• ベストアンサー
  • 困ってます

専門用語が硬すぎてつかめない

医薬品販売業者とは具体的にどんなことをしてますか?保険薬局に働いている人だけですか? 他に該当する人はいますか? 薬剤師で働く薬剤師なら皆、医薬品販売業者ですか? ドラッグストアの人は含まれませんよね? 教えてください。お願いいたします。

noname#73969
noname#73969

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数72
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • sionn123
  • ベストアンサー率53% (1910/3592)

 seraphineさん こんばんは  薬局を経営している薬事師です。  医薬品を販売して良い事業所には、「薬局」と「医薬品販売業」が有ります。薬局とは解り易く言うと、街場で保険調剤を受けている薬屋さんです。薬局でも保険調剤をしてない薬局も有ります。例えば漢方の専門薬局等です。  ご質問の「医薬品販売業」は、「医薬品一般販売業」・「医薬品卸売一般販売業」・「薬種商販売業」・「特定販売業」に分類されます。  「医薬品一般販売業」とは概ね「○○薬局」と名乗ってない町場の薬屋さんと考えると解り易いです。例えば「ドラック○○」等ドラックストアーが該当します。薬局との違いは、調剤が出来ない事で販売出来る医薬品については薬局と何ら代わりが無く、店舗の管理者として薬剤師が常時居ないとならない事も一緒です。  「医薬品卸売一般販売業」とは、解り易く言うと医薬品の問屋さんです。私達薬局が販売する商品は問屋さんから仕入れるのですが、そう言う医薬品を扱っている問屋さんが「医薬品卸売一般販売業」です。ここにも、管理者として薬剤師が居る事が義務付けられています。  「薬種商販売業」とは、各都道府県が行なう薬種商試験に合格した者か薬科大学の卒業者(言い方が悪いですけど、薬科大学は卒業できたけど薬剤師国家試験に合格しなかった方)に与えられる「薬種商」と言う資格を持っている方が開業出来る薬屋さんです。多くは「ドラック○○」とか「○○薬舗」とか「○○薬店」と言う店名がそうです。薬局との違いは、調剤が出来ない事と一般医薬品のうち「指定薬品」と言って病院向け医薬品と同様に効き目が優れているお薬(例えば「ガスター10」等)が販売出来ません。しかし、バファリンや太田胃散と言う一般的なお薬は販売可能です。「薬種商販売業」では「薬種商」の有資格者が居る事が義務付けられていて、薬剤師が居る事の義務はありません。  「配置販売業」とは、解り易く言うと昔ながらの「富山の薬売り」です。十数種類のお薬をセットにしてご家庭等に置いて行って、数ヶ月後に使った分だけ支払うい使った分だけを詰めると言う形式で行なっておるお薬の販売形態です。  「特定販売業」とは、例えば山奥とか離島等で元々の店舗数が少なく、1つの店舗で色々な商品を売らなければならない地域にある商売形態です。各都道府県知事が認めた数種類のお薬だけ(間違って使っても症状の悪化がほぼ無い薬のみ)販売する事が可能な薬屋さん(とまで言えるかどうかは疑問です。)で、殆ど薬の知識が無い方が販売しています。  以上が「医薬品販売業」についての説明です。ところで「医薬品販売業者」となると、法律的には「医薬品販売業」の資格を持っている人と言う事になります。ドラックストアーを例にすると、「医薬品販売業」の資格を持っているのは多くは会社であって、その店舗で働いている従業員(含む 薬剤師)では無いわけです。したがって例え薬剤師で有っても従業員は「医薬品販売業者」にはなりません。多くは会社の代表者(例えば 社長)か都道府県ごとの地域担当者のトップと言う事になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変くわしく教えていただきまして本当にありがとうございます。 薬事法がサッパリ頭に入らなくて困ってました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 保険薬局・保険薬剤師について

    保険薬局・保険薬剤師とは、どのような役割を持つのでしょう?たとえば、薬局業務を行う上で、保険~じゃないと、できないことなど。 ネットで調べたところ保険処方箋を取り扱うために諸手続きをした薬局・薬剤師を保険~と呼ぶとかいてあったのですが、レポートを書く上であまりにも漠然としすぎていて困っています。 詳しい方お願いします。

  • ドラッグストアの薬剤師について

    ドラッグストアには薬剤師が居るところと居ないところがあり、居れば医薬品を販売できる、ということになっています。 ところで、客が医薬品を購入する場合、レジにいる人(薬剤師でない)は、客が医薬品を持ってきた場合、直ぐに薬剤師を呼ぶのでしょうか? 薬剤師が直接購入者と対話をしなければ、薬剤師を置いておく意味はないと思うのですが如何でしょうか?

  • 企業の管理薬剤師

    企業での管理薬剤師の業務とは具体的にどんな業務になるのでしょうか? 管理はごく一部でほぼ事務。と、聞いたのですが、やはりそんなものなのでしょうか? 実際に働いている方がいらっしゃれば、薬剤師として企業での管理薬剤師という仕事をどう感じていらっしゃるかも知りたいです。 実際に従事されている方がまわりにいなくて…。 転職しようと思っていて、興味があります。 また、企業で管理薬剤師をしていれば薬局でアルバイトをすることは不可なのでしょうか? 終業規則上問題がなければになるのですが…。 確か保険薬剤師で管理薬剤師の場合、管理先以外の薬局では働けないはずですが、企業の管理薬剤師は保険薬局とは関係ないので、問題ないのでしょうか?? ご存知の方、教えてください!!

  • 保険調剤でもポイントカードにポイントがつく店はありますか?

    ドラッグストアのポイントカードで、 保険調剤の支払い分にポイントが付くのか?という内容の議論を見ました。 議論を読んだ限りでは、法的にはグレーゾーンのようで、賛否両論ありました。 調べた限り、マツモトキヨシでは、 『健康保険法』・『保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則』という2つの法律に違反するため、 として保険調剤にポイントが付かないことをHPに表記していました。 他のお店ではどうでしょうか? 保険調剤にもポイントをつけてくれるドラッグストアがあったら 教えてください。

  • 薬剤師の方へ『業務必携』と『業務指針』について質問です。

    現在、調剤報酬請求事務専門士2級の試験に向けて 勉強している者です。調剤報酬請求事務の市販本を 購入して勉強していますが、友人に見せてもらった 過去問を見る限り、市販本だけでの対応はできないと 感じ、他に対策できそうな本を探すことにしました (私は薬剤師免許は持っていません)。 都道府県の薬剤師会では『保険薬局業務必携』 という本が売られているそうなので購入したいと 思いましたが、会員向けで冊数も限定の為断られました。 似たような本が無いかと探していたところ、 『保険薬局業務指針』という本が薬事日報社から 出版されていることを知りました。 『保険薬局業務指針』と『保険薬局業務必携』とでは 内容に違いなどあるのでしょうか?あるとしたら どのような点でしょうか?あまり違いが無い様ならば、 『業務指針』を購入しようと思います。 ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。 どうぞよろしくお願いします。

  • 医療用医薬品を買うことはできるのか?

    薬事法49条より 薬局開設者または医薬品の販売業者は、医師、歯科医師、または獣医師から処方箋または指示を受けた者以外の者に対して、厚生労働大臣の指定する医薬品を販売し、または授与してはならない。 ただし、薬剤師、薬局開設者、医薬品の製造業者もしくは販売業者、医師、歯科医師もしくは獣医師または病院、診療所もしくは飼育動物診療施設の開設者に販売し、または授与する時は、この限りではない。 とあります。ということは、医師や薬剤師は調剤薬局にいって、「フロモックス錠ください。」といえば、売ってもらえるという事ですか。それが、自分が飲むためにという理由でも問題はないのでしょうか。

  • 薬剤師資格について

    薬剤師資格について質問です。薬剤師に(あるいは医師に)なれば、普通は処方箋がなくてはもらえない薬を自由にもらえるようになるのですか?現在私は薬学部で勉強中ですが、先日こんなことがありました。 法規の特別講義に来られた先生があるお話をされたのです。「先日国内旅行に出た時、旅行先で具合が悪くなったので、近くの調剤薬局に入って『ロキソニンをくれ』と言ったんだ。そしたら、『処方箋なしにはお渡しできません』と言われた。薬事法で、薬剤師には処方箋医薬品を売ってもいいことになっているんだよ。まったくいまどきの薬剤師は薬事法を知らないから困る!・・・(憤慨)」 聞いた時はびっくりしたのですが、このお話を信じるなら、薬剤師になれば「ちょっと今朝具合が悪いから、近所の調剤薬局でロキソニンもらってこよっと」なんてことができるようになってしまうのでしょうか?ロキソニンですめばいいですが、劇薬などもそのように販売できるとしたらかなり危険ですよね・・・。(ちなみにこの先生はご自身で薬局を経営しておられ、県の薬剤師会とも関わりが深く、うちの大学にも何度も講義に来てくださっているようです。) また、研究室のドクターの先輩(薬剤師資格をお持ちで、薬局でバイトしておられます)に教えてもらったのですが、メーカーさんが新薬を発売した時、医師や薬剤師に製剤見本というのをくれるらしいのです。私も見せていただきました。二錠くらいしかないですが、実際の薬と同じようにシートに入っていて、砂糖や乳糖で作ったものではなく本物の薬だということでした。ということは、薬剤師がメーカーから、処方箋医薬品を処方箋なしにもらってるということになりますよね?これは、どういうことなのでしょうか? 薬事法の本を見てみると、49条にこのような表記がありました。 「薬局開設者又は医薬品の販売業者は、医師、歯科医師又は獣医師から処方せんの交付を受けた者以外の者に対して、正当な理由なく、厚生労働大臣の指定する医薬品を販売し、又授与してはならない。ただし、薬剤師、薬局開設者、医薬品の製造販売業者、製造業者若しくは販売業者、医師、歯科医師若しくは獣医師又は病院、診療所若しくは飼育動物診療施設の開設者に販売し、又は授与するときは、この限りでない。」 つまり、医師、歯科医師、薬剤師などは処方箋医薬品を処方箋なしに入手できるということなのでしょうか・・・? 今まで処方箋医薬品とは、処方箋なしにはもらえないものだと思っていたのに、最近このようなことが立て続けに起こって、もう何が何だかわからなくなってしまいました。現役薬剤師の方、製薬企業や卸関係の方、法律家の方など、どなたかこのことに詳しい方、ご回答お願いします!

  • 保険薬局と保険処方箋について

    保険薬局と保険処方箋について まず普通の薬局と保険薬局の違いがいまいちよくわからないのですが、調剤薬局で保険薬局でないところとかはあるものなのでしょうか? また、保険処方箋は保険薬局でしか処方できないみたいですが、保険処方箋にはどのような薬があるものなのでしょうか?また、保険処方箋でない処方箋も存在するのか、また数はどちらのが多いものなのでしょうか?

  • 賦形剤の保険請求のしかた

    調剤報酬請求時の賦形剤の保険請求の仕方についてアドバイスください。 保険薬局の薬剤師なのですが、現在、賦形剤の保険請求を行おうと思っております。 具体的には単剤の水剤処方時に単シロップで賦形を行おうとした場合です。 メインクライアントの医師も了解して頂き、あとは処方箋の書き方は。。。という状況です。 実際に保険薬局で賦形する場合、メモリに合わせる方式をとっているので、医師は処方時には単シロップをどれくらい処方すれば良いかが分からないので、具体的な数量を記載することができません。 以上の状況なのですが、なにか良い方法はありますでしょうか? また、この場合計量混合加算は算定できるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 加工専門用語

    最近、機械部品加工の仕事に就きました。 分らない言葉が多く、とまどっています。 教えていただけないでしょうか? 「にげる」「なめる」「おいこむ」 部品加工の際、会社の人と業者さんはよくこの言葉を使って 話しています。 意味を教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。