• 締切済み
  • すぐに回答を!

境界問題について

教えてください。境界工事問題にてもめています。 当方所有の土地で家を新築するにあたり、当方境界内で大きな外構工事をすることになりました。 その外構工事は隣地との境界工事ですが、 隣地の土地を越境して塀を建設するのではなく、当方の境界内に塀を新築する工事です。 その工事をするには、境界を越えて隣地の土地に入らないと工事ができず、 建築業者が工事中、隣地へ入らせて欲しい旨、隣地住民に何度か頼んだのですが、   (当方の境界内外構工事であり、隣地の境界を越えての越境工事でもないのですが) 工事中、境界を越えて隣地に入ることを隣地住民に拒否されました。 ★当方が支持すると、こじれると当方の責任にもなりかねないと思い、全て業者に任せているのですが、いいでしょうか。 ★民法で正当な理由なく、隣地の工事妨害をできないと聞いたことがあるのですが、どのようなことなのでしょうか。 ★この工事ができないため、家の建築が進まず、建築が進まなかったときの損害賠償を建築業者に請求するのでしょうか。 ★建築業者が今回の建築をあきらめた場合、当方との契約手付金の返還と 当方が被ったさまざまな(当方の建築をするにあたっての労力やその他)物の請求等をすることになるのでしょうか。 今後どのようなことが考えられ、どのように対処すべきでしょうか。 教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数476
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#83309
noname#83309

♯2です。補足いただきましたので、再度です。 まだ、隣家の方とは直接お話しされていないということでしょうか? ならば、やはり「ご挨拶が遅れまして・・・」とかなんとかいって、行かれた方がよいかと思います。 それと、出来ればですが誰か第三者的立場の人についてきてもらったらいかがですか?その団地のほかの区画にすでに住んでいる人とか、自治会長さんとか。 工事業者には強気なことを言っていても、第三者に間に入られるとあっさり折れるかもしれませんし。 特に、隣家の方とすでに交流のある人とかなら、効果は大きいと思います。「挨拶が遅れて、不快な思いをされたかもしれませんが、工事が進まなくてお困りなんですよ。何とか折れていただけませんか?」とか言ってもらえば、何とかなるような気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 ご挨拶にと思っているのですが、不動産やも業者も行かないほうがいいということなので、行ってません。 行って話しを聞く方ではないというのが、業者の話なのです。 ほとほとどうしたものか。困っています。

質問者からの補足

どうやら、常識論が通じる方ではないようです。 業者の方の話では、裁判に持っていくのがベストのような話までいってしまい最終的には、裁判所に申し立てを。。。。 それだけは避けたいのですが、いたしかたないのかもとあきらめてきました。

  • 回答No.5

>以前からすんでいるのであれば、隣地への挨拶等をするのは常識ですが、 >今回は、建築が終わった後に、隣地へ挨拶に行く予定をしていました。 私も土地を購入後、家を建築しましたが、工事が始まる前にご近所十数軒に菓子折を持って挨拶に行きました。 大きな車が通ったり、騒音や振動建築中に近所の方には迷惑をおかけするからです。 顔も見たことがない隣人の願いより、きちんと挨拶する隣人の願いの方が聞いて頂けたのではありませんか?一度ご挨拶に伺ってはいかがでしょう。 余談ですがマンションの上下の騒音問題でも知らない子供の足音いつも挨拶をする顔なじみの子供の足音では気になり方が違うようですからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご親切なご回答ありがとうございます。 当方もご近所に挨拶は必要かと思うのですが、業者の方たちから今回、挨拶はやめるように進言されています。 菓子折りを持って、挨拶をして話が通じる方ではないようです。 これから長い付き合いになるであろうというのに、ほとほと参ってしまします。

  • 回答No.4
  • awjhxe
  • ベストアンサー率28% (531/1887)

⇒塀を作らないと購入した土地に家を建てることができず、 ⇒工事が進まないので非常に困っています。 家を先に造れば良いのでは? 家は,家が完成して,ゆっくり,翌年に塀を作りました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

建築業者の責によらない工期の延伸や工事内容の変更についての定め は契約書に記載されていると思います。 今回外構工事が建築に致命的で、方法の変更もできないとすれば契約 解除条件を満たすことになるかもしれませんのでよく確認して ください。 隣が頑なに拒んでいるのは、それなりの理由があるのだと思います。 素人が交渉している訳ではないはずなので、拒否の原因や理由は ある程度押さえていると思われますし、その内容をある程度は施主に 報告してきているはずです。 それに対してあなたは判断を求められているのではありませんか? であるとすれば、建築業者の意見も聞き当事者として、もっとも利得 の多い判断と行動をしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 業者の話では、工事立ち入りを拒否することを楽しんで、生きがいのように感じているようなのです。 当事者としてどのようにすることがいいのか考えて見ます。ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#83309
noname#83309

隣地の使用請求権を行使して、工事すればよいと思いますが、隣地の所有者があくまで拒否すれば難しいでしょうね。 その程度のことで裁判でもないでしょうし。 普通、隣の人から境界工事をするなどの理由で土地の立ち入りの許可を求められたら、特別な理由が無い限りOKするものでしょう。 それを拒否されたということは、隣地の方が少し精神的におかしいのか、それともあなたとの人間関係に問題があるのかなんじゃないかと想像してしまいます。 お金で解決するのも一つかと思いますが、一切異議申し立てませんというような念書をとる必要はあるでしょう。 お金目当ての人なら話は早いと思います。そのあともなんだかんだ言われる可能性はありますので、そこは毅然とした態度で応対する必要はあるかと思いますが。 詳細が分からないので、はっきりしたことは言えませんが、主としてあなたと隣地の方の問題なので、業者にすべて任せるべきではないと思います。 それから、この件が理由で工事が遅れた、中止になったから業者に賠償請求するというのは、ちょっと常識では考えられないと思います・・・というかはっきり非常識だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

親切に回答をありがとうございます。 補足です。 今回の問題は、新しく購入した土地で起こった出来事です。 新しく購入した土地で、隣地の方がそのようなことをいってくるような人が住んでいるとは思いもよらず、かなり困っています。 以前からすんでいるのであれば、隣地への挨拶等をするのは常識ですが、 今回は、建築が終わった後に、隣地へ挨拶に行く予定をしていました。 どうすればいいのか本当に困っています。 当方としては、塀を作らないと工事が進まないので非常に困っています。 中止にや工事遅れ云々。。。業者に賠償請求云々。。。。 は周りにそのような助言する人がいたのですが、当方も常識では考えられないことだと思っていました。

  • 回答No.1

(隣地の使用請求) 第二百九条  土地の所有者は、境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる。ただし、隣人の承諾がなければ、その住家に立ち入ることはできない。 2  前項の場合において、隣人が損害を受けたときは、その償金を請求することができる。 民法に上記のような規定がありますね。民法という言葉もあるので、ご存知かもしれません。意味はさすがにお読みいただければわかりますよね。 ★当方が支持すると、こじれると当方の責任にもなりかねないと思い、全て業者に任せているのですが、いいでしょうか。 よくないですね。不用意に出るのは感心しませんが、あなたが施主なわけですよね。工事の最終責任者ですよ。色んなケースがあるので断定はしませんが、施主が挨拶にもお願いにも来ない、業者任せだといって拗ねる隣人もたまにはいます。 ★民法で正当な理由なく、隣地の工事妨害をできないと聞いたことがあるのですが、どのようなことなのでしょうか。 多分、上記の規定などを根拠にした井戸端会議の話なのでしょう。 ★この工事ができないため、家の建築が進まず、建築が進まなかったときの損害賠償を建築業者に請求するのでしょうか。 建築業者が懸命に交渉しているのに、了解してくれないのであれば、その責任を業者に持っていくのは無理でしょう。先の民法の規定もあるのに拒否している隣人がまずは第一でしょう。 ★建築業者が今回の建築をあきらめた場合、当方との契約手付金の返還と 当方が被ったさまざまな(当方の建築をするにあたっての労力やその他)物の請求等をすることになるのでしょうか。 上記のことと同じですね。 あなたは塀を作りたいのですか、それとも賠償金が欲しいのですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

親切に回答をありがとうございます。 補足です。 今回の問題は、新しく購入した土地で起こった出来事です。 新しく購入した土地で、隣地の方がそのようなことをいってくるような人が住んでいるとは思いもよらず、かなり困っています。 ★当方が支持すると、こじれると当方の責任にもなりかねないと思い、全て業者に任せているのですが、いいでしょうか。   よくないですね。不用意に出るのは感心しませんが、あなたが施主なわけですよね。工事の最終責任者ですよ。色んなケースがあるので断定はしませんが、施主が挨拶にもお願いにも来ない、業者任せだといって拗ねる隣人もたまにはいます。   以前からすんでいるのであれば、隣地への挨拶等をするのは常識ですが、 今回は、建築が終わった後に、隣地へ挨拶に行く予定をしていました。  今からでも行くべきなのでしょうか。 工事中止や工事遅れ云々。。。業者に賠償請求云々。。。。 は周りにそのような助言する人がいたのですが、当方も常識では考えられないことだと思っていました。 当方としては、これから新しく住む土地であるので、穏便にことをすすんでいくことを望むだけなのですが、 何か方法論はないのでしょうか。 とにかくどうすればいいのか本当に困っています。 当方としては、塀を作らないと購入した土地に家を建てることができず、 工事が進まないので非常に困っています。 何か打開策はないものでしょうか。

関連するQ&A

  • 境界確認書の効力

    公簿取引で土地を購入しました。購入時に現況で(古家と隣地の間に塀あり)測量、以前の住民が塀を隣地に越境していたと言われたので、今後の紛争にならないよう越境している塀は下がることで合意。その上で境界確認書に署名・捺印(実印)・印鑑証明添付で取り交わしました。 新築に伴い塀を撤去し下がった地点に塀を造りました。工事の際、境界標をはずしたので、再設置しようとしたところ、隣人の思っていた地点と違うと言いだしました。測量の図面が間違っているので前回の境界確認書は無効だと主張しています。 そのような言い分は通るのでしょうか?

  • 境界線について

    隣地の方より、「境界線の内側にブロック塀を建てることになりました、明後日より業者が入り、工事の上であなた様の土地の一部を掘ることになりますのでご了解願います。不都合・ご質問があれば連絡下さい」と手紙を頂きました。  私の意見は、境界線上ではなく相手の土地側に塀を作るならいいんじゃない・・揉めたくないし・・・と思ったのですが、主人の意見は、いくら自分の土地の中に塀を作るとは言え、人の土地を掘るって変ではないか?しかも明後日って?こんな平日に言われて何の反論も出来ないじゃないか?ブロック塀の土台が、うちの土地の中に埋められるのではないか?と怒り気味。 私どもの土地は更地で今後4年は建築の予定もなく更地で、隣地の家は新築され居住されています。  塀をたてる際は、私どもの土地も掘らないと出来ないものなのでしょうか?知識がないので是非、お知恵を頂きたいです

  • 不動産業者から教えられた境界杭が間違っていたので立てた塀が隣地へ越境しました。

    3年前に中古住宅を購入しまして、昨年、隣地との境界を明確にするべく塀を立てましたが、先日、隣地の所有者より「お宅の塀がこちらの土地に越境しているので撤去して欲しい」との申し出がありました。登記図面及び測量事務所で確認しましたところ、住宅購入時に私が不動産業者から教えられた境界杭が隣地と別の土地の境界杭であり、間違っていた事が判明しました。 当方、工事業者の責任もあると思いますが、不動産業者にも責任を取ってもらうことは可能なのでしょうか。ただし費用を考えますと裁判で争う事はできませんが・・・。

  • 外構業者に一筆書いてほしい

    現在、家を新築中です。建築地面が道路から40cmほど高いため、駐車場を作るのに土地を40cm程下げて道路と同じ高さに作る必要があります。  この分譲地はすべて道路より40cm程高いために、近所の家はすべて同様に40cm掘り下げて駐車スペースを作っています。  ただしうちの場合、隣家の塀(約1m60cmもブロック塀)が境界ぎりぎりに立っており(かなり古そうです)そのベースは道路より20cm程高いところなので、その近くを掘り下げると塀が倒れたり壊れたりしないか心配です。相手のブロックベースが地中において10cm程境界を越えてこちらの土地に入っておりますので掘るといっても実際には境界から10cm程話して掘ります。駐車スペース確保のためここまでは確保したいし、あくまでも自分の土地を工事するわけですから法的に問題はないと思っています。外構業者もコンクリートで補強するので隣地の塀への影響は問題ないといっております。  そこで今後のため、業者に一筆(例えば、工事中は無論、その後この工事が原因と考えられる塀の損壊等隣家より苦情が出た場合は、その補修等責任をもって対応する。)をかいてもらおうかと考えておりますが、今回このような事で一筆書いてもらうのは初めてなので、書き方及び補償の内容等アドバイスをいただけると助かります。

  • 土地の境界について

    土地の境界について質問させてください。 住宅業者から購入した土地には、道路との境界に鋲が打ってありますが、実際は土地の部分にまでアスファルトが打たれており、道路が土地に食い込んでいるような感じになっております。 土地に住宅を建築するにあたって工務店に相談したところ、外構工事で塀を作る際に問題があり、アスファルトにカッターを入れて壊さなければ外構工事ができないので、余計に費用がかかるとの話でした。 市役所で聞いたところでは、市が土地に越境して舗装したのではないので、住宅業者がやったことであるとのことでした。仲介した不動産業者に問い合わせたところでは、現状有姿で売買するのが基本であり、重要事項にはあたらない、したがって、その部分は買主の負担になるとの認識でした。 後から追加負担が発生する恐れがあるようなこういった事柄は、重要事項説明書の特記事項欄に記入し説明するべき事柄にはあたらないのでしょうか。気づかず契約した私も私ですが、高い買い物をしたこともあり、これ以上の余計な負担は避けたいと思っており、何卒皆様のお考えをご教授いただきたく存じます。宜しくお願いいたします。

  • 境界線のことで 困ってます。

    築30年中古住宅を購入しました。 最近になって、空き地だった隣地が 売られることに。  仲介業者が境界線変更の手続きを要求してこられました。 30年前の境界線のやり直しを 今更するなんて?!と思い 市の相談センターにも確認。 ある日、何をしているんだろうと外へ出てみたら 現在の持ち主と仲介業者が。 そこで 少し数値に違いがあり境界線が私側に寄るので この塀を削ってもらう。といろいろ言われました。今更自分に負担がかかるようなことは したくないと伝えました。 また 2センチ3センチで 塀を削るのは 困る。新しく土地を購入し工事する際に うまくこちらに負担がこないように申し送りをきちんとしてくださらないと困る。と現持ち主さんと仲介業者に伝えました。  しばらくして 境界線が新しく作り直されていました。  またしばらくしたら 隣地に住宅を2戸建てますと 「開発協議報告書」が渡されました。  そこには 「隣地権利者との間で当該開発事業に係る問題が生じた場合は 当方で誠意を持って対応することを誓約いたします。」とありました。  このままでは 不安です。  こちらの要求をどこに どのようにしたら良いでしょうか?  何か良い方法は ありませんか。

  • 土地の境界杭を抜かれてしまったら?

    隣地との間に、土地の境界杭があったはずなのですが、 いつの間にか抜かれてしまっています。 位置自体は登記簿にも載っているのですが、抜いてしまうという行為自体が 刑法に抵触するとなっているようです。 「では誰が?」というと、状況から考えれば隣地の所有者しか考えられません。 数年前に塀を建て直したときに抜いてしまったのでしょう。 そういう目で確認すると、微妙にではありますが、新しい塀は越境して 建てられているようです。 いずれにしても、このままでは困るので何とかしたければいけないと思うのですが、 1.境界杭が抜かれてしまったことは、どこに届ければいいのでしょうか?   警察?法務局?あるいは・・・? 2.越境して建てられている塀は、撤去を求められるものと思いますが、   その申し立てはやはり弁護士ですか?その前にとりあえずADRセンターなどでしょうか?

  • 土地購入時に隣地との境界のクレームについて重要事項説明が抜けていた

    現在、土地を購入して新築を建てる予定です。 購入した土地の隣地との境界についての質問です。 隣地との境界にはブロック塀があるのですが、若干隣地側へ 傾いており、微妙に越境しております。 購入時に重要事項説明として、傾いており越境の可能性有りの 説明は受けた上で購入致しました ※但し、可能性であり、隣地からクレームが付いているなどの説明はなし。 そして、縄張りを行ったとき、隣地の方から、ブロック塀が傾いているため、直してくれと言われました。 ここで、質問なのですが、隣地の方は不動産屋に既に直して欲しいことは言ってあったそうです。 つまり、当方の契約時には既に隣地よりこのような要望が出ていたのですが、このことについては当方は一言も説明を受けておらず、 縄張り時に初めて知った次第です。 1.隣地よりこのような要望が出ていることは重要事項説明時に何もなかったのですが、不動産屋に補修or補修費用の請求はできるのでしょうか? 2.この土地は元々Sという不動産屋が売り主から仲介していたのですが、当方はTという不動産屋から買いました。 つまり  当方→T→S→売り主 となっているのですが、隣地の方はSへ通知をしていたとのことです。(Tは知らなかった) 1.で請求可能の場合、当方はTへ請求することになるのでしょうか?それともSへ請求することになるのでしょうか? 当方はTの担当者は存じておりますがSは知りません。 なお、隣地の方ははっきりSへ通知したとおっしゃっているのですが、Sの担当者は聞いていないととぼけています。 補修をした場合は50~100万くらいはかかりそうで当方負担となってしまった場合、非常に頭の痛い話です。 みなさまのお知恵をお借りしたくお願い致します。

  • 隣地との境界について

    この度、土地を購入し新築する事になったのですが、隣の方から境界にフェンスなどの境界は作らないのか?との申し入れがありました。  現状は、隣地の敷地内にブロック+フェンスがすでに立っており、そのフェンスに車をぶつける、こちらの土地からの加重によりブロックにヒビが入る等のトラブルを避けたいので、こちらの土地にも何かを作ってほしいとの事でした。  土地の高さがほぼ同じになる予定なのですが、こちらもフェンスなどを作らなければならないのでしょうか?  外構の工事としてコンクリートを全面にする予定なのですが、ブロックにコンクリートが当たる場合は、境界のブロックを借りる形になる?  二重のフェンスは見栄えも悪く、ブロックなどの塀をこちらの土地にも作ると、駐車スペースの縮小になるため、できるだけ作りたくありません。  なにかよい解決方法はないでしょうか?

  • 戦前から有る塀と境界杭はどちらが本当?

     我が家の敷地の南側に戦前から有る古い塀があります。今度南側の隣地にアパートが建つ事になり、塀を作り直す事になりました。ところが、隣の敷地の東南角(我が家から見て)に無いと思っていた境杭が見つかり、我が家が20センチほど越境していることになります。私のほうでは50年以上、戦前から有る古い塀を境として購入し、住んでおります。東側の境にも我が家のブロック塀がありますが、隣地のほうが70センチほど土地が高いので、1度洪水で倒れています。それ以来、境杭の場所がわからなくなり、今回、工事をするので隣地の業者が掘り返し見つけたようです。しかし境杭の場所が信用できません。隣地は境杭が境界といいます。我が家は古くからある塀が境と考えて50年以上住んでいます。東側も南側も同じ所有者です。どちらが正しいのでしょうか。