• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

隣地との境界線確定について

昨日、所有する土地(更地)のお隣(現状更地)が急に家を建築すると建築を担当する住宅会社から連絡があり本日から工事を開始するとの事です。 隣地との境界は石が2個入っているだけで明確な線引きはありません。 あまりに急な事で困っていますが隣地との正確な境界を画定するためにはどうしたらいいのでしょうか? 測量事務所に測量を頼んで費用折半が正しい策でしょうか?

noname#43549
noname#43549

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#17334
noname#17334

>昨日、所有する土地(更地)のお隣(現状更地)が急に家を建築すると >建築を担当する住宅会社から連絡があり本日から工事を開始するとの事です。 更地に建物を建てる手順をざっと書きますと (1)公図、敷地求積図の入手   ない場合は、求積測量が必要になります。   ここで敷地がどういう形をしているか(通常〇のついたポイント・・・ここに境界杭    または境界標石が入っています。)また各点を結んでできる三角形の集合から    面積を求めます。    公図の地型とあっているかも確認します。    登記簿の面積と測量の面積は普通少し違います。これを「縄伸び」と呼びます。 (2)敷地の現況確認 境界標石の位置もこととき確認します。   おそらく、先代の土地所有者との確認のもとに、隣地の境界標石がいれられているはず   です。    (3)その地形。土地面積をもとに敷地を確定して、設計を行います。 (4)確認申請を出して、申請がおりたら着工です。   とにかく、敷地境界というのは建物の延べ面積やけんぺい率のべーすになる「敷地面積」   を定めるものですから、そこがかわると確認申請は出し直しということになります。   ですから、すでに工事が着工という段階では、相手は敷地境界を変更する意思はない   と思っていいです。 >隣地との境界は石が2個入っているだけで明確な線引きはありません。 明確な線引きがなくても、境界標石が入っていたらそれは立派な「境界表示」です。 問題は二つの石を直線で結んだ間にもう一箇所石が埋まっていないかどうかですね。 普通直線のようにみえても境界というのは、ギザギザに歪んでいたりします。 なかには曲線の境界というのもないわけではないですが、普通そういうときでも 多角形に近似して石をたくさんいれます。 また境界標石には ここから3m先とか方向を示して逃げ石を打つこともあります。 その場合、二箇所を指定して角度の狂いが出ないようにします。 >あまりに急な事で困っていますが隣地との正確な境界を画定するためには 現地に石が入っていて、そこが逃げ石でなかったらそこを結んだ直線がまさに 境界そのものです。 >どうしたらいいのでしょうか? とりあえず、公図の地型をみて、当該隣地との形状が直線でいいかどうかを 確認しましょう。次に境界標石を実際に目視で確認 相続か譲渡なら先代の関係者に境界立会いの経緯を確認します。 >測量事務所に測量を頼んで費用折半が正しい策でしょうか? 測量って?何をはかるのでしょうか。公図の面積にあわせて境界を動かすというのは 本末転倒です。 土地の管理とは境界標石の保全と草刈と不法投棄の防止です。 土地保有者としては、境界標石がきちんと入っていたら境界云々は言う必要なし です。 それと稀に境界標石をずらす悪者がいます。 手元に古い求積図があって、隣地境界と道路境界の辺長がわかっていたら その分を念のために測るというのは意味があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

詳細な解説ありがとうございます。 公図・登記簿に関してはある程度知識がありますので判っております。 最後に仰られた石の移動を問題視しています。そうしたいのですが図面が無いとの事なんです。そうすべく指示は致しました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#17429
noname#17429

>境界確定も区画整理でやったもので。 現在の境界杭の位置が疑問なら 区画整理組合に図面が保管されていると思います。 近隣の方も区画整理ならその方たちがお持ちでは。 又法務局に字図ではなく、測量図が保管されているはずです。 それらを基に境界杭の位置を確認します どこにも図面が無い場合、 家屋調査士、又は測量事務所、双方の地主立会いの上 民民境界査定をしてください。その結果を図面にし 大切に保管します

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 組合は既に解散したようですが既に当たらせてはいます。

  • 回答No.5
noname#19073
noname#19073

他回答でも色々と説明が書かれていますので、ちょっと角度を変えて書きます。 まず住宅を建築するにあたっては、建築確認申請をする上での「敷地面積」というものは出さなければいけませんが、厳密に「筆界確認書」のような「境界確定」についての資料までは不要です。 要するに境界問題で揉め事があったりなどのケースで隣地境界が確定していなくても住宅の建築は出来るのです。 そこを前提としますと、今回あなた側で境界確定作業を測量士及び土地家屋調査士へ依頼して行うのであれば、基本的には「あなたの土地」について、隣地の土地との境界確定及び実測図面の作成を行うということです。(そのお隣の土地との境界だけでなく) その費用を立会ってもらう相手方に請求するのは一般的ではありません。 別にお隣さんに境界確定の必要性が無ければ、無理に行う必要もないですから。 ですから今回隣地の住宅建築というタイミングで境界確定をする必要があるのかないのかは、当事者であるあなた方で判断する以外ありませんし、必要があると思うのでしたらあなた方の費用で行うのが普通の考え方です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

#1です 土地と言うとすぐ財産だから少しでも不利にしたくない気持ちはあるでしょうが、 都会の坪数百万円の場所でない限り、あまりこだわらない方が楽ですよ 境界の石の場所でだいたい合っていたらそれを認めた方が簡単です むしろ今回の場合、相手が家を建てるのですから境界上にブロック塀の設置の話があるかも知れません その時貴方は半額の費用を負担しなければならなくなります(民法で決まっています) お隣との関係が良好なら、先方の負担で工事してくれるかも知れません(工事後は共有物) 私の実例ですが、 今回と同様にお隣がブロック塀を設置するとき、歪んだ境界を私の敷地を少し提供しまっすぐにしました、 その代わり工事費用はお隣の負担で円満に解決しました。 そのような解決方法も有ります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

以前中古住宅を購入したとき安易に信用して散々な目に会った為、慎重になっています。金額の問題ではなく騙されてはいけないという気持ちからなんです。

  • 回答No.2
noname#36201
noname#36201

多分その石が境界でしょう。 法務省(だったかな?)の土地の書類を基本に専門家に測量してもらってもいいですが、普通は不動産屋と貴方の地域の区長さんなりの役員さん(第三者)の立会いの下で境界を決め、(その石のところが境界と認め合う) 新しい杭を打って写真に残します。 よほど隣の方と関係が悪くない限り、これで大丈夫だと思います。 我が家は道路で立ち退きのために、役所が図面と見比べるために測量しましたが、何軒か連なって建っている区域其のものの大きさが、役所の図面と違っていました。 当然、私達の持っている権利書の図面の大きさで決めてもらいましたが。 また、今の家の隣が不動産屋の所有で、そこが測量し直したら、うちとの境界線が、1mmだけ私の家のほうに寄っていると抗議されました(呆れましたが) まあ、後々問題が起こらないように、写真とお互いの印鑑を押した、書類は残しておくべきだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 新興住宅地でもめごとが多い地域なので慎重になっています。

  • 回答No.1
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

何回か物件を購入し隣地境界を確定しましたが 一度も測量などはしませんでした(高いし) 隣地の所有者と不動産屋(第三者)の立ち会いで、「ここで良いですね?」...(笑)。 ・お互いが境界を認める ・境界杭を立てる ・お互いが境界を指さしている写真を撮影 ・覚え書きを作成 ・不動産屋はその近辺の写真を数枚撮っていました 覚え書きに図面と写真が添付 だいたい同じような手順で済ませました 貴方の場合もその石が境界杭の役割では無いのですか? 法務局の図面なんか、いい加減?ですから測量しても意味ないかも?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございます。 地方の土地で母が管理しており、母が言う事には境界の杭の位置がおかしいと言う話なんです。境界確定も区画整理でやったもので、区画整理組合から引き渡された書類があるはずなのですが、なにぶん年寄りで見つからないらしく、無いなら組合に問い合わせるように言っているんですが・・。

関連するQ&A

  • 隣地境界確定の延期方策について

    お世話になります。 隣地の所有者が売却にあたり、隣地所有者依頼の仲介不動産会社から、当方との隣地境界の測量をしたいとの連絡がありました。 従来、隣地の所有者とは特に問題もなく、その不動産会社からの問合せにも協力してきました。 ところが、不動産会社から委託された測量業者の対応が横柄であり、また境界線の一部に障害物(隣地居住者が所有)があり測量精度が懸念されたため質問しても真っ当な回答が得られず、技術的に疑問を感じています。 このため、仲介不動産会社に対しては、測量会社から納得のいく回答が得られまでは、協力をしかねる旨を連絡しました。 今後、納得のいく回答があれば協力し円滑に進めていきたいのですが、万が一、当方の立会のないまま、隣地境界測量が行われ、境界が確定されてしまうことを心配しています。 つきましては、このような一方的な隣地境界画定を延期する方策がありましたら、教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 隣地境界

    20数年来住んでいる自宅を建替えるために、建築事務所に相談したところ、隣地との境界が不明で、越境されている可能性があるとの指摘があり、測量士にも相談したところ、同意見でした。もともと棟続きの連棟のため、 隣地所有者にその旨を申し出たところ、そんなことはないの一点張りでらちがあきません。今後の対応はどうすればいいでしょうか?時効とかにもひっかかりますでしょうか?弁護士に頼むと費用、時間もすごいと思うのですが?

  • 隣地との境界確定後に隣地所有者が変わった場合

    以前に隣地所有者と民々境界確定書を交わしました。土地家屋調査士作成の測量図面と印鑑証明も添付しています。 その土地は現在空き地になっているのですが、最近隣地の所有者が変わったらしく、境界を確定したいので立ち会いにきてほしいとの連絡がありました。 話を聞くと私が境界確定書を交わした時から何度も所有権移転があったらしく、今の所有者は境界確定書があることは知らなかったとのことです。 このような場合、以前の所有者と交わした民々境界確定書の法的効力はあるのでしょうか? 長文になりましたがご教示頂ければ幸いです。

  • 隣地との境界線トラブル

    隣家を不動産業者が買い取り、更地にして注文住宅を新築しその購入者も決まっています。私の家は隣地より1mほど高くなっており、間知ブロックの上にCBブロックの塀を作っていますので境界線より20cmほど引っ込んでいます。境界標は道路側と宅地の奥の2カ所にありましたが、奥の境界標は隣地の車庫を掘った残土を盛土し見えなくなっています。隣地の車庫造成工事の影響もあり、ブロック塀の亀裂がひどくなったので、隣地との境界線の確定も兼ねて境界線より1cmこちら側にコンクリートの基礎を打ち新しくブロック塀を作りたいので、2、3日隣地からの工事をさせて欲しいと申し入れましたが、不動産業者に拒否されました。隣家の道路側の新しいブロック塀は境界線を15cmほど浸食して作られています。当初、測量業者も呼んで双方立ち会いのうえ境界標を打ち込んでもらったので安心してうかつにも気づくのが遅れました。どう対処したらよいでしょうか。

  • 隣地の境界柵設置に伴う通行路について

    隣地の持ち主が地積図を元に境界測量を実施し隣地内に柵を設置した結果、公道に接しない土地である自分の土地への通路が無くなり困惑しています。その通路は父の代に使用するようになり、通用路の一部が隣地の土地だということは聞かされていませんでしたので、対応策は何もしていませんでした。隣地の持ち主に確認した所、亡くなったお母さんが土地の境界杭を設置するように言っていたので、境界を明確にするために実施したとのことでした。柵については隣地との境界画定に問題があったとのことで土地問題の再燃を考えて設置したとのこと、通路部分についてはこちらに売却する気持ちはないといわれました。また、土地の画定経緯からも通行協力はしないとも言われました。 私の土地の周りは畑です。土地の一部に柑橘類を植えている状態ですが、このような状況ではどのような対応策がありますか。

  • 隣地マンホール越境

    隣地マンホール 測量をしたところ隣地の排水マンホールが購入候補地に掛かっているのが判明。境界杭を打つべき場所にこのマンホールがあります。購入前に移動してもらった方が良いでしょうか。 隣地ブロック塀 また、この隣地側に建っているブロックが古いので地震でこちら側に倒れて来そうです。この場合、隣地に建て替えをお願い出来るのでしょうか。お願い出来たとして費用はどちらがわが持つのでしょうか。折半が一般的なのでしょうか。 境界 また別の隣地の境界の表示が大谷石の上に金属プレートを置いています。境界表示は動かないものにするのが基本と思いますがこの方法は通常やられているものなのでしょうか。 大谷石の地盤面付近を切ってもしくは、この石を撤去してもらい、杭を入れ直してもらった方が良いでしょうか。 こちら側が1m程高い、土留めには大谷石の手前に今回新しいブロックを設置してある。 「今回測量して地主同士で境界の確認をしてある」と説明されましたが、境界確定書は見せてもらっていない。

  • 境界問題について

    教えてください。境界工事問題にてもめています。 当方所有の土地で家を新築するにあたり、当方境界内で大きな外構工事をすることになりました。 その外構工事は隣地との境界工事ですが、 隣地の土地を越境して塀を建設するのではなく、当方の境界内に塀を新築する工事です。 その工事をするには、境界を越えて隣地の土地に入らないと工事ができず、 建築業者が工事中、隣地へ入らせて欲しい旨、隣地住民に何度か頼んだのですが、   (当方の境界内外構工事であり、隣地の境界を越えての越境工事でもないのですが) 工事中、境界を越えて隣地に入ることを隣地住民に拒否されました。 ★当方が支持すると、こじれると当方の責任にもなりかねないと思い、全て業者に任せているのですが、いいでしょうか。 ★民法で正当な理由なく、隣地の工事妨害をできないと聞いたことがあるのですが、どのようなことなのでしょうか。 ★この工事ができないため、家の建築が進まず、建築が進まなかったときの損害賠償を建築業者に請求するのでしょうか。 ★建築業者が今回の建築をあきらめた場合、当方との契約手付金の返還と 当方が被ったさまざまな(当方の建築をするにあたっての労力やその他)物の請求等をすることになるのでしょうか。 今後どのようなことが考えられ、どのように対処すべきでしょうか。 教えてください。お願いします。

  • 隣地との境界線に・・・

    隣地との境界線にブロック3から5段(基礎込み)建てようかと思っていた所、隣地の方から折半で境界中心に建てませんかと提案がありました。当方としましては先々トラブルの元となるようなフェンスのような物は共同では建てるつもりはありませんがブロックのような物を共同で建てた場合、将来トラブルに成るような事はありませんでしょうか。金銭面では非常に助かりますし隣地の方も人柄よさそうですのでどうしようかと悩んでいます。良きアドバイスお願いいたします。

  • 不動産業者から教えられた境界杭が間違っていたので立てた塀が隣地へ越境しました。

    3年前に中古住宅を購入しまして、昨年、隣地との境界を明確にするべく塀を立てましたが、先日、隣地の所有者より「お宅の塀がこちらの土地に越境しているので撤去して欲しい」との申し出がありました。登記図面及び測量事務所で確認しましたところ、住宅購入時に私が不動産業者から教えられた境界杭が隣地と別の土地の境界杭であり、間違っていた事が判明しました。 当方、工事業者の責任もあると思いますが、不動産業者にも責任を取ってもらうことは可能なのでしょうか。ただし費用を考えますと裁判で争う事はできませんが・・・。

  • 隣地との境界に擁壁をつくりたいのですが。

    隣地が畑で高低差が70cm位あります。(隣地が高い) 現在境界に石積みで土留めをしていますが、数十年前の施工であり所々崩れたり、石がせり出してきています。 石積みは当方の敷地内にあり、境界線は石積みの面から30cmほどのところになります。 畑の所有者は、境界線が石積みの面の内側である事は承知しています。 質問1 石積みが崩れそうなので、石積みを擁壁に作り替えようと思っていますが、境界線ぎりぎりで擁壁を設置しても良いのでしょうか。 質問2 費用負担を畑の所有者に求めることは可能でしょうか。その際に、法的な根拠はあるのでしょうか、あるいはあくまでもお願いの範囲での要求となるのでしょうか。 質問3 この状態のまま放置したとして、万一石積みが崩れた場合、復旧工事は誰の責任で行う事になるのでしょうか。 質問4 石積みの上は周辺の農地への通路として使用されています。その場合、通路として使用している方へも費用負担の要請は出来るのでしょうか。 以上ですが、よろしくお願い致します。