• 締切
  • すぐに回答を!

地方公務員について

  • 質問No.2288519
  • 閲覧数432
  • ありがとう数1
  • 回答数5

お礼率 10% (17/170)

今、大学の工学部2回生なんですが将来は院に行かずに地元に戻って地方公務員として、県庁に勤めたいと思っています。そこでなんですが、
1、工学部などの理系はやはり化学、電気などの専門職になるのか?事務等は無理なのか?
2、そもそも専門職とは具体的にどのようなことをするのか?(自分は化学系なので化学について)
3、工学部からの公務員選択は少数なのか?
4、もし専門職につくことになったら、県庁内で働くことになるのか?
について教えてください。

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 50% (1340/2646)

 こんにちは。私のところでは…

1、工学部などの理系はやはり化学、電気などの専門職になるのか?事務等は無理なのか?

・上級職を受けられるのでしたら、受験資格は「大卒程度の知識」というところが大半でしょうから、そもそも大学を卒業している必要はありませんし、工学部で事務職を受けるのは一向に構わないです。

2、そもそも専門職とは具体的にどのようなことをするのか?(自分は化学系なので化学について)

・専門職にも色々な職場があります。
 例えば、薬剤師ですと、病院で調剤の業務をする方から、環境監視員として公害対策をしたり、あるいは食品監視員として飲食店の営業許可や指導をしたり、配属先に寄ってまちまちですから、一つの職種でもいろいろな性質の仕事があります。
 また、本庁で新規事業の企画や、出先機関の管理をされる方もおられます。こういう方は、仕事内容はほぼ事務職といってよいと思います。

3、工学部からの公務員選択は少数なのか?

・これは、少ないと思います。何故なら、そもそも技術職の募集人数が少ないからです。

・ただ、私の周りにも、理系の学部の方で事務職の方はたまにおられます。その逆は聞いたことがないですが。

4、もし専門職につくことになったら、県庁内で働くことになるのか?

・「2」にも書きましたが、専門職といっても色々な配属先がありますから、何処に配属されるか分かりません。

・ただし、事務職に比べると配属先は格段に限られてきますね。
 ということは、役職のポストが少ないと言うことになりますから、事務職に比べて昇任が不利なのが現実です。私のところは、技術職のポスト不足を補う為、事務職のポストに一時的に配属して、事務をしてもらうなどして、ホスト不足をしのいでいる状態です。

○おまけ

・技術系の職員の募集は「若干名」と言うところが多いですから、事務職に比べて狭き門といえますね。今からでしたら、時間としては十分ありますから、事務職を受ける勉強(特に、法律)をされるという選択もありますね。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 20% (265/1321)

大変ご心配だと思いますが、かなり具体的ですので、このコーナーへ質問するよりは、地元の県庁で配布している「職員募集要項」か「ホームページ」をご覧になった方が、具体的な答えが見付かると思います。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (193/592)

1 工学部→事務系でもOKです。(行政職の受験をするだけです。)
2 化学ですか、ちょっと想像つきませんが、希望する都道府県でお尋ねになるのが一番でしょう。
3 工学部から公務員は少数というより、むしろ専門職(技師)は、ほとんど工学部出しかなれないのでは。
4 専門職と言ってもその都道府県がどのような要求をしているか解りませんが、一般的に考えて県庁以外の勤務もあるでしょう。例えば、農業系ですと水産試験場だとか、農業試験場とか。

 ただ、一般行政職を受験する場合は、やはりハンデがありますので、法学や経済など勉強しなくてはなりません。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 38% (100/262)

 質問内容からすると、都道府県職員のことのようですが、

1 工学部から一般行政職(事務)の受験は可能ですし、合格者もいるのが一般的ですが、
 通常、上級試験には、教養試験の他に専門試験がありますので、
法律や経済の勉強が不可欠です。

2 「専門職」とは何を指しているのか不明ですが、試験区分の「土木」、「農業」
などで採用された職員のことを指すのであれば、
結論から言うと、一般行政とそう変わりません。
 土木職であれば、土木行政に携わるというだけです。
 「化学職」という区分の採用は、都道府県によって異なります。
 そういう区分のないところもありますし、希望の団体に関して、
ホームページなどで調べておくべきでしょう。
 一般的には、「化学」職は、公害防止など、環境関係の行政分野を
担当することとしている団体が多いと思います。
 また、「農業化学職」という区分がある団体もあり、
これは農業関係の行政分野に配置されます。

 なお、都道府県によっては、その合格者の中から、
試験研究機関の研究職を採用することがあります。

3 工学部の学生について、公務員選択が少数派かどうかは、
大学や学科によっても違うでしょう。何とも言えません。
 ただし、公務員で事務系と技術系に分けた場合、技術系が少ないということはありません。
 都道府県の建設部門や農業部門では、むしろ技術系の方が多数派です。

4 県庁内で働くかは、団体によって異なります。
 通常は、保健所とか、公害関係のセンターなど、出先機関も経験するのが普通です。
 これは、事務職でも技術職でも変わりないのが普通です。

 地元の都道府県職員を目指すとのことですが、
まずは、どのような試験区分になっているのかを調べた方がよいです。
 それから、その試験区分で合格すると、どのような仕事をするのかは、
人事委員会や人事課に聞くと、親切に教えてくれます。
 団体によっては、インターンシップ制度を持っていて、
試験的に実際に仕事を体験することが出来る場合もあります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/0)

 某市区町村福祉職職員の者です。私の先輩には理工系出身で福祉職になった人もいます。また、今の教育長は確か理工系出身だったような気もします。学部は関係ないと思います。基本的には、募集要項に記載されている資格さえクリアしていれば、受験できるのです。県庁だと主な職種は行政職になれますが、早くから受験対策さえしていれば、合格は不可能ではないと思います。大学2回生であれば、試験まで丸二年はあるので、今から通信講座などで準備を進めれば十分だと思います。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ