• ベストアンサー
  • 困ってます

政治知識の広い方、アドバイスお願いします。

民主党のマニフェストをみると、子供を何人も産みたくなるような、子育てと出産費用のお金をくれるように書いてあります。 子持ち主婦として、本当に民主党の確約が守られたら、たくさん産むのに...と思いますが、民主党の確約をどうも鵜呑みにできないと感じる部分があります。 小泉さんも頑張っていらっしゃって好感は持てる方ですが、「小泉流わかりやすい政治」というもののマニフェストを読んでも、私には政治全般がよくわかりません。 頭が悪いという批判はやめてくださいm_ _m 選挙を目の前に、今回も白紙かなぁ~情けないと、せっかく国民の意識が高い選挙なのに、もったいないなぁと思います。 何をみて、何を考えればもっと政治全体はわかるのでしょうか?新聞やネットで、各党のマニフェストや借金時計や小泉さんが総理になってから実績したことは理解しているつもりです。でも、もっと広い視野で政治をみてみたいのです。歴史の知識が薄いので、その点が政治の全体像を見れない原因でしょうか?アドバイスや、参考URLや図書の紹介を、どうぞよろしくお願いします。 今回の選挙に政治の全体像がわからなくても、今回の選挙から政治に興味を持ったので、小泉さんには感謝しております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数68
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2419)

今回の選挙の争点は、日本は今後大きな政府でやっていくのか、あるいは小さな政府でやっていくのかの選択なんです。自民党の中で割れたのもこの争点なんです。大きな政府というのは、何でも国に、何でも地方行政にお任せするという考え方です。道路、公共事業、郵便、医療、福祉など国に全部お任せします、税金は高くなっても自分では何もしないので結構ですというものですね。一方、小さな政府というのは、民間で出来るものは民間でやります、個人で出来るものは個人でやります、国に何とかしてくださいと陳情はしないので国や地方自治体も必要最小限の機能や人員にしてください、当然税金もそれに見合った額しかはらいません。という考えですね。自民党の郵政民営化造反議員は殆どが官僚出身者です。官僚が郵政事業で金を集めてそれを使って国を作ってきたのが明治以降の歴史だから民間などに出来るわけがないと考えたのでしょうね。民主党は大きな政府か小さな政府かの答えを出していないように思います。自民党小泉総裁や竹中金融担当大臣は小さな政府にするために政府から政府機関を次々に民営化しているのですね。当然、国には今までの大きな政府の国債という借金がありますので改革と同時に増税もあるとはおもいますが、長期的にみれば税金は安くなる方向なんですね。いらなくなった省庁や人員を減らせば少子化対策や、女性が子供を持って働ける環境作りなんかに予算を振り向けられるということですね。今回の選挙は、小さな政府への改革を進めるかどうかが各国民に問われている課題なんです。アドバイスまで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常にわかりやすく、今回の選挙活動の小泉さんや菅さんの演説を聞きに行きましたが、mmkyさんにここできいたほうが、よっぽどわかりやすかったです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 政党 足の引っ張り合い

    なんか、政治家のみなさんは、 他党を、“けなす”ことになると、 一生懸命になれるんですね。と思います。 本日、衆院本会議で各党の代表質問が行われ、 自民党の谷垣さんが、 「マニフェストが実現できなかった場合はどう責任をとるのか」 などと、鳩山さんに言ってました。 そんな脅しのような、次元の低いことを言ってるから、 選挙に負けちゃったんでしょうし、 これからも勝てないんでしょうね。 と思いました。 こうやって、ののしり合いをしてる時間が、 なんてもったいないんだろう…。 大切なことは、 “マニフェストが実現か否か”ではなくて、 “いかに国民のためになる政治を行うか” ですよね? 民主党さんも、あまり“マニフェスト実現”にこだわるのではなく、 そこら辺は、もっと“臨機応変”に、やったらいいのにと、思います。 みなさんどう思われますか?

  • マニフェストを基準に選んでもいいのか

    前回の総選挙から多少真剣に選挙に関心を持つようになり、 前回は各党のマニフェストを比較し投票に行きましたが、 政権をとった民主党は実際はマニフェストを実行しないばかりか、真逆のことをやったりと全く納得行きませんでした。 今まで政治に注目してなかったので分からないのですが、 マニフェストなんてどの政党も実行しないorできないのは驚くことではないのでしょうか? (マスコミも特に大々的に追及してないところをみるとそう感じます) 政権をとっても色んな勢力があり全てすんなり実行できるとは思ってませんが マニフェストや選挙演説の内容は票取りのためだけ、政権をとってしまえば好き放題。 一体何を基準に政党を選べばいいのでしょうか?

  • 7月の参議院選挙の各党マニフェストが出揃いました。

    7月の参議院選挙の各党マニフェストが出揃いました。 民主党のマニフェストには、日本人拉致被害者問題について書かれてなかったように、思います。 民主党の拉致問題担当は、元在日朝鮮人の参議院議員(今回改選)白眞勲(ハクシンクン)です。 民主党政権は、拉致問題に取り組む気がないんでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • ipa222
  • ベストアンサー率20% (903/4455)

基本的な姿勢で一番大切なのは、できるだけ一次情報にアクセスすることです。 つまり情報の発信者による情報にアクセスすることです。 政治であれば、国会ですね。与野党の国会議員が、政府の大臣や官僚に質問し、回答するという形ですので、一番確かなQ&Aとなっています。 郵政民営化に対して、国民がさまざまな疑問を持ったと思いますが、そのほとんどは、そこで回答済みでした。 国会で検索すると出てきます。 しかしなかなか難しい。時間が取れない、内容が膨大となると、二次情報、つまりテレビや新聞の情報しかない。 このときに気をつけることは、取材して記事にする際に、その会社の意図が必ず入っています。 つまり公平に報道はしていませんし、あえて報道をしない、または小さく扱うと言うことをします。 例えば、名古屋刑務所で受刑者を殺したとして看守が起訴された事件がありました。肛門に水道ホースによる水をかけて、直腸を破裂させたと言うものでしたが、現実は家庭用の水圧程度の水で、汚れた尻を洗っただけでした。精神に異常のある受刑者が、プラスチック製の水筒を自分の尻に差し込んで中で破裂したことが死因のようです。 上司が、気に入らない部下を潰すために嘘の起訴をしました。 無罪のニュースは、どのマスコミも非常に小さく扱っただけですから、国民は今でも看守が受刑者を虐殺したと思っているでしょう。 誤った報道を打ち消すのは恥ずかしいので、小さくしか扱わなかったのです。 このように、新聞やニュースをまじめに信じると、世の中の出来事を誤って理解するようになります。 あとは、雑誌や政治評論家、エコノミストのコメント等は、噂や憶測がニュースソースですし、言っていることも、無責任ですので聞き流した方がいいですね。 最後に、 >民主党のマニフェストをみると、子供を何人も産みたくなるような、子育てと出産費用のお金をくれるように書いてあります。 子育ての金を配るのは、政府と同じですね。財源は「サラリーマン増税」とマスコミが名付けたものです。 出産時の費用を配るのは悪くないと思いますが、現在も健康保険でお金が返ってきたりしていませんか? いずれにしても、税金が上がると言うことです。 何か政策をやろうとすると、税金が必要です。つまり増税。 いいことずくめではありません。 まずはそれを知ることが一番大切なことだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

聞き流す情報と、本当に信用していい情報の違いを教えていただきましてありがとうございます。きっとその両方鵜呑みにしていて、わけがわからなかった部分もあると思います。 今後増税は避けられないけど、(あれだけ借金があるから当然ですね)自民党が言うような小さな政府からの方法を望むか、民主党のいう私にとっては目の前の甘さを望むか、投票までに自分の意見をどちらか決めようと思っています。 ありがとうございました。

  • 回答No.5

何でもそうですが、過去からの流れがわからないと、訳が分からないものです。〈歴史の知識が薄いので、その点が政治の全体像を見れない原因でしょうか?〉ということに気が付いたのですから、本を読みましょう。 お勧めできるのは、小室直樹氏の本です。元々はすごい学者でしたが、20年くらい前から、何の知識も無い一般読者向けに、政治経済を分かりやすく解説してくれるようになりました。一般向けなので、大ざっぱな所があり、揚げ足を取ろうと思えば取れますが、こんなに分かりやすい本は他にありません。 『痛快!憲法学』とか、『日本国憲法の問題点』、『経済学のエッセンス』などから読むといいですよ。 読者が多いので、図書館には大抵置いてあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

図書の紹介ありがとうございます。 今回の選挙に間に合いそうもないですが、絶対もっと勉強したいので、読んで見ます。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • ayzm
  • ベストアンサー率17% (151/853)

政策と言うのは、政権を取れなければ、ただのお喋り。 政権を取ったからと言って、お金が無ければ実行できない。 政策の重点項目は政権を取った人で多少は変わるでしょうが、予算の制約があるからそんなに急激の変わることはできないでしょう。 世界には、福祉国家で消費税25%でほとんどを福祉に使っている国がありますが、福祉以外の政策は少ないでしょう。 日本は、経済大国世界一か2位に入っていますから、後進国に援助をしなければなりません、だから税金のすべてを政策に使うことができません。 私は、建設関係に仕事をしていますから、政治の裏も多少はわかりますが省きます。 ただ 地元の代議士が誰になるかで、私の暮らしがガラリと変わります。 だから地方代議士が誰が受かるかの方が、面白いですよ地方の特色が出てきます。 私から見れば、自民党も民主党も元は同じだから、ただの大きな派閥だと私は考えています、どちらが政権を取ろうと政策があまり変わらないと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱり大手ゼネコンや大きな病院が政治に裏で大きく関わっているということで、捕らえてよいでしょうか… 選挙投票締め切りまであと8時間。考え抜こうと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#70707

>「小泉流わかりやすい政治」というもののマニフェストを読んでも、私には政治全般がよくわかりません。 あなたのおっしゃる通りではないでしょうか。 これは一見判り易い、と表現する方がいらっしゃいますが、全くの誤解です。 実は単なる説明不足で、批判を恐れてごまかしているだけです。 >民主党の確約をどうも鵜呑みにできないと感じる部分があります。 政権担当のない政党ですから、いたし方がありません。 しかし、民主党を評価したいところは、こうした具体的に掲げてあることで、特に消費税はこれまでは自民党は何れも明確に宣言してこなかったわけですが、今回は民主党が批判を恐れず明記したところは評価しています。 >何をみて、何を考えればもっと政治全体はわかるのでしょうか? どの政党が政権を担うにしても、リスクはないはずはありますからね。 私は、今回は小泉の評価としては、外交問題を重視しました。 評価は「0」です。 他方、民主党は消費税を明記したことと公明党も自民党もかなり民主党攻撃をしていた事を見ますと、やはり彼らも民主党を脅威に感じている事が理解できたから、民主党を評価しています。 自民党を壊すのであれば、自民党に投票しなければよいのでは??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 わからなくてもばかでないのですね。よかった。 民主党を評価されているのですね。 選挙投票まであと数時間残されていますので、本気で一票の重さ考えようと思います。

  • 回答No.2

 わざわざ全体像を知ろうとしなくても政治全体のことをわかっている人のほうが少ないような気がしますよ。私も政治のことをすべて知っているわけではありません。  だって国内問題から外交問題までさまざまな問題があるわけですからね。私は政治について新聞やテレビなどを通して情報を得ています。だけど、私の場合ただテレビを見ているだけではつまらないので必ず自分の意見を持つようにしています。そしてわからないことがあったらネットで調べたりして勉強します。  あとこの後が大切なのが、政治について友達と話してみることです。そこで自分の意見をぶつけてみたり相手の意見を聞いてみたりすることで、ひとつの政治問題に対して深く理解することができると思いますよ。  今回の選挙は、私の場合は少子化問題と年金問題に的を絞ってマニフェストや友達の意見、候補者の主張を考えて投票します。  要は政治全体よりも自分の興味のある政策や問題について考えていくことで、他の問題と少なからず関連があるので、全体が見えてくると思います。  たとえば、 少子化が進む→労働者の減少→税収の減少→増税→サラリーマン増税へ       →高齢者に対する負担の増加→年金の増額→年金問題へ どうすればそれが解消できるのか。というように考えていくと他の問題について考えていくことができると思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さん政治の全体像を知っているわけではないのですね。無知な私からはみんないろんなこと知ってて、全体が見えているんだろうなと思っていました* 自分の気になる問題から、関連付けていこうと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

> 何をみて、何を考えればもっと政治全体はわかるのでしょうか? 歴史の教科書と政治の教科書をみて政治全般がわかるようならすごく頭がいいです。 普通の人は教科書を見ただけではわかりませんので、わかりたかったら自分も参加して体験するすることです。 せっかく投票所まで行ったら、白紙ではなくて、とりあえず民主党でも自民党でもどちらでもいいので、とにかく投票しましょう。 そして投票した政党ついて、しばらく日にちが経ったあとに・・・数週間あととか、数ヶ月あととかに・・・マニフェストと実際にやっていることを比べましょう。 それを次の選挙まで繰り返せば、選挙から次の選挙までにはいろいろなテーマが出てきますで、政治にかなり詳しくなれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。参考になりました。投票はこれからいきますので、もうちょっと考えようと思います。

関連するQ&A

  • 選挙で誰にいれるか?

    昔から自民党は嫌い。 でも、総理になる前の小泉さんは好きだった。 でも、今は嫌い。 かと言って、民主党も好きじゃない。まあ、岡田さんは好感 もてる。 一番主張を理解できるのが共産党。 小泉さんには日本の政治を変えてくれると期待していたが、 (勿論変わった部分もあるが)期待はずれ。今度の選挙で、日本の 政治が変わることを期待。 以上を前提としてください。ここまでに対するお考えを聞くことが 目的ではありません。 で、こんな私はどこへ入れたら良いのでしょうか? いつも、共産党に入れるのですが、私の1票は毎回無駄になっている ような気もするし。 そうそう、与野党逆転で盛り上がった時も、蚊帳の外という感じでした。 いっそのこと、民主党に? 日本の政治を変えるには、どこに入れたら良いでしょうか? お考えをお聞かせください。 以上

  • 政治公約よりマクロの政治理念の検証が行われているのか?

     質問というよりも、ヒアリングに近いもので申し訳ないのですが、 戦術は戦略に従属しましすが、逆はあり得ません。 政治では、まず政治理念(国家戦略)の実現のために、政治公約があると思います。  つまり、政治理念が戦略であり、政治公約は戦術だと思っています。  では、最近の有権者が選挙で政治公約に執心しているように思えるのですが、その方々は、政治理念を精査した上で、政治公約を語っているのでしょうか?  政局よりは政策ですが、その政策論も極めて目的が場当たり的・緊急性の低い緊急避難措置に思えてしまいます。  マニフェストの検証は結構だと思うのですが、マニフェストの母体になる政治理念(民主党でいえばマグナカルタ、共産党なら綱領)の検証作業が行われたように思えません。  極論すれば、今の政治論争は、国家戦略というマクロ規模の政治理念・政治哲学が欠如していると思うのです。 私の考えすぎでしょうか? プライオリティの順序の問題でしょうか?

  • 参議院選挙 何が変わるのか 変わる気がしない

    よろしくお願いします。自民党には選挙後でなく選挙前にやれと言いたい。 1、各党のマニフェストは発表されましたが、本当にマニフェストは実行されますか。 今回の選挙ではなく、前回の選挙(参議院でも何でもいいです)で発表されたマニフェストは実際、実行されたのでしょうか? 2、民主党の「生活が第一」と言いますが、他に何が一番だと言うのでしょうか? 3、年金問題で自民党が「社会保険庁の責任は極めて重大であり、問題発生の原因や責任の所在について、早急に調査・検証し、国民の不安を解消する。」と、マニフェストに書いてあるのですが。そもそも社会保険庁の管理というか責任は自民にあると思います。(違ってたら、この質問の意味がないのですいません)もしそうなら、自民が責任とるのは当たり前でいちいちマニフェストに書くべきことではないと思います。

  • 旧マニフェストの自己評価と客観的評価

    2009衆議院選挙が間近にせまり、TVに政治家が出演し、躍起になって党の掲げる政権公約(マニフェスト)を公開し始めました。各党の新マニフェストも大事ですが、旧マニフェストの自己評価と客観的評価について、マスメディアは取り上げませんね。なぜなのでしょう?不思議でなりません。そもそも解散総選挙なのですから、前マニフェストの総括から始めるべきです。民主党の岡田幹事長が自民党のマニフェスト達成度は20~30点だと表したと言われていますが、大事なのは自民党の総括と国民が政権与党のマニフェスト達成率を成績表にして、きちんと正確に把握、評価させる仕組みだと思います。(なければ、各党まずマニフェスト成績書の作り方を厳密に定めることをマニフェストにするべきです。) そうでなければ、いくら良いマニフェスト創っても、作りっぱなしで、意味がない気がします。そういう仕組みは無いのでしょうか?

  • 政党・政治家の公約について

    政党&政治家の公約について教えてほしいです。 (1)政党は選挙の際にマニフェストを掲げますが、実現できないことも多いです。その時の情勢やタイミング等もあると思いますが、中には支持母体に不利になることも公約として掲げていることもあるように思います。 そこで疑問なのですが、そのような支持母体に不利になる政策はマニフェストを作成する時点で反対があると思うのですが、なぜそれでも掲げるのですか? (例:民主党の支持母体は自治労とかありますが、公務員改革などと掲げています) もちろん選挙で大判振る舞いしたいという気持ちはわかりますが。 それとも、国民に聞こえがいいから一応掲げておくけど、実際にやることになったら支持母体に有利なように骨抜きにするつもりなのですか? (2)政治家個人でみると、選挙の際にいろいろ格好いいことをいいますが、結局は支持母体になる人たちの不利になることはできないんですかね?やはり政治家は受かってなんぼの世界で、支持母体に予算を持ってきたりアメを与えながら、一方で支持母体とは関係のない分野で自分のやりたいことをやることしかできないのでしょうか。 教えて頂ければ幸いです

  • 政治家の方へ

    選挙結果、民主党が勝利を収めて、とりあえずは 期待はしないけど少しは何か変わるのでしょうか。 でも結局は麻生さんにしたって鳩山さんにしたって、総理経験者の 孫、お金持ち、世間一般の庶民の暮らしを味わったこともない。 例えばこの選挙期間中の麻生さんの演説、何年も政治家として やってきた人の演説でしょうか。 話し方の問題ではなく全く心がこもっていない。 挙句の果て選挙特番での各局の出番を見ていましたが、質問の仕方によってはぶちぎれていました。 ぶちぎれたいのは国民です。 小泉さんも世渡り上手ですね。 チルドレンの応援を一応行ったが、適当な演説で。 息子さんは通って。万々歳ですかね。 雇用状況を何とかしてください。 四十半ばで高齢の父と暮らしています。 求職活動二ヵ月半で事務職が見つかりません。 子供手当ては、はっきり言って子供を生める状況の人が生んでいるのだから、これからいくらでも何とかなります。 高齢の親を抱えている無職の子供を何とかしてください。

  • 民主党と自民党

    衆議院選挙が近いですね。 選挙に向けて、各党のマニフェストや政策集を読んだり、テレビ・新聞・ネットで情報を集めたりしているのですが、各メディアそれぞれの意見があるようで、少し混乱しています。 個人的に、民主党のマニフェストや政策集を読んだところ、矛盾点や疑問点、納得出来ない点が多く、また最近の意見のブレなども手伝って、今はまだ政権を任せられないと思っています。 マスコミの明らかな民主党応援の報道に、嫌気がさしている部分もあるかもしれません。 もちろん、自民党の政策に大賛成というわけではなく、反自民の感情はあるのですが、反自民党より反民主党の気持ちの方が強かったというわけなのですが。 そこでお聞きしたいのですが、民主党を積極的に支持している人は民主党の何を評価しているのですか? 今の世の中を見ていれば、自民党の何が悪かったのかは色々と目につきますが、民主党になればいい方に変わるという楽観的な希望は持てません。 むしろ、良かったところまで破壊されてしまい、新しい政治構造もうまくいかない可能性も高いわけですよね? 未だにマニフェストが定まらず、その内容も矛盾だらけの政党ですよ。(もちろん、民主党全員が無能だと言っているわけではないです) おまけに、党首の鳩山さんは故人献金問題で未だにキチンとした説明をしていません。首相になってすぐ逮捕されたりしたら、それこそ日本は世界の笑い者じゃないですか? こんな状況で「政権交代してまかせてくれれば大丈夫!」と言われても、自民党以上に信じれません。 「自民党にお灸をすえたい。」「一度やらせてみないとわからない。」などの言葉は聞き飽きました。 もっと具体的な、「民主党のここを評価する」という意見を聞かせて下さい。よろしくお願いします。

  • 衆議院、参議院と党(参議院選挙2010)

    衆議院、参議院と党(参議院選挙2010) 政治に詳しくないので頓珍漢な事いっているかもしれませんがご容赦ください。 回答しやすいように、質問に番号を振ってあります。 今回の参院選でも結局、民主党やら、自民党やらで党で争っています。 (1)これはつまり、たとえば"民主党"とは衆議院の民主党、参議院の民主党で構成されているものなのでしょうか?参、院片方にしか議員がいない党はありますか? 参議院の役割とは、衆議院を監視したり、行き過ぎを防ぐといった役割だったと思います。たとえば、現在与党が民主党(衆議院)で、参院選の結果(議席?)も民主党になったら、衆参ともに民主が大多数になり、 (2)民主党の勢いが増すと考えてよいのでしょうか?もしそうなった場合、 (3)結局上記の役割は果たせるのでしょうか? 逆に、今回の選挙で自民党が大多数(過半数?)になったらどうなのでしょう。 (4)参院選なので、まさか与党が自民党になるわけではないですよね。 (5)自民党が大多数になったら、民主党(与党)の勢いを抑える方向に力が働くと考えてよいですか? 各党、マニフェストで公約を訴えています。たとえば、民主党がA(という政策)をする、自民党がAをしないと訴えていたとします。仮に今回の参院選で民主党が大多数となった場合、 (6)Aが実現する可能性はさらに強まると考えてよいですか? 現在の与党は(衆議院の)民主党であり、政権があるのは民主党ですよね。もし今回の参院選で自民党が大多数になった場合、最終決定権は民主党にあるけれど、 (7)参院選でも民主党が勝ったときに比べればAが実現する可能性が低くなる程度の認識でよいのでしょうか? (8)各党の党首について 各党の党首を見ると、どれも衆議院議員のような気がします。違ってたら訂正してください。各党それぞれ衆議院議員、参議院議員で構成されるとしたら、党首は衆議院議員としなければならないのでしょうか?それともどちらから選ばれてもよいのでしょうか?

  • 自公大勝(仮定)後の政策について

    小泉さんは、「郵政民営化について国民のみなさんの考えを直接聞きたい」と言って、解散・総選挙に打って出ました。 今回の選挙は本当に郵政民営化についてだけの、国民投票的な選挙なのでしょうか?つまり、「その他の政策については別だ」ということが担保された選挙なのでしょうか? 「公約違反はたいしたことない」と言ってのける方の政党がかりに大勝したとして、その後、他の政策についても、わが党を選んでおいて異議ありとは言わせないと言われたら、たまったものではないなと心配しています。 質問の原点に戻ります。今回の選挙は他の政策は別だと担保された選挙なのでしょうか?そのような報道、あるいは客観的事実があるかどうか、まだ各党のマニフェストがでていない段階での先走った質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 恥ずかしいのですが、新聞を読んでいますが、あまり政治のことがよくわかり

    恥ずかしいのですが、新聞を読んでいますが、あまり政治のことがよくわかりません。 (高校の日本史や世界史、特別授業では反日教育を受けました。) 前回の選挙では、テレビ等で子ども手当等の福祉に力を入れていると宣伝していたのを鵜呑みにして民主党に投票しました。 しかし、今になって、外国人参政権について知り、それだったら別のところに入れたのにと後悔しきりです。 そんな大事な事を手の届かないところで進められてしまって、きっと、戦前のナチス党を支持した人達もこんな感じだったんだろうなと実感しています。 そんな大事なこと、どこに公開していたんですか?? できるなら投票し直したいです。できますか?