• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

国際特許出願

基本的なところを教えてください。 1.国際特許出願の現状では、「直接出願」と「PCT出願」はどちらが多いのでしょうか? 2.上記の各々の代表的な長所・短所(あれば)は何ですか? 3.「PCT出願は、特許庁への出願と同時に行う性質のものでしょうか? 例えば、既に国内で特許を取得している場合は、PCT出願はできないのでしょうか? 4.国際出願での注意点はどんなものですか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数472
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#19633

>(1)この解釈で正しいでしょうか? まあそうですね。 >(2)正しいとしたら、日本の会社は、特許を例えば米国で守ろうとする場合は、日本での特許申請時(→日本において公然知られる前に)、米国においても申請しなくてはいけない、ことになりますね? 日本と同時に外国にも出願することも不可能ではないですけど、外国語への翻訳の時間を稼ぐために、日本の出願から1年以内に優先権主張(パリ条約4条)をして外国に出願するのが通常のパターンです。優先権主張制度については、弁理士さんにお聞きください。(日本の場合は特43条) いずれにしても、日本出願から1年以内に外国にも出願しなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答・指導ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 個人や法人は、一般的にどんな国際特許出願をしてる?

    個人と法人でことなるとおもいますが、 国際特許出願は、たいていの場合、どういった方法で行っているのでしょうか? 直接出願、パリ優先、PCT出願、がありますが。 個人でも、世界的に売る気がある製品を開発した場合、 日本の特許申請と同時に、国際特許出願をすると思うのですが、 最も多い、一般的な出願方法はどれなのでしょうか? 9割以上PCT出願されているのでしょうか? 国の選択は、基本的にどこの国を押さえるのでしょうか? アメリカ、ヨーロッパ、中国、日本だけ、という出願がほとんどなのでしょうか?

  • 国際特許を必ず取らなければ??

    教えてほしいことがあります。 ある特許を国内で出願しましたが、 海外はまったく出していません。 しかし、商品化され、国内で販売していますが、 国内の商社が、海外で販売したいと 取引を望んでいます。 そこで、海外は出していないので、 特許を侵害されないか心配です。 おそらく、海外でもこのような商品は まったくないと思われます。 すぐに国際特許を出す余裕がなければ、 どのような対策をすればよいでしょうか。 また、国際特許は必ず必要となってきますか? (海外での販売も視野に入れています) 出願中での場合、コピー商品を作って、 逆輸入で販売されたら手立てはないのでしょうか? (権利化されたら輸入販売できない法律がありますよね) よろしくお願いします。

  • 国際特許出願と先願

    「特許法第29条の2の規定(いわゆる拡大された範囲の先願)又は第39条(先願)に関し、外国語でされた国際特許出願は、特許法第184条の9に規定する国内公表がされなければ、特許法第29条の2に規定する他の特許出願としての地位を有する場合はない。」という文は、間違いだ、と言われたのですが、その理由がよくわかりません。どなたか詳しく教えていただけませんか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#19633

>ということは、国内で過去に取得済みの特許を、例えば米国にて特許申請することはできないとうことですか? どんな公知技術でも、出願すること自体を禁じるような法律はないと思います(出願料はほしいから?)。ただ特許にならないだけです。 >米国内ではその特許所有者がいなくても、ですか? 他国で公知の技術は、日本では特許になりません。(特29条第1項) アメリカにも同様の規定があります。(102条) http://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/consolidated_laws.pdf

参考URL:
http://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/consolidated_laws.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

米国の規定も特許法29条も確認しました。少し驚きました。というのは、日本で特許済みだと(公知)、もうその特許を他国(ここでは米国として)で守る手段がなくなるだろうからです。特許権者は何も出来なく(米国でも特許申請することができない)、たとえば、ある米国の会社が、米国で、その特許を利用して(例えば)商品を製造・販売することを黙ってみているしかない?(1)この解釈で正しいでしょうか? (2)正しいとしたら、日本の会社は、特許を例えば米国で守ろうとする場合は、日本での特許申請時(→日本において公然知られる前に)、米国においても申請しなくてはいけない、ことになりますね? 私の会社も、国際特許のことを少し考えねばという流れが出てきそうで今回の質問をさせてもらいました。が、「すでに日本にて取得している特許は米国ではもう特許申請できない」ことを知り驚いています(特許は関わったことは何も無いですが、長く国際関係ビジネスやってきて、特許のこんな基本中の基本すら知らなかったとはお恥ずかしい限りです)。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#19633

おそらく、wakkarahenさんが仰ってる「国際特許出願」とは、外国への特許出願のことだと思われます。 ”国際出願”とは本来、特許協力条約(PCT)に基づいてされる出願を言います。 それに対しての直接出願とは、PCT以外のルートでの外国への特許出願(パリ優先権主張を伴うものも伴わないものも含まれる)となります。 >1.国際特許出願の現状では、「直接出願」と「PCT出願」はどちらが多いのでしょうか? これは国によって違うんじゃありませんか? 残念ながら私にはわかりません。ただ、感触として、外国から日本への出願は最近ではPCTの方がはるかに多くなっているように思われます。 >2.上記の各々の代表的な長所・短所(あれば)は何ですか? PCTはお金がかかるけど、翻訳文提出期限が30か月なので、余裕がある。 直接出願は少し安上がりだけど、翻訳文提出期限が短い(原則12か月)。 いずれにしても、現地代理人を通さないと到底特許取得はできないでしょうから、100万超のお金はかかるでしょう。 >3.「PCT出願は、特許庁への出願と同時に行う性質のものでしょうか? 同時に行うことも可能ですけど、特許庁への出願から1年以内に優先権主張してPCT出願することが多いようです。 >例えば、既に国内で特許を取得している場合は、PCT出願はできないのでしょうか? 出願自体ができないということはありませんけど、特許取得済=公開済 ということですから、どこの国でも原則的に特許にはなりません。 >4.国際出願での注意点はどんなものですか? wakkarahenさんが実際に国際出願をすることをお考えなのだとしたら、それは弁理士さんに相談した方がいいですよ。出願代理業務を職業としている人は、こんな公の場でそんな質問に回答すると自分の収入に影響が出かねませんので、回答できません。回答してくれるのは、ちょっと聞きかじっただけの素人同然の人だと考えておいて下さい。そんな人の言うことを鵜呑みにして出願しても失敗するだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 はい、外国への特許出願です。 >特許取得済み=公開済みゆえ、どこの国でも・・・ ということは、国内で過去に取得済みの特許を、例えば米国にて特許申請することはできないとうことですか?米国内ではその特許所有者がいなくても、ですか? もちろん、実務は専門家にゆだねますが、ある程度の基本的な知識はもっておくべき(何も知らず丸投げするのではなく)と思い、質問させていただきました。

関連するQ&A

  • 国際特許出願について

    国際特許出願についての質問ですが、基本的にはそれに係る費用等を考えればアメリカ、ヨーロッパの主要国などの数カ国に限られると思うのですが、もし、それらの国以外で利益が期待できる場合には、その権利を売ったりするなどして、できる限り多くの国に出願するべきなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 国際特許(PCT)費用の免除はありますか?

    国際特許(PCT)費用の免除はありますか? もう弁理士様から出願済みですが、費用のほうはまだです。 特許でも、出願する前でしたら、特許出願費用の免除があると聞きました。 PCTもあると聞きましたが、数年前でしたら国でしているっとききましたが、現在はどうでしょうか? ご存知の方だけご回答ください。 【電話で聞いてみては、っとゆう回答等は控えてください】

  • 国際特許の書類で分からない点があります。

    国際特許の書類で分からない点があります。 特許庁のサイトの例文では、明細書を3種類記載していますが 3種類の明細書を作成しなければいけないのでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします。

  • 国際特許の意味と時期について

    ある商品アイデアがあり、特許を申請しようと考えています。 ただ、当初の販売先は海外(ヨーロッパ、アメリカから)を考えており、日本での販売は同時か少し先と思っています。 この場合、はじめに国内で特許を出願するべきか、はじめからPCT出願を検討するべきかの判断に困っています。 このあたりのご経験がおありの方や、お詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いします。 ちなみに今のところまだまだ個人事業レベルなので、特許申請の費用の余裕はそんなにあるわけではありません。 (複雑なものではないので、国内の出願の場合は自力で出願(チェックのみ弁理士へ)で考えています。PCTはそうはいきませんよね・・・)

  • 国際特許を自分で作成したいと考えております。

    国際特許を自分で作成したいと考えております。 書類の書き方など参考になるサイトを教えてください。 特許庁のサイトは、少し分かりにくいので困っております。 よろしくお願いいたします。

  • 特許法 国際特許出願の先後願の根拠条文について

    先願である国際特許出願(日本語)と後願である通常の特許出願が同一発明であった場合で、先願が出願却下されたときは、特39条5項が適用されて先願は初めからなかったものとみなされるのでしょうか?  それとも、他に根拠条文が有るのでしょうか? 単純な質問ですみません。 どなたかご教示お願い致します。

  • 国際特許出願の審査請求期間について

    日本における優先権を伴う国際商標出願(PCTルート)において、日本での審査請求期間はいつから3年なのでしょうか?(優先日か、国際出願日か) 優先権を主張しているという事は、日本において基礎出願をしていると考えているのですが、この考え方は誤解なのでしょうか? 優先権を主張した特許=国際出願した特許と考えております。 優先権主張番号で検索を掛けても、元の特許に行き着けません。 優先権主張番号からもとの特許出願に辿り着けるのでしょうか? 特許公報DBで調べても、全く関係の無い特許か、未備蓄という結果になります・・・

  • PCT出願と欧州特許の関係

    PCT出願と欧州特許の関係 現在、国内出願を元にPCT出願をしようとしています。目的の一つがヨーロッパでの優先権を得ることですが、特許庁関係の相談所に聞いたところ、EUまとめて手続きはできず指定した各国に対して国内移行手続きが必要であると言われました。 ところが調べてみるとEU加盟国一括で手続きできる、欧州特許(EU特許)なる制度もあるようです。 となると例えばアメリカ、中国、ヨーロッパと出願したい場合、前2国はPCTで行い、ヨーロッパは直接欧州特許出願するのが得策なのでしょうか?

  • 国際特許をとらない場合、海外で生産されたものの日本への輸入は?

    国内特許のみで国際特許をとらない場合、海外で生産されたものの輸入販売に特許権は及ぶのでしょうか?

  • 知的所有権 国際特許の勉強をするには

    実用新案や特許といった国内の知的所有権の所得申請と国際特許の申請について勉強できる学校があれば知りたいのですがどなたかご存知の方がいらしたら教えてください。