に臨床に入る準備とか… 必要であればお話します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

がん治療の3種の神器は手術、抗がん剤、放射線と言われます。しかしながら、どれを取っても体内の免疫力を下げてしまいます。(がんは免疫疾患なのに。)免疫はとても重要で、がんに限らず術後は免疫力が低下しますが、術後に患者に漢方薬を飲ませるという病院もあります。(漢方は免疫力を向上させるので、早期回復や院内感染予防に役立つとか。) 現状色々と感じている不安感もストレスになりますので免疫力を低下させます。 抗がん剤や放射線は一旦はがん細胞の萎縮は見られると思いますが、体には副作用をもたらします。 参考URLにあるように、ダイレクトに免疫機能を向上させるという星状神経節ブロック療法と言うものを情報として調べてみたら如何かと思います。がんを治すというよりも悪さをしないように封じ込めるようなイメージでしょうか。 星状神経節ブロック療法は主にペインクリニックと言うところで行っています。馴染みにペインのドクターの下へは現在サジを投げられた末期がんの患者が通ってくるそうです。(明らかに体調は良くなったとか。) 内容そのものについては賛否両論ありますが、新谷弘実氏の「病気にならない生き方」によると、がん患者は例外なく胃相・腸相が悪いのだそうです。これはどこの部位のがんでも共通だったそうです。胃相・腸相の悪さは日頃の食生活から来るものです。 免疫を下げる食生活ではなく、上げる食生活に替え、前述の星状神経節ブロック療法を受けていく、自分ががんになれば必ずこれを選択します。 私自身は3年程前に一応良性(境界型)ですが、転移も再発もあると言う稀な腫瘍を摘出しています。(悪性ほどの頻度ではありませんが、未だに3ヶ月おきに検診です。)この当時は星状神経節ブロック療法も知らなかったですが、今はこれを受けています。そして花粉症がまず治りました。(花粉症は免疫の過剰反応だったりするわけです、長年患っていたので感動さえ覚えました。) ちなみに、腫瘍を担当した主治医は星状神経節ブロック療法を受けている事は知りません。 私は医療関係者ではありませんが、ドクターと接する機会のある仕事をしています。某がん専門病院のドクターに星状神経節ブロック療法をどう思うか聞いてみたところ、そう言うものがある位しか知らなかったです。(免疫療法の一環として星状神経節ブロック療法も研究して欲しいものです。) ちなみに、星状神経節ブロック療法は健康保険が利いて一回1300円位だったりします。副作用などありませんし、星状神経節に局所麻酔を注入するだけなので、害になるようなものでもありません。治療法の模索というのも良いですが、取り合えず受けてみるというのも良いかもしれません。

参考URL:
http://www.musashino-hospital.or.jp/topix/topix01_0513.html,http://www.drshinya.com/syokuji.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Jimmy2
  • ベストアンサー率55% (129/232)

原発がどこかを確認するにはPETとCT(出来ればヘリカルCT)の併用する方法が考えられます。例えば、関東地方であれば千葉の柏市にある「国立 ガンセンター中央 東病院」などで可能かと推測します。同中央病院にかかっても東病院に受けに行くことが可能です。 また、手術や抗ガン剤など一般治療と併用してワクチン療法をするのも検討されてみては如何でしょうか。再発予防にも有効かと思います。これを行っている「珠光会診療所」で「ガンワクチン 治療型ワクチン時代の到来」というDVD(ビデオ)を先ず購入して視聴されたら参考になると思います。この中で「とくにHITVというガンワクチンはリンパ節近くのガンには特に効果が高い」との部分があります。 http://www.clinic.shukokai.org/Default.aspx?ID=1 私の過去の回答に参考頂けるものがあるかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • c33a
  • ベストアンサー率33% (14/42)

女性で、腰のあたりのリンパ節が腫大してくるといったら、婦人科癌が一番に疑われます。とくに卵巣の腫れがあまり目立たないものもあります。 また、「原発不明癌」というものもあります。当然原発はあるのでしょうが、どうしても確認できないものというのものです。そのときは婦人科で対処することが多いようです。いずれにしてもよく病院で調べてもらうことですね。リンパ節の腫れは癌の転移と同じとは限りませんし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • indiaa
  • ベストアンサー率33% (64/193)

こういったことは、素人の聞きかじりや、匿名サイトの回答で判断をすべきではありません。 (というか、参考にしてもいけないと思います。間違っていたら取り返しがつきません) とにもかくにも、しっかりした検査をしてもらえる病院に行くことをオススメします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 抗がん剤等、癌治療の有無

    いつもお世話様です 昨年に子宮頸部腫瘍の告知をされ全摘手術をしました その際リンパ節も少し(医者の言葉です)切除ししましたその検査結果はリンパ節には転移は認められないと言う事でしたので抗がん剤等の治療は、放射線も含め一切しませんでした その時はそれを喜んだのですが最近友人が私と同じ病気ではありませんがやはり全摘手術を受け検査結果がどうだったのかは詳しく分かりませんがどうやら治療が始まるようなのです そこで質問ですが癌と告知され摘出手術を受けその後のどのような検査結果で治療が決まるのでしょうか? 抗がん剤と言っても種類はいっぱいあるでしょうし、また放射線治療と抗がん剤治療の違いやメリットデメリットを教えて欲しいです 自分に治療がなかった事を素直に喜んでいいのかどうか?当事はそんな余裕がなくて今ごろ色々疑問わいてきました 素人にもわかりやすい説明を頂くと嬉しいでです もちろん病名が同じでも治療は一人一人違うでしょうから そこの所は理解してるつもりです

  • 乳癌リンパ節転移の有無について

    38歳女性です。 8月上旬に、左胸上部に2.5センチの乳癌 リンパ節転移有りと診断されました。 しこりの部分は浸潤性の癌と病理で結果が出ましたが、 腋リンパ節の癌細胞は採れませんでした。 担当医は確実にリンパ節に転移していると言い 化学療法→乳房温存リンパ節切除手術→術後ホルモン療法 という治療方針です。 先日、癌専門の病院でセカンドオピニオン受けました。 結果、腋リンパ節への転移が確定していないのに 化学療法を始めるのは良くないと言われました。 乳房温存で癌摘出手術だけで済む可能性があるとの事 腋リンパ節の転移の有無を確認したく PET検査を受けようかと考えています。 PET検査で確実に、腋リンパ節の癌は見つけられますか? また、他に転移を確認できる方法はありますか? 状況を細かく書こうと思ったら長くなってしまいました。 すみません。 宜しくお願いします。

  • 2ヶ月前に、父が喉頭癌の手術しました。

    2ヶ月前に、父が喉頭癌の手術しました。 声帯を取り、一部リンパ節も切除しました。 術後の結果、病巣は全て取り除かれ、病理検査?の結局リンパ節転移はありませんでしたが、 今回の父の病気で色々自分なりに喉頭癌がどのような病気なのかネットで調べたところ、 肺や脳にも転移するとありました。 手術後、咳もしますし、今日は背中が痛いと言ってました。 本人に聞いてもいつからどんなふうに痛いか言いませんが(もともと家族に何も言わない父です)、 家族は心配です。 最悪、肺に転移してる可能性などあるのでしょうか? 詳しい方がおりましたら、お教え願います。

  • 術後数ヶ月で転移?リンパ節腫大は増大しています

    父のことで質問させていただきます。 昨年4月に大学病院で肺がんの手術(右下葉、右リンパ節切除。 もともと間質性肺炎持ち)しました。 リンパ節転移もなくステージはIBでした。 腫瘍の大きさが3cm以上(4cm)のためBとなりました。 半年後の10月にCT検査をしたところ「上縦隔リンパ節腫大が目立ちます」とのこと。 左側のリンパ節が腫れているとのことでした。 念のため3ヶ月後の1月にCT検査をしたら「上縦隔リンパ節腫大は 増大(2.3mm)しています」とのこと。 「転移なら数ヶ所になるけど一ヶ所だけだから転移ということは考えにくい。 右側のリンパ節を切除してあるから流れるリンパが、その場所に溜まっているのかもしれない。 2.3mmなら撮影の向きで大きさの誤差かもしれない」が、念のため来月、 PET検査をすることになりました。 「PET検査で、もし光れば悪いもの・・・転移ということになるので抗がん剤治療を」と言われましたが 術前にPET検査で光っていた右リンパ節へのガン転移はなかったので PET検査の結果を本当に信じていいものかどうか悩んでいます。 「光っているから抗がん剤治療を」と言われたら気管支鏡検査や縦隔鏡検査を お願いしてみるつもりです。 ステージIで術後数ヶ月で(術後3ヶ月ではCT検査をしていないので、その時点での リンパ節腫大はわかりません)転移というのはありえることでしょうか? 自分でもネットでできる限りのことを調べましたが、どういう状況が考えられるのか わらかず気持ちもスッキリしないままです。 もちろん検査してみなければわからないと言われると思いますが 検査後、いきなり告知、いきなり治療のレールに乗せられるのは父も私も望んで いないので、心の準備をしておきたいのです。 同じ経験をされた方、専門家の方、アドバイスお願いいたします。 長文、失礼しました。

  • 大腸癌から肝転移の治療

     71才の叔母。大腸原発ですでに肝臓に転移した状態です。大腸の腫瘍は2センチ程だそうですが、肝臓には相当数の腫瘍が転移、余命はすでに月単位と宣告されました。担当医師によると、手術は出来ず化学療法もかえって危険との事です。  しかし本人は、発熱や倦怠感はあるものの、まだ元気を残しており、治ったら皆で旅行に行きたいなあなどと言っています(癌である事は知っていますが、余命の告知は受けていません)。子供がいない事もあってか、私が子供の頃から大変可愛がってくれた叔母で、出来る限りの事をしてあげたいと思っています。  まずは癌専門病院へ連れて行く事にしましたが、こうした状態で考えられる治療法などご教授頂ければ幸いです。あるいは免疫療法やフコイダン等の食品、民間療法などの併用はどの程度効果があるものなのでしょうか?本人の意志を最も尊重したいと思っておりますが、多少の悪あがきはしたいとも思っています。  アドバイスをよろしくお願いいたします。

  • 肺ガンのリンパ節転移とは?

    私の父が小細胞肺ガンの再発で首のリンパ節まで転移しているのが見つかりました。 リンパ節まで転移しているということは、癌細胞は今は見えないだけで全身に広がっている可能性もあるのでしょうか? まだ治療も始めておらず、来週末に組織検査してその又翌週に治療方法を話し合うそうです。 個人差などあると思いますが、小細胞肺ガンでリンパ節転移まで見つかった場合に完治は可能でしょうか? 前回肺ガンの手術、治療をしてから約5年たち、もう大丈夫かと思っていた矢先のことで家族は皆落ち込みまくってます。

  • 私は最近あごの下にしこりがあることに気がつき、病院にいきました。するとそのしこりを診て「リンパ節ですかね。」「風邪かもしれませんが悪性腫瘍ということも考えられるので、早急にCTIなどの検査を受けてください」といわれました。電子辞書で調べると、鼻の癌の症状に‘リンパ節の腫れ’という項目がありました。同じく鼻の癌の症状である、鼻が詰まる、鼻血が決まった側からよく出るなどの項目が当てはまっています。 もしこれが癌だとして、‘リンパ節の腫れ’まで癌が進行している場合、生存確率はどのくらいになるのでしょうか。 私は今16才で、若い人ほど進行が早いという話を聞いたことがあるので心配です。今日朝一でCTI検査を受けにいきます。

  • 癌じゃないと保険がおりないんです・・

    父が先日大掛かりな手術をしました。 病名は頬粘膜腫瘍です。 口角のあたりにオデキが出来、なかなか治らないので がんセンターで診てもらい、その後、歯科大学病院で診てもらって、腫瘍の切除を進められました。 「癌」という言葉は一切出てきません。 しかし、頚部リンパ節への転移があること、進行性の悪性腫瘍であること、よって、放射線治療・抗がん剤治療・切除手術が必要であることの説明がありました。 これって癌ではないのですか? 単なる腫瘍? 退院後にJA共済に提出した病院からの診断書には、「腫瘍」と記載されていました。 この為、共済は「癌」ではないので、給付金は少ないほうで計算してきました。 (癌ですと、一日あたりプラス5000円) てっきり癌だと思っていました。 癌だから、転移を恐れ、唇の半分と片頬をぱっくり切除したのです。 現在、共済担当者が、病院に問い合わせをしているようですが・・・。 医者は「癌」って言葉使わないのでしょうか? これって癌ですよね・・。 本人が元気に帰宅したのが何よりですが、保険料納めるだけ納めて、給付されないなんてぇぇ。 癌と腫瘍って違うのですか?

  • 胃のガン細胞がリンパ節に転移している場合の確認方法はあるのでしょうか?

    私は72歳の男性です。2ヶ月前に何となしに、消化器(胃腸)の検査を受けました(市民総合病院で)。すると、胃に腫瘍があってすぐに、入院してその腫瘍を切除することを勧められました。内視鏡手術で無事にその腫瘍は取り除く事は出来たのですが、悪性の為、リンパ節に転移している可能性があるので、腹を開いて転移しているか確認したいとの事でした。 もし、転移していれば、胃を取り除く手術をするとのことです。 そこで、お聞きしたいのは、リンパ節に転移している場合腹を開かなくても確認出来る方法は無いものでしょうか? ちなみに、私は現在健康です。 自覚症状があったから、検査を受けたのではないのです。 1ヶ月前に退院しています。どうしても決心がつかないのです。 宜しくお願いいたします。

  • リンパ節

    胆管がんと診断されました。頚部と胸部のリンパ節にも転移が見られました。しかし、頚部は最初悪性のものと診断されたのですが、実際に細胞を取り出して検査したところ悪性のものは見られませんでした。しかし、胸部の腫れはあった為、手術は断念かと思われていました。しかし、先日CT検査をしたところ、胸部の腫れが画像では見えないくらい小さくなってしまいました。なので、肝臓の手術ができるかもしれないとの事でした。医師の話によると何の治療もしていないのに、腫瘍が小さくなる事など考えられないとの事です。おまけに肝臓の腫瘍も少し縮小しているとの事。こんな事ってありえるのでしょうか?

専門家に質問してみよう