• ベストアンサー
  • 困ってます

SPSSでの、関連多群を反復測定した検定

別の処理もはじめたのですが、こちらも分からず、本当に申し訳ないのですが、教えていただければと思います。 10人の被験者にA,Bという2通りの処理をし、それぞれ処理後1時間後と処理後の10時間後の値を2×2の分散分析したいのです。 各条件内での、1時間後と10時間後の値は対応がありますし、各経過時間内でのA,Bの処理にも対応がありますよね? このように縦にも横にも対応がある場合にはどのようなSPSSではどの検定を使えばよいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数648
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • myrrb
  • ベストアンサー率44% (23/52)

ちょっと情報が足りないので何ともいえません・・・。 が、一応。 実験デザインは2(A・B)×2(1時間後・10時間後)ですよね? SPSSでは、被験者内要因(A・B)で反復測定(時間)にあたると思います。 しかし、これだけの情報では、この分析方法でいいかは疑問が残ります。 あくまで参考程度に。 参考URLをご覧になってみてはいかがでしょうか。

参考URL:
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/mb-arc/arc024/345.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなってしまい申し訳ありません! URLを参考にさせていただきましたが、よんでみる限り自分の実験計画と同様の処理が出来そうでした。 この場合、SPSSでは分析のどれを選べばいいでしょうか? SPSS自体がつかったことのない初心者なため、分析方法がわかってもどれを選べばよいか分かりません。 教えていただけると助かるのですが。

関連するQ&A

  • spssについて

    卒論で困っている心理学専攻大学4回生の者です。 よろしくお願いします。 早速なのですがSPSSについて質問させてください。 自分は運動が及ぼす気分の高揚の効果を調べるために被験者にエアロバイク運動をさせ、それを行わせながら各時間(運動前、10分、運動終了後、終了5分後)に運動専用の質問紙に答えさせました。 データは全てそろったのでSPSSにより一要因(日にち)四水準(時間)、被験者内要因の分散分析を行いましたが、その後出てくる 結果表示のどの部分を見ればいいのか全く分かりません。 確か球面体の~という箇所を見ればOKだったと思いますが定かではありません。 後、分散分析で有意差が見られる場合にどの部分に有意な差が出たのか 時間ごとの下位検定を行いたいと思っているのですが、いまいちやり方 が分かりません。今度院生の方に質問しに行く予定ですが、出来れば聞かずに卒論を仕上げたいと思っています。 どたなかお分かりの方おられればよろしくお願いします。

  • SPSSで、対応のある分散分析を繰り返したい

    全員が1日に1条件やり、3日かけて計3条件を行う被験者内計画です。各条件での実験はそれぞれ24時間続き、一時間に一個のデータが取れる実験計画で実験を行いました。 被験者は10人だとして、データは時間ごとに条件間で対応のある分散分析をしたいのです。 つまり、1時の10人の各条件での値(3つ)を対応のある比較 。2時の10人の各条件での値を対応のある比較。・・・と24回(24時間分)繰り返したいのです。 このような分析をする為には、一回一回こつこつと24回やらなくてはならないでしょうか? 対応のあるt検定だと、このような場合、対になる値ををふたつずつ選んでいけばいっぺんにできるので、分散分析でも出来ないものかと思っているのですが。。 分かる方いらっしゃれば教えていただけませんでしょうか?

  • t検定について

    実験レポートなのですが、処理の仕方でわからないところがあるので教えてもらいたいです。 被験者はそれぞれ3名ずつのAとBの2群があります。それで、各被験者で、仮にXとYについてのデータが得られたとします。そこで、エクセルで、下記のようにまとめました。          X     Y A群・被験者1  60    50 A群・被験者2  40    20 A群・被験者3  55    70 B群・被験者4  45    70 B群・被験者5  35    50 B群・被験者6  50    40   それで本題なのですが、XとYについて、この2つに違いが見られるかを調べるため、t検定を行うのですが、 私は、等分散を仮定した2標本による検定というt検定を用いて、変数1に、A群のXの値3つ、変数2に、B群のXの値3つを入れて出したのですが、これだと自由度が4になりますよね。 実験助手の人が、自由度は2になると言っていたので、私のやり方が間違っていると思います。   XとYについて、この2つに違いが見られるかを調べる場合、どうやってt検定をしたらいいのでしょうか。 長文になりましたが、ご存知の方よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • myrrb
  • ベストアンサー率44% (23/52)

分析方法については、一応URLを示しておきました。 今後のことも踏まえまして、石村貞夫先生のSPSSによる~シリーズを参考にされてはいかがでしょうか。

参考URL:
http://web.kanazawa-u.ac.jp/~tokada/spssbas/ar.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • backs
  • ベストアンサー率50% (410/818)

私はSPSSを使ったことがないので回答するのは無責任になってしまいますがhttp://psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/index.htmlなど参考になるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • excelの対応のないt検定について

    こんにちは。統計について質問させてください。 対応のないt検定を行おうと思っているのですが、比較しようとしている集団Aと集団Bの被験者の人数が異なっています。(例 集団A=68名 集団B=48名) (1)この場合、t検定は行えますか? (2)エクセルで行う場合、データタブのデータ分析、t検定等分散を仮定した2標本による検定でよろしいでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • SPSSのanovaとt検定

    こんにちは。統計初心者です。 対応のないt検定に関する質問 (1)tの値が2.97や.36、5.01になりました。5パーセント水準だと、5.01は帰無仮説を棄却できないということでしょうか。 (2)統計の本を見るとレポートにはt(自由度)=tの値,p<0.1とありますが、この最後のpの値はどのSPSSの、t検定のどの項目を見れば確実にp<0.1と確認できますか? anovaに対する質問 (1)SPSSの分散分析の項のグループ間、グループ内とはどういう意味でしょうか。 (2)anovaの自由度はグループ間+グループ内の数であっていますか? (3)F値ですが、0.1より小さければ有意ということですか。 (4)最後に記入するpの値ですが、t検定では0.1でしたがanovaでは.001になっていました。なぜですか。 (5)多重比較の項ですが、以下のような結果が出たとしたら、条件1と条件2、条件2と条件3の有意はどこを見ればいいのでしょうか。 (I)条件1 (J)条件 平均値の差 標準誤差 有意確立 条件1    条件2  -4.42857  .61721    .000         条件3 -1.85714 .61721 .020 参考書等を用いて勉強していますが、独学では理解しきれない部分も多く、皆様のお力をお借りできたらと投稿させていただきました。 1つでもかまいませんので解答お願いいたします。

  • T検定と分散分析間で異なる有意確率が出る

    心理学科4回のものです。 今回も前回に引き続き卒論の事について質問があります。 その前に前回お答えいただいたselferさん backsさんどうもありがとうございました。おかげで検定については何とか自力でやれるところまで 持っていくことが出来ました。 さて今回はですが、検定統計量の書き方についてです。 その前に自分の実験の概略について再度書いておきます。 自分は運動が及ぼす気分の高揚の効果を調べるために被験者にエアロバイク運動をさせ、それを行わせながら各時間(運動前、10分、運動終了後、終了5分後)に運動専用の質問紙に答えさせましてこれを計6日、条件を3群に分けて行いました。 例えば1日目の点数と六日目の点数 で有意な差があるか群関係なく調べたいときは対応のあるT検定を行います。日にちの主効果は有意な差が出ましてそれはそれでよいんですが 一方で被験者間3(群)×被験者内2(日)の方でも分散分析を行いまして群の主効果が有意、日にちの主効果が有意と出ました。 しかしこの場合T検定と分散分析とでは日にちの有意確率に多少の差が 出ています。両検定とも有意な結果が出たわけですがなぜ多少の差が 出たのかさっぱり分かりません。調べていることは同じだと思うのですが。。 後、もう一つ質問です。 分散分析の結果を論文に書いていくとき (F(○1、○2)=○3 p<○5) という風に表記しなければいけません。 ○1が自由度、○2が有意水準であることは知っているのですが 有意水準がSPSSのどこの蘭に出ているのかがさっぱり分かりません。 どこを見ればいいのでしょうか。 二つ併せてお答え頂けたら幸いでございます。 よろしくお願いします。

  • 測定日の異なるデータで有意差検定をすることは可能ですか?

    測定日の異なるデータで有意差検定(T検定など)をすることは可能ですか? 例えば、10人の被験者(N=10)に血圧降下剤もしくはプラセボを投与して、血圧降下剤群は12日目に、プラセボ群は14日目に血圧を測定したとします。 この2つのデータで、有意差検定をすることは可能でしょうか?

  • repeated mesureANOVA SPSS

    教えてください。SPSS初心者です。50人の被験者に、家、教室、そして、試験場でメモリーテストをしました。全員3か所全部でテストをしました。それぞれの、答えるのにかかった時間の平均と、間違った割合を調べました。IVは、場所(家、教室、試験場の3レベル)、DVは、2つ(時間、間違い)だと思います。SPSSで分析するとき、どうすればいいか悩んでいます。よろしくお願いします。

  • 多要因ノンパラメトリック検定について

    現在二値型(0,1)のデータを扱っております。課題に成功出来たか、出来なかったか、に関するデータです. そして、それに対して3要因(被験者内要因2,被験者間要因1)のノンパラメトリック検定を行いたいと思っているのですが、なかなか適当な検定を見つけられないでいます。普通に分散分析が適用できれば簡単なんですが... 多要因のノンパラメトリック検定についてご存じの方、どうぞおひまなときにでも,ご指導よろしくお願いします。

  • 【SPSS】等分散性の検定

    SPSS(バージョン14.0)を使って勉強しています。 わからないことだらけです。 そこで誰かに教えていただきたいのですが…。 4水準(グループA、B、C、D)で一元配置の分散分析を実行したところ、 「等分散性の検定」で ・Levene 統計量 3.205 ・有意確率 0.023 と結果が出ました。 有意確率が0.05より小さいので等分散とはみなせないと参考書に書いてあるのですが、それでは、グループA、B、C、Dのどのグループ間で分布が違っているのかは、どうやって確かめればよいのでしょうか? 初心者ですので質問自体が的外れなのかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 2要因の分散分析での対応のあるデータ

    2要因の分散分析を行いたいのですが、対応の型について迷っています。 被験者には2回、A、Bという課題をしてもらったのですが、カウンターバランスをとるために、A→Bとやってもらった群と、B→Aとやってもらった群があります。そのため、SPSSの本を見てみると対応がある・ある、ない・ない、混合のどれでも違う型になってしまいます。 研究の主題はAとBの比較ですが、どちらが先かという順序でも差がありそうなので、一応は2要因の分散分析をやりたいです。分りにくい説明で申し訳ありませんが、何か助言をいただけたらありがたいです。

  • SPSSでの年齢を考慮した一元配置分散分析について

    詳しい方は是非教えて下さい。 AとBとCのグループの差の検定を行いたいのですが、それぞれのグループに年齢差が生じています。この年齢差の影響を取り除き、その値から、一元配置分散分析行いたいのですが、SPSSを使用して解析を行う場合は、どのようにしたらよいでしょうか??

  • 一元配置分散分析でよろしいのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。 A町から抽出した被験者の年齢 ; 33,43,43,21,76,43 ・・・。 B町から抽出した被験者の年齢 ; 23,34,55,43,47,98,86,53・・・。 C町から抽出した被験者の年齢 : 45,42,57,35,65,48,37,27・・。 D町から抽出した被験者の年齢 ; ・・・。 E町から抽出した被験者の年齢 ;  ・・・・。 各群において平均年齢に差が無いことを示すのは、 一元配置分散分析でよろしいのでしょうか。ネットで一元配置分散 分析の使用例を調べてみたのですが、平均年齢に用いている ケースがなかったので質問させていただきました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。