• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

隣地マンホール越境

隣地マンホール 測量をしたところ隣地の排水マンホールが購入候補地に掛かっているのが判明。境界杭を打つべき場所にこのマンホールがあります。購入前に移動してもらった方が良いでしょうか。 隣地ブロック塀 また、この隣地側に建っているブロックが古いので地震でこちら側に倒れて来そうです。この場合、隣地に建て替えをお願い出来るのでしょうか。お願い出来たとして費用はどちらがわが持つのでしょうか。折半が一般的なのでしょうか。 境界 また別の隣地の境界の表示が大谷石の上に金属プレートを置いています。境界表示は動かないものにするのが基本と思いますがこの方法は通常やられているものなのでしょうか。 大谷石の地盤面付近を切ってもしくは、この石を撤去してもらい、杭を入れ直してもらった方が良いでしょうか。 こちら側が1m程高い、土留めには大谷石の手前に今回新しいブロックを設置してある。 「今回測量して地主同士で境界の確認をしてある」と説明されましたが、境界確定書は見せてもらっていない。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1360
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>境界杭を打つべき場所にこのマンホールがあります。購入前に移動してもらった方が良いでしょうか。 マンホールが越境しているわけですね。 であれば、移動することを検討しなければなりませんが、隣人との話し合いになります。 出来れば土地売買契約において、売主の責任で対処するようにしてもらった方が賢明です。 >また、この隣地側に建っているブロックが古いので地震でこちら側に倒れて来そうです。 >この場合、隣地に建て替えをお願い出来るのでしょうか。 これは難しい話です。「お願い」はしてもかまいませんが、「要求」する法的根拠は乏しいです。 相手が拒否したらどうにもなりません。 >お願い出来たとして費用はどちらがわが持つのでしょうか。折半が一般的なのでしょうか。 これも多数の選択肢が存在します。全額こちらもちから全額先方持ちまで。要するに相手の考え次第です。 >境界表示は動かないものにするのが基本と思いますがこの方法は通常やられているものなのでしょうか。 普通です。 >杭を入れ直してもらった方が良いでしょうか。 必要ないでしょう。地積測量図があるのであれば毀損しても復元できます。 >「今回測量して地主同士で境界の確認をしてある」と説明されましたが、境界確定書は見せてもらっていない。 現況測量図ではなく登記された地積測量図は存在しますでしょうか。この部分は非常に重要だからきちんと確認した方がよいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 マンホールは移動し境界表示を打てる状態にして引き渡す約束を取り付けました。 境界表示は1箇所1~2万で出来るとの事でした。

質問者からの補足

登記された地積測量図は存在します。 >地積測量図があるのであれば毀損しても復元できます。 それはそうだと思いますが、費用が発生しそれはこちら持ちですよね。出来るだけそういうのは避けたいと… >>境界表示は動かないものにするのが基本と思いますがこの方法は通常やられているものなのでしょうか。 >普通です。 動く可能性のある大谷石の上に表示しても境界確定書に地主さんみなさん捺印してくれるものなのでしょうか。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

私も昔ながらの住宅地を購入したものです。境界を守らずフェンスがついていたり、境界の金属プレートがブロック塀の上についていました。 フェンスについては仲介の不動産から隣家にお願いしてずらしてもらいましたが、これが大変でした。例え境界石があってもフェンスを隣家の敷地内に引っ込めてもらうのは、しぶしぶでした。 境界は非常に難しい問題なので、可能なら境界石は地面に設置してもらうことです。たとえ、測量図などあっても非常にもめるそうです。我が家もブロック塀が地震などで崩れたら、境界プレートはなんの役にもたたないので、売主さんに一筆書いてもらい設置してもらいました。費用もかかるので始めはいい顔をしませんでしたが、売主側も「動かないものにするのが基本」と後ろめたく思っているので、お役所の名を出したら、設置してくれました。やはり安心ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 売主負担で地面に境界表示をしてもらったのですね。やはりこれが一番安心出来ますね。

  • 回答No.4

排水のマンホールは 何で出来ているのでしょう? コンクリート?プラスチック?鉄? このどれかだと思うのですが その場所が 本下水が入っているのなら (コンクリート・鉄製の場合) 費用はかかりますが移動は可能だと思います ただし 勾配などの問題もありますので 絶対という訳ではありません 浄化槽の場合 (プラスチック製) 合併浄化槽なのか個別浄化槽なのかで違いますが 合併浄化槽なら 逆に動かす必要はなく その浄化槽を利用する形になります 個別浄化槽なら 費用だけの問題ではなく その境界部分の真下に浄化槽が埋まっている形になりますので それを掘り起こして 移動できるかどうかはかなり疑問です まずは 現状の把握が一番大事だと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 マンホールは移動し境界表示を打てる状態にして引き渡す約束を取り付けました。

質問者からの補足

材質は金属でした。 今、担当仲介業者から連絡あり、周辺数軒の雨水最終枡の可能性が高いと、との事でした。そうならばそれは市のものの可能性が高く公道上に移設が可能で境界杭も打てる、そうです。

  • 回答No.3

ブロックについて過去に隣家から言われて直しました 大雨が降ったら倒れそうなので立て直してくれという依頼で 行ってみると確かに隣家に向かい倒れかけています 隣家の方が建築関係の仕事をしていて 鉄パイプで補強して倒れるのを抑えているという風な状況でした こりゃ倒れたら保証とかがたまらんということでいろいろな所から見積りを取ったりしたのですが 余り良い条件のところが無かった為 隣家の会社へ頼むことにしました これで手抜きで倒れても文句はいえないぞッて感じでしたが… まぁ渡しが言ってる事は関係有りませんが 土地にかかっているものは移動させる義務が隣家に発生すると思われるのですが 勝手にしているのですから裁判になったとしても勝てると思われますが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • poioro
  • ベストアンサー率20% (111/541)

土地を購入する際には、後々問題になりそうなことは 買うに先立って全て解決をしておくということです。 これは大原則です。 仲介業者がいるのでしょうか?多分いないのでしょうね。そうでなければそんないい加減な物件を仲介することもないでしょう。 問題を解決してから、売りに出すでしょうから…。 当物件は買わない方が無難ですが、どうしてもというのであれば、 1.マンホールの撤去 2.ブロックの撤去 を申し出て、それを完了させた上で、周囲の人の印鑑証明付きの確定図面を今の地主からもらって購入してください。 仲介業者がいる場合は、業者がその辺をちゃんとして話をもってくると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 マンホールは移動し境界表示を打てる状態にして引き渡す約束を取り付けました。

質問者からの補足

仲介業者は居ます。注文住宅を建てる工務店が土地取引子会社を持っていて対応しています。 ブロックとマンホ-ルの件は質問とお願いの形で仲介業者に話し「隣地に話します」と言う事になっていて回答待ちです。

関連するQ&A

  • 隣地境界線の杭がない中古物件の購入について

    隣地境界線の杭がない団地にある中古物件の購入を考えています。 団地自体は15年ほど前に1つの土地を分筆し、形成されたので、皆同じ時期に入られています。 各家、隣地との間にはきちんとブロック塀が造成されております。 そこで質問です。 事前に頂いた仮の不動産売買契約書を読むと、 「売主は買主に対し、現地にて境界標を指示して境界を明示します。境界標がない時、売主は買主に対しその負担ち責任において、新たに境界標を設置して境界を明示する。」とあります。 価格を下げて頂く交渉の手口として不動産会社の方が売主さんに「隣地境界線の測量がされていないけど、何かあっても売主さんは責任を取らなくても良い」と言われたそうです。 (事前に交渉手口としてこれを使うと聞いておりましたが、何せ電話でサラっと言われただけですので、深く考えておりませんでした) 私には、「隣地境界線の杭や測量図もありませんが、新し目の団地なので何か言う方もいないでしょうし、隣地との境界のブロックを目安にすれば大丈夫。もし将来的に測量が必要になった時は費用も30万円くらいですので、値引き率を考えるとだいぶ安くできますよ」と話されました。 そこで質問です。 (1)もし隣地の方が家を売却して新しく入る方が建て替えをされる際、隣地境界線について何か言われたり、揉めないのでしょうか? (2)隣地境界線が違っていて我が家の敷地が狭くなった場合、直ちにその分の土地を後退させないといけないのでしょうか?建て替え時で良いのでしょうか? 他にも何か良い対策やアドバイスなどございましたら、ご享受頂けますと幸いです。 本日再び不動産会社の方と会う事になっております。 何卒よろしくお願い申し上げます!

  • 隣地との境界杭が、知らぬ間に無くなっていました。

    隣地との境界杭が、知らぬ間に無くなっていました。 境界杭のあったところには、コンクリで埋められていました。 古い地積測量図をみると杭のことは確かに記載されているのですが、隣地の借地人は知らないといっています。 借地人の建物は、現在若干ですが当方の敷地に越境しています。古い杭ですが、故意に抜いて埋めた可能性も考えられます。 ただ、現地には住んでおらず、これまで借地人にその都度しっかり指摘できていなかった状況もあります。 地主さんは新しく測量するなら判を押すといっていますが、かかる費用は見てくれないようです。 境界杭がなくなり将来的な面で不安があります。ただ、こちらから話を持っていった場合、元に戻す費用(新たな測量を含む)を当方が全部負担するのことが当たり前みたいな話でした。これにはどうも納得がいきません。 勝手に杭を抜いたとすれば、犯罪行為なのでしょうが、犯人を特定するのは難しそうです。 借地人や地主にどのように交渉すればいいのでしょうか。お知恵をいただきたいです。

  • 隣地との間に境界杭を打つべきか

     中古不動産を契約いたしました。物件引渡は1ヶ月後です。  契約した物件は北東の角地で、西側隣地と南側隣地の2箇所に接しています。  西側隣地との境界は、ブロック塀の真ん中にあり、ブロック塀は西側のお宅と共有することになります。また、南側のお宅との間にもブロック塀があり、ブロック塀と私の土地(私の土地の南側は駐車場です。)の間が境界です。西側隣地、南側隣地との間に境界杭等は一切ありません。また、私の土地の北東の角には、市役所が設置した、コンクリート製の境界杭が打ち込まれています。  また、私の敷地は長方形の形をしており、縦横の長さが同じです。私の土地の地積測量図ならびに西側、南側の地積測量図は既に法務局で入手して、確認しております。  さて、契約した際に不動産屋から、赤い線で隣地との境界線が記入された、境界付近を撮影したデジカメ写真を呈示され、この写真を、不動産屋が西側と南側の隣地に持参して、その際に、「境界立会い確認書」という書類を、西側のお宅と南側のお宅から署名捺印してもらうと言われ、私は同意しました。「境界立会い確認書」には、既に署名捺印(実印ではなく認印で押印)をしてもらいました。  しかしながら、私はその書面だけでは不十分だと感じているので、出来れば隣地との間に「境界杭(または境界プレート)」を設置したいと考え、不動産屋に相談したら、「既に確認書には署名捺印してもらったのだから、これ以上、境界杭、境界プレートの設置をお隣に要求したら警戒されて、居づらくなる恐れがある。また、今回購入した物件には地積測量図があるのだから、例えば、もし地震等で西側隣地との間のブロック塀が倒壊して境界がわからなくなったとしても、地積測量図を基に再度、境界を確定できるから大丈夫です。」と言われ、どうしようか迷っています。   今後のためにも境界杭等を設置した方が良いのでしょうか?

  • 隣地境界ブロックの位置と所有権について

    隣地(民民)境界にブロック塀を布設予定です。 境界線を中心にしてブロック塀を布設したいと思います。 隣地との高さ関係はフラットですので、土留めの必要はありません。 仮に、当方が塀の建設費を全額負担し、隣地所有者の承諾を得て境界線を中心にブロック塀を布設したとします。 その場合、ブロック塀は隣地所有者との共有物になるのでしょうか? 「お詳しい方」ご回答よろしくお願いいたします。

  • 左側の隣地が境界の中心でなく、境界すれすれにブロックで土留めをしました

    左側の隣地が境界の中心でなく、境界すれすれにブロックで土留めをしました。隣地から見るとブロックの右側が境界線上でそれ自体は問題ありません。問題なのは今まで隣地も私の土地も同じ高さ(海抜)だったのですが、隣地が掘削をし私の土地の高さから30cmくらい低いところにブロックの上端がきている点と境界右側の私の土地40cmくらい抉られている点です。その土地は地盤がゆるいので雨が降るたびに土や砂利が落ちていると思います。 私はこの土地を駐車場として貸しています。 今まで問題ない駐車場だったのに上記したことで問題のある駐車場となってしまいました。 隣地は土留め出来ていても私の土地は土留めがされていない状態です。 ちなみに、工事の説明はありませんでした。 工事を施工している業者に聞くとこれ以上ブロックを積まないと言われました。 こんな事っていいのでしょうか?敷地内であれば自由にして、 うまく言えませんが、隣の機能の現状回復をしないでいいのでしょうか? 家を建てて、隣の土地の日照を遮ったのとは訳が違うと思うのですが?

  • 隣地との境界について

    隣地の代理人の土地家屋調査士から連絡が来て、用地境界を確定させたいので立会して下さいと言われて現地で立会しました。 言葉にすると難しいのですが、図のように(1)と(2)のところに用地杭が建植されていいます。私はこの土地を買うときに(2)が隣地との用地杭だと聞かされていたのですが、代理人は(1)だと言います。 その理由は・・・  ○法務局にある図面は用地境界が一直線である。  ○私と隣地の前面の土地の持ち主達AとBは、(1)で境界を確定させている。  ○前面のAとBの境界にはブロック塀があり、(1)はまず間違いない。 こういう訳です。 私からしてみたら、前面の持ち主たちAさんとBさんの境界は確かに(1)かもしれないが、杭が2本あるということは、(2)が私と隣地の境界を示すものではないかと思うのです。そうではないと、(2)の場所に杭を建植する意味がありませんので・・・ ちなみに、全く同じ大きさ・種類の杭で建植された時期も同じようですが、私も隣人もいつ建植されたのかは知りません。 法務局の図面の境界が一直線で、現地には2本の杭がある場合、どう処理するのがいいでしょうか? アドバイスをよろしくお願いします。 -----+------    私      隣地 -----(1)(2)-----        |        |  前人A  |  前人B        |        |        |

  • 不動産業者から教えられた境界杭が間違っていたので立てた塀が隣地へ越境しました。

    3年前に中古住宅を購入しまして、昨年、隣地との境界を明確にするべく塀を立てましたが、先日、隣地の所有者より「お宅の塀がこちらの土地に越境しているので撤去して欲しい」との申し出がありました。登記図面及び測量事務所で確認しましたところ、住宅購入時に私が不動産業者から教えられた境界杭が隣地と別の土地の境界杭であり、間違っていた事が判明しました。 当方、工事業者の責任もあると思いますが、不動産業者にも責任を取ってもらうことは可能なのでしょうか。ただし費用を考えますと裁判で争う事はできませんが・・・。

  • 境界線について

    この度古家付きの土地を購入することとなりました。境界線の状況としては下記の通りです。 ・かなり古い測量図のみ(表示は間) ・境界線を指す指標は前面にはなし(不動産業者の話では後面に1か所存在。現状での確認は不可) ・隣地の地主はブロック塀の端が境界線と認めている(これも不動産者から口頭の説明) ・古家は隣地ブロック塀のぎりぎりまで建っております(建物が建っていれば境界に問題はないと不動産業者が説明) ・古家は契約後解体 ・新たに測量するのがベストですが測量費の予算がなし 以上の内容で土地購入後、隣地地主と境界についてトラブルはおこらないでしょうか?もしくは境界確認書のようなものを売主と隣地地主にて確約してもらうのが良いのでしょうか?どなたか知恵をお貸しください。

  • 「隣地境界線の確定」について教えてください

    印鑑証明を交わして費用が20万円ほどかかる「隣地境界線の確定」と 測量などをする場合に隣地の人に立ち会ってもらって境界を決めることとは違うのでしょうか? 費用のかかる境界線の確定をいちいちみんなしてらっしゃるのでしょうか? 隣地との間に「杭」を入れるということは 「隣地境界線の確定」をしなくてはできないのでしょうか? 昔から「隣地境界線の確定」というものはあったのでしょうか? 自分でも頭が混乱してわからないのですが どういうときにどっちが必要なのかその違いと 法律的な効果の違いについて教えてください。

  • 隣地境界土留めについて

    新築のため土地を購入しました。 購入時は建物つきでしたので売主側に更地渡しの条件にて解体いただきました 解体前は売主の費用で隣地境界上に1メートル高のブロックがありましたが、こちらで敷地内に新たにこちらの費用で境界は作りますとのことで境界ブロックも解体し更地で購入しました これから敷地内にコンクリートブロック(CB)2段とフェンスを作ろうとおもいますが、隣地が盛り土されていておそらく土留めが必要と思います。解体前はわかりませんでした  境界は敷地内にてこちらで施工しますが隣地の土留めをこちらがする義務は無いように思います  隣地も2ヶ月ほど前(解体前)に中古で購入し入居されたばかりです    解体時に売り手不動産業者が土留めの必要性や費用が発生することなどを近隣に説明するべきと考えていますが、隣地に土留めをしてもらいたく不動産業者に隣地への説明をお願いしたとろ断られました、(売り手と買い手の不動産業者は同じ系列で店舗が違います)  こういう場合は誰が隣地に説明に行くべきでしょうかまた、隣地に土留めをさせることは正当でしょうか