• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

築20年超の中古住宅購入、確定申告は必要ですか?

昨年、築28年の木造住宅を住宅ローンを使って購入いたしました。 中古住宅の場合、築20年以上だと住宅ローン控除が受けられないとのことですが、 一般的に新築・築20年以内の中古物件を購入したときは、初年度は確定申告 することになっていると思います。 しかし、私のように、住宅ローン控除の対象ではない場合は、 確定申告する必要は全くゼロなのでしょうか? ※当方、耐震基準適合証明書等は、持ち合わせておりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1080
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7827)

>私のように、住宅ローン控除の対象ではない場合は、確定申告する必要は全くゼロなのでしょうか? そのとおりです。 全くゼロ、確定申告の必要ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • keirimas
  • ベストアンサー率28% (1118/3992)

>住宅ローン控除の対象ではない場合は 確定申告する必要は全くゼロなのでしょうか? 住宅ローン控除の対象でない場合でも確定申告をする必要のある人は大勢います。必要全くゼロというのはとんでもない話です。 住宅ローン控除を受けるのは権利であって義務でありませんが、「住宅ローン控除を受けるため」というのは確定申告をする理由の一つでしかありません。 『確定申告をする必要のある人』 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

質問の回答とはちょっとずれますが、こちらも是非参考にしてください。 築28年ということなのでいろいろと家屋の修繕が必要になってきます。 これらに対応するために住宅のリフォームに利用可能な税制特例があります。 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr2_000011.html 一定の居住者が自己の居住の用に供する家屋については、バリアフリー改修や省エネ改修などにかかった費用を一定の額をその年分の所得税額から控除できます。 また耐震対策についても各自治体で耐震診断や耐震補強をする際の助成金があります。 いろいろ細かな要件がありますが、改修をして要件が該当する場合は是非申請をしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中古住宅購入時の確定申告について

    昨年の終わりに中古住宅を購入しました。 (建物は昭和40年代建築で、耐震基準証明がされていません。) そこで、質問が二つあります。 ○質問1:  購入時に頭金を150万円支払ったのですが、この金額は確定申告で経費?もしくは違う金額で乗せることは可能でしょうか。 ○質問2:  建物は昭和40年代建築で、耐震基準証明がされていないので、税金の軽減は何もされないのでしょうか。また、○○の手続きをすれば軽減対象となる等ないのでしょうか。 以上、宜しくお願いします。

  • 一定築年数超過の中古住宅購入した時の確定申告

    平成20年2月に「一定の築年数を超過した中古住宅」を購入しました。今回購入後初めて確定申告を行います その際ネットなどで確定申告に関して調べたところ下記サイトに以下のようにありました。 http://allabout.co.jp/living/mansionlife/closeup/CU20081229A/ <中古住宅購入時の確定申告に必要な書類> 1住宅ローンの年末残高証明書(ローンの本数分) 2住宅ローン減税を受ける方の住民票 3源泉徴収票(給与所得者の方) 4売買契約書の写し 5土地・建物の登記簿謄本(登記事項証明書) 6一定の築年数を超過した住宅の場合は「耐震基準適合証明書」または「住宅性能評価書の写し」 7確定申告書(住宅借入金等特別控除額の計算明細書) ここでは6に関してお尋ねします 私が購入した中古住宅は1977年完成で購入時は築31年です。この場合は「一定の築年数を超過」しているので「耐震基準適合証明書」または「住宅性能評価書の写し」が必要との事ですが、それは手元にはありません。これは売主が売買契約成立以前に取得しておかなければならないらしいのですが、私は売主から譲り受けていません。   したがって住宅ローン減税などの優遇は受けられないようですが、この場合でも確定申告は行った方が良いのですか?その方が良いならそれに関するサイト等情報が見つけられる方法を教えてください。可能な限り自分で調べたいと思います。 長文失礼しました

  • 【中古住宅の住宅ローンの控除について:昭和58年築】

    【中古住宅の住宅ローンの控除について:昭和58年築】 お世話になります。 昭和58年10月に建築された中古住宅の購入を検討している者です。 専門知識がなく、インターネットで調べても不明な点が多いので こちらに質問させて頂きました。 まず、住宅ローンの控除を受けることが可能なのか? 昭和56年以降の物件なので、新耐震基準は満たしていると思うのですが 建築証明書がないとのことです。(ハウスメーカーも不明) この場合、耐震基準適合証明をとることは可能なのでしょうか? 逆に、昭和56年以降の住宅でも、耐震基準適合証明書が発行できない住宅が あるのかどうかも不明です。 もし、耐震基準適合証明書が取得出来なかった場合、何らかの補強をすることによって 再度取得することが可能なのかなと考えておりますが・・。 ただ、補強して耐震基準適合証明書を取得したにしても、 どのくらい住宅ローン控除が受けられるものかも疑問です。 以上の事を踏まえて質問事項をまとめます。 =================================================== (1)建築証明書がない住宅(どこのハウスメーカが建てたかも不明)でも  昭和58年10月築の物件であれば、耐震基準適合証明書を発行することが可能なのか。 また、調査した場合、耐震基準適合証明書が発行できる可能性はあるのか。 (2)中古住宅でもそこそこの住宅ローン控除を受けることは可能なのか。  (新築と同じ控除が受けられるのか) 【年収】  :300万 【扶養】  :なし 【金利】  :2.0% 【借入額】 :2000万 【借入期間】:35年 =================================================== 不動産屋さんに確認したのですが、「木造住宅は20年までしか 保証されないので、適合証明はとれない!」と、何度説明してもかわされてしまいます。 (定年後の方が営まれている不動産屋です) 稚拙な文章で申し訳ありませんが、ご指南の程宜しくお願い致します。

  • 築20年を超えている住宅購入と確定申告

    昨年の夏に 昭和57年6月築の 土地付き中古住宅を購入しました。もちろんローンを組みました。 色々なところで 築20年を越えた木造物件には 住宅ローン控除が適用されないことは理解できました。 そこでなのですが 確定申告は 必要なのでしょうか? 不動産取得税の減税などは あるものなのでしょうか? もし 確定申告をする場合は どういった書類が必要なのでしょうか? 分からないことだらけです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 中古住宅購入後のリフォーム分ローン控除について教えてください

    現在、築30年の中古住宅(一戸建)の購入を検討しています。 購入後に耐震補強を含めたリフォームを予定しており、購入費用とリフォーム費用をあわせてローンを組みたいと考えています。 購入時点で耐震基準に適合していれば、築年数に関わらず住宅ローン控除が受けられるということなのですが、今検討中の物件では、受け渡し後の補強工事により、耐震基準に適合させようと考えているため、購入費用については、控除の対象にならないものと思います。 そこで、せめてリフォーム費用に対してだけでも、控除が受けられないものかと考えているのですが、購入とリフォームに掛かる費用を一括でローンを組んでいる場合に、そのようなことは可能なのでしょうか?

  • 今年の1月に中古住宅を購入しました。

    今年の1月に中古住宅を購入しました。 私は会社員で35年ローンを組みました。 住宅ローン控除を受けたいのですが http://www.flat35.com/user/kakutei_shinkoku.html に書かれている 初年度(入居後最初に適用を受ける年)のみ確定申告が必要 初年度とは現在3月半ばまで行われている確定申告なのか 来年の2月~3月の確定申告で行えばいいのか分かりません。 よろしくお願いします。

  • 中古住宅の住宅ローン控除について

    中古住宅の住宅ローン控除について教えてください。 今年の3月に築29年の中古住宅を購入しました。来年の確定申告のとき に住宅ローン控除を受けようといろいろ調べていたんですが、新基準耐 震確認が必要なことがわかったのですが、住宅ローン控除を受けるため に、いまさら行っても遅いのでしょうか? 受けれるような方法はないのでしょうか?教えてください。お願いしま す。

  • 中古住宅購入の手順

    中古住宅の購入を考えています。 良さそうな物件があったのですが、色々調べなきゃと思っているうちに、他の人に取られてしまいました。 中古物件だと、基礎や構造に問題がないか調べてもらったり、リフォームにかかる費用の試算をしたりと、実際に契約に至る前に色々と調べ物をしたくなります。ローンも不動産屋の提携ローンだけではなく、複数の金融機関に審査してもらい条件の良いところから選びたいと思うと、自分で動かざるを得なく、時間がかかってしまいます。 今回の物件は、高築年数の物件で耐震基準適合証を取っていない物件だったので、住宅ローン控除を受けられるように、売主に耐震基準適合証明を取ってもらい、適合が確認できた時点で申し込みをするつもりで、その間に色々調査をしようと思っていました。正直、2~3週間でもきついなと思っていたのに、あっという間に他の申し込みが入ってしまい、すぐに契約だそうです(物件公開から1週間強!!)。 良い物件は、すぐに売れてしまうというのを身をもって経験しましたが、焦って不良物件をつかまされるのも嫌です。 十分な調査を行い納得した物件取得をしたいのですが、気に入ったら、すぐに申し込みだけはするべきでしょうか? 人気物件に、十分な調査の時間を取ることはできないのでしょうか? また、次に気になる物件が出てきたときにすぐ動けるように、準備しておいた方が良いことは何かありますでしょうか?

  • 中古住宅を5月に購入した場合

    住宅ローン控除は来年2月に申告すればいいですよね。他に中古住宅取得に伴う税金の申告、控除ってどんなものがあるんでしょう。よろしくお願いします。

  • 中古住宅の不動産取得税の軽減

     半年ほど前に築31年、鉄筋コンクリート造の中古一戸建てを購入し、先月不動産取得税の申告書が届きました。  築年数が古いですが、一定の耐震基準を満たすことについて証明されたものがあれば軽減措置の適用に該当するとのことだったので、購入前に取得した中古住宅適合証明書(住宅金融支援機構の融資審査の際に使用しました)を申告書と一緒に提出しましたが、ダメと言われてしまいました。  確かに住宅金融支援機構が独自に作成している証明書なので、建築基準法への適合を証明しているものではありませんが、物件概要書には耐震評価基準に適合となっているので今ひとつ納得できません。  やはり耐震基準適合証明書でなければ軽減措置は受けられないのでしょうか?ご教授のほどよろしくお願いします。