• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

400ml献血をしたのですが、どのぐらいで作られる?

  • 質問No.1955094
  • 閲覧数3198
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 98% (1019/1038)

ycqxs765です。

400ml献血をしたのですが、どのぐらいで作られるのでしょうか?(元に戻る)。3ヶ月空けないと、献血が出来ないみたいです。
1ヶ月でどのぐらい作られるものなのでしょうか?

よろしくお願いします

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 29% (1973/6720)

400ml献血の場合は
3~4週間で赤血球は回復します

http://www.jrc.or.jp/qa/blood.html
お礼コメント
ycqxs765

お礼率 98% (1019/1038)

bagus3 様

拝見しました。
赤十字に乗っていましたね。

ありあとうございました。
投稿日時:2006/02/09 21:33

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (315/1088)

400ml献血・成分献血の必要な理由
 私たちの身体は異物が侵入してきたときは、時には激しく異物から、体を守ろうとする働きがあります。輸血に同じ血液型の血液を使うのはこのためですが、血液型が同じでも、実は一人一人微妙に異なり、何人もの方の血液を輸血することはあまり好ましくありません。また、必要のない血液成分を輸血することは、副作用の可能性を高めることになります。 そのため、少人数の方の血液や、患者さんに必要な血液成分だけで造られる輸血用血液は、患者さんにとって輸血による感染症や副作用の可能性を低くおさえることができます。 200ml献血に比べ、400ml献血では2倍の量の血液を、また、成分献血では5~20倍の血液成分をいただけるので、少人数の方の血液で造られる、より安全性の高い血液を患者さんに輸血することができるのです。
 健康な成人には、約4~5リットル(体重の7~8%)の血液が絶えず流れています。その寿命は、100~120日で、その間にすべての赤血球は新しく生まれ変わります。ですから、献血されても血液の全体量は、採血後2~3時間で回復し、最も回復の遅い赤血球でも約2~4週間で元通りに回復します。
血液の有効期間は?
全血・赤血球は採血後21日間 血漿は採血後1年間 血小板は採血後72時間以内
このように血液の有効期間は、非常に短くそのため継続的な献血が必要とされています

成分に余って回復時間も異なりますが、こちらに(献血する間隔)詳しく載ってます
(献血種類による、次回献血出来る期間)
http://www.syakyo.or.jp/kenketu/kenketu-.htm

(血液の知識)
http://www.gallery.ne.jp/~otsuki/livingguide/hoken/kenketsu.html
お礼コメント
ycqxs765

お礼率 98% (1019/1038)

詳しく、ありがとうございます。

なるほど、血液はとても重要な働きをしているのですね。すぐに献血できるものと思っておりましたが、3ヶ月の期間を開けてくださいとのことでした。
以前、血液はすぐに作られるというのを聞いたことがありましたので。

とても勉強になりました。
ありがとうございました。
投稿日時:2006/02/12 01:12
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ