• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

退職所得申告書について

最初勤務した会社を平成15年11月に退職(勤続15年)し、その際に180万円程度(金額が定かでない)の退職金を受領しました。(退職所得申告書は提出して全額控除) その後、別の会社に転職しましたが、その会社も勤続2年3ヶ月で退職することになり退職金が150万円程度もらえることになっています。 そこでまた退職所得申告書を出す必要があるのですが、退職所得申告書には「前年以前4年以内の勤続期間や退職手当の金額」を記入するようです。 そこで質問ですが、 今回の退職に伴う退職金については、120万円が控除され、  ・150万円-120万円×50%×10%=1.5万円 ということで1.5万円が徴収されると思います。 ここで以前の会社の退職金について申告することで、何か節税に関するメリットはあるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1114
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

前年以前4年内に退職手当を受け、その勤続期間と今回の退職手当の勤続期間と 重複している期間がある場合は、その部分を今回の退職所得控除額から減額する という規定になっております。(所得税法施行令第70条1項1号2) 質問文からは、重複期間は無いようですので関係ないでしょう。 退職所得の源泉徴収事務 IV 退職所得控除額の計算  3 特殊な場合の勤続年数及び退職所得控除額の計算例(普通退職の場合)   (3) その年の前年以前4年内に退職手当の支給を受け、     その年において退職手当の支給を受けている場合((1)の場合を除く。)の計算 http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4135/03/01.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重複期間がある場合だけが対象になるとの事で承知しました。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 退職所得の確定申告について

    17年に退職し退職金を受け取っています。 勤続20年以下で40万×勤続年数の控除計算をすると 差し引きゼロになり課税される退職所得はありません。 年末調整がされていない給与所得の確定申告をする際、 課税されなくてもその事実の証明として 退職所得の源泉徴収票を添付する必要はあるのでしょうか。

  • 退職所得の受給に関する申告書について

    ご質問させて戴きます。 先日退職したのですが、職場の方から退職について税の関係の話など一切ないまま退職金が支払われました。 しかし、その税額が思ったより高額なため、調べたところ、「退職所得の受給に関する申告書」の提出が必要だった事がわかりました。 職場からそのような話や説明は一切ありませんでした。 ところが、 http://www.taxhinata.com/taishokukin.htm には、 退職金と税金(2003.5.7)として (1)会社(支給者)側の手続  退職金を支払う場合には、退職者に「退職所得の受給に関する申告書」を記載させ、その提出を受けます。会社は、下記の方法により、退職所得分の所得税と住民税を計算し、支給の際、退職金から税金を控除(源泉徴収)します。 とありました。 また、 http://job-manual.com/junbi3.htm には、 2.税 金 今お勤めの会社が用意する「退職所得の受給に関する申告書」を提出しましょう。 とありました。 私は、税のこと等一切分からず、退職の際には会社が「良いようにしますから任せて下さい」と言っていたので安心して一切を任せていたのです。 そこで、ご質問させていただきたいのは、 上記の二つのHPの説明からは、「会社の仕事として、退職金を支払う場合には、退職者に『退職所得の受給に関する申告書』を記載させ」と会社側の手続きとあります また、「会社が用意する」とあります。 (1)この事は、何か法的な根拠や役所等から会社への通達とか何かあるのでしょうか? あるいは、会社は従業員に知らせるかどうかは、会社側の自由なのでしょうか? (2)なにか、善処はないでしょうか? ちなみに退職金の支払いを受けたのは、6月下旬です。 尚、会社には顧問の税理士事務所があります。 (ちなみに、退職した会社の社長は、顧問の税理士事務所の所長であり税理士です) 宜しくお願いいたします。

  • 退職所得の受給に関する申告書がない場合の源泉徴収って??

    例) 退職金 28,150,000円 勤続期間 13年 『退職所得の受給に関する申告書』がある場合 28,150,000円-5,200,000円=22,950,000円 この金額に対して住民税が決まると思うのですが、、 『退職所得の受給に関する申告書』がない場合 はどの金額に対して住民税がきまるのですか?? また、『退職所得の受給に関する申告書』がない場合 の源泉徴収票の記入の仕方で質問なんですが、、 区分の3段目に、上記の場合 支払い金額 : 28,150,000円 源泉徴収額 : 28,150,000円 × 20%=5,630,000円 市町村税  : 分からないので**** 県民税   : 分からないので**** でよろしいのですか?? よろしくお願いします 

  • 私の場合、退職金を確定申告するメリットはありますか?

    昨年、勤続年数11年の会社を退職し、150万円の退職金をもらい、現在も無職です。 私は「退職所得の受給に関する申告書」を提出してませんが、会社の経理担当に 確認したら、国税庁の「退職所得控除額の計算方法」で算出したらしく http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm 40万円×勤続年数11年=440万円の退職所得控除額となり、退職所得の金額が ゼロなので、源泉徴収はゼロらしいのです。 つまり、退職金の税金は納めてないというのです。 本来、「退職所得の受給に関する申告書」を提出すべきなのでしょうが 少人数の親族会社なので、計理士と相談して申告書を提出した格好になってるようです。 提出しない場合「職手当等の支払金額の20%が源泉徴収」とありますが 20%どことか1%も税金を納めてません。 【質問】 私の場合は、そもそも退職金の税金を納めてない(その必要がない)ので、 確定申告しても還付金は期待されませんよね? もし、そうなら確定申告の用紙に、退職金の収入金額(150万円)を 記入する必要はありませんか?

  • 退職所得(退職金)について

    昨年9月に退職し、退職金300万円ほどいただきました。会社には「退職所得の受給に関する申告書」を提出したため、退職所得の源泉徴収20%はされず、後日「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」が届きました。これで所得税については終わったと思うのですが、住民税については別途申告が必要でしょうか。

  • 退職所得の受給に関する申告書

    「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出しました。 しかし退職金はもらってません。 退職金が出るかも明確ではないので書類は何のために書いたのかわかりません。 ただ退職後至急記入して送るようにとのことだったので退職金が出るので書類が届いたのだと思いました。 会社はこの書類をどこに提出するのでしょうか?

  • 退職金の確定申告について

    退職金の確定申告についてお教えください。 昨年10月末に退職し、 退職所得の源泉徴収、特別徴収票が届きました。 この徴収票では、所得税・市民税など、なにも徴収されていません。 「退職所得の受給に関する申告書」は提出したかどうか、わかりません。 (恥ずかしながら、会社から郵送された用紙をよくよんでおらず、署名をして送り返しました) 国税庁のHPでは、下記の計算式に当てはまります。 ■勤続年数20年以下 40万円×勤続年数=退職所得控除額 退職金の金額<退職金の控除額=これが私の退職金です この場合、退職金の確定申告での申告は不要でしょうか? いろいろネットなどを見ましたが、いまいちよくわかりません。 よろしくお願いします。

  • 退職所得申告書 書き方教えてください。

    今年、十数年間、勤めた会社を退職しました。 退職にあたり退職金について教えてください。 務めていた会社は2個所から退職金(退職金に相当する?)が支払われます。 1つは生命保険会社からです。 もう1つは**厚生年金基金からです。 年金基金から一時金として受け取ろうと思います。その際に届け出が必要なのですが、その届けでに必要な資料である退職所得申告書のB、D、E欄の書き方がよくわかりません。 生命保険会社からの退職金は退職所得申告書のB欄に該当しますか? 学校を卒業してからすぐに今の入った会社なので、今回が初めての退職です。 よろしくお願いします。

  • 退職所得の受給に関する申告書 退職所得申告書 について

    税務署に提出する、退職所得申告書ですが、 退職する人が4年以内に退職手当を受けていれば、 勤続期間等を記載することになるんですよね? この裏面に、 「ただし、4年内の退職手当等の収入金額がその退職手当等についての退職所得控除額に満たなかったときは、その4年内の退職手当等の収入金額に応じ、その4年内の退職手当等についての勤続期間の初日から次表の算式によって計算した数に相当する年数が経過する日までの期間を記載します」 とありますが、この意味がわかりません(x_x) 今回知りたいのは800万円以下になるので、 "次表の算式"は、その収入金額÷40万円 に当てはまります。 教えて下さい!!よろしくお願いいたします。

  • 退職所得の件ですが

    退職所得の受給に関する申告書は1カ所にのみ提出となりますか。 といいますのも企業年金一時金からと特定退職金共済からと会社からの3カ所から退職金を受け取るとなった場合、 源泉徴収はどうなるものかと悩んでおります。 一カ所のみ提出で残りが20%源泉とするのか、受け取る金額を計算して所得税がかからないようであれば 源泉徴収の必要はないのか、税額がかかる場合は?など悩んでおります。 例えば企業年金一時金200万、特定退職金共済100万、会社からの退職金200万 合計500万の受け取りの勤続年数11年10ヶ月だと仮定すると 最終所得税は5000円になるとは思いますが源泉所得税はどうなるものなのでしょうか。 会社からの200万は0円でその他は20%で源泉されて後は個人で確定申告でしょうか。