• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

前置詞がわかりません

前置詞と群前置詞の見極め方について聞かせてください。 I stood in front of the teacher's desk. という文章がありました。 この文を訳そうとしたとき私は、 I /stood/ in front /of the teacher's desk. 私は/立った/前に/先生の所有するデスク と解釈して「私は先生の机の前に立った」と訳しました。 しかし、後から「in front of~ 」で「…の前に」という群前置詞だと知りました。 例えばI didn't go out because of the rain. のような文ですと「because」を前置詞だと仮定して読み進めていくと、ofが名詞(名詞に相当する語句)ではないので、「これは群前置詞??」と疑って調べることができます。 ですが、今回の 「in front of~」のような群前置詞の場合、「in」を前置詞と仮定して読み進めていくと、「front」は「前」という意味を持つ名詞なので「in front」という区切りで見てしまいます。 英語は単語そのものではなく、組み合わせによって意味が変化してしまうところがあると思っているので、なるべく塊(と言ったらいいのでしょうか?)で調べるようにしています。 今回はたまたま訳せましたが、「in front of」のように、塊を見極められない時が困ってしまします。 (他にもat the risk of…など) だからと言って、この世の前置詞群をすべて暗記するわけにもいきませんし・・・。 初めて読む英文で前置詞か群前置詞かわかりづらい場面に遭遇したとき、どのようにして塊を見極めていらっしゃいますか? 皆様のご意見お待ちしております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数516
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ydna
  • ベストアンサー率63% (179/281)

ご期待にそえるような具体的な「見極め」は、ないとは思いますが、いいところでつまずいていますね。 今、例に挙げている群前置詞が、全て of で終わっているところが、いい着眼点だと思います。おそらく、このタイプが最もまとめやすい。 「前+名(句)+ of」または、「副+of」の群前置詞の 2パターンです。 because of だけ特殊です。because は、通例 [接続詞]だけが認められていますが、because of の時、because は、副詞として考えてもさしつかえありません。面倒ですから、品詞にこだわらず、because of = 群前置詞と覚えてしまいましょう。 =============== >後から「in front of~ 」で「…の前に」という群前置詞だと知りました。 >「in」を前置詞と仮定して読み進めていくと、「front」は「前」という意味を持つ名詞なので「in front」という区切りで見てしまいます。 この感覚は大事ですよ。持ち続けて下さい。その方が応用が利くと思います。 質問者様は、in front of という表現に、いいめぐり合わせをしていると思います。うらやましいですね。 実は、私の場合、in front of を群前置詞として丸覚えしました。それから、数年してから、in front という表現を覚えました。in front of を覚えたのは、たしか中1だったと思います。まだまだだったんでしょうね。へたなアプローチで、in front に出会うのが遅れたことは、unlucky だったと思います。in front を覚え、すぐにまとめて、in back of や、in back そして、in the front of / in the back of / in the front / in the back を使えるようになりました。in を on や at にしても使えます。もちろん、それぞれ、意味は少しずつ異なります。 in front of... = 「~の前に/で」、in front = 「of...」の部分が状況で省略しても分かる場合。例:Down in front (of me).「(私の)前、座って。(見えないよ)」 in the front of =「~(の内部)の最前部に/で」、in the front = 「of...」の部分が状況で省略しても分かる場合。 on の時は、(の内部)が(の表面)に変わります。 back は、front の反対です。 群前置詞と呼ばれる表現の中には、このように、最後の前置詞以下の繰り返しを嫌う理由などで省略し、前の部分の「前+名(句)」、「副詞辞」のみで使えるものがほとんどです。 ahead of... という表現も、of 以下を省略して、ahead だけでも使える状況があります。また、ahead のように、方向性を表わす副詞辞などは、度合いを表わす副詞句を前に置くことも。 There must be a Circle K on the corner about a few blocks ahead of us. ちなみに、in front (of...) は、基本的に「動かないものの前」、ahead (of...) は、「動くもの、または、動くことが前提のものの前方」。 =============== 次のサイトを参照して下さい。群前置詞のリストがあります。3つ目が、多くそろっています。 http://www.englishessaywritingtips.com/2011/12/prepositions-compound-or-phrasal-prepositions/ http://www.uhv.edu/ac/efl/pdf/Prepositions.pdf http://www.english4dummies.com/grammar/english_compound_prepositions_list-_exercises_and_examples.html 基本的に、phrasal prepositions / compound prepositions というのは、「前+名(句)+前」/「副+前」の形です。最後が前置詞ですから、当然後ろに名(句)が来ます。(この時の副詞は、『副詞辞/副詞的小辞』と呼ばれるものです。多くは前置詞にも使える単語です。例:in, on, up, down など。他に、away, ahead, instead なども。) また、「from+前」(起点を表わすfrom+位置を表わす前置詞)=二重前置詞、もあります。例:from beneath..., from between... 複雑になったものとして、「-ing +前」/「-ed +that」というのもあります。これは、分詞構文からの発展で、「自動詞の現在分詞 +前」/「他動詞の過去分詞+that[接]」が元の形です。relating to, given that given that は、後ろに節が来るので、複合的な接続詞と考えるほうが普通です。が、given 単独で、後ろに名詞(句)を伴って、前置詞のように使うことができます。 =============== in front of のように、それぞれの語句から意味が想像できるものより、その形になって、少しひねらないと意味が想像できない表現に気をつけて下さい。 例えば、in place of...。ちょっとひねらないと意味が取れないかもしれません。また、この表現は、in place になると、別の意味で使われます。 少しずつでも、表現に触れながら、自分でも使おうとしながら慣れていって下さい。王道はありません。 少しでもお役に立てたでしょうか?  ★★ydna★★ Hope it helps.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>全て of で終わっているところが、いい着眼点だと思います そうなんです、ofで終わっていることはわかっていたのですが、関係あると思いませんでした。 ydna様のご回答で英語の広がり方がわかってきたように思います。 >その形になって、少しひねらないと意味が想像できない表現に気をつけて下さい。 「in place of」の例すごく勉強になりました。 本当にありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

私は見極め方を習ってません。 じゃあどうしたんですか・・・? 覚えたんですよ。 どうやってですか・・・? 発音したり紙に英文書いたりして。 あるかもしれません。見極め方あるかも(個人的にはないと思うけど)しれません。しかし今後英語を学習するにあたって、そういう勉強法ははっきりいってだめです。 もう習ったかわかりませんが動詞には不規則動詞というものがあります。形容詞には不規則変化をする(比較級・最上級など)ものがあります。そういうものは、覚えるしかないんです。 もっとわかりやすいので言うと、アクセント。あれは規則なんてありません。前、中ほど、最後といろんなところにアクセントがくる言葉があります。そういうのは発音して覚えるしかないはずです。それと同じことだと思って勉強したほうが、今後のためにもいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。 参考にさせていただきます<m(__)m>

関連するQ&A

  • 英語の前置詞は

    いくつありますか? といっても数え方が問題ですから、1語の前置詞(in, on, at)、2語の前置詞(because of)、3語の前置詞(in front of)とわけて知りたいと思います。1語の前置詞だけでもかまいませんからいくつあるのか、教えてください。それほどないと思います。

  • 関係詞と前置詞の順序

    関係詞と前置詞を両方使って同じ名詞を就職するときの順序はどうなりますか? 例えば「私が働くスーパーの前のビル」だと ・the building where(which) I work (in) in front of the supermarket ・the building in front of the supermarket where(which) I work (in) のどちらが正しい、もしくはより一般的でしょうか?

  • 前置詞の目的語

    without は動名詞を目的語にとりますが、with はとりません。of はとるのに、because of はとりません。 ある前置詞が動名詞を目的語にとるかとらないかはどうすればわかりますか?

  • 前置詞+関係代名詞について

    こんばんは。前置詞+関係代名詞の、前置詞の位置に関する質問です。 私が使用している金子書房発行の「英文法解説」という参考書において、 例文 a)The clerk to whom I handed the form said it was properly filled in 『動詞/形容詞+前置詞が成句として結びつくときは、a)の形を使わない。』 Hounting is an amusement (which) I am particularly fond of. とあり、文末のofは関係代名詞(which)の前に置くことは出来ない、と説明されているのですが、塾にあった英文問題集に、 She is a teacher of whom children are fond (確かですが)という問題があり、文中の関係代名詞の前に位置しているので困惑しています。ofは後者の位置でも可能なのでしょうか? とても長くなった上、きちんと後者の文を覚えていないため、誤認もあるかもしれませんが、どなたかお答えよろしくお願いします。

  • 前置詞+名詞がたくさん並んだ時の訳し方

    前置詞+名詞で、形容詞、副詞になります。ただ、それがたくさん並んだとき、どれが副詞になっているのか?また、前置詞+名詞+前置詞+名詞となったとき後ろの前置詞+名詞は前の名詞の形容詞になるのか、全体の副詞になるのかがわかりません。例えば、 Experiences with the microbial diversity as well as basic understanding on the molecular mechanisms in microbial cells accumulated during these decades led to transformation of applied microbiology into a characteristic complex of modern biotechnology. microbial=微生物の accumulated=集める applied microbiology=応用微生物学 私ははじめに、1、動詞を見つける。2、接続詞や関係詞を探し、主節を見つける。3前置詞+名詞等を無視し、主節を訳す。3、修飾語を訳す。という順でいつも訳しています。ここは間違ってませんよね? 今回訳そうとすると Experiences (with the microbial diversity)( as well as basic understanding)( on the molecular mechanisms )(in microbial cells) accumulated (during these decades )led to transformation (of applied microbiology )(into a characteristic complex )(of modern biotechnology.) となります。ここまでやって、はて、 (1)accumulated かledどっちが動詞なんだろう?と思いました。過去分詞の見分け方ってどうすればいいのでしょうか?どちらも前の動詞とつながってるように見えます。文脈ですか? (2)また、私は前置詞をぜんぜんわかってないのですが、たくさん並んだ前置詞+名詞をそのままうしろからただただ訳しています。前置詞それぞれの意味もわかっていません。前の前置詞+名詞にかかる前置詞+名詞(形容詞)なのか、全体の副詞か見分ける事が出来ません。それに、前置詞+名詞で区切ってしまってるので、本当にこの分け方で正しいかどうかも疑問です。どうすればよいのでしょう? 前置詞がわかるようになる本もあれば教えてください。お願いします。 ちなみに私が訳した訳を載せておきます。 「数十年間の間に集められた微生物の細胞における分子のメカニズムを基本的に理解するだけでなく、微生物の多様性の実験は応用微生物学を現在のバイオテクノロジーの複雑な特徴に変化させるに至ったのだ」 前置詞は一切無視でつなげて訳しています。

  • 前置詞の目的語は前置詞句ですか?

    前置詞の目的語は前置詞句ですか?その働きは副詞句ですか? for certain before long without doing She will have no choice except to do as I ask her. The buses leave from in front of the station. 等 よろしくおねがいします

  • 前置詞?

    大変、初歩的な質問ですが、教えて下さい。 be crowed with・・・ in involved in・・・ succeed in・・・ 上記の分は私の参考書には動詞と分類されていますが、動詞+前置詞の組合せと理解したら間違えなのでしょか? また、以下の例文の場合、inが前置詞なので、前置詞+名詞句より、 occupyをoccupyingと動名詞にしているのでしょうか? The armed forces succeeded in occupying the entire territory. 以上、よろしくお願いします。

  • 不定詞と前置詞

    「私はこのコンピュータを置く机がほしい」 という日本文を英訳するときですが、正答は 「I want a desk to put this computer on」 でした。 しかし、最初の自分の回答には「on」がありませんでした。 この例だけではありませんが、前置詞がいる場合がわかりません。 to live in. となる英文など、今までは「前置詞が場合」と「前置詞がいらない場合」を感じで書いてました。(それが結構あってて困る) もちろん、今回のように間違う時もあるので なぜ「前置詞」がいるのか、またどういうときに前置詞をつけるのかを教えてください。

  • 前置詞の後に続くのは・・・?

    前置詞の後に続くのは名詞、代名詞、名詞相当語句(動名詞、まれに不定詞)ですが、前置詞の後に名詞節が続くことも可能なのでしょうか? 例えば、 ”Have you ever thought of what it would be like to share an apartment with a total stranger? ” 「赤の他人と同じアパートに住むことがどんなことなのか考えたことがありますか?」 という参考書に載っていた文ですが、thought(think) of の of は前置詞ですが、その後に what it would...という疑問詞のwhatを伴った名詞節が連なっています。これは文法的に見て、どのように判断すればいいのでしょうか? 元来、前置詞とは後に名詞(名詞相当語句も)しか取れないのではないでしょうか?

  • 第五文型と前置詞句について

    先日、次のような英文を見つけました。 (1):I found the vending machine out of order. これは (2):The vending machine is out of order. を応用したもののようです。 out ofは群前置詞なので、out of orderは(慣用表現ではありますが)1つの前置詞句になっています。私は今まで(2)のout of orderはShe is in the room.のin the roomのような副詞句として働いていて、The vending machine is(=SV:その自動販売機は存在している)out of order(=副:故障中で)⇒「その自動販売機は故障中である」なのだと考えていました。しかしそうすると(1)についてout of orderをどう扱ったらよいのか悩んでしまいます。 まず、「前置詞句は形容詞句となることはあっても補語にはなることができない」と聞いていたので(of 抽象名詞の件は後述します)、(1)においてout of orderは文の要素になり得ず、形容詞句としてthe vending machineにかかっているのかと考えました。すると(1)は「私はその故障中の自動販売機を見つけた」という意味になります。しかしながら、そうだとすると(2)でもout of orederが形容詞句だということになり、結局前置詞句が補語だということになってしまいます(もしかしてout of orderが副詞句にも形容詞句にもなりうるなんてことがあるのでしょうか)。 どちらにせよout of orderが補語となるのであれば、foundがあることだしout of orderを目的格補語とみて「私はその自販機が故障中だとわかった」とするのが自然だと思います。 ところで、前置詞句が補語になるかどうか、といえば、「of 抽象名詞」がありますよね。 It is of no importance. に見られるような「of 抽象名詞」は前置詞句が補語となりうる唯一の例だと思っているのですが、違うのでしょうか。 out ofもofの仲間なので「out of 抽象名詞」が補語になることもある、ということでしょうか(そうするとorderは抽象名詞といえるのか、という疑問が浮かびます)。それとも「of 抽象名詞」以外にも補語になる前置詞句は色々あって、out of orderもそのひとつ、ということでしょうか(そうすると他にはどんな例があるのでしょうか)。 (ところで先ほどのIt is of no importance.についても(1)のようにI found it of no importance.となりうるのでしょうか。こういう文に出会ったことはないと思うのですが・・・) 別の考え方をすると、第五文型について、「OとCの間にbe動詞を入れたときにO be Cが文として成立する」という定義を聞いたことがありますが(これだとO=Cの場合もOとCに主語・述語の関係があるS V O to doやS V O doingの場合もカバーできるようです)、この定義を用いれば(2)の文章が成立している以上、out of orderが副詞句であるという最初の見解のまま、(1)を第五文型の文として解釈することができますが、そもそも第五文型で副詞句が補語になるなんてことがありうるのでしょうか。この考え方だと、 I found her in the room. も「彼女が部屋の中にいることがわかった」なのか「部屋の中で彼女を見つけた」なのかわからなくなってしまいます。この文でも(1)の文でも前置詞句の前にbeを挟めば問題ないと思うのですが・・・。(1)でI founf the vending machine be out of order.としたら変でしょうか。 長々とすみません。要するに(1)(と(2))の文章の文法的解釈と、前置詞句が補語となるのかについて詳しく伺いたいと思った次第なのです。 考えれば考えるほどこんがらがってしまうので、皆さんの力をお借りしたいと思います。よろしくお願いします。