• 締切済み
  • 困ってます

SPSSのanovaとt検定

こんにちは。統計初心者です。 対応のないt検定に関する質問 (1)tの値が2.97や.36、5.01になりました。5パーセント水準だと、5.01は帰無仮説を棄却できないということでしょうか。 (2)統計の本を見るとレポートにはt(自由度)=tの値,p<0.1とありますが、この最後のpの値はどのSPSSの、t検定のどの項目を見れば確実にp<0.1と確認できますか? anovaに対する質問 (1)SPSSの分散分析の項のグループ間、グループ内とはどういう意味でしょうか。 (2)anovaの自由度はグループ間+グループ内の数であっていますか? (3)F値ですが、0.1より小さければ有意ということですか。 (4)最後に記入するpの値ですが、t検定では0.1でしたがanovaでは.001になっていました。なぜですか。 (5)多重比較の項ですが、以下のような結果が出たとしたら、条件1と条件2、条件2と条件3の有意はどこを見ればいいのでしょうか。 (I)条件1 (J)条件 平均値の差 標準誤差 有意確立 条件1    条件2  -4.42857  .61721    .000         条件3 -1.85714 .61721 .020 参考書等を用いて勉強していますが、独学では理解しきれない部分も多く、皆様のお力をお借りできたらと投稿させていただきました。 1つでもかまいませんので解答お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2666
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
  • orrorin
  • ベストアンサー率65% (88/134)

> 対応のないt検定に関する質問 > (1)tの値が2.97や.36、5.01になりました。5パーセント水準だと、5.01は帰無仮説を棄却できないということでしょうか。 p値(SPSSでは有意確率だったかな)は1未満にしかならないので、5.01というのはp値ではありません。 SPSSなら表のところに各項目名が書いてあると思いますので、まずはそれを明記してください。 .36がp値だとしたら、残念ながら有意ではありません。 > (2)統計の本を見るとレポートにはt(自由度)=tの値,p<0.1とありますが、この最後のpの値はどのSPSSの、t検定のどの項目を見れば確実にp<0.1と確認できますか? 上記、有意確率を見てください。 たいてい、一番右側のセルにあるはずです。 > anovaに対する質問 > (1)SPSSの分散分析の項のグループ間、グループ内とはどういう意味でしょうか。 グループ間は条件の水準間(の変動)、グループ内は水準内(の変動。要するに個人差)という意味です。 条件間の変動と個人差の比がt値やF値になります。 > (2)anovaの自由度はグループ間+グループ内の数であっていますか?> 足すのではなく、コンマで区切って併記です。 F(グループ間の自由度, グループ内の自由度)=F値, p値 > (3)F値ですが、0.1より小さければ有意ということですか。 F値だけではそれが有意かどうかの判定はできませんが、それでも(1)の理由によリ、1未満の時はまず有意ではないと思います(条件間変動よりも個人差の方が大きいのであれば、そのような要因の効果に意味はないと見なせるでしょう)。 0.1がp値であっても、0.05未満でないと一般に有意ではありません。 > (4)最後に記入するpの値ですが、t検定では0.1でしたがanovaでは.001になっていました。なぜですか。 次の(5)を見るかぎり、これは1要因3水準のデータなので、t検定をしてはいけません。 > (5)多重比較の項ですが、以下のような結果が出たとしたら、条件1と条件2、条件2と条件3の有意はどこを見ればいいのでしょうか。 条件1と条件2は平均値の差が-4.42857となっている行の右はじです。 .000なので、有意です。 条件2と条件3はここには載っていません。 これと同じように条件2と、条件1と3を比べている所があると思いますので、そこを見てください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 【SPSS】等分散性の検定

    SPSS(バージョン14.0)を使って勉強しています。 わからないことだらけです。 そこで誰かに教えていただきたいのですが…。 4水準(グループA、B、C、D)で一元配置の分散分析を実行したところ、 「等分散性の検定」で ・Levene 統計量 3.205 ・有意確率 0.023 と結果が出ました。 有意確率が0.05より小さいので等分散とはみなせないと参考書に書いてあるのですが、それでは、グループA、B、C、Dのどのグループ間で分布が違っているのかは、どうやって確かめればよいのでしょうか? 初心者ですので質問自体が的外れなのかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • SPSS McNemar検定

    SPSSの「McNemar検定」 検定統計量の見方について質問です。 McNemar検定を行った場合,検定統計量(表)では通常N,カイ2乗,漸近有意確率が算出されると思います。 私の行った項目の中で,Nと正確有意確率(両側)は算出されているものの,カイ2乗値と漸近有意確率が表示されていない項目がありました。ちなみにこのときのNは64,正確有意確率(両側)は .125b [b.使用された2項分布]でした。これは,McNemar検定では,有意差が見られなかったという捉え方で良いのでしょうか? SPSSに関する文献を拝見しましたが,McNemar検定について触れているものは少なく,さらに漸近有意確率以外の見方について書かれているものが見つけられませんでした。どうか教えていただけますようよろしくお願いいたします。

  • 心理 t検定 spss 

    被服関心尺度 高群 低群で下着の着用意識にどのような違いがあるかを調べています。 先行研究では学生と母親で下着の着用意識にどのような違いがあるか  を調べており、本文には28項目4段階評価の下着の着用意識を単純集計で求めて、学生と母親間の違いをみるために平均値の差のt検定を行った。 と書いてありました。単純集計はだし、あとはt検定(spss使用)なんですが、t検定のどれを使えばよいかわかりません。 とりあえず、高群、低群にわけて1サンプルの検定はだしたのですが、間違ってますか? それかt検定をする前にしなくてはならにことがあるのですか? あと、もし1サンプルであっていたなら結果はだせたものの結果の読み取りができません。(いろいろ調べましたが…) 何も分かっていなく、本当に申し訳ないですが、だれか助けてください。 被服関心尺度 高群 の着用意識28項目の結果 1サンプルの統計量 N 平均値 標準偏差 平均値の標準誤差 1 83 2.22 .976 .107 2 83 2.48 .802 .088 3 83 2.52 .929 .102 4 83 1.98 .811 .089 5 83 2.24 .892 .098 6 83 3.19 .723 .079 7 83 2.29 .931 .102 ………………省略 26 83 1.98 .897 .098 27 83 2.23 .941 .103 28 83 2.40 .962 .106 1サンプルの検定 検定値 = 0 t 値 自由度 有意確率 (両側) 平均値の差 差の 95% 信頼区間 下限 上限 1 20.695 82 .000 2.217 2.00 2.43 2 28.199 82 .000 2.482 2.31 2.66 3 24.702 82 .000 2.518 2.32 2.72 4 22.193 82 .000 1.976 1.80 2.15 5 22.899 82 .000 2.241 2.05 2.44 6 40.207 82 .000 3.193 3.03 3.35 7 22.403 82 .000 2.289 2.09 2.49 8 24.872 82 .000 2.060 1.90 2.23 …省略 26 20.072 82 .000 1.976 1.78 2.17 27 21.573 82 .000 2.229 2.02 2.43 28 22.707 82 .000 2.398 2.19 2.61

  • 回答No.1

t検定の(1) 自由度がわからないと、答えられませんね。 tの値が同じでも、それが多くのデータを比べたものか、少ないデータを比べたものかによって異なります。 SPSSは最近使ったことがないのでもう忘れてしまいましたが、dfなんて表記がどこかにありませんか。 それが自由度です。 そして、p-valueというのがありませんか。p-valueは、そのt値が得られる確率です。 p-valueが0.05より小さければ、いわゆる「5%で有意」ということです。 anovaの方は、最近SPSSを使ってないのでわかりません。ただ、ちょっと誤解が多いのでは、と。 (2)については、自由度は二つ必要です。「グループ数-1」と「データ数-1-(グループ数-1)」です。 また、F値は、通常は大きいと有意になります。 「F値に対するp値」が0.1だという意味でしょうか。その場合でも、5%有意ではありません。 0.05を下回れば、「5%有意」です。 (4)はよくわかりません。t検定では0.1で、ANOVAでは0.001ですか?何のどこに記入する値なのでしょうか。 同じデータを、t検定したり、ANOVAにかけたりしたのでしょうか。 独学も楽しいのですが、何事にも先達はあらまほしき、です。 ご専門の分野はわかりませんが、初心者向けで、「SPSSの」と銘打った書籍を、データを自分でいじりながら動かしてみてはどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 【統計】ANOVAについて教えて下さい。(回答ゼロだったのでダメ元で再

    【統計】ANOVAについて教えて下さい。(回答ゼロだったのでダメ元で再掲します) 統計の参考書には、多群の検定にはANOVAを使用し、ANOVAで有意差があれば多重比較を行うように書かれていることが多いです。ANOVA → 多重比較検定の流れです。 しかし一方でANOVAは不要で、いきなり多重比較検定を行って良いとする本もありますし、最近の論文はそうなってきているように思います。 では、ANOVAはそもそも何のためにあるのでしょうか? 「全群が一様であるかないかを確認するためであり、どの群とどの群に差があるかは分からなくていい」 という妙な状況のときでしょうか? 1群あたりの n 数が少ないときに効力を発揮するとか? ご存知の方、お願いします。

  • ANOVAのフリーソフトウエアはありますか?

    1.肥料A 2.肥料B 3.肥料なしの3区で育てた植物の乾燥重量のデータがあります。このそれぞれの区間において、データに有意差があるのかどうか、P値はどれくらいなのか、が知りたいです。 3群における差の検定にはANOVA(分散分析)を使うといいらしいのですが、エクセルではそれぞれの区間の有意差まではできないですよね? 生物学系の大学生で、統計学に関しては素人です。アドバイスがありましたら、ソフトに関すること以外でも何でもいいので、回答ください。

  • SPSSによるt検定についての質問

    現在大学の卒業論文で、SPSSを使用してt検定を行っています。 そうすると独立サンプルの検定で 「等分散性のためのLeveneの検定」と「2つの母平均のさの検定」 がでました。 (1) 2つの母平均のさの検定での有意確立が0.00になっているのです、 この場合の解釈としては「有意差がある」としてしまってよ いのでしょうか? (2) t検定は「2つの母平均の差の検定」ですが、2つ以上の母平均 の差の検定を行いたい場合にはどの検定を使えばよいのでしょうか? 統計学は初心者なのですが ご存知の方、御教授よろしくおねがいします。

  • 統計法のt検定がわからない!

    大学で心理学を学んでいる1年です。 今統計法で、t検定をやっています。 でもその授業だとかなりわかりにくくテスト近いので大変な状況です。(先生に聞きに行ったけど、余計にわかりずらい説明されて理解不能だった。) 「有意差」とか「自由度」や「確立」や「t値」や「帰無仮説」の関係とかが詳しく載ってるサイトがあったら教えて欲しいです。

  • t検定について

    A) サンプル数 300  平均22.5  標準偏差4.00 B) サンプル数 1400  平均23.0  標準偏差5.90 のt 検定を」というご質問が出されていました。 私も興味ををもって解いてみましたが、best answer に選ばれた回答も出されておりましたが、ヒントであって、解は出ていませんでした。 次のようなことでいいのでしょうか。ぜひともお教えいただきたいので、よろしくお願いいたします。 この問題は仮説検定のうち、2つのサンプルの平均値に差があるかどうかを検定する問題だと思いました。 帰無仮説は 2つのサンプルの平均値には差がない」とします。 両群の平均的な分散は   ((300&#65293;1)*4^2*(1400&#65293;1)*5.9^2)/(300+1400&#65293;2)=31.50 このとき検定統計量は t=0.5/√(31.5(1/300&#65293;1/1400))=1.40 この問題では自由度が1698となり、分布表からは正確な数が出ませんが、正規分布になるときの数とから、有意水準5%なら 1.9779&#65374;1.9600 の間にありそうですので、検定統計量のほうが小さいと判断できると思いました。 よって「帰無仮説を棄却するすることはない。」と結論しました。 このようなことでいいのでしょうか。特に自由度が1698で分布表から具体的な数がきっちり求められないので、他のやりかたでなければならないのでは?と不安を感じているのですが。

  • 二要因の分散分析について質問です!!!

    二要因の分散分析について質問です!!! 二要因の分散分析をSPSSでやっていたら、Leveneの等質性の検定という等分散を仮定する検定で 有意になってしまいました。⇒帰無仮説が棄却されない で、t検定だと等分散を仮定しない場合の値が書いてあったり、 一元配置分散分析ではWelchの検定というのがあります。 二要因の分散分析でなんとかこの状況を打開する手はないでしょうか? できればパラメトリック検定で行いたいと考えております。

  • 有意差検定がわかりません;;

    A店とB店のハンバーガーの味のおいしさに違いがあるかどうか調べることを目的とします。 帰無仮説:「A店とB店とではハンバーガーの味に違いがない」 対立仮説:「A店とB店とではハンバーガーの味に違いがある」 ここで指定された条件があります。 ・有意水準p<0.05です。 ・自由度18の1.734<t<2.101というものです。 t検定式で出されたt値がもし3つあったとします。それが以下の 1「4.0」 2「1.611」 3「1.925」 だった場合、結果的に有意差があるのかないのか教えてくださいm(..;)m 申し訳ありませんがよろしくお願いします!

  • 検定力分析と多重比較検定について

    統計学に精通している方、宜しくお願いします。 現在、研究でチューキーの多重比較検定を行っています。 経験的に群数が多くなると帰無仮説が増えるため検出力が低下する(有意差が出にくくなる)と認識していました。このことをR等で検定力分析を用いてちゃんと示したいと考えていたのですが、多重比較検定について検定力分析を行う方法を知っている方、その方法を教えてください。 また、分散分析について検定力分析をRを用いておこなったところ群数が増えるにつれ、検出力が増大していく(n=6,群内変動=3,群間変動=2、α=0.05で行いました)という結果が得られ、解釈に困っています・・・・・統計学に精通しておらず、こちらの結果についても解釈に困っています・・・情けない話ですが、どなたかご教授頂けると幸いです。 宜しくお願いします。

  • SPSSでの3群間の多重比較について

    統計学初心者です。 SPSSを用いて統計をやっています。 3群間のデータ比較を行っていますが、下記の方法で正しいのでしょうか? まず3群のデータはそれぞれ正規分布していません。 なので、クラスカル・ワーリス検定を用いて検定をした結果、『有意差あり』となりました。 ここから、どの群間に有意差があるのかを調べたいのですが、SPSSではノンパラメトリック版の多重比較はできないのでしょうか? できない場合、それぞれの群間をマンホイットニー検定で比較することは正しいのでしょうか? 統計初心者で的外れなことを言っているかもしれませんが、よろしくご教授いただけたらを思います。 よろしくお願いします。

  • 生物統計学_分散の一様性の検定

    分散分析をやる前に分散の一様性の検定を やろうと思っています。使っているソフトはSTATISTICAです。 バートレットの検定の場合、p値が0.05以下にならなくてもANOVAをやってよいものなのでしょうか?値が大きくて何だか変な感じがします。 レーベンの検定の場合はp値は0.05以下の場合、ANOVAにかけてよいのでしょうか? あと1つ。エクセルで同様のことをする場合はF検定でよいのですか?これもP=0.05以下だとANOVAをやってよいのでしょうか? わからないことばかりですみません。 よろしくお願いします。