• ベストアンサー
  • 困ってます

前置詞 to と in の違い

  • 質問No.2028934
  • 閲覧数3229
  • ありがとう数4
  • 回答数3

お礼率 90% (9/10)

( )に前置詞をいれる問題です。
 John was walking ( ) the direction of the station.
駅の方向へなので、to だと思ったのですが、
解答は in でした。
どうして in なのでしょうか? 教えてください。
お願いします。
 

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 48% (24/49)

これは、「太陽は東から昇る」の「東から」がどう英訳されるのかと同じ問題を含んでいます。日本人はつい

*The sun rises from the east.(* は誤文を表す印)

としてしまいがちですが、正しくは

The sun rises in the east.

です。これは、東が「点」ではなく、広がりをもった「範囲」だからです。from は「起点」を表していますね。

direction は「方向・方角」ですから、まさしく east と同じことがいえます。「方向・方角」は「点」ではなく、「範囲」なので in と結びつくわけです。to は from の「起点」に対して「到達点」を表しますよね(そこが、同じように「方向」を表していても to が toward と異なる点です)。
お礼コメント
hiramec

お礼率 90% (9/10)

「点」・「範囲」わかりやすい解説ありがとうございます。
投稿日時:2006/03/14 22:51

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 43% (431/992)

こんばんは。

理由は前の回答者さまの通りだと思います。

ちょっと付け足しで、
in the direction of ~
「~の方に、方向に」というイディオムとしてよく使われますので、このまま覚えてしまった方がよいと思います。
お礼コメント
hiramec

お礼率 90% (9/10)

早速覚えます。ありがとうございました。
投稿日時:2006/03/14 22:52
  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (72/157)

 「方向にはinを使う」と覚えてしまえばそれまでですが、結局はdirectionという単語の捉え方が問題になっていると思います。

 toは「到達」を表し、その後ろには「到達点」が示されます。
 inは「枠の中」を表し、その後ろには「枠(範囲)」が示されます。

directionが到達点を示すもの(目的地そのもの)であればtoを使えば良いのですが、実際のdirectionのイメージは矢印(→)で、ご質問の中の英文の場合、その矢印という「枠(トンネル)」の中を通って駅の方向へ向かうという意味になります。つまり到達点に矢印があるわけではありません。
 例えば、get in one's wayという表現がありますが、これは「~の邪魔にをする」という意味になります。自分が矢印の(トンネルの)中にいて、何者かが自分の進もうとしている矢印の中に入り込み、前に進みづらくなる感じで捉えることが出来ます。つまり、矢印にも空間(3次元)のイメージが適用できるというわけです。
 以上、分かりにくかったらすみません。
お礼コメント
hiramec

お礼率 90% (9/10)

ありがとうございます。解説のとおり、図を書いてみたらわかりました。
投稿日時:2006/03/14 22:46
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ