• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

最近のディーゼル車てどうですか?

H4年式のラルゴに乗っていた者です。 しかしながら、14万キロでウオーターポンプからの水漏れでオーバーヒートしてしまい、廃車にしました。というのも、エンジンは煩いし排気ガスはすごい。どう考えても環境に悪いのは間違いないしあまり気に入ってなかったからです。良かった点と言えば、燃料代が軽油なので安い。大きさの割りに燃費がよい。ぐらいでしょうか。同じ大きさの車でガソリン車と比べれば燃料代は半額でした。 しかし、あの騒音と排ガスでは二度と乗るものかと思いディーデルなんてと思っていましたが、最近ニューディーゼルとかで騒がれているではありませんか。 騒音、燃費等改善されているのでしょうか?今の日本のディーゼル車の規制は緩いので良くないと、教えてgooでも言われています。 今後、ヨーロッパのように普及できるような車が販売されるのでしょうか?その車の騒音、排ガスは?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数420
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

残念ながら今の日本で売られているディーゼルエンジンは基本設計がとても古く、古いディーゼルエンジンの域を出ていません。 ヨーロッパでタクシーなどに乗ればほとんどがディーゼル車なのでよくわかるでしょう、特に新しいディーゼルは秀逸の出来です。日本メーカーも欧州向けにはディーゼルを搭載しています、特にシビック・アコードに搭載されている新型ディーゼルエンジンはインプレッサWRX並のトルクを低回転から発するいいエンジンです。しかし、残念ながら国内では手に入りません。日本では都知事のペットボトルフリフリ事件以来ディーゼル乗用車を販売しようという気運が劇的に無くなってしまいました。 もともとディーゼルは燃料にたいするフレキシビリティや熱効率の高さなど、ガソリンに対して優秀な部分も持っており、ガソリンエンジンと違ってスロットルロスというものがありません、理論的にはターボチャージャーのブースト圧をいくらでも上げられるので、もっと高性能エンジンもディーゼル化できます、メルセデスのディーゼルエンジンはDOHCですし、燃料噴射技術が進めば2000cc200馬力、トルク50キロ台のエンジンも近い将来に実現すると思います。ガソリンハイブリッドのように既存の車より100万円も高くなることもありません。CO2削減対策については最も現実的な選択肢だと思います。ただしそれが日本で発売されるかどうかは別問題だとも思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ディーゼル車

    最近、ディーゼル車(トラック、バスではなく普通乗用車のほう)を街中でみかけます。 ガソリンより安い価格で給油でき低燃費、トルクが同じ排気量のガソリンよりもあるのでそれが人気の理由みたいです。 (1)ディーゼル車を所有したことないのですが、何か特別ガソリン車と違って特別な点検をしないといけないとかってあるのでしょうか? 何かデメリットはないのでしょうか? (2)寒冷地では、ディーゼルの燃料が凍るみたいですが本当でしょうか? (3)ディーゼル車を試乗はしたことあるのですが、加速時にアクセルを踏むとワンテンポ遅れて(同じ車種、同じ排気量のガソリン車と比較して)加速する印象をうけました。これはガソリンとディーゼル車の仕組みが違うからなのでしょうか? (4)同じ排気量、同じ車種のガソリンとディーゼルを比較するとトルクはディーゼルが大きいですが、馬力はガソリン車のほうが大きいですがこれもガソリン車とディーゼル車の仕組みが違うからなのでしょうか?

  • ディーゼル車と軽油価格

    マツダからディーゼル乗用車が復活しました、昔のディーゼル車とは様変わりに力強く、清潔、静粛で、トヨタ独壇場ハイブリットガソリン車を脅かす存在か?とも思われますが---,普及の鍵を握る軽油の割安感が最近何故か薄くなっています、ディーゼルやハイブリット車両価格が50万円以上割高になると、毎月壱千Km程度の一般家庭走行距離では燃費メリットは無いようです? (1)過去長期間約40円/リットルであった軽油価格差が何故薄くなったのでしょうか? (2)1500Kg程度の車両、毎月千~千五百Km走行でハイブリットとディーゼル車 燃料費は何れが有利?   具体的には、何れも輸出目的の トヨタカムリ と マツダCX-5ディーゼル 実燃費では? (3)今後、欧州で販売されている、日本メーカーのディーゼル車が、日本でも販売されるでしょうか?

  • 【車の世界の不思議】クルマってディーゼル車のほうが

    【車の世界の不思議】クルマってディーゼル車のほうが燃料も安く、トルクもあって、低燃費なんですよね? だったら、ガソリン車よりディーゼル車の方がCO2フィルターも性能が向上した昨今ならディーゼル車のほうが売れてもおかしくないのになぜガソリン車の方をみんな買うんですか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • tzk
  • ベストアンサー率50% (1/2)

>今の日本のディーゼル車の規制は緩いので良くないと、教えてgooでも言われています。 んーん、困りましたねえ。確かに10年くらい前のディーゼル規制は緩かったですが最近は厳しくなり、今の乗用車用のディーゼル規制は、ほぼ世界一の厳しさなんですがねえ。 それが証拠と言う訳ではないですが、新車のディーゼル乗用車は販売されていません。クリーン・ディーゼルと言われるヨーロッパからの輸入もありません。かろうじて乗用車タイプで売られているのは、トヨタ・ハイエース(ワンボックス)くらいかな。でも登録上は、乗用車より規制が一段緩い商用車です。 日本でも技術的にはなんとかクリア出来そうなのですが、一度顧客がディーゼルから離れていますから、発売しても売れるかどうか、メーカーも懐疑的なのだと思います。 最新のディーゼル技術では、騒音・振動は隔絶の感があるようです。排ガスは世界一厳しい規制ですから心配ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

日本の排ガス規制は世界一なのですか?この間のテレビでは、規制が緩いので日本車の排ガスが改善されていないと聞いたような気がしましたが、そのような事実はないのですね。 以前乗っていたディーゼル車があまりにひどい騒音と排ガス(黒エン)で、もう二度と乗りたくないと思ったものですから、最近の厳しい規制をクリアしたものを作りました言われても、日本人には受け入れられないのでしょうね。

  • 回答No.5

おはようございます。 ヨーロッパ車を擁護される方が多いのですが日本の国土事情を考慮された方が宜しいかと。 NOxと黒煙の排出量はトレードオフされます。ヨーロッパでは(1)NOxの規制が緩い、(2)日本のような渋滞が比較的少ない、(3)国土が広い(大陸)といった前提があります。国土が狭く光化学スモッグを経験している日本の国土風土環境を考慮すると、NOxを多く排出するディーゼルはまだまだ日本向けではないと思います。大型車はガソリンで動かすことは難しいのでディーゼルが良いと思いますが、小型車(自家用車)はガソリンで良いと思います。ちなみに高出力のディーゼルはCO2を多く排出します。 NOxの課題は全ての車メーカが認識しており、そう遠くない時代(5年ぐらい?)には現在のガソリン車レベルにまで下がると思います。現状のガソリンハイブリッドのおいしいとこを取ると良い未来が見えると思います。 ちなみに水素は現実的ではないでしょう。  化石燃料取り出し効率(堀出しから精錬、給油所までの輸送)  水素取り出し効率(気中の水素取り出し、金属への埋め込み?) を考えると結構な費用が掛かるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

近い将来、ガソリン車と同じ排ガスレベルの車が作られるといいですね。 その時には購入してみたいと思いますよ。

  • 回答No.3
  • nekoppe
  • ベストアンサー率26% (380/1450)

>騒音、燃費等改善されているのでしょうか 振動、騒音、燃費、排ガス等、各段に良くなっています。「ニューディーゼル」、はコモンレール式という燃料噴射装置で、燃料を超微粒子化し電子制御もするもので、世界で初めて実用化したのは日野自動車です。今では他メーカーも輸出用ディーゼルに採用しています。 >ヨーロッパのように普及できるような車が販売されるのでしょうか 販売はされず、変わりにハイブリッドガソリン車が普及すると思います。ニューディーゼルの騒音がガソリン車並になったといっても、欧州のガソリン車並であって、日本車の静粛さには及ばないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • geihoku
  • ベストアンサー率20% (20/98)

ヨーロッパでは新車の半分がディーゼルになってるとNHKのクローズアップ現代の中で言っていました。 ただ今までのディーゼルとは別物で、コモンレール技術によるエンジンで、高圧で軽油を直接シリンダーへ噴射し、細かく電子制御することにより全域で完全燃焼を達成しているようです。 私は実際に経験していませんが、黒煙などは全くでないようですね。燃費も更に良いようです。 日本でも少ないながら車種が販売されているようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#40123

貨物車であれば、規制に則した車両が出ています。 トヨタのトヨエースやDYNAシリーズで規制に則したものを販売始めています。 トヨタ ビジネスカー専用サイト http://toyota.jp/business/ また、いすゞでも同様に、ディーゼルの排ガス規制に則したクルマを出しています。 いすゞ  http://www.isuzu.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ディーゼル車とガソリン車の燃費について

    ディーゼル車が燃費がいいといいます。 確かにガソリンに比べて軽油は安いです。 でもこれは税金や石油元売のコストのつけ方で安くなっています。 たとえば、単位体積あたりや単位重量あたりでの燃費は、ディーゼル車とガソリン車ではどちらの方が燃費がいいのでしょうか??

  • ヨーロッパディーゼル車

    欧州はディーゼルターボが多いですね。 最近は、小型でターボ、ガソリン以上のパワー。 燃費もいいし。 相当、過給しています。 魅力的な、エンジンが多いです。 日本はガソリン車か、ハイブリッドばかり。 昔は、ディーゼルのラインナップが、多くありましたが。 日本メーカーも海外用は、ディーゼルがあるようですが。 日本では、ディーゼルは、売らないのでしょうか? ガソリン車、ハイブリッド車、ディーゼル車、 選択の幅が広がって、消費拡大にに繋がるのでは? 逆に、種類が増えて、価格が高くなる? 個人的には、ディーゼル車が、大好きです。 最近は、国産者は、売ってないので、寂しいですが。

  • ディーゼル車は何故長時間のアイドリングを続けるのですか?

    タイトル通りなのですがトラックなどディーゼル車の運転手はやたらアイドリング時間が長いように感じます。 暖機運転の話ではなくエアコンを使うシーズンでもなく普通に走ってきて立ち話をしているような状態でもエンジンを止めない人が非常に多いような気がします。 はじめは音が大きいので余計気になるのかなと思ったのですがどうもガソリン車よりも多いような気がします。 人によっては30分も続ける事もありうるさい、臭いで迷惑この上ないのですが止めないのは何か深い訳でもあるのでしょうか。 個人的にはディーゼル=職場の車=自分で燃料代を負担しない→燃費に無頓着→アイドリングを止めない、と考えるのですがいかがでしょうか。 もしかすると心理学のカテが相応しいのかなとも思いましたがディーゼル特有の機構的な問題なのかもしれずこちらで質問する事にしました。 詳しい方よろしくお願いします。

  • CNG車はディーゼル車より騒音、振動が少ない?

    CNG車(天然ガス車)を調べていると、 「ディーゼル車より騒音、振動が少ない(ガソリン車並)」というのをよく見かけますが ディーゼルエンジンをCNG仕様に改造した場合もガソリン車並になるのでしょうか? コミュニティバスなどの街で採用されてる小さいバスの多くは、 ディーゼル車をCNGに改造したものだそうです。 ディーゼルエンジンの燃料系統をCNGにしたところで、 点火方法が変わるだけで燃焼系統はディーゼルのままなのだから 変わらないのではないかと私は考えます。 もしかすると、ディーゼル特有の圧縮熱点火という方法が振動、騒音に影響しているのでしょうか? また、「CNG車を所有している」「CNGを採用したバスに乗車したことがある」という方は、その感想を教えてください。

  • ディーゼル車でGSに給油に行って間違わない?

    ディーゼル車でGSに給油に行って店員が軽油を入れる筈がガソリンを間違えて入れたり???って事ありますか? もしかして車側の給油口が軽油とガソリンでは違うのでしょうか? ディーゼル車はまだ未経験で現在ガソリン車ですが、最近ディーゼルエンジン車に興味を持ってこの質問です。

  • ディーゼル車の、燃費及び使用燃料の計測機器を探しています!

    ディーゼル車の、燃費及び使用燃料の計測機器を探しています! 車からの二酸化炭素ほか温暖化ガスを削減する方法を研究しています。トラック(ディーゼル車)からの二酸化炭素排出量を計測する場合に「燃料法」がありますが、給油した量から実測する以外に、車載できる機器とかあるのでしょうか? 某社デジタコとかでは、燃費・使用燃料を計測する機能とかあるようですが、たとえばその機能で計測したデータを、自社の削減の根拠として利用することは可能でしょうか? 市販の燃費計等では、ガソリン車ではFIからの信号で、かなり正確なデータを得ることができるようですが、ディーゼルの場合は噴射量が一定ではないので無理みたいです。 「ディーゼル車の燃費及び使用燃料の計測機器(車載型)」の情報をお持ちの方ご指南お願いいたします。

  • ディーゼル車の燃料漏れについて

    以前、ディーゼル車の燃料漏れについて質問した者です。軽油の硫黄分が減ったために、今まで付いていた燃料のシールゴムがやせて、漏れるとの事でした。原因は分かったのですが、この修理は、クレーム扱いにならないそうで、修理代等、自分持ちだそうです。なぜでしょうか?燃料は、個人ではどうにもならない事なのにです。これは個人の責任なのでしょうか?古い車に乗っているのが悪いのでしょうか?私は、納得できないのですが。シールゴムが古いままのディーゼル車に乗っているみなさんは、どう思いますか?燃料が漏れるという事は、へたをすれば、走行中に燃える可能性もあるのですが…。(長くてすみません)

  • 今車買うならどんな車にしとくといいですか

    5~10年後には電気自動車がかなり現実的になってくるでしょうから、ガソリン車の中古は価値激減かもという気もします。 1.マツダの圧縮着火エンジン車 再来年あたり出てきそうです。これなら恐ろしく燃費良さそうなので、将来ガソリンに高額な炭素税がかかっても問題なさそうです。 2.ベンツのS300hのようなディーゼル車 ディーゼル車はトラックがあるので軽油はまだ当分の間は安く調達できそうです。ディーゼルは排ガス問題がありますが、S300hのようなディーゼルハイブリッド車は過給圧が上がる前のところをモーターアシストできるので排ガス的にも楽かと期待して。 3.プリウスPHV G車からEV者への移行期に一時期主役になりそうです。でも今は選択肢が少ないし、ちょっと高いし。 4.男らしくフェラーリかポルシェ 10年後も20年後も決して色あせない魅力

  • 燃費をよくするには・・・?

    古いカローラを乗っていましたが、廃車にして中古のハイラックスサーフ(3000ディーゼルターボ)を買いました。 ガソリン車からディーゼル車に乗り換えて気になる事がでてきました。 1・軽油なのに燃費が悪い(7~8km/L) 2・エンジン音がうるさい この2点について何か改良策はないでしょうか? オイル交換の時にフラッシングもしてもらいましたが、あまり効果はありませんでした。 費用なども教えていただければうれしいです。 ではよろしくお願いします。 ちなみに車は平成6年式で走行距離は13万kmです。

  • 日本と欧州のディーゼル車は違うのでしょうか?

    先日、ドイツに行く機会に恵まれました。 色々な話があるのですが、その中でディーゼル車の事で教えてください。 以前から、欧州ではディーゼルエンジンが良く利用されていると聞いておりましたが、全くその通りでした。 ミュンヘンのタクシーは8割がたベンツでディーゼルのようでした。気にして乗った時はわかりましたが、走っているのを見てもほとんどわからないほど静かでしたし、排気ガスも臭くありませんでした。バスにも乗りましたが、同様でした。 さて、日本に帰って成田からリムジンバスに乗ったら、その臭いこと臭いこと、全く別の乗り物のように感じた次第です。 そこで思った事です。 1:軽油といっても処理方法が異なるのか 2:ディーゼルエンジンの中身で異なる部分があるのか 3:単なる気のせいか 日本で厳しい規制を受けているディーゼルエンジンですが、あちらでは燃料処理や排気ガス処理をもともとしっかりやっていたので問題とならなかった。一方こちらはやることをやらないまま問題が大きくなってしまったのではないか。というのが小生が感じた事なのですが。どうでしょうか。 近々、報告会があり、その際に少し触れたいので質問しました。ディーゼルエンジンの話はトピックスとしては少々古いですが、お詳しい方にご教授いただきたいと思います。 よろしくお願いします。