• ベストアンサー
  • 困ってます

結婚式の席配置について

  • 質問No.2259572
  • 閲覧数466
  • ありがとう数3
  • 回答数3

お礼率 67% (23/34)

9月にホテルのチャペルで挙式、ホテル内のレストランで披露宴(披露宴というかお披露目会みたいな感じのつもり)をします。そろそろ、席次表を考えて来てくださいとホテルの方に言われたので、今考えている最中です。
 普通、新婦側が、右側、新郎側が左だと思うのですが、
それは絶対的な決まり事なのでしょうか??

会場の形が四角ではなく、海に向かって、丸くなっているような会場です。ちょっと説明がしがたいのですが、半円のような会場で、後ろの方にデッドスペースがあるのです。

旦那(もう入籍はしています)が、「俺の好きなようにやらせてほしい」といって、考えてるのですが、左側が新郎新婦両方の親戚、右側が新郎新婦両方の友人  というような席の配置を考えたようです。やっぱりこれはおかしいのでしょうか?? 

ホテルといっても都会のホテルとかではなく、海に面した温泉宿みたいな感じのところです。旦那は元々結婚式なんかやりたくない!!ってずっと言ってた人なので、できるだけ、旦那も楽しめるにしたいのです。

なんか、よく分からない長文になってしまったのですが、
ご意見をお願いします。 m(_ _)m

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 15% (42/271)

レストランでの式ならあまり形式にとらわれずにある程度自由にできるので
あまりこだわらなくてもいい気はします。
しかし旦那さんがなぜそういう配席にされたのでしょうか?何か意味があってのことなら
いいと思うのですが、一般的でない配席は自分達はそれでいいかもしれませんが
招待されるお客様がやはり戸惑われるかもしれません。
披露宴はあくまでお客様を中心に考えなければなりませんので、意味もなく違うことをするのはちょっとおかしいと思います。一応一般的な配席は上下関係など考えられたものだと思うので。
お礼コメント
chika_moon

お礼率 67% (23/34)

パソコンの調子が悪く、お礼が遅くなりまして申し訳
ありません。回答ありがとうございました。

そうですね。この位置関係の常識は分かっているのですが・・・。旦那は「常識」はつまらないと考えているようなのです。ただ、いろいろ話し合って、通常の並び順に
することになりました。ありがとうございました
投稿日時:2006/07/17 17:31

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 34% (337/991)

なぜ新郎は、あえて一般的でない席配置にしたいのでしょう?
もし周囲に反対されたとき、納得させてみせる!という意気込みはありますか?
伝統的な配置には、偉い人が新郎新婦に近く、末席は両親という、一応の意味もありますよ。(左右の別は、お雛様に由来?ちょっとわかりませんが・・・)守っていれば、しきたりにうるさい親戚にも通用するという・・・。

私が参列者だったら、新婦(自分の友達)のお母さんに挨拶したくても、すごく席が遠い・・・。
新郎の友人なんて全然知らないのに、いきなり隣のテーブル?とか、
ちょっと戸惑っちゃいそうです。

でもその場の雰囲気が楽しければ、それでもいいかな。
・・・という感じです。周囲の人やホテルの人とも、相談してみてくださいね。
お礼コメント
chika_moon

お礼率 67% (23/34)

パソコンの調子が悪く、お礼が遅くなりまして申し訳
ありません。回答ありがとうございました。

そうですね。この位置関係の常識は分かっているのですが・・・。旦那は「常識」はつまらないと考えているようなのです。ただ、いろいろ話し合って、通常の並び順に
することになりました。ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/17 17:31
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (438/1430)

新婦の座る側に新婦関係
新郎の座る側に新郎関係
新郎新婦に近い側に友人、同僚
遠い側に親戚です。
父母など血縁の近い人ほど下座になります。

良い結婚式を!!
お礼コメント
chika_moon

お礼率 67% (23/34)

パソコンの調子が悪く、お礼が遅くなりまして申し訳
ありません。回答ありがとうございました。

そうですね。この位置関係の常識は分かっているのですが・・・。旦那は「常識」はつまらないと考えているようなのです。ただ、いろいろ話し合って、通常の並び順にすることになりました。ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/17 17:30
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ