• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

2階部分のオーバーハングと耐震性

このたび新築するにあたり間取りを検討中です。 30坪弱の狭い家なのですが、2階の寝室部分がどうしても狭くなってしまい1メートルオーバーハングさせることになりました。巾は2.5mです。 建物は縦7m×横8mの四角形から駐車場スペースのため縦3.5m×横2.5mの四角を切り取った形です。(Lを左右反転させた形) この切り取った一辺の部分を1メートル出っ張らすのです。 下の階はリビングでボゥウインドゥがついています。 オーバーハングしないとかなり狭くなってしまい工務店の提案で当初から計画に入れていましたが、地震の時に倒壊しやすそうですし、また外観上の問題からも考えてしまっています。 1m×2.5mのオーバーハングというのは実際のところ地震時に問題になるのでしょうか? せめて0.5メートルに出っ張りを減らそうかとも思っていますが、0.5メートルでも耐震性を考えると問題でしょうか? もし採用したとして建築時の注意点などのアドバイスもいただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

noname#17514
noname#17514

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数5855
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#87662
noname#87662

地震に対してどうかなのか?といえば、問題はないでしょうね。これが、カンチ2m、3mとかなると、木造ではかなり少数なので、設計者としても、施工者としても、いろいろ業務上の注意をするでしょうね。 No.1氏の「天秤」っていう表現ですが、分りますよね?一本の梁が、カンチとして1m飛び出しているのと、内部へも例えば3m入り込んでいる。そうゆう訳でその梁の全長は1+3=4mという感じです。 質問内容やNo.1氏の内容の中で、まだ登場してないことと言えば。先ほどの内部方向へ梁が入り込むという部分ですが、内部側の梁の端は、その梁に直交する耐力壁に定着させた方が、より丈夫です。天秤の室内側の端をガチッと固定する感じです。プランが先行決定されていて、都合よくそこに耐力壁がない場合もありますが、その代わりに主要なできるだけ大きめの横架材に強烈に固定しましょう。 もちろんJAS規格や構造検討上の安全率といっても、、木は天然なのでいろいろなアテによる不安定さも気になります。柱みたいに押さえつけるのは強い感じですが、曲げたり引張ったりは弱いでしょうね。その欠点を克服したエンジニアリングウッドもいいかもしれません。カンチの梁だけでも集成材を採用してもいいかもしれません。クリープの心配もより減少するでしょうね。室内のクロスにパリッとクラックとかなるんでしょうか。 キャンチの上に載るのは、2階部分と屋根だけですよね。もし乗るのが2階部分+3階部分+屋根となると、それなりに荷重か増えますので、梁のメンバーひとつとっても2階のみとは変わってきます。キャンチの部分にピアノを置くとか、バスルームであるとかではないと思いますが、もし普通の居室と違う場合は、その辺りも気になる感じでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 キャンチ(出っ張りのことでいいのでしょうか?)の上にのるのは2階部分と屋根ですが、ちょうどクローゼットの場所になります。 衣類中心だとは思いますが、普通の居室よりは重くなってしまいそうです。間取り的にはクローゼットにあてると丁度いい感じなのですが、クローゼットは避けた方がよいでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#87662
noname#87662

クローゼットは普通の部屋(居室)として考えていいですよ。難しい話は抜きにしてざっと言うと、建築基準法施行令(第85条1項の表)では「住宅の居室」として一まとめです。住宅の構造検討や構造計算をする時には、住宅の中のどんな使用用途の居室も同じ重さ、同じ荷重なんだと考えます。 もちろん「クローゼット」は「住宅の居室」ではないです。しかし、普通に考えて部屋にクローゼットがあるのはあまりにも極日常の事なので設計者も「あっ、やばいクローゼットだ!」とはならないようです。あらゆる物品を満載する場所ですから重そうな印象ですが現状として「法律でも」「設計の実務」でもクローゼットを特別扱いはしていないようですね。 そうは言っても基本的に建築物は一品物でありケース/ケースなので、例えば(1)回答のように何百キロもあるグランドピアノを置くとか、何百キロもあるセントラル空調設備の本体を設置する等の時は、法律で定められていなくても、いつもより丈夫になるよう設計します。それは例えば梁メンバーをワンサイズアップする、根太ピッチを変更する、合板を厚めにしたり2重張りにする等です。 建築基準法や建築基準法施行令は「これを守っていたら完全無欠です」ではなくむしろ「この日本国内に建物建てるならこれだけは守ってよ」という最低基準の設定です。 No.1氏のおっしゃる通りで、私たちはこういう場において、図面も見ないで言葉であれこれとこうしゃくしてますが、担当の設計者に図面を前にして最終確認するのが必須です。 キャンチは、キャンチレバーとかカンチレバーとも言うのですが、その通りです「出っ張り」のことです。 日常会話ではレバーを省略している人も多いです。設計者は「出っ張り」とか「張り出し」とかではなく「片持ち」といいます。それが梁ならば「片持ち梁」と言う人が多いです。 今回のように梁等の構造が内部から外部へ一本物で突き出していく方法は「せんげい」「せんがい」という構造手法です。もともとは木造の船の構造手法の一つのようです。自邸が船と関わってる!?っていう感じですが、こういうのは興味本位の面白話でいいと思います。新築してお客さんを招いたとき「この出っ張ってる部分は実は木造の船のね・・・・」とか軽く講義なんかしちゃいましょう。

参考URL:
http://www.houko.com/00/02/S25/338.HTM#s3.8.2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ipa222
  • ベストアンサー率20% (903/4455)

木造ですよね? 2階の床の梁と、2階の小屋梁を適切なサイズにして、つくれば問題はないです。 特に耐震性には影響ありません。 1m飛び出す梁は、本体側の梁をそのまま持ち出すので、天秤になって、それほど負担にはなりません。 といっても、ただ張り出すだけでなく、構造として問題ないように設計し、施工することが前提です。 筋違の入れ方で、はねだしの梁の負担は小さくなります。そのあたりも、設計する方次第ですが。 具体的な平面を見ないと、具体的な意見は言いにくいです。 納得行くまで、設計者に話を聞いてはいかがですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 木造2階建てです。 「2階の床の梁と、2階の小屋梁を適切なサイズにして」とありますが具体的にはどのくらいのサイズなら大丈夫でしょうか。

関連するQ&A

  • 建物の耐震性など

    1、熊本地震で被害を受けたビルについて、その耐震性を調査してもらうことは可能ですか?例えば震度5・6・7などで倒壊の可能性がどの程度かという事です。 2、同じビルですが、次の地震でどの程度の揺れが生じるのか、調査できますか?  例えば、震度5・6・7などが生じた場合に、ビルの6階部分で横揺れがどの程度予想されるかという事です。  ビルは6階建で、敷地は40坪ほどの小さなビルです。  方法や調査を頼めるところがあれば教えて戴きたいのですが。

  • 賃貸マンションの耐震性に対しての不安

    初めまして。 私は静岡県浜松市に住んでいて、同市内の鉄筋コンクリートの1Kマンションに引っ越しました。 そのマンションの耐震性に対して不安を抱いています。 引っ越す前、書類を見て「耐震性判断:無」と書いて有ったので不安になって 仲介業者(不動産屋)に電話をしたのですが、 「昭和何年より以前のしか耐震性判断は義務付けられていない。それに耐震性は大丈夫ですよ。」と言われました。 …ですが、引っ越してきて少しして気づいたのですが、マンションのあちらこちらにヒビがあったりするのです。 階段の前の段差の部分や、階段、ドアの前の廊下の部分、ベランダなど。 部屋の中でも、天井にうっすらと筋が走ってたり、 洗濯機で使う蛇口が出てきている部分の穴も白いゴム上の物で埋められていて そのすぐ横にちょっとしたへこみがあり、押すとすこしグニッグニッとします。 廊下部分のブレーカーが設置されている壁にも、広い範囲にわたってへこみが有る (人がドーンとぶつかってそのまま壁がすこしへこんでいる様な感じ) のにそのまま壁紙が貼られているような箇所有り。 (上手く伝わっていなかったとしたら申し訳ございません。 該当部分の写真を携帯で撮ってアップローダーに上げようかと思いましたが禁止されているようなので断念しました。) これがどうしようもなく気になり、もしかしたらこのマンションの耐震性は危ういのではないか、と心配になってしまいました。 このマンションは築9年らしいので、それくらいの年月が経過していればこの程度のは普通で問題ないのでしょうか? それとも、このような事は問題であり、早急に退去した方が良いのでしょうか? それと、管理会社に連絡して調査をしてもらうなり耐震性判断をして貰えるのであれば してもらったほうが良いのでしょうか? 東海大震災などの事も考えると不安です。 知識のある方、どうか教えてください、よろしくお願いします。

  • 木造では耐震性が不安ですか?

    都内在住です。まだ土地を探している段階ですが、このたび初めて住宅展示場へ行き、木のぬくもりの感じられる積水ハウスのシャーウッドと三井ホームのVERYが大変気に入りました。 しかし、こちらで閲覧してみると圧倒的に鉄筋の方が人気があるようですね。阪神大震災のとき、住宅展示場で木造モデルルームが倒壊していたなど読むと、やはり鉄筋ではないと大地震のときは不安かも、とも思い始めましたが、近年木造でも耐震性に重きを置いているではないかとも思います。 過去に大地震を体験された方や木造を選んだ方からのご意見、アドバイスをお待ちしております。

  • 東北新幹線の耐震性

    東日本大地震で東北新幹線が不通になり、原因を調べたら架線が曲がったり高架部分に亀裂が走っていたりなど(脚の部分だけで500箇所)容易に復旧できる状態ではない。2年前新潟で大きな地震があったときも同じ状態になってしまい脚の部分を補強し耐震性を向上させたわけですがそれは震度いくつまで耐えられると思いますか?

  • 賃貸アパートの耐震性に不安が・・・

    現在、賃貸アパート(テラスハウス)に家族で住んでおります。 昨日の東北地方太平洋沖地震で、自宅付近は震度5弱でした。 その地震の影響で、自宅1階の天井から約50センチ付近の壁、ほぼすべてに亀裂が入りました。 縦に亀裂が入った個所もあります。 2階も部分的に亀裂が入っています。 即時不動産屋さんに連絡し、亀裂を確認してもらいましたが、 その後全く対応していただける気配がありません。 何度か連絡はしてみたのですが・・・ 主人は耐震補強のしようがない、と言っております。 (主人は建築関係の仕事をしております。) 引っ越しも考えているのですが、 これを理由に敷金をすべて返却してもらうことは可能でしょうか。 また、最近更新手続きをし、更新料をはらったばかりなのですが、 こちらも返却していただくことはできますでしょうか。 補強等で耐震基準を満たせるのであれば、 できれば引っ越しはしたくないのですが・・・ また震度5ないしそれ以上の地震が起きた場合、 倒壊するのではないかと、小さな地震にもおびえる日々です。 ご回答いただければと存じます。

  • 分譲マンションの耐震チェック

    私の住んでいる家は鉄骨鉄筋コンクリート12階建てのコの字の形をした築年数26年のマンションです。荒川と隅田川に(距離的には2キロ位)挟まれている物件です。最近マンションの耐震性について考えるようになりました。地震が怖いからといってローンの残ったマンションから引っ越すこともできず、かといってこのまま倒壊するかもしれないマンションに住んでていいわけがありません。分譲マンションにお住まいでマンション全体の耐震チェックをなさった方いましたら是非お話をお聞かせいただきたいと思います。

  • 耐震リフォームとルームシェルター

    築38年の木造に住居しています。 大地震の危険が高いエリア(三浦半島)という事もあり。耐震リフォームを検討しています。 最初はウッドピタ http://www.woodpita.jp/ が良いと思ったのですが 地震が起きた場合、縦揺れと横揺れが同時に来る可能性が高いという事で縦揺れの場合はどうかな??と思い、 耐震シェルターの設置を検討しております。http://www.hkm-taishin.com/ しかし 建物の耐震性として 鉄筋は強度 木造は木の特性を生かして、揺れることで地震の揺れを吸収する という特徴がある。 シェルターは、木造に対して、強度を上げるということなので、 それによる利点がわからない。 下手すると、家全体は倒壊して、シェルター部分だけが残る、ということに なりかねない。 と、シェルター工法に否定的な見解も聞きました。 ルームシェルター工法についてどう思いますか?こちらで意見を広くお伺いしたく思います。 ちなみに建て替えの時期と思いますが、事情があり建て替えることはできません。

  • 築14年の住宅の基礎に耐震性がなく、建て直しや補強など費用がかかるので困っています。

     築14年の2世帯住宅ですが、同居の母が亡くなったので1世帯用に改修をしようと思い、知り合いの建築士さんに見ていただいたところ、基礎がブロックで2m積んであり、耐震性がないので、大がかりな補修か立て替えが必要と言われました。設計図だと鉄筋コンクリートの基礎のようですが、狭い土地にむりやり2世帯にしたため、地下も作っておいたら便利と工務店にいわれ、2mほどの高さで総堀の地下室を作りました。当時は建坪率など違反していました。でも、耐震性のない基礎(接合部分も)になっているとは、まったく知りませんでした。工務店も悪意があったようではなく、地下室を活用していくために、ブロックのほうが便利との考えだったのかもしれませんが、多額の経費がかかるので腑に落ちません。このような場合、工務店に責任はないのでしょうか。責任を問えないのでしょうか。また、耐震補修は平成6年当時の基準程度まであげてもらう程度では、大きな地震に耐えられないのでしょうか。

  • ピロティ形式の耐震性に不安があります

    こんばんは。 過去の質問を検索しましたが、同一内容が見当たらなかったので質問させて下さい。 タイムリミットがあと2日しか無いので、お早めにアドバイスいただけますと助かります。 現在引っ越しの為、東京都内で賃貸物件を探しています。 本日とても気になる物件を見つけたのですが、1階がピロティ形式の駐車場で、素人目に耐震性に不安が残りました。 不安ならやめるべきと思いますが、昭和55年の建築法改正後の建物ならとりあえず大丈夫という話しも目にすること、 木造は鉄筋構造に比べ地震時における建物自体へのストレスが少ないとのことから、借りるかどうかをとても迷っています。 建物の概要は以下の通りです。 実際に地震が来てみないと大丈夫かどうかは分かりませんが、些細なことでも構いませんので、これに対しコメント・アドバイス等を戴けないでしょうか。 不足の点は適宜補足させていただきます。 ・平成2年築 ・3階建てコーポ。居住部分(2階&3階)は木造。 ・1Fはピロティ形式の駐車場。建物は剥き出しの鉄骨の柱数本に支えられている。 ・2Fは普通の住居が2棟。 ・3Fは大きめの住居が1棟。元々大家さんがここに住んでいた。今回、ここへの入居を検討中。大変綺麗でメンテナンスの行き届いた部屋でした。 ・物件情報には「鉄骨造一部木造3階建て」とあります。(1階部分が鉄骨造?) 以上です。 宜しくお願いします。

  • 今回の地震と宮城県沖地震の被害の違い

    1978年の宮城県沖地震は、マグニチュード7.4(震度5)でした。 被害は、仙台市域で、死者16人,重軽傷者10,119人,住家の全半壊が4,385戸,部分壊が86,010戸という多大な被害が生じました。 また火災も発生し、多数のブロック塀が倒壊しました。 今回の地震は、マグネチュード7.2(震度6弱)でありながら、死者ゼロ、火災なしという軽微な被害で住んでいます。 この両者の違いは何でしょうか? 28年の間に建築物やライフラインの耐震性がすぐれたものになったということでしょうか? 震度6弱とは、 「立っていることが困難になる。」 「かなりの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する」 「耐震性の低い住宅では、倒壊するものがある。耐震性の高い住宅でも、壁や柱が破損するものがある」 となっています。 ですが今回の地震の被害状況からすると当てはまってないように思います。 地震計が間違っているということはないでしょうか? あれだけ広範囲にわたって震度5強、震度6弱を記録しているにしては、被害が軽微すぎるような気がしてなりません。 先の新潟地震は震度5強であれだけの被害を出しています。 気象庁の情報をそのまま鵜呑みにしてもよいのでしょうか? よろしくお願いします。