• 締切済み
  • すぐに回答を!

2箇所から給与所得がある場合の住民税の徴収方法について

 現在A社(正社員)とB社(アルバイト)2箇所から給与所得を受けています。住民税の徴収をA社からの所得に対する住民税は特別徴収、B社からの給与に対する住民税は普通徴収にしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?理由はA社にB社への就業がばれない様にする為です。  私の勝手な認識では確定申告の際(所得税の確定申告書Aを使用)、「住民税に関する事項」欄で指定できるのかと思っていました。しかし、「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」となっている為、lこの欄でそれぞれの給与毎に分ける事はできないという事なのでしょうか? よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数11503
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3
  • hirona
  • ベストアンサー率39% (2148/5381)

確定申告をする段階で、収入を合算します。給与収入を合算してから、給与所得控除を引き算します。 つまり、所得税も住民税も、A社の所得に対する分とかB社の所得に対する分とか、無いんです。 A社・B社の収入に比例させて、住民税を分割して別々に支払うこともできません。 だから、給与毎に分けることはできない、という事です。 ただ、住民税の金額が、A社分の給与だけにしては高くなっているのが、分かる人には分かるかもしれませんが、分かるのはそこまでです。 高くなった理由までは、分かりません。ましてや、B社という社名は出ません。 自分が知らないだけで、実は、休日に自営業の実家を手伝っていてその収入があるとか、突発的に雑収入があったとか、住民税が高くなる理由は様々です。 A社の給与担当者も、住民税の金額について、「高いかな」とは思っても、理由を細かく聞いてこないと思います。 聞かれて本当のことを言うか、誰かが密告?しない限り、少なくともB社への就業という事実自体はばれないと思うので、ウソを奨励するわけではありませんが、聞かれたら「ちょっと突発的な雑所得がありまして」が通るかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

仮にばれてしまったら、そういう説明でも確かに大丈夫かもしれません。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 住民税を普通徴収で収めたい

    春に父親に病気で死なれ、保険金が出た。 一時所得で来年確定申告をする予定。 (1)私は給与所得のみ (2)保険金は一時所得となり、多分住民税が月に  今の5倍位になる見込み (3)来年6月からの住民税を会社から支給される給与からの  特別徴収でなく普通徴収にしたい  (理由は住民税を一括で納めたい → 給与から住民税 を引かれると給与での生活設計ができないから) で、普通徴収で収める方法があるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 雑所得の住民税の申告をすることによる給与所得

    私は主人の共済組合で130万以内の扶養の範囲内でパート勤めです。 24年の給与所得は1273080円で源泉徴収もすんでいます。これと別に講演・原稿料として69000円の雑所得の収入があり、去年までは5万円以内で、5万円以内だと確定申告しなくていいといわれていたので大丈夫でしたが今年は5万を超えてしまったので所得の確定申告はいらないが住民税の申告は必要だと言われました。 そこで質問なのですが (1)雑所得の住民税の申請を行い普通徴収にすれば主人の会社にはこの雑所得はばれないのでしょうか? (2)単純に計算して127万と6万9千円で130万を超えていますが、やはりそのまま所得にたされてしまうのでしょうか?それとも雑所得の場合は給与所得に影響しないってことはありますか? (3)扶養を外れてしまうのが怖くて役所にまだ聞きに行けていませんが、もしもこの雑所得の住民税の申告をしなかった場合はやはり後で大変なことになってしまったりするのでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします

  • 二箇所以上の給与所得がある場合の確定申告

    確定申告が必要な理由は合計金額によって所得税率が変わるからでしょうか?(累進課税) あるいは住民税(普通徴収)の算定のためでしょうか しかし、給与所得の場合は、本業副業に関わらず源泉徴収されますよね? その時点で所得税は払ったものと同じではないのですか? この部分が不足する可能性があるのでしょうか? 又、二箇所以上で給与所得を受ける際の。甲乙欄というのは何のためにあるのでしょうか? よろしくお願いします

  • 回答No.2

>給与毎に分ける事、 は不可能です。 >給与所得以外の住民税の 普通徴収に印を付けるとA社の住民税の徴収はなくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

基本的にはそうなるようですね。ありがとうござました。

  • 回答No.1
  • umekiri
  • ベストアンサー率19% (148/764)

それは出来ません。 住民税は前年の総所得を元に計算されますから 特別徴収、または普通徴収のどちらかしか選べません。 社会保険のある会社では(正社員ならほぼそうでしょうが)特別徴収が原則です。 ばれないようにするのは絶対に無理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりそうなのですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 副業の住民税を別にするにはどうすればよいのでしょうか?

    副業を本業にばれないようにするためには、確定申告で住民税を普通徴収にすることまでは分かったのですが、実際確定申告を行おうとしたところ、副業分も給与所得になっていることに気づきました。 確定申告の際に最後に選ぶ住民税の納付方法は、給与所得以外ですよね? 税務署の方に聞いたら、給与所得で住民税を分けて納付はできないのではないかといわれました。 前年確定申告をしていませんでしたが、住民税の通知書の給与以外の支払い項目にチェックがなkったのはそのせいでしょうか? 皆さんの副業の所得はどんな区分になっているのでしょうか。今のままだと本業の給与と合算して特別徴収するしかないのでしょうか。

  • 所得税還付がある場合の住民税普通徴収について

    主として給与所得があり、不動産収入があるため所得税の確定申告をしました。減価償却もあって、不動産収入分の所得がマイナスとなり、給与所得と通算して所得税の還付を受けました。 住民税ですが、確定申告の際に「普通徴収」にチェックをつけて申告しています。この場合、住民税の調整はどのようになるのでしょうか? 「普通徴収」にチェックしていても、給与所得+不動産所得で計算されて会社に通知され、会社からくる住民税決定通知が減額されているような形になるのでしょうか?

  • 副職分のみ住民税を普通徴収するのは犯罪と言われました

    役所でタイトルのように言われました。認識していたのと違うので戸惑いました。 2箇所から給与所得があり、本職の会社で年末調整、副職は確定申告をする仮定します。 住民税の徴収方法を本職は特別徴収。副職は普通徴収。 上記ができるものと思っていました。ただ、役所が対応してくれない場合もあるから確認した方がいいもの。と思っていました。給与所得以外の所得があるときは、特別徴収と普通徴収に分けることはできても、 2箇所の給与所得のときは、対応しないどころか、それは犯罪ですと言われて驚きました。 教えてください。 給与所得以外の所得があるときは、特別徴収と普通徴収に分けられて、2箇所の給与所得の時は、分けてもらえないのですか?それはどんな法を犯すことになるのでしょうか。

  • 住民税を所得控除に入れられる?

    父は現在2014年9月に66歳になりました。65歳より厚生年金の定額部分と報酬比例部分が満額もらえています。ただ年金での住民税の特別徴収が間に合わないようで、1回のみ普通徴収、直接支払う形となりました。この分の支払いは住民税の所得控除に入れられるのでしょうか? 通常確定申告をしていて、自動的に国税→市県民税への通知が行われるのですが所得税の確定申告に住民税の入力欄はありません。わからないのでぜひ教えてください。

  • 給与所得と事業所得に対する住民税と所得税

    今年中の給与所得が100万円以下で非課税、事業所得が課税対象額になる場合についての住民税について教えてください。 例えば給与所得が100万円、事業所得が200万円として、 かかる税金は (1)給与所得分は還付、事業所得分は200万円に対して となるのか、 (2)給与所得+事業所得の分=300万円分に対して となるのかどっちかわかりません・・。 住民税と所得税で(1)か(2)異なりますか? 年末調整は会社でしてもらい所得税は還付、 事業所得分については別途確定申告で調整でいいのかと思っていますがどうなんでしょうか? それぞれわけて考えるのか、 最後に一緒にしてしまうのか、わかりません・・・。 どなたか教えてください!!

  • 副業収入の確定申告(住民税の徴収方法)

    こんにちは、教えて頂きたい事があり、質問させていただきます。 知人が副業として、今年の収入額が30~40万円程のアルバイトをしていました。 バイト分の源泉徴収票に記載されている退職日が、今の会社への入社日以後なので、会社の年末調整には一緒に合わせたくないとの事で確定申告をするつもりだそうです。 その《副業分の確定申告》についてネットで調べてみると、副業支援サイトみたいなHPでは、大抵「確定申告書の住民税の徴収方法を”普通徴収”にチェックすればOK」と書かれているのです。 ここで疑問に思ったのですが、確定申告書には「給与所得以外の住民税の徴収方法」と記載されています。 私の認識では、バイトの収入は〔給与収入〕なのですが・・・ 【疑問1】 バイトの収入が給与収入に該当するのであれば、このチェック欄で”普通徴収”にしても、意味は無いのでしょうか? 【疑問2】 チェックを入れる事で普通徴収になるのなら、普通徴収に該当する金額は、確定申告したバイト収入分だけでしょうか? 本業の給与収入分も普通徴収になるのでしょうか? 《所得税・住民税はいくつか所得があっても合算して計算するもの》との認識があったので・・・ もし、本業の給与分も一緒に普通徴収になってしまうのなら「他の従業員は特別徴収なのに何故この人だけ普通徴収?」と、逆に目立ってしまいますよね・・・? ご回答頂けるのを、お待ち致しております。

  • 住民税の普通徴収と還付

    不動産経営を始めたサラリーマンですが、初年度は初期コストがかかり、赤字決算になるため、確定申告では所得税の還付が受けられる見込みです。 職場に不動産賃貸は伏せたいので、住民税については、普通徴収を選択しました。給与所得分についての住民税は、特別徴収で21年度もしっかりと徴収されることでしょう 本来、所得税も還付されるのですから、住民税も、特別徴収にすれば、かなり低い住民税額になると思います。普通徴収を選択した場合、明年の末に、年末調整か修正申告をして、住民税の還付が受けられるのでしょうか? それとも、その分は受け取りを断念せざるを得ないのでしょうか?

  • 直接納めた住民税を本年の給与所得から差し引く(控除する) 事は可能でしょうか?

    今年の三月末に前の会社を辞め、4月から別の会社で働き始めました。 転職した際、転職先の会社に対して給与天引きを 依頼し忘れたため、住民税については普通徴収 (払い込み用紙)で支払いました。 通常、所得税・住民税は月々の給与から天引きされ、 他の控除対象(失業保険、厚生年金など)とともに 「控除」されますよね。 そして、控除分を差し引いたものが給与所得だと認識しています。 「住民税のうち”所得割”分については、本年の給与所得に応じて 支払額が算定される。所得税の場合は、予め算定した額を月々の 給与から源泉徴収する。(年末調整や確定申告で過不足があれば 返還・追納が発生)」 このように理解しているのですが、期中に転職した場合、 住民税を私のように個人で支払った場合は、本年中の給与に対して 控除としてカウントされないのでしょうか? 所得税については、前職の源泉徴収票を転職先に提出することで 年末調整してもらえますが、住民税の扱いがどうなるのか疑問に 思い質問致します。 なお、法令に基づく専門用語が自分の認識と異なっている可能性が ありますので、その場合はなんなりとご指摘下さい。

  • 青色申告で課税所得が0の場合に住民税を普通徴収にしたらどうなる?

    住民税についての質問です、よろしくお願いいたします。 私はサラリーマンとの兼業で平成20年度に開業届けを出して今回はじめて青色申告する者です。 平成20年度は、 ・給与所得が約520万円(年末調整済み) ・事業所得が約300万円の赤字 で、所得の合計は約220万円で、そこから医療費や各種控除を行うと課税される所得金額が0円になりました。 営業などの事業所得は総合課税とありますので、給与所得との合算になってしまい、事業所得の赤字だけを切り分けて次年度に損失の繰延べができるのならそうしたいのですが、それはできないかと思いますので青色申告は課税所得が0円で申告するつもりです。 事業所得だけを分離して繰延べできる方法がありましたら教えて下さい。 ここで、教えていただきたいのですが、課税所得が0円での青色申告時に住民税の徴収方法で普通徴収を選択するつもりなのですが、普通徴収とした場合に21年度に給与から引かれる住民税の金額はどうなるのでしょうか? 普通徴収にしたにもかかわらず、給与から引かれる住民税はほぼ0円になるのでしょうか? それとも、普通徴収にしたので給与からは20年度の給与所得に基づいた住民税が差し引かれ、一方の赤字の事業所得に対する住民税は0円になるので、事業所得に対する住民税を支払う必要だけがなくなるのでしょうか?この場合、給与所得に対して支払った住民税は還付されるのでしょうか?還付されるとするならば、いつ頃どのように手続きすればいいのでしょうか? 課税所得が0円なので、そもそも普通徴収ではなく特別徴収を青色申告時に選択するべきなのでしょうか? なにぶん始めての青色申告でしかも課税所得0円という事態で戸惑っており、勤め先から住民税が0円ということで変に思われたくもありませんので、すみませんがご回答よろしくお願いいたします。

  • 給与支払事業者なのに住民税が普通徴収になっているのはなぜ?

    給与支払事業者なのに住民税が普通徴収になっているのはなぜ? 職歴 (1)2009年2月まで 無職 (2)2009年3月~5月 A社(フルタイム派遣)給与合計約60万円             「給与所得者の扶養控除等申告書」提出  (3)2009年6月~現在 B社(パートタイム派遣)2009年度給与合計約80万円             「給与所得者の扶養控除等申告書」提出。              A社の源泉徴収票提出せず。年末調整済。副業可。 【現在はB社でパートを続けながら、フルタイムの仕事を探し中】 2009年度は2ヵ所からの給与所得があり、本来は今年は確定申告すべきだったのかもしれませんが、申告すると数千円追徴されるとか、そもそも収入が少ないので申告義務がないのではとのアドバイスを受け、結局今年は確定申告しませんでした。 また、B社に提出した履歴書にはA社での勤務経験は書かなかったので(3ヶ月程度で辞めてしまったため)、本来はA社の源泉徴収票をB社に提出して2社分をまとめてB社で2009年度の年末調整してもらうべきところ、前述の事情でできませんでした。 そして今年6月、自治体より「住民税の普通徴収」の用紙が送付されてきました。これまで転職にばかり気を取られていて、すっかり税金のことは忘れていました。B社はパートとはいえ給与支払事業者なので本来は「特別徴収」のはず(ですよね?)。A社での勤務も収入があったこともB社には伏せていたので私は「普通徴収」で助かったのですが(笑)、 (質問1) 「住民税は普通徴収でお願いします」とリクエストできるチャンスのある確定申告を今年はしなかったにもかかわらず、なぜ「自動的に普通徴収」になっているのでしょうか? B社は「本来特別徴収すべきところをしていない」ということでしょうか?「副業可能なパートなのでいつ辞められるかわからないし面倒だから普通徴収にしとこう」とかB社は選択できるのですか? それとも私の昨年度の給与受取情報を自治体がB社に通知せず、自治体が勝手に「普通徴収」にしてくれたのですか? (質問2) このまま来年度も「普通徴収」になるとありがたいのですが、普通徴収のままでしょうか?  以上よろしくお願いします。