• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本の為替介入がなかったら

本来のルールどおり、為替介入などを日本がせずに、日本がアメリカ国債保有もしなかったら、アメリカ経済ってどうなってたと考えられるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数110
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

『時期』や『状況』によって結果は様々でしょうが、米国の経常収支及び財政収支赤字を結果的に日本政府の介入資金がファイナンスしたきたことは重要な点です。 これが無いということは、国債の安定的な引き受けてを失うということで、ドル安・金利高は免れません。 日本政府の保有額は、量的にも残高の10%強を占め、かつ「物言わぬ投資家」であるわけですから、金利への影響もとても軽微とは言えません。 結果、金利上昇に伴い景気は鈍化、さらに債券価格の下落により金融の収縮も起きるでしょう。 無論、質問者様が想定されるように元々日本が債券投資しなければ米国政府もそれなりの対応をするでしょうから、上述のことが急に起きるとは考えにくいです。 ただ、仮に現在保有している国債を売り始めるとこのような事態が発生する蓋然性は高いです。 橋本総理の失言でもあれだけの騒動になったうえ、現在は当時よりも保有残高は相当あるのですから、とてもとても「ユーロに移す」などとは政治家は言っちゃあいけないです。 なお、近年各国の中央銀行の準備預金に占めるユーロの割合は漸増しています。しかし、ドルが石油を抑えている以上、ドルの地位は依然不動と考えます。 また、この問題は単に経済合理性だけで片がつくものでは決して無く、多分に政治的な色合いが強いのです。 仮に日本がユーロへシフトしたいような姿勢を見せれば、米国は途端に通商や安全保障等々様々な面で圧力をかけてくるでしょう。 そのような不利益を考慮すると、ドルを売るのはまだまだとても出来そうに無いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 為替介入について

    為替介入について 為替介入で政府が「みんな80円を突破すれば介入するとみていたはずなので意外性を狙った」と言っていました。 これってどういう意味なんでしょうか? 市場の虚をついた方が政府にとって都合がいいように捉えることができますがなぜ都合がいいかわかりません。 経済についてわからないことばかりなのでどなたかご回答お願いします。

  • 為替介入

    また為替介入やるみたいですが介入するたびに日本は大損してる気がしますがそこのところはどうなんでしょうか?

  • 為替介入なんて無意味なのに、兆円を湯水のように

    『為 替介入なんてしても全く無意味。しかもその資金で米国債を買い、アメリカとの関係でその後は売ることも出来ず、そこで発生した利子さえも米国債の購入にあてられている。日本政府からアメリカ政府へ時に数十兆円単位でお金をプレゼントしているのと同じ。そしてそれらはすべて日本の国民負担。 ドル円相場は一日500兆円以上の市場であり、そこに数兆の円売り介入をしたところで円安になる訳もなく、馬鹿にお金を使わせるとこういうことになる」 との話で特にドル円相場は一日500兆円以上との話を聞くと、円安介入なんてほんと無意味だという話に納得させられます。 しかし、一方で著名な方々が昨今の円高動向を問題視して「・為替介入をするのが効果的で・・経済対策にもなる」との話があります。 こういった為替介入を推進する方々はどういった理由から為替介入をすべきと語っているのですか?たぶん「ドル円相場は一日500兆円以上」との実態も知らない訳ではないとおもいます。それでも円安介入をするように言っていると思うのですが、どのように反論をしているのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

<例えば、為替介入から日本の保有しているアメリカ国債は約70兆円との話ですが、これを例えば10年ぐらいかけて例えば半分を、ユーロなど他に移したりしても何の問題もないものなのですか? 特にアメリカ経済に大きな問題ないと思います。理由は先に述べたとおり、他の投資家がその分を買うから <また、単純に考えると外貨を分散させて保有しておいた方が安全だと思うのですが、なぜ日本はドル アメリカ国債だけを保有して、他通貨へ資産を移動させるなどしてないのでしょうか? 国は外貨でもうけるのが主目的ではないので、分散させるといっても、ユーロ以外はあまり考えられません。これからは少しづつ増えるのではないのでしょうか。しかし、ドルは圧倒的な軍事力がありますので、ドルの地位はそんなに弱くならないと思います。 しつこいですが、すべて私見です。 ところで質問者の方は単なる仮定の話で質問しているんですか。それともこういう事態が起きることを危惧しているのでしょうか。たんなる興味本位で質問させていただきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

suirankoukouさん、再度の書き込みありがとうございます。 > ところで質問者の方は単なる仮定の話で質問して > いるんですか。それともこういう事態が起きること > を危惧しているのでしょうか。たんなる興味本位で > 質問させていただきます。 質問書き込みの趣旨としましては、本来あるべきかたちはどのぐらいの水準なのかな?と思っての質問です。基本的に、例えばアメリカ国債の約1/3を日本が保有していて総額70兆円ほど、などといった話を断片的に聞きはするのですが、その理由や周辺事情などの検討がつかなくて、なんでそうなるの? とか疑問がわいてきて という感じで質問書き込みさせていただいてます。

  • 回答No.2

私見ですが <為替介入などを日本がせずに 特に今の為替レートとあまり変わらないと思います。この1年間介入はありませんし、日銀が思い通りに為替レートを動かせることはできません。市場規模はとても大きいので。結論、アメリカ経済におおきな変化なし。 <日本がアメリカ国債保有もしなかったら 日本が買わない分、他の投資家が買うだけでしょう。結論、アメリカ経済におおきな変化なし。ただし、保有しているのは確かですから売ると表明して実際に売ればそれなりにアメリカの長期金利は上がると思います。0.5~1%ぐらい。 これも私見ですが為替に限らず、市場はとても大きいので国や中央銀行が力ずくで、なんとかしようとしても難しいと思います。為替介入にしてもマスコミは大きく取り上げますが、マーケット動かす一つの要因に過ぎませんので、あまり過大評価しないのが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

suirankoukouさん、書き込みありがとうございます。 例えば、為替介入から日本の保有しているアメリカ国債は約70兆円との話ですが、これを例えば10年ぐらいかけて例えば半分を、ユーロなど他に移したりしても何の問題もないものなのですか? また、単純に考えると外貨を分散させて保有しておいた方が安全だと思うのですが、なぜ日本はドル アメリカ国債だけを保有して、他通貨へ資産を移動させるなどしてないのでしょうか? もしよろしければ、また上記についてもご教授いただけたらと思います。 よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3287)

日本が為替介入を行わなかったら、アメリカ経済がどうこうなる前に、円高で日本の輸出産業が壊滅的な打撃を受けて、日本経済が沈没します。 日本経済が沈没すれば、それなりに世界にも影響しますのでアメリカ経済にも打撃を与えられると思いますが、それが日本の国益になるかといえば、国民感情の鬱憤が少し晴れるだけで、正直マイナス面の方が大きすぎると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

cse_ri2さん、書き込みありがとうございます。

質問者からの補足

> 日本の輸出産業が壊滅的な打撃を受けて、日本経済が沈没 > します。 この話以前からよく耳にするので不思議に思っていた事なので追加書き込みをいただけるとありがたいのですが、日本の輸出産業はGDPの約1割ですが、にもかかわらず輸出産業がダメになると壊滅的な打撃と聞きます。輸出産業が壊滅的な打撃を受けて、日本経済が沈没とはどの様な波紋が広がり、どの様な流れで全体を沈没にいたるとまでいわれる事態が想定されるのでしょうか? またよろしければ書き込みよろしくお願いします。 (それから、質問書き込みの趣旨としましては、日本にとってという事ではなく、ドルにしても円にしても、本来あるべきかたちはどのぐらいの水準なのかな?と思っての質問です。)

関連するQ&A

  • 先日の為替介入について

    先日の為替介入について 為替介入がありましたが、おそらく9月の中間決算の為に、85円前後を維持する為と思われますが、中間決算の場合、9月末で一旦、締めると思われますが、10月に入ってからも為替介入はあると思われますか? 予想で良いので、ご教示頂ければと思います。 個人的には、9月の間は資金サイズの大きい投入はあると思いますが、10月に入ると、そのサイズを小さくしての投入があるのでは?と予想しております。

  • 為替介入は、金曜夜でもありうるのでしょうか

    (1) 今まで、為替介入は、金曜の夜にやったことがあるのでしょうか。 (2) もし、今までやったことがない場合、今後もそういうことがない確立が高いのでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 為替介入について

    かなり低レベルな質問ですが、こんなに円高になっているのに政府はなぜ為替介入しないのですか? あと為替介入するお金って誰のお金なんでしょうか?

  • 為替介入について

    10/31に為替介入が行われましたが、いきなりドカンと介入するのではなく、少しずつ介入する(わからないように)のはダメなのですか? (そもそも、介入には数日は効果があっても数か月たてば効果はないのが今までの経験でわかっているのでやるだけ無駄というか、円高がさらに進めば損するのでやるべきではないとおもっているのですが)

  • 円高に対して、為替介入がされましたが、 財務省が、介入に消極的だったの

    円高に対して、為替介入がされましたが、 財務省が、介入に消極的だったのは、これまで介入で買ったドルが外為特別会計にとんでもなくたまっているためと聞いたことがあります。 アメリカ国債を買っているそうですが、いろいろ探すとアメリカ国債を買うのは高金利でいいことだというのが多数意見です。でも、付いた金利も結局ドルで、使えないし、国債自体簡単に処分できないようです。中国のようにアメリカとの取引の材料に出来るなら別ですが。 今回の介入は一時的にはうまく行ったようですが、また円高方向に戻ってしまうと言うのが大方の見方のようです。 それで、一時的なものにしないために、今回、日銀は初めて非不胎化介入をしたそうですが、銀行に金があっても、なかなか市中に回らないし。 それで、思うのですが、買った大量のドルをアメリカの景気を良くする為に使えないのでしょうか。例えばアメリカ株を買うとか。もちろんインデックスものとかです。アメリカ株が上がれば、リスク志向が高まって、ドルも買われるのでは? 株が上がれば、財務省も損しないし、アメリカ国債と違って、処分にはそれほど気を使わないのでは? 株でなくても、何かアメリカの景気がよくなって、かつ、日本も損しないものなら何でも良いんですが。アメリカの雇用をよくするために、何かアメリカの製品で必要なものを買い込むとか。 ところで、アメリカ国債買って、アメリカの景気にどう影響するのでしょう ?

  • 為替介入時、誰がドルを売ってくれるの?

    日本政府は過去に数兆という単位で大量のドルを買い付け円安誘導を行って来ました。 この時、ドルを売る側は多額の円を買い付けることになるわけですので、将来を見越して損をしないという見込みが必要であり、リスクを取ることになります。 兆単位のリスクを背負うことが出来る機関は限られていると思います。 日本政府による為替介入時、どこの組織が多額のドルを売ってくれているの? またそのドルを売ってくれる多額のドルを保有しているところって、日本政府みたいに為替介入みたいなことして円高誘導したり、ドル高誘導したりして儲けたりしてないのですか?

  • 為替介入について

    教えてください。 なぜ こんなに円高で輸出企業が厳しい状況にあるのに日銀は為替介入をしないのですか?

  • 為替介入はあるの

    最近、円高にも関わらず、野田さんのしかるべき時に断固たる措置を取ります。との発言が出ませんが、為替介入の意思は全くないのでしょうか。

  • 為替介入は日本市場営業時間ないですか?

    過去の日本の為替介入は日本時間の営業時間内なのでしょうか?

  • 日本政府の為替介入

    質問させて下さい。急な円高で、1USD100円も視野に入るのではないかと思われます。つきましては、日本政府は為替介入を行なうと予想できるでしょうか?