• 締切済み
  • すぐに回答を!

中古住宅の耐震強度証明

こんにちは。 先日、築22年の木造中古住宅を購入しました。 もう既に売買契約は終了し、住み始めているのですが・・・ 引越を終えて、落ち着いたところで不動産売買契約書を読み返してみると、 「本物件は、築22年を経過しており、屋根・基本的構造部分・水道管・ガス管については自然損耗、経年変化が認められるものであり、買主はそれを承認し、それを前提として本契約書所定の代金で本物件を購入するし、劣化による雨漏り・水漏れがあったとしても売主に費用を求めないものとする。また、本物件は買主が購入資金を銀行借入予であり、ローン控除申請要件には築後20年以上の木造家屋は『(1)耐震基準適合証明書』が必要であり売主が準備する物とする」 と記載されていました。しかし実際は契約の際に『(2)耐震証明書』代を請求されたので、その時は言われるがままに買主(私)が費用を支払いました。 仲介業者に尋ねてみると、ローン控除を受ける時に必要な証明書なので、買主(私)が負担するのが妥当と言われました。実際のところは何処が負担するべきなのでしょうか?また、(1)と(2)は種類が違う別の証明書なのでしょうか? 詳い方アドバイスをお願い視します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数587
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#65504
noname#65504

#3です。補足ありがとうございました。 >私どもの家をリフォームして下さった業者さんと売り手側の不動産の2つが仲介に入っており、このようにややこしいことになりました。 不動産取引では複数の業者が間にはいるのは、よくあることです。本来は両方の業者が協力して重要事項説明をすることになっていたと思います。 重要事項説明をした業者さんと売り主の耐震証明に関する意思疎通がとれていなかったということですね。 >納得がいかなかったので、リフォーム業者に対して物件の説明不足や契約の曖昧さを指摘して、今回の費用を負担してもらいました。 何はともあれ、費用の返還がなされて、おめでとうございます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#65504
noname#65504

(1)と(2)は同じ物です。 結論から言うと原則として売り主負担と思います。 それは以下の2つの事由からです。 1.分譲マンションではどうなるかを考える  戸建てのようですが、分譲マンションを考えてみてください。分譲マンションでは構造上重要な部分は共有部分です。共有部分ですので構造図などの管理は管理組合が管理しており、勝手に証明を受けることはできず、集会などで協議の上実施しなければなりません。 買い主はもちろんその時点ではマンションの所有者ではありませんので、適合証明を受けることもそれを要求する権利もありません。 管理組合に要求できるのは管理組合メンバーである所有者すなわち売り主です。 またその費用は共有部分にに係わるものですから、管理費または修繕積立金より支出することになります。 すなわち買い主が負担することはないし、本来できないのです。 2.宅建業法改正の目的  適合証明は控除に利用されますが、宅建業法が平成18年4月24日に改正され、旧耐震基準で設計された(1981年6月以前に確認申請をされた)建物については、耐震診断の有無や適合証明の有無、その結果などを重要事項説明ですることを宅建業者の義務としました。 http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010313_3_.html これは旧耐震診断で設計された建物中に現行基準を満たさない建物が多くあることから、耐震化を推進するために取られた方策です。そのねらいは、説明義務を課すことにより耐震性が証明できていない建物については、価値の低下が起こることが予測されますので、それを嫌って診断を受けるものが増えることを期待したものです。 すなわち適合証明の有無は住宅の販売価格に反映されると考えられます。 すでに重要事項で説明された内容ですので、販売条件に含まれているものですから、本来は販売価格に含まれるものです。 以上の観点から、売り主負担というのが正論だと思います。 上記のように、本来は売り主が負担すべき費用です。 でも、正論よりも、両者の合意でなされた契約条件のほうが優先されます。 「売主が準備する物とする」というのは、取引時点までの準備する義務を売り主に課せています。これが間に合わなかったら債務不履行になりますし、もし証明が得られなかったら、売り主都合の解約としてできるような内容です。 でも費用負担については、明記されていませんので、どちらが負担するのかというのは決まっていなかったということです。 支払い以前でしたら、一般論を展開して拒否できたと思いますが、一度支払ってしまったということは、その時点で買い手が負担するという合意が得られたとみなされる場合もあります。 まずは、#1さんの言うように業者に行ってみて、それでも納得できなかったら、以下の2つの方法をとってみてください。 1)役所の宅建指導課または業者の所属する宅建協会に相談する 2)消費者センターに相談する 1については、宅建業法の説明義務と契約内容の相違とも考えられますので、その取扱について確認の意味を込めて相談してみるとよいのではないでしょうか? 宅建業法は最近改正されたばかりなので、運用方法がきっちり決まっていないことも考えられますので、業者の判断ミスの可能性もあります。 2については、宅建業法ではなく、消費者契約法に関するものです。 適合証明そのものがまだ普及しているものではないので、事例としては少ないと思いますが、社会通念上布等と見られる契約内容や、一方的に購入者に不利になる条件は無効とできることもありますので。 社会通念上は売り主負担が妥当だと思いますが、慣習としてある場合は認められることもありますが。 弁護士という方法もありますが、その費用をかけてまで決着するほどの費用ではないようなので、それはおいておきました。 追伸 事例として知っておきたいので、できれば結果について補足してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

質問者からの補足

一軒家の木造中古住宅になります。 詳しくご説明頂き有難うございました。こちらの件につきましては、残念ながら私どもの負担ということになりました。 今回の契約には、私どもの家をリフォームして下さった業者さんと売り手側の不動産の2つが仲介に入っており、このようにややこしいことになりました。 売り手側は、「耐震証明付き物件」とは売り文句にしていなかった為それを合意のもとで今回の契約は成立している。との事。 買い手(私側)は、リフォーム業者が「耐震証明も取りますし」という言葉を聴いて、費用負担はてっきり売り手側だと思い込んでいた為、(確認を取ればよかったのですが・・・今更後悔しても遅すぎですが・・・) 落ち度は私どもにありまして、売り手側の方が一枚上手だったということです。 私どものリフォーム業者は、「ローン控除で費用もチャラになりますし・・・」との事。 しかし、納得がいかなかったので、リフォーム業者に対して物件の説明不足や契約の曖昧さを指摘して、今回の費用を負担してもらいました。今回の件で、大変勉強になりました。業者選びは、慎重に!ですね(^0^);

  • 回答No.2

耐震基準適合証明書というもの自体を取得するのはあくまで売主のようです。ただ費用をどちらが負担するかとなると、これがあって得をするのは買主なので、費用は負担してくれってことなのだと思います。 いまからできるかわかりませんが、あくまで価格交渉の一部として交渉することはできるのではないでしょうか。 以前に類似の質問を読んだような気もするので、もうされているかもしれませんが、過去ログなども見てみてください。 #私が以前買おうとしていた物件では、耐震基準適合証明書の取得自体やんわり断られました。

参考URL:
http://www.njr.or.jp/m01/05/050418/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#20102
noname#20102

売買契約書の内容に従うべきです。 仲介業者の言う、 >ローン控除を受ける時に必要な証明書なので、買主(私)が負担するのが妥当 これは理屈は正しいのですが、契約書では売主負担となっている以上、売主負担なのです。 これは仲介業者が勘違いをしていると思います。 今すぐ仲介業者に問いただしましょう。 もちろん、契約の時に契約書の読み上げは行っているはずなので、その時に確認しなかった質問者さまにも非はあります。けれど今から言っても売主はこの費用について支払いを拒否することはできません。 必ず訴えましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。早速仲介業者に訴えてみます。

関連するQ&A

  • 中古住宅購入の際の各種証明書について

    よろしくお願い致します。 築25年の中古一戸建て物件なのですが、内装は大部分をリフォームしてからの販売になるとの事で購入を検討しています。 外側はツバキ等の木が生い茂っている所の伐採や、隣家との境界の塀を新しくする等は買主負担になるようです。 内覧後に築20年以上は住宅ローン控除の対象外になる事を知り、その事を不動産会社の担当さんに話すと「耐震適合証明書(¥51000+税)を取得すれば、ローン控除物件になります」「築年数から考えると取得は可能だと思います」と説明されました。 担当さんの説明後に自分で調べて 〇耐震適合証明は複数部数必要(上記費用は一部取得の費用なのか?) 〇フラット35適用の為の書類の取得(フラット35を利用するかは未定です) 等、中古物件は様々な書類が必要な事を知りました。 ホームインスペクションの利用も考えており、これに耐震適合証明書取得費用も考えると、購入未定の物件に高額の費用をかけることになります。 そこでお伺いしたいのは、耐震適合証明書の取得費用を不動産会社に負担してもらうように交渉するのは可能なのかということです。 耐震適合証明書は売主買主どちらが取得してもよいとの情報を見たのですが、個々購入時の状況も違うかと思いますので、この様な交渉が一般的なのかを教えて頂きたく、また交渉可能なら、どの様に話をすればよいのかも教えて頂ければと思い こちらで質問致しました。 その他、中古住宅購入の際に気をつける事、知識等を教えて頂ければと思います。 よろしくお願い申し上げます。

  • 中古住宅の適合証明はだれが準備するものでしょうか

    はじめまして。 現在、中古一戸建ての購入を検討しているものです。 物件は ■木造・昭和49年築(築後34年経過) です。 質問は、3点です。 (1) 住宅ローン控除に必要な適合証明(耐震基準適合証明書)は売主が準備するという話を聞きますが、 それは本当なのでしょうか? (2) 住宅取得支援機構の『フラット35』や『財形融資』を利用する際にも『適合証明』が必要かと思いますが、 これは住宅ローン控除で求められる適合証明(耐震基準適合証明書)と同種のものでしょうか? (3) もし、住宅ローン控除と機構融資で求められる適合証明が同種のものであれば、 売主に用意していただくことを不動産仲介会社に働きかけることは可能でしょうか? (適合証明を住宅ローン控除にという理由で売主に準備してもらって、 それを機構融資にも利用できないか、という姑息な考えですが。。。) ご教示いただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 耐震基準適合証明書について

    この度築9年の中古住宅を購入する予定で売り主と売買契約も交わし、銀行の本申込中です。 引き渡しが1月6日に控えています。 今になって来年の確定申告での住宅ローン控除に耐震基準適合証明書が必要だと知り、契約書を見てみたところ「本物件の建物は耐震診断を実施しておりません。築9年経過しておりますので建築基準法の耐震基準が不足してる場合がある場合は、修繕費用は買い主様負担であること」 となっています。 このままでは住宅ローン控除は難しいでしょうか? また売り主には耐震基準証明書を発行の義務はないのでしょうか? 無知な故、このようなことになってしまいとても悔しいです(:_;) 何か方法はありますか? よろしくお願い致します。

  • 耐震基準適合証明書について

    賃貸で現在居住している部屋(築27年のマンション)を、諸事情に より中古物件として購入しました。鉄骨鉄筋コンクリート造です。 仲介業者との売買契約は、1月末に済ませました。 現在ローン契約の手続き中で、書類上の物件引渡しは2/27となります。 仲介業者からもらった重要事項説明書の中に、耐震診断の有無という 項目があり、照会先が管理会社となっていて「無」にチェックが入って いました。この項目では、耐震基準適合の物件なのかわかりません。 なので、売主に適合なのかを調べてもらい、耐震基準適合証明書を 登記簿上の引渡し日前に用意してもらえれば、住宅ローン減税の対象 となりますか?今から手続きでは遅いでしょうか? 売買契約を済ませてしまったので、もうだめでしょうか? 急に決まった購入だったので勉強をする時間がなく、 引渡し日まで時間がないので、気ばかり焦っています。

  • 中古住宅の購入にかかわる軽減措置

     最近中古住宅の購入を視野に入れているのですが、平成17年4月より築年数20年超えたものでも新耐震基準を満たせばローン減税などの対象になるなどの軽減措置の話を聞きました。そのためには「新耐震基準を満たすことの証明書」 を“売主”がとるということなのですが、買主としてはそれを売主に依頼するという形になるのでしょうか?どのように進めるのかがよくわからないので教えてください。

  • 中古住宅の住宅ローン控除?

    すみませんが教えてください。 内容は住宅ローン控除を受けられる物件条件です。 築20年以上の中古物件でも耐震強度の証明書があれば控除が受けられるとの 情報を聞きました。本当でしょうか? 本当なら控除の条件や耐震証明書など、どのように収集すればよろしいのか 教えてください。

  • 耐震基準適合証明書の発行費用って・・

    築21年目の中古住宅の取得契約をし、いくつかの税金控除が受けられるとのことで、不動産業者が〔耐震基準適合証明書〕を取ってくれたようです。 "証明書発行費用:5万円"の連絡がありましたが、発行によって今後の出費が軽減される事を嬉しく思いました。 しかしいろんなサイトを見ていたら、 【耐震基準適合証明書を取得する際には、原則として中古住宅の売主が申請を行う】 とあります。 これを見ると発行費用は買主の私が負担するものなのか、疑問に思ってきました。 実際、この〔耐震基準適合証明書〕の発行費用はいくらぐらいするものなのでしょうか。そして買主の私が支払う5万円という金額は妥当なのでしょうか。 わかる方がいたら教えてください。

  • 中古住宅の瑕疵担保責任について

    築5年の木造住宅を購入予定で、もう少しで売買契約予定なのですが、 契約予定の売買契約書には瑕疵担保期間は「引渡しから2ヶ月間に限り”私に”対して責任を負う」と書いてあります。そこで以下3つ質問です。 1 中古住宅の瑕疵担保責任は法律ではどのくらいなのでしょう? 販売元の不動産屋は民法で2年というのがあると言っていたが、この売買契約書にうたわないと無効になりそうだと思うし、また、調べたが2年という期間があるかわかりませんでした。  2 この契約通りに契約して瑕疵があった場合、期限の扱いはどうなると考えたらいいのでしょうか? 2ヶ月目以内に瑕疵がある旨を売主に知らせた時点でOKなものなのでしょうか? 3 また売主がご近所になる為、トラブルは避けたいのですが、瑕疵があった場合、売主から施工業者に負担の依頼をするものでしょうか? それとも私が直に元の施工業者に言ってもいいものでしょうか??

  • 居住中の中古住宅売買について(ペナルティは?)

    今現在、居住中の中古物件の購入を検討しています。 居住されている方は、今後新たに別の場所に新築をされます。 ただし、まだ土地が見つかっていませんが、物件の売買の話は進んでいます。 不動産屋によると、契約の仕方次第だが、期限を設けて、ある時期までに土地を探していただく、 その後、いつまでに引き渡していただく、という段取りを設けた契約になるとのことです。 この場合、もしも、土地決めの期限までに売主が土地を決めきれなかった場合、この契約が白紙になるとのことです。この場合、契約違反ではないので、手付金が倍返しになるというペナルティはなく、我々買主側には、手付金が戻ってくるだけで、その売買契約が白紙になるだけ、との説明をうけました。 我々としては、真剣に今後の住居購入を検討しているのに、売主から「土地が決まりませんでしたので、すみません」で終わったら、大変困ります。 このようなケースの場合、契約段階で、ペナルティを盛り込むことはできないのでしょうか。

  • 一定築年数超過の中古住宅購入した時の確定申告

    平成20年2月に「一定の築年数を超過した中古住宅」を購入しました。今回購入後初めて確定申告を行います その際ネットなどで確定申告に関して調べたところ下記サイトに以下のようにありました。 http://allabout.co.jp/living/mansionlife/closeup/CU20081229A/ <中古住宅購入時の確定申告に必要な書類> 1住宅ローンの年末残高証明書(ローンの本数分) 2住宅ローン減税を受ける方の住民票 3源泉徴収票(給与所得者の方) 4売買契約書の写し 5土地・建物の登記簿謄本(登記事項証明書) 6一定の築年数を超過した住宅の場合は「耐震基準適合証明書」または「住宅性能評価書の写し」 7確定申告書(住宅借入金等特別控除額の計算明細書) ここでは6に関してお尋ねします 私が購入した中古住宅は1977年完成で購入時は築31年です。この場合は「一定の築年数を超過」しているので「耐震基準適合証明書」または「住宅性能評価書の写し」が必要との事ですが、それは手元にはありません。これは売主が売買契約成立以前に取得しておかなければならないらしいのですが、私は売主から譲り受けていません。   したがって住宅ローン減税などの優遇は受けられないようですが、この場合でも確定申告は行った方が良いのですか?その方が良いならそれに関するサイト等情報が見つけられる方法を教えてください。可能な限り自分で調べたいと思います。 長文失礼しました