• 締切済み
  • すぐに回答を!

独立して訴えられたら、、

現在、大手のハウスクリーニング会社で働いてます。 辞めて、自分で独立しようと思っているのですが 入社する時にハンコを押した会社との契約書の内容は 会社を辞めてから5年は独立しては駄目  との内容が書かれていたのを 覚えています。 辞めてから、独立し 独立したことがばれて 訴えられて莫大なお金を奪われることに関して大変恐れています。 もし訴えられた場合、対抗手段はないのでしょうか? 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数156
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

ダメというだけで、いくら支払うかまで決まっているのかなぁ そもそもそのような契約に強制力はないと思います。第一「職業選択の自由」というと~~~~~~~~~~~~~~~~っても重要な法律をを無視してます。常識的に考えてその会社のやってることはおかしいでしょ。逆に訴えることができるんじゃないかな。 その契約内容を履行しようものなら、逆に会社を訴えることができると思います。でも裁判は費用がかかるから裁判費用をかけてまであなたにお金を請求しないと思います。恐喝や脅しでもしようものなら訴えれば勝てます。そのときは録音するのを忘れずに。頑張って。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 6ヶ月の契約で延長がない場合

    現在、6ヶ月の契約で働いていますが、延長はなさそうです。 私の契約には、6ヶ月の契約で、その後の延長や終了の場合についての記載がありません。 この場合、会社は終了1ヶ月前に私に終了を通達するだけで法的に問題ないとの理解でよいでしょうか。 それとも、私は何か対抗手段があるでしょうか。 ご存知の方、教えてください。

  • 身元保証人サラ金なみの保障内容

    少し前の話ですが、就職が決まり保証人を2人頼むことになったのですが、内容が今まで見たこともないような 内容でまるでサラ金の契約書みたいな内容だったんですけど、入社の際の保証人でここまでの内容は違法ではないのでしょうか? 保証人2人 印鑑証明、実印 退社した場合でも会社に損害等与えた場合5年間有効で 在籍中も5年ごとに保証人がいるそうです。 簡単ですがこのような内容です。 あなたならこの会社入社しますか? 名前ぐらいは知ってる大手の会社です

  • 塗装業で独立したいのですが。

    塗装業で独立したいと考えています。みなさまご教授おねがいします。 独立するに当って自分なりにいろいろ調べてはいるのですが、個人で調べるにはどうしてもわからない事が多く、相談できる相手もいないので質問させてください。 1・ 独立と言う事は個人自業者になり、大手の塗装会社に手伝いにいく場合、一人親方と言う事になるのでしょうか?  (ゼネコンなどに入る場合新規入場者の紙に記入するところがあるので。) 2・ 現在白色申告なのですが、青にする必要があるのか。? 独立はどこかの下請けをするわけではなく個人の住宅を直接していきたいと思ってます。その場合毎日毎日つづいていけば幸せなのですが、現実はそうも行かないと思ってるので、空いてるときに手伝いにいけるような状態を取っていきます。 3・ 契約書製作にあたり約款に記す文章をどのように記していいのかがわかりません。何か調べれるところ、本などはあるのでしょうか? 4・ 保証書を発行するに辺り、どこまでを自分の所で責任を負うのか どのように記せばいいのか? 5・ 自分で始めるに辺りどこかに申告する必要があるのでしょうか? (勝手に名乗りをあげていいものなのかなぁと。) 6・ その他準備する物や必要な物は? 長々と書いて申し訳ありません。ご教授していただけたら幸いです。 宜しくお願いします。

  • 回答No.3

>会社を辞めてから5年は独立しては駄目との内容が書かれていた と云いますが、退職して5年の間、仕事ができない契約は無効です。 でも、退職して、すぐに、同業を開業することを禁止しているならば、これは有効なので、それに違反すれば契約違反として損害賠償の対象となります。 しかし、どの部分がどのように契約違反か、また、その損害額の立証は、会社側にありますから、実務では、かなり難しいです。 例えば、ハウスクリーニング業としないで「内装工事店」ならば、問題ないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • mac-san
  • ベストアンサー率37% (35/94)

競業避止義務のことですね。 今回、事前に競業禁止の特約の合意が成立しているのですが、その特約が合理的な内容のものであると認められるときには,競業禁止も有効となるようです。 逆に合理的ではないケースは無効。 参考URLは参考になるのではないでしょうか。

参考URL:
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1457/C1457.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、なるほど。 納得しました。 もしも、裁判を起こされて負けた場合とかは何百万単位になりますよね?

  • 回答No.1

対抗手段としては、 「辞めた後に何をしようと自由だ。そんなところまで制約しようとする契約自体が無効だ」とでも言ってみるしかありません。 あとは裁判で争ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 理由のない給与の減額

    正当な理由もなく、給与は大幅に減額されようとしています。 恐らく、リストラの手段と思われます。 会社には労働組合はありません。 法的な対抗手段はありませんか?

  • 契約について

    こんにちは。 共同出資50%づつで、株式会社を作る事になりました。 お互いが代表取締役です。いずれ、私は独立したいと考えている事を、相手は了承しています。その事を契約書を作って、契約しようと思っています。 しかし、すごく儲かったとして、いざ独立しようとなった時、相手はお金欲しさに、独立する事を拒むのではないかと思います。 例えば、契約内容が、月○○円の利益が○○ケ月続いた場合、私のタイミングで独立できる、というような内容にしたとします。 持株率50%づつでも、契約書は有効になるのでしょうか?

  • 契約書に本人でなく息子の印鑑

    はじめまして。 喫茶店を経営してましたが、業績も思わしくないため、取引先からの紹介で喫茶店を変わりにやってくれる人を紹介していただきました。契約を交わしたのですが、その後1ヵ月ほどで撤退されてしまいました。契約には3ヶ月以内で撤退の場合は違約金を賃料相当分の50万円支払うことにしてましたが支払われていません。現在訴訟中です。契約書の押印は代表者の印鑑だと思っていたのですが、実は「押印は息子の印鑑を勝手に使っただけ」として相手は無効を訴えています。契約書記載の氏名も息子の名前です。対抗手段はありますでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 将来独立に向けての企業選び

    はじめまして。現在、転職活動中の25歳の男です。 来月からソフトウェア会社に就職を考えているのですが、内定が2社あり、どちらにしようか迷っています。 自分は、今まで異業種にいたのでIT業界は初心者です。 将来は独立したいと考えていますが、その夢に向かってプラスになる会社に入社したいと考えています。そこで質問があります。 A社とB社は、どちらも従業員200人前後の中小企業で若い会社です。売上や仕事内容もほぼ一致しています。しかし、 A社 1次請けの仕事を一貫して取り扱っている。(1次請けだが、社長が大手企業出身でないのに、取引先の企業名が大手~と記載しており、「具体的会社名の記載なし」なので、小さい会社の一人でもできるプログラムを一次請けとしているのかもしれないと思い、不安) B社 2次請けがメインで1次請けはほとんど無い。(取引先企業は記載されている) 2次請けではあるが、設計から携われると言われています。 将来独立するためには、請負先の企業と繋がりがないと難しいと聞きました。それを考えるとA社に入社したほうがいいのでしょうか。 この2社で本当に迷っています。他に違う点でも両社を比べるところがあるようでしたら、アドバイスもいただきたいと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 住宅の契約について教えてください。

    住宅の契約について教えてください。 注文建築の会社で、契約し契約金100万円振込みましたが、 契約時に説明がなく、後で契約書を見てみると、ローン特約… ローンが通らない場合は契約金は返金します。それ以外は 契約金は帰りませんとの内容の記載がありました。 会社に相談に行っても契約書に書いてありますので!の一点張り 契約するいきさつは、営業マンより一応会社を決めて下さい。 との話での契約の決定、この契約書の内容をしっていれば、まだ 契約はしていませんでした。 営業マンまたは組織ぐるみのものかもしれませんが なにか対抗する手段はないでしょうか? 会社を訴えてやりたい気持ちでいっぱいです。 このような、会社では家は建てたくありません。

  • 不動産で独立

    不動産の仕事で将来的に独立するために、今転職を考えています。 仲介などではなく、コンサルとして起業したいと思うのですが、どういった業務内容の不動産会社に入社すれば良いでしょうか?

  • 現行価格を全下請け業者に公表しての再見積り

    「法的な問題」・「対抗手段」があるかどうか教えてください。 小さな町工場を経営しております。 大手メーカーの2次下請けになります。 今回、1次下請け業者(当社の親会社)が その下請けである業者(全下請け業者)に対して 再見積りを実施いたしました。 つまり、全品番を全下請け業者において 再度、競争見積りさせるというものです。 これだけでも、かなり道義的に問題ありそうなのですが・・・ 更に、個々の商品において、   『どの業者が受注している商品か』   『その商品の現行価格がいくらなのか』 という情報までを、全品番において明記して再見積り  となっているのです。 この親会社の行為、すなわち   『下請けと過去に取り決めた価格(当然、過去に見積りをして決まっている値段)を   公表しても法的に問題にならないのでしょうか?』 何か、対抗手段はないものでしょうか?

  • 大手企業が職場変更でたらいまわし

    大手電気メーカーに勤務しておりますが、ここ数年職場の変更、班(グループ)の変更が私だけ頻繁に多く言われ、ここ1年半ほどで5回くらい、職場を転々としました。はっきりいってたらいまわし状態です。そのたびに違う仕事を覚えなければならずノイローゼになりそうです。また来月から代わってくれと言われました。疲れました・・・・。対抗手段はないですか?

  • 転職の為に簿記1級とるか、独立・転職の為に税理士資格をとるか(長文です)

    タイトル通り、転職の為に簿記1級とるか、独立・転職の為に税理士資格をとるか悩んでいます。 私は現在30歳ですが勤務先は小さな会社の為給与も入社以来ずっと大卒新人と同じ水準です。賞与もでますが年4月分で年収も300万程度です。 将来を考えると転職などを考えています。私の仕事内容は総務・人事の仕事です。職歴は5年ほどで、前職は3年ほど営業をしていました。3年前に仕事にも役立つしなにより自分の為に社労士の資格を取りました。そして、経理も担当するようになり、簿記もわからないとまずいと思い日商簿記2級を先日取得しました。 将来的には大手企業といかないまでも大手企業並みの給与がもらえる会社への転職も希望していますが、一生会社の歯車になるくらいならば、困難でも社労士に税理士のダブルライセンスで独立も!と夢も見てしまいます。もちろん、資格だけで食べれると思ってませんが、郷里に戻り、ロハスな生活をと考えてます(結構あまちゃんですが・・・) そのような私の場合。どちらの取得をめざせば道が開けるのか皆様の意見を拝聴したいと思いお伺いします。

  • 腑に落ちない契約書

    来週末から賃貸マンションを契約するのにあたり、今日、契約書が郵送で届きましたが、腑に落ちない点がいくつかあります。 1. 退去時、「ハウスクリーニング代」や「鍵の交換代」等の費用を賃貸者(私)が負担する契約書が本契約とは別にあります。 いかにも「敷金は返さない」という感じが見え見えで、不快というより不安になります。Webを検索すると「通常の使用の範囲であれば借り主は負担しなくてもよい」という言葉もありますが、実際、この契約書サインをしてしまってもよいのでしょうか? それとも何か他に方法はあるのでしょうか? 私は禁煙者だし、ペットを飼うつもりもありません。 2. 契約書と一緒に「共済の申込書」がありました。 この物件の管理者・販売者である大手の不動産会社(ここで実名あげてもいいのかな?)が独自に作った共済で、振込用紙にはこの共済代(\20,100/2年)が記載されていました。(事前説明は全くありません)火災保険ならば、自分の会社の共済や、他保険会社の火災保険を申込むから不動産の共済は申込みたくない、というのは可能なのでしょうか? 相手が大手ということもあり、これらの申込書に難色をしめしたら、「入居拒否」となりそうで不安です。 1月から申込書や申込金を支払って準備してきたのに、ここに来て自分の自由がきかない部分が多く(入居日も勝手に決められそうになり、ずらしてもらう交渉を終えたばかりです)頭が痛いです・・・。 ちなみに、24日までに契約し、お金を支払わなくてはいけません。

専門家に質問してみよう