• 締切済み
  • 暇なときにでも

ディーゼル車と軽油価格

マツダからディーゼル乗用車が復活しました、昔のディーゼル車とは様変わりに力強く、清潔、静粛で、トヨタ独壇場ハイブリットガソリン車を脅かす存在か?とも思われますが---,普及の鍵を握る軽油の割安感が最近何故か薄くなっています、ディーゼルやハイブリット車両価格が50万円以上割高になると、毎月壱千Km程度の一般家庭走行距離では燃費メリットは無いようです? (1)過去長期間約40円/リットルであった軽油価格差が何故薄くなったのでしょうか? (2)1500Kg程度の車両、毎月千~千五百Km走行でハイブリットとディーゼル車 燃料費は何れが有利?   具体的には、何れも輸出目的の トヨタカムリ と マツダCX-5ディーゼル 実燃費では? (3)今後、欧州で販売されている、日本メーカーのディーゼル車が、日本でも販売されるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4016
  • ありがとう数12

みんなの回答

  • 回答No.3

大前提として軽油とガソリン価格の差の一番の原因はガソリン税53.8円と軽油税32.1円の差が大きいです。 ガソリン税には消費税も上乗せされるので更に3円弱差が広がります。 20年位前には税金の違いと共に本体の価格も差がついていました。 産業用トラック主体の軽油は安く、一般人が使うガソリンは高くなっていました。 本来同じ原油から精製された製品に価格差が付けられたのは第一次オイルショックが原因です。 オイルショックで原油が数倍に値上がりした際に雪国出身の大臣が石油価格の操作を指導したといわれています。 それまではガソリン、軽油、灯油、重油は税金を除けばほとんど同じ価格でした。 しかし大臣が雪国出身と言う事もあり選挙対策で灯油の値上げを抑えるように元売会社に指導しました。 同じように産業界に配慮して重油価格、運送業界への配慮で軽油価格の値上げ抑制を指導したのです。 その時から他の油種で値上げを抑えた分はすべてガソリンに上乗せすると言う歪んだ価格体系が始まりました。 この歪んだ価格体系が是正されたのは十数年前に石油が自由化されたときです。 自由化により海外から製品輸入できるようになったので軽油もガソリンも本体価格はほぼ同じになりました。 この頃からガソリンと軽油の価格差は二十数円になりました。 最近は卸価格も市況連動になりだぶつき気味のガソリン相場が下がっていますが軽油は国内余剰分を国際価格で輸出できるので相場が安定しています。 この結果価格差が税額差以下になったりしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご返事をいただいて、既に20日間以上経過してお礼も申し上げず、大変失礼しました。 軽油【芝油】と揮発油【汽油】の価格差は、新潟の土建屋王国を築いた「田中角栄」が起源とは納得です。 新幹線や、高速道路の維持管理費も雪国の負担を、他地域が肩代わりする不公平は現在も続いています。 価格差が小さくなった原因も理解できました、今後も両者の価格差二十数円が維持されるか否かで、長年 封印されてきた「日本に於けるディーゼル乗用車」が復活するか【マツダCX-5Dが継続的に売れるか】 個人的に注目しています、その理由は、【静粛性、車両価格差、排気ガス清浄化装置の維持費】などで、これまでのディーゼル車の【騒々しいカラカラ音、ガソリン車比で異常高価格、加速の悪さ】などの弱点を見事に克服しました。更に、ガソリン車との車両価格差が20~30万円以内であれば、レスポンスの悪いハイブリット車を凌駕するのではないかと期待しています。

関連するQ&A

  • ディーゼル車

    車について詳しくないので変な質問なのですが、 ディーゼル車は軽油の値段が安いので、 エコカーに比べて経済的な気がするのですが 実際はどうなのでしょうか? 1Lあたりの走る距離はハイブリットカーやその他のエコカーが優れていると思うのですが、 軽油代が安いので、1円あたりの走る距離ではディーゼル車は優れている気がします。 車体費用、管理費用、修理費用など全く分からないのですが、 ディーゼル車の経済性はどれほどのものでしょうか? その他ディーゼル車の走行性などの情報も教えて頂ければ嬉しいです。

  • 最近のディーゼル車てどうですか?

    H4年式のラルゴに乗っていた者です。 しかしながら、14万キロでウオーターポンプからの水漏れでオーバーヒートしてしまい、廃車にしました。というのも、エンジンは煩いし排気ガスはすごい。どう考えても環境に悪いのは間違いないしあまり気に入ってなかったからです。良かった点と言えば、燃料代が軽油なので安い。大きさの割りに燃費がよい。ぐらいでしょうか。同じ大きさの車でガソリン車と比べれば燃料代は半額でした。 しかし、あの騒音と排ガスでは二度と乗るものかと思いディーデルなんてと思っていましたが、最近ニューディーゼルとかで騒がれているではありませんか。 騒音、燃費等改善されているのでしょうか?今の日本のディーゼル車の規制は緩いので良くないと、教えてgooでも言われています。 今後、ヨーロッパのように普及できるような車が販売されるのでしょうか?その車の騒音、排ガスは?

  • ディーゼル乗用車と軽油税について

    私はディーゼル乗用車崇拝者でも嫌悪者でもないことをお断りしてお尋ねします。ベンツCDI320の日本発売が開始されました、販売店で現物確認してその静粛性と加速はこれが日本で悪の根源とされてきたディーゼル車かと驚きました。但し、いくら石油が高騰しても840万円もする高額車を購入する所得者に燃費経済性が必要か否かは疑問です。---技術精進すればここまでできることが示されました、日本メーカーが欧州で販売しているディーゼル車のレベルは不明ですが、日本国内では産業【漁船など小型船舶や運輸建設業】保護のため軽油関連税を安く維持するため故意にディーゼル乗用車の普及を暗黙阻止させたのではいかと考えますがいかがでしょうか、一方で将来の燃料電池車に繋がるハイブリット車の開発普及は官民あげて資源を投入したと考えられませんでしょうか

  • 回答No.2

解答では有りませんが過去にセドリックなどのディーゼルに乗ったことがあるので・・・ 過去の物は振動は結構有るし音は五月蠅いとありましたしATだと違和感がかなりありました、もちろんトラックなどのディーゼルも1T車程度の物から11T迄色々と乗っていました、その結果あの低速トルクは魅力ですが音と振動がネックで・・・ しかし、数年前にディーゼルエンジンのレーシングカーがルマンを制して驚いたと同時に今の技術だと振動や音又排ガスの問題もクリヤしているのではと言う点です、私はハイブリッドはあまりにも車重が重いし複雑な制御システムが好きに慣れないため上記のネガな所を解決した物がでる事を期待している口です(ATだと要らないけど)もっともCVTだとさらに嫌いですが・・・ 過去には強化クラッチの物も乗っていたことがあり流石に渋滞したら辛かったですがノーマルのクラッチで辛いと思ったことも無いので出来ればMTモデルを出して欲しいと思っています(維持費も安いし)今は会社が用意してくれたATを仕方なく乗っていますが何時まで立っても好きに成れない(その車自体は好きなんですが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#229064

直接の答えでありません。 経由とガソリンの価格の説明の記事です。少し古いかもしれません。 http://diamond.jp/articles/-/7176 あとは、嘘つき無能の民主党の無策のせいでしょうか?暫定税制の解除、高速道路無料化すべての約束は、馬耳東風。 人の嫁さんに手を出して、兄弟の仲が悪く、いい年こいて母親から毎月巨額の金をもらって、知らなかったと言い切るようなのが、総理になれる党ですから、仕方がないのでしょうね。 コストの面からすると、価格差・燃費メリットはご指摘の通りだと思います。 ただ地球的なエコという点からすると、ハイブリットもディーゼル有効かと思います。 (2)について、該当車両でありませんが、ディーゼル車にのっています。 一台は、ワンボックスで、キャンピングカーに近いですが、平均10キロは走ります。満タンで、700キロ走行可能です。 乗用車の方は、市街地ですと8キロ、高速道路ですと、16キロぐらいです。満タンで、1000キロ走行可能です。 ハイブリットに乗っている友人の話では、高速道路では、燃費は悪くなるとのことです。高速ではガソリンでの走行のみという話を聞きました。市街地ではそこそこいいよとの事でした。ただ坂道では、力不足とのことです。 日本では、ディーゼルというと悪者扱いですが、果たして本当のところはどうなのでしょうかね? トヨタの神話も崩れかけているような気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。私も20年程前に、ディーゼル車で毎日片道40Kmを通勤していました。 当時、ガソリン車から乗り換えて燃費も良く、故障無しでした。その後ディーゼル車は日本から消されました。 日本特有の運輸建設業界優遇「軽油特別扱い」の政策を維持するための政略で、消されたと思っていました。 米国では軽油が かなり割高なので多少燃費が良くてもディーゼル車は普及しない?、欧州でも軽油が僅かに割高だが、それでも燃費の良いディーゼル車が普及した。 さてこれから、ガソリン ハイブリット車より、製造コストが割安なマツダ方式クリーンディーゼルが様々な車両に展開され、量産効果でガソリン車並み販売価格となり トヨタと互角に戦える車両群として成長「させてもらえる」か否か注目しています。ただ、トヨタのハイブリット車は、来るべき電気自動車(又は忘れかけられた燃料電池車)時代への踏み台として、蓄電池技術、電動機制御技術の蓄積に多大な貢献をしていることも確かです。

関連するQ&A

  • ディーゼル車

    最近、ディーゼル車(トラック、バスではなく普通乗用車のほう)を街中でみかけます。 ガソリンより安い価格で給油でき低燃費、トルクが同じ排気量のガソリンよりもあるのでそれが人気の理由みたいです。 (1)ディーゼル車を所有したことないのですが、何か特別ガソリン車と違って特別な点検をしないといけないとかってあるのでしょうか? 何かデメリットはないのでしょうか? (2)寒冷地では、ディーゼルの燃料が凍るみたいですが本当でしょうか? (3)ディーゼル車を試乗はしたことあるのですが、加速時にアクセルを踏むとワンテンポ遅れて(同じ車種、同じ排気量のガソリン車と比較して)加速する印象をうけました。これはガソリンとディーゼル車の仕組みが違うからなのでしょうか? (4)同じ排気量、同じ車種のガソリンとディーゼルを比較するとトルクはディーゼルが大きいですが、馬力はガソリン車のほうが大きいですがこれもガソリン車とディーゼル車の仕組みが違うからなのでしょうか?

  • ヨーロッパディーゼル車

    欧州はディーゼルターボが多いですね。 最近は、小型でターボ、ガソリン以上のパワー。 燃費もいいし。 相当、過給しています。 魅力的な、エンジンが多いです。 日本はガソリン車か、ハイブリッドばかり。 昔は、ディーゼルのラインナップが、多くありましたが。 日本メーカーも海外用は、ディーゼルがあるようですが。 日本では、ディーゼルは、売らないのでしょうか? ガソリン車、ハイブリッド車、ディーゼル車、 選択の幅が広がって、消費拡大にに繋がるのでは? 逆に、種類が増えて、価格が高くなる? 個人的には、ディーゼル車が、大好きです。 最近は、国産者は、売ってないので、寂しいですが。

  • 軽油の値段

    今日、近くのGSで見た価格です。 レギュラー121円、ハイオク132円、軽油110円 ガソリンが最近安くなっていることは歓迎すべきことですが、軽油との価格差が小さくなっているように感じます。 自分の記憶が正しければガソリンにはリッターあたり52~3円(しかも消費税がこれにも加算される!)、軽油は引き取り税で31円くらい(消費税課税対象外)課税されている思うのですが、課税前のコストを考えると軽油のほうが逆転してしまいますよね。 以前は税金の差を考えても、もっと軽油は安かったと思います。 今はガソリン車に乗っていますが、燃費のよさ、価格の安さからディーゼル車の購入も検討している中、この傾向は気になります。 このあたりの事情についてご存知の方に教えていただきたく、よろしくお願いいたします。

  • 欧州でのガソリンと軽油の値段について

    ディーゼル車の欧州での高普及率に興味を持っています。一つの要因として経済性(高燃費)があると思いますが、ガソリンと軽油の価格差もあると思います。市販価格の他税金の比率もあります。これらの情報がありましたらご教授願います。参照サイトのご紹介も歓迎します。

  • 燃費をよくするには・・・?

    古いカローラを乗っていましたが、廃車にして中古のハイラックスサーフ(3000ディーゼルターボ)を買いました。 ガソリン車からディーゼル車に乗り換えて気になる事がでてきました。 1・軽油なのに燃費が悪い(7~8km/L) 2・エンジン音がうるさい この2点について何か改良策はないでしょうか? オイル交換の時にフラッシングもしてもらいましたが、あまり効果はありませんでした。 費用なども教えていただければうれしいです。 ではよろしくお願いします。 ちなみに車は平成6年式で走行距離は13万kmです。

  • ヨーロッパではディーゼル車4割?

    ヨーロッパではディーゼル車4割? goo環境で、ヨーロッパでの新車販売に占めるディーゼル車の割合は? 4割程度、2010年には世界全体で985万台、うち欧州850万台との解説がありました。(http://eco.goo.ne.jp/word/energy/S00123_quiz.html)ちなみに北米では100万台、日本は35万台になるとの推定です。 質問は: なぜヨーロッパでのディーゼル車の比率がこれほど高いのか(逆に日本ではなぜ普及率が低いのか?)ということです。新車販売の4割もあれば、ただ単に「燃費がよい」だけでは説明ができないと思います。燃費だけ考えれば走行距離が多いアメリカでもっと普及してもよいと思います。 また、二酸化炭素排出規制で有利な反面、硫黄酸化物やNOxなどディーゼル微粒子の排出がありますから、環境に優しい?理由も当てはまらないような気がします。 と考えると、ヨーロッパでは日本やアメリカと異なり、何らかの強力な行政(税金・プロモーションなど)の働きや社会全体でのコンセンサス(マスコミや教育)があるような感じがしますが、寡聞にしてそのようなニュース報道を知りません。 どなたかこれらの背景を説明していただければ感謝します。また、参考になるサイト情報なども教えていただければ幸せです。よろしくお願いします。

  • ディーゼルエンジン?

    よく目にしますが、ディーゼルエンジンって何ですか? ディーゼル=軽油?を燃料としたエンジンという事ですか? ガソリンエンジンに比べての優劣はどんな点にあるんでしょうか。 自分が思うに、軽油はガソリンより割安なので経済的であるという事、レギュラーガソリン車より省燃費になるのかな?という事ぐらいです。 ディーゼルエンジン車はこれから確実に普及してガソリンエンジン車は淘汰されていくのでしょうか? 既に発売されてるディーゼルエンジン乗用車はあるんでしょうか? 今後、車に使用される材料?の値上げに伴い、車両価格も現在に比べ割高になるのかなと思いますが、仮に同じ車でディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車とがあった場合、車両価格はどちらが高くなるんでしょうか。

  • 経済性優先なのに、ハイブリット?!

    軽自動車は除きます 経済性優先したいのに、ハイブリットを選ぶ人が多いのはナゼなのでしょうか? 確かにハイブリットは燃費だけは良いです でも、同車格のエンジン車と比べると、車両価格が高い かなりの距離を乗るのであれば、車両価格差を燃費で元が取れる場合もあるかもしれませんが、年間1万kmも乗らず、手放すまで10万kmも乗らないような人でも、経済性優先という理由・目的で、わざわざ車両価格の高いハイブリットを選んでいるケースが多いです 単純な算数が出来ないのでしょうか?

  •  お世話になります。

     お世話になります。  平成4年式の三菱パジェロ(ディーゼル、キックアップルーフXG)を所有している者です。  自動車は、主にレジャー(買い物、温泉旅行、海水浴、スキー)に使用しています。  このたび、事故してしまい、車両が全損になってしまいました。  ただ、損保の車両保険で、全損時修理特約を付けていたので、自己負担金全く無しで完全に修理することもできます。  もちろん、修理をあきらめて、車両保険金「55万円」を受取り、自動車自体を買い替えることもまた可能です。  そこで、次のどの方法をとるべきか、非常に悩んでいます。  皆さんなら、どうなさいますか? なんでも結構ですので、ご意見をください。  ちなみに、今の車を中古車屋さんで査定してもらうと、時価額は0円(値が付かない)です。 方法1:今のパジェロを修理して乗り潰す  メリット:   ・非常に愛着のある車なので、それはそれでとても嬉しい。   ・修理に要する自己負担金がないので、お金が全くかからない。   ・ディーゼルなので、燃費も良く、また、軽油も安く、燃料費がそれなりにかからない。   ・不整地走行に強い(けど、実はそんなに不整地は走らない。)  デメリット:   ・ディーゼル規制にひっかかっており、車庫とばしの状態が続いてしまい    (詳しくは訊かないでくだされ・・・(涙))、先行きが極めて不安。   ・ディーゼルの排ガス規制の関係で、これ以上微粒子濃度が増すと車検に通らない    と言われている。   ・せっかくもらえる55万円を棒に振ることになる。こんな都合の良い全損事故など、そうそうない。   ・ディーゼル規制の関係で、安い車検店を使うことができず、割高なディーラーを使わざる    を得ない。   ・凍結路面に弱い。 方法2:今の車を全損として保険金をもらい、ランドクルーザー80VXリミテッド    (平成7~8年度式程度。走行距離9万km程度。車両価格130万円程度。)を中古で買う。  メリット:   ・憧れの車だった(けど今まで手が出なかった)ので、満足感が非常に向上する。   ・今の車よりも車両価値が上がるので、資産への投資であるとも言える。   ・使い勝手が、今の車と、そう変わらないので、結構便利。   ・妙な規制が創設されない限り、極めて長く乗り続けることができる。   ・車検で心配する必要性が無くなる。   ・ランクルを買うならパジェロを手放すのも、まぁ納得できなくもない。   ・不整地走行に強い(けど、実はそんなに不整地は走らない。)  デメリット:   ・ガソリン単価が軽油より高い上に、この車は燃費が極めて悪いらしいので、    燃料費が2倍くらいになる。   ・自動車税が上がる。   ・最低でも80~90万円程度の自腹出費となる。このご時世、結構痛い。   ・安い車検屋を使っても、けっこう車検に要する費用が高いのではないかしら?   ・年式が新しくなると言っても、結構古いことには変わりない。   ・凍結路面に弱い。 方法3:今の車を全損として保険金をもらい、エスティマ 4WD (3.0)    (平成12~14年度式程度。走行距離6万km程度。車両価格130万円程度。)を中古で買う。  メリット:   ・今の車よりも車両価値が上がるので、資産への投資であるとも言える。   ・車検で心配する必要性が無くなる。   ・燃費が向上するので、燃料費が安くて済むようになる。下手してもトントン。   ・車検も含めて、維持費が安く済むんじゃないかな?   ・広い車なので、使い勝手は向上する。   ・凍結路面に強いとの噂。  デメリット:   ・自動車税がちょっと上がる。   ・最低でも80~90万円程度の自腹出費となる。このご時世、結構痛い。   ・パジェロを捨ててエスティマぁ? というのが少々納得できないような気もする。    18年もかわいがってきたパジェロがかわいそう。   ・長く乗り続けるかどうか、先行きが不安。そもそも長く乗れる車なの?   ・不整地走行に弱い(けど、実はそんなに不整地は走らない。)    普通に考えれば、方法2しかないような気もするんですが、どうなんでしょう?  維持費が上昇するのは、結構痛いような気もしまして・・・  (当方、年収350万円程度しかございません。)       

  • どちらを選ぶか

    現在、2台車を所有しています。一台はルシーダのディーゼル車で、12年で22万キロ走っています。もう一台は、プログレで3年で3万キロです。両方とも維持していくのは費用がかかるので、どちらかを選ぶか悩んでいます。教えてください。 ルシーダのメリット ディーゼル車なので、リッター11キロ走り、軽油の価格も安い。荷物がいっぱい積める。(自転車など) デメリット 年数走行距離が長い。 プログレのメリット 室内が静か。加速が良い。 デメリット 室内が狭い。燃費が悪い。 プログレは、売れますが、ルシーダは売れません。