• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

執行猶予が取り消される時のこと

昨日ほかの質問を見ていたら、執行猶予が取り消されるのは禁固刑以上の罪を犯した場合だ、という記述がありました。 軽微な違反(シートベルト着用を怠ったとか)で青切符を切られた時は大丈夫(執行猶予は取り消されない)、というようなことでした。 禁固刑を受けるというのは、素人考えですが、相手を死傷させるようなけっこう大きな事故じゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。 まだ事故を起こす前に検問でひっかかり、泥酔状態だったような場合は、猶予されている刑執行には影響ないのでしょうか。(収監するべきじゃないのかと個人的には思います) 自分で調べようと思いましたが挫折したので、すみませんがどなたか教えて下さい。お願いします。

noname#84897
noname#84897

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数246
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

横レスですが。 > ここでの「必要的」は、「うむを言わさず、必ず」で、「任意的」は裁判官の裁量で「取り消される時もある」という解釈でよろしいでしょうか。 よろしいです。手続としては検察官が裁判所に執行猶予言渡しの取り消しを請求して、裁判所が決定で取り消すことになっています。 > 罰金刑にも執行猶予がつく場合があると聞いたのですが、お答えの中の「確定すれば」というのは「執行猶予がつかない場合(普通はつかない?)」と解釈してよろしいでしょうか。 執行猶予中に罪を犯して罰金刑に処せられる場合、絶対に執行猶予はつきません。再度の執行猶予が認められるのは1年以下の懲役・禁錮に処せられるときだけです(刑法25条2項)。また、一般に罰金刑に執行猶予がつくことは、皆無と言っていいほどありません。 > それから、初歩的な質問で恐縮ですが、「禁錮刑以上」というのは禁錮と懲役を指すのでしょうか。罰金刑は禁錮刑より「下」という認識でよろしいでしょうか。 刑は重い順に死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料となっています。したがって、禁錮以上とは死刑、懲役、禁錮を指します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 歯切れの良い実にわかりやすい文章で、すっとこちらの胸に落ちてくる感じで、勉強になりました。 難しい法律的な問題もこうして教えていただけて、知的好奇心が満たされ、人生楽しめて感謝です。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 執行猶予

    友人が執行猶予付きの判決を下されましたが、執行猶予が終わって刑務所に収監されなかった場合は、前科にならないのでしょうか?

  • 執行猶予

    たとえば、懲役1年執行猶予2年、と判決が出た場合、いつまでが、執行猶予の期間なのかわかりません。執行猶予が出たら、控訴はしないつもりです。判決の言い渡しの日から数えるのか、それとも刑が確定してから数えるのか、わかりません。たとえば、今日(2005年10月18日)に判決が出て控訴しないとしたら、いつ刑が確定し、執行猶予はいつ終わるのか、教えてください。

  • 執行猶予って?

    ○○罪で懲役○年 執行猶予5年 ↑のような 執行猶予とはなんですか? 刑が下るまでの時間ですか? 判決から5年たったら刑務所に入ってもらいますといったようなことですか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

> 執行猶予期間というのは、時効みたいに途中で停止にならないんですか。 停止したいのはやまやまなのですが、法律に停止するという規定が全くないので停止できないのです(刑法27条)。公訴時効の方には停止の規定がちゃんとあります(刑訴法254条、255条)。もちろん、この穴の存在はみんな知っていて、犯罪者の方々は逃げ切りを狙って上訴しますし、検察官や裁判官はそれを阻止しようとして手続を早く進めたりします。 改正刑法草案73条2項はこの穴を塞ごうとしたものですが、結局今に至るまで刑法のこの部分は改正されないままなので、穴も残ったままです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教示いただいてありがとうございます。 思いがけず、面白い裏話(?)をお聞かせいただいて興味津々です。懸案事項というのも、どの世界にもたくさんあるようで(笑)。 勉強になりました、ありがとうございました。

  • 回答No.5

どうでもいい補足ですが。 > 正確には禁錮刑以上の罪を犯した場合ではなくて、禁錮刑以上の刑に処せられた(その刑には執行猶予が付かない)場合です。刑に処せられるというのは、起訴されて、禁錮刑以上の判決が言い渡されて、その判決が確定することです。 この部分は、禁錮以上の実刑判決が「執行猶予期間中に」確定しないと取り消し理由にならないという意味です。確定した時点で既に執行猶予期間が満了していれば、もはや前刑の言渡しは失効しているので(刑法27条)、取り消しを受けることはなく逃げ切りとなります。 #現在服役中の田代まさし受刑者も、控訴することによって確定を遅らせて、無事に前刑(懲役2年)の執行を逃れています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 なかなか面白いですね(不謹慎ですが)。執行猶予期間というのは、時効みたいに途中で停止にならないんですか。法には必ず抜け道があって、賢い弁護士はそれを目一杯使うんでしょうね。

  • 回答No.3

>執行猶予が取り消されるのは禁固刑以上の罪を犯した場合  正確には禁錮刑以上の罪を犯した場合ではなくて、禁錮刑以上の刑に処せられた(その刑には執行猶予が付かない)場合です。刑に処せられるというのは、起訴されて、禁錮刑以上の判決が言い渡されて、その判決が確定することです。  青切符を切られる場合、反則金(反則金は罰金ではありません。)を納付すれば、公訴が提起されない(起訴されない)のですから、刑に処せられた場合にあたらないので、執行猶予が取り消されないのです。  しかし、青切符でも、反則金を納付しなければ、起訴される可能性があります。もし、起訴されて罰金刑を宣告され、それが確定すれば、執行猶予は任意的に取消しされますし、執行猶予の付かない禁錮刑以上の刑を宣告され、それが確定したのでしたら、執行猶予は必要的に取り消しされます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なお答えを下さりどうもありがとうございました。 せっかくなので、よくわからない点を再度お訊ねしてもよろしいでしょうか。お時間ありましたらお願いします。 >執行猶予は任意的に取消しされます 執行猶予は必要的に取り消しされます ここでの「必要的」は、「うむを言わさず、必ず」で、「任意的」は裁判官の裁量で「取り消される時もある」という解釈でよろしいでしょうか。 また、 罰金刑にも執行猶予がつく場合があると聞いたのですが、お答えの中の「確定すれば」というのは「執行猶予がつかない場合(普通はつかない?)」と解釈してよろしいでしょうか。 それから、初歩的な質問で恐縮ですが、「禁錮刑以上」というのは禁錮と懲役を指すのでしょうか。罰金刑は禁錮刑より「下」という認識でよろしいでしょうか。 以上、よろしければ教えて下さい。

  • 回答No.2

禁固刑は比較的罪は軽いけど有罪ですし罪は罪です。 禁固刑受ければ執行猶予は取り消しです。罰金刑の場合は程度によっては取り消しもあります。悪質な犯罪の場合ですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 >悪質な犯罪の場合ですが・・・ そこ、そこんとこを知りたい(笑)。泥酔状態は悪質な犯罪(危険運転罪)の未遂と言えると思いますが。

  • 回答No.1
  • rmz1002
  • ベストアンサー率26% (1206/4531)

参考URLによれば ・禁固刑→必ず取り消される ・罰金→取り消される「場合もある」 ようです。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E7%8C%B6%E4%BA%88

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくのお答え、どうもありがとうございます。 そうですか、禁固刑の場合は「必ず」なんですね。なんとなく納得できます。 できれば、具体例も知りたいです。

関連するQ&A

  • 前科あるのに執行猶予が確定。猶予は取り消されない?

    法律上、執行猶予を付ける事ができないのに、裁判所・検察のミスで執行猶予の判決が確定してしまった場合、執行猶予は取り消されるのではありませんか? 刑法26条では 「次に掲げる場合においては、刑の執行猶予の言渡しを取り消さなければならない。 (中略) 三  猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられたことが発覚したとき。 」 となっていますが・・ 実際に、そのような事件が起きてしまいました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130711-00000074-mai-soci 上記の記事によると、執行猶予の取消や収監に関する言及がない事や、最高検が「被告に不利益はない」と判断している事などから、猶予は維持されたと推察されます。 執行猶予の判決がいつ確定したか不明ですが、確定日から年数が経って時効等が成立したのでしょうか。(だとしたら記事の中で、時効に関する記述がありそうなものですが)

  • 執行猶予の条件について教えてください。

     執行猶予の条件に過去5年以内に、禁固以上の刑に処されたことが無い事。とありますが、これは以前の刑が終了し5年以内に何らかの犯罪を犯したら執行猶予は与えないということなのでしょうか。それとも、以前の刑が終了し、その後5年以内に何らかの犯罪を犯していなければ、情状によっては執行猶予もありえるということなのでしょうか。教えてください。お願いします。

  • 執行猶予に持ち込むには?

    ある刑で実刑判決が出ました。 被害弁償・損害賠償が出来れば控訴した時に執行猶予がつくか、 それとも、再犯なので、執行猶予は被害弁償などが出来てもつかないのでしょうか? それとも他に何らかのよい方法があれば、お教え下さい。

  • 執行猶予後について

    以前、実刑10ヶ月執行猶予3年の刑を受けまして、まだ執行猶予期間中です。この状態で罰金50万円以下の法を犯して逮捕された場合、裁判が終了するまで勾留されますか?もしくは以前の実刑10ヶ月が適用されるのでしょうか?

  • 執行猶予における執行の免除について

    執行猶予について、読めば読むほどわからなくなってしまい困っております。 恐らく自分はどこがで勘違いをしてるのだろうと思い、考えた末に一点疑問が浮かびました。 執行猶予を受けることができる資格として、刑法25条1項2号に次のとおり規定されております。 第二十五条   次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。 一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除    を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 2  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。 第1項2号における”執行の免除”という部分を、自分は「執行猶予期間を満了すること」と捉えております。また、第2項の”執行を猶予された者”についても「執行猶予期間を満了した者」と捉えております。 もしかしたら”執行の免除”とは執行猶予とは全く別の概念では、また、”執行を猶予された者”というのは執行期間中の人間のことか、と考えているのですが、実際はどうでしょうか?詳しい方がいれば教えてください。 ちなみに、私の理解に立てば、執行猶予を満了してから5年間禁錮以上の刑を受けないよう無事に過ごさなければ、再度の執行猶予は望めない、という結論になります。

  • 執行猶予の取り消しについて

    内縁の夫が去年4月、傷害で実刑2年執行猶予3年という判決をもらいました。  それからは、まじめに働いていたのですが、今年のゴールデンウィーク中に、酒気帯び運転で検問でつかまってしまいました。  6/18の初公判では、8ヶ月の求刑でした。判決はまだ出ていないのですが・・・(執行猶予がつく前に、酒気帯び運転で罰金刑になったこともある)  (1)ダブル執行というのは、こういうケースでは期待できないのでしょうか?  (2)実刑判決が出た場合、必ず執行猶予は取り消されるのでしょうか?  (3)執行猶予が取り消されたということは、判決の日にわかるのでしょうか?  (4)前の分と2年+今回の刑で、2年半になった場合、弁護士はちょっと重すぎる・・・と言っていたのですが、早くに出てくるって事はないのでしょうか?  質問ばかりして、すいません。。。 うちには、小学生の子供が2人いて、彼と私の収入で生活していたので、今、とても苦しい状態です。彼も相当反省しているし、一日でも早く出られるようにがんばると言ってくれています。  なにぶん、こういうことに関して無知なので、ご存知の方、教えていただけますか?よろしくお願いいたします★

  • 執行猶予は無期でいいと思いませんか?

    死ぬまで執行猶予にしておけば 当然、死ぬまで犯罪を犯せば執行猶予が取り消される 主文:被告人に死刑を言い渡す 判決確定の日から無期限で刑の執行を猶予するものとする にしたら 反省する人が増えますか

  • 執行猶予の裁量的取り消し

    刑法26条の2(執行猶予の裁量的取り消し)における条文の解釈なのですが、 3号において、 猶予の言い渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられ その執行を猶予されたことが発覚したときは、 執行猶予を取り消すことができると謳っていますが、 この「他の罪について禁錮以上の刑に処せられ その執行を猶予されたこと」とは、 執行猶予期間中を言うのですか? それと執行猶予期間が終了し、刑の言い渡しの効力が消滅した事を言うのですか?

  • 執行猶予、実刑について

     よく、裁判の報道などで執行猶予や、実刑ということばが使われます。  たとえば、感覚的に、執行猶予つきの実刑判決というのは、(刑の例として)刑務所に入るまでの期間が猶予されていると思っています。執行猶予2年、懲役3年といった場合には、懲役の開始を2年後にすることができると考えています。  実際のところ、執行猶予や実刑というのは、いったいなんなのでしょうか。

  • 罰金の執行猶予て?

     裁判の判決てだいたい 下記のような感じだと思うのですが 「被告を懲役○○年の刑に処す」 「この裁判確定の日から,○年間,その刑の執行を猶予する。」という  ある月刊誌を読んでいたら 交通事故の裁判で罰金刑なのに「執行猶予」という判決が あると(かなり稀だそうですが)書いてあったのですが 本当なのでしょうか?  本当だとしたら どういう理由なのでしょうか?