• ベストアンサー
  • 困ってます

代数的数の分類

整数は0次の整数係数方程式の解と思うことができます 有理数は0 or 1次の整数係数方程式の解と思うことができます 代数的数は有限次の整数係数方程式の解と思うことができます この間に2,3,・・・次の整数係数方程式の解についての代数的位置付けはどのような形で示されているのでしょうか あまり、議論するようなことでもないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

特定の次数の代数的数に関しては,2次代数的数と 循環連分数とが対応するというLagrangeの定理が知られています. しかし一方,「n次(以下の)代数的数全体」というのは足し算で閉じて いないので(√2,√3は共に2次代数的数であるが√2+√3は 4次代数的数になる!), 数の体系としてはよいものとは言えないです. (次数を限らずに代数的数全体としておくと,これは足し算,掛け算で 閉じています.)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます Lagrangeの定理:勉強になりました 演算に閉じなくなることがあると、スッキリ理解するのは難しそうですね ところで 2次代数的数全体⊆Q+Q√Z は直ぐ分りますが 逆は正直言って分りません 多分、成り立たないような気がします

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • fsfs
  • ベストアンサー率55% (5/9)

>2次代数的数全体⊆Q+Q√Z の逆もすぐわかると思います。 x=a+√b なら (x-a)^2=b x^2-2ax+a^2-b=0 よりxは2次代数的数。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます >2次代数的数全体⊆Q+Q√Zの逆もすぐわかると思います。 そうですよね^^; n次の代数的数全体をZ_nと表すと z_0:=Z (定義) z_1=Q z_2=Q+√Q が成り立つことが分りました また、z_nをz_0からどう生成されるかというのが一つの課題になりました ガロア理論から四則と根基の有限個の組合せだけでは無理だと思いますが また z_n⊆z_(n+1) は明らかです

関連するQ&A

  • log2(3)は代数的無理数?

    超越数の定義について、高校時代は「どんな方程式の解にもならない実数のこと」と教わりました。 なるほど、ルート2はx^2=1の解だし、log2(3)は2^x=3の解だから「超越数ではない無理数、つまり代数的無理数」なのか・・・とそのときは納得したのですが、大学の数学の本を見ると、超越数の定義が高校時代に教わったのとは異なることに気づきました。 大学参考書には、超越数とは「どんな有理係数n次方程式の解にもなりえない実数」と書かれているのです。 有理係数n次方程式ということは、二次方程式とか三次方程式じゃないとダメですよね。2^x=3は有理係数n次方程式ではありません。 log2(3)は代数的無理数のはずですよね? だったら、log2(3)はどんなn次方程式の解になっているのでしょうか?

  • 代数的整数についてです。

    代数的整数についてです。 1.そもそも、如何なる物ですか。何故、2次方程式の解でも、代数的整数に成らない物が有るのですか。 2.有理整数と同じ性質を持つ、と言われていますが、どんな性質ですか。

  • 代数の問題を教えてください。

    代数の問題を教えてください。 1.√2+√5を根に持つ有理数係数の4次多項式を求めよ 2.√2+√3+√5を根に持つ有理数係数の8次多項式を求めよ 3.aを有理数とする。1/(a+√2+√3)の分母を有理化せよ。 よろしくお願いします。

  • 代数の体論の計算問題について教えてください。

    ご教授、宜しくお願いします。 問い 次の数は、有理数体Q上で、代数的であることを証明せよ。 (1)√3+³√2 (2)√2+√3+√5 解答 (1)√3+³√2は、x^6-9x^2-4x^2+27x^2-36x-23 の解である。 (2)√2+√3+√5 は、x^8-40X^6+352X^4-960X^2+576 の解である。 ある値aが解となるような方程式を見つけることが、代数的証明ぼ方針であることは、わかりましたが、(1)と(2)の値が、上記の方程式を満たすことがわかるためには、どのように解けばよいのでしょうか。宜しくお願いします。

  • 代数の既約多項式の問題です。

    代数の既約多項式の問題です。 a_n(x^n)+a_n-1(x^n-1)~+a_2(x^2)+a_1(x)+a_0=0 (a_0,a_1,・・・a_n∈Q:有理数) が既約とする。この方程式の解がn次未満のQ係数多項式の解とはならない事を示せ。 既約多項式:これ以上約せない多項式 わかる方いましたらよろしくお願いいたします。

  • 変数係数の代数方程式

    簡単のため、2次での例をあげます。 x^2+a(z)x+b(z)=0 というxについての2次方程式を考えます。これはzを止めるごとに二つの複素数解を持ちます。もしa(z)とb(z)が連続であれば、zに関してそれらの二つの解は連続になります。もしa(z)とb(z)がともに正則関数なら、二つの解は判別式が0となる点を除いてzの正則関数になります。それらのことは、解の公式をみればただちにわかります。判別式が0になる点は代数的特異点になる可能性があり、周期2である可能性があります。この事実も解の公式をみればすぐにわかります。 これを一般化して、最高次の係数が1で、係数がzの関数になっているようなn次方程式を考えます。n個の解はそれぞれzの関数と考えることができますが、有限個の例外点をのぞけば、係数の連続性が解の連続性にそのまま遺伝すると考えられます。たとえば係数が連続なら、解も連続だし、係数がzに関して正則なら、解も有限個の点をのぞいて正則になるものと思われます。ただ、一般の場合は代数的な解の公式がありません。どうやってこの事実を証明したらよいでしょうか。ヒントでもよいのでご教示いただけたらと思います。おそらく複素解析を使うのがもっとも簡単だとは思うのですが。参考文献をあげていただけるだけでも構わないです。

  • 負の数より有理数を先に習う理由

    前に正の数・負の数を小学生で習わない理由について質問したことがあります。 http://okwave.jp/qa/q6603367.html この回答を見て、新たな疑問が生まれました。 >計算を行うときには、大抵省略されますが、数の範囲というのが暗黙に決められます。 >二次方程式の解は、中学(~高1)の段階では、2つ、1つ、解なしですね。 >でも、高校に入ると、複素数を学習し(理系のみだと思いますが)、数の範囲が増えます。 >そして、二次方程式には、必ず解が存在するようになります。 先に進むほど数の範囲を拡張させたいのなら、有理数より整数を先に習うはずです。 しかし、分数は整数の範囲ではなく有理数の範囲だと思います。 どうして小学校で全ての整数を習うわけではないのに有理数は習うのでしょうか?

  • 有理数でない数について 

    今高校一年の勉強をしているのですがわからない事が一つあります。 整数、有限小数、循環小数のいずれかであれば必ず有理数であるのは解ります。この逆(有理数であれば循環少数、有限小数、整数のいずれかである)も納得です。 ここで循環しない無限小数は上から有理数ではない、もわかります。 ここで質問なのですが有理数でないものは必ず循環しない無限小数であるといえるのでしょうか?

  • 素数の分類に関して

    前回質問させていただいた証明に関することなのですが、最後の一文が分からないためもう一度質問させていただきます。 [類題] 「8n + 3 型の素数は無限に多くある事を示せ。」の略解。 *)文中のp^は複素数pの共役な複素数です。例えば、p=1+iの場合、p^は1-iのことです。 また、a2 はaの二乗という意味です。  証明)もし 8n + 3 型の素数が有限個であったとし、その全体を p1, p2, ... , pn とする。 P = p1p2 ... pn + √2 i と置いて、これを単項イデアル整域 Z[√2 i ] で素元分解する。 N (P) = PP^ は奇数であるから(正確には、 N (P) ≡ 3 ( mod. 8 ) 、) P の有理整数の素因数は奇数である。この因子は PP^ の中では偶数冪で出てくるから、その部分は 8n + 1 型である。又、 P は有理整数に同伴でないから、a + b √2 i 型 (b ≠ 0, 有理整数の素因子と同伴でない物) の因子がある。PP^ は奇数であるから a は奇数である。更に、この a + b √2 i 型の因子の b が偶数であるとすると、 N( a + b √2 i ) = a2 + 2b2 ≡ 1 (mod. 8) であるから、 この形の b が全て偶数であるとすると PP^ ≡ 3 (mod. 8) と矛盾する。従って b が奇数の物 a + b √2 i が有るが、素元分解の一意性により、N( a + b √2 i ) = a2 + 2b2 は素数であり a2 + 2b2 ≡ 3 (mod. 8) となり有限性に矛盾。故にこの型の素数は無限個。 素元分解の一意性により、N( a + b √2 i ) = a2 + 2b2 は素数であり a2 + 2b2 ≡ 3 (mod. 8) となり有限性に矛盾。 における a2 + 2b2 は素数であり a2 + 2b2 ≡ 3 (mod. 8)となった場合なぜ有限性に矛盾していると言えるのでしょうか。 a2+2b2が素数でないならば矛盾はしてないのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 数IIの問題を教えてください

    有理数係数の方程式では a+b√m が解のとき、a-b√m も解であると習ったのですが、これは無理数係数の方程式では成り立たないのでしょうか。 もう1つ、実数係数の方程式では a+bi が解のとき、 a-bi も解であると習ったのですが、虚数係数の方程式では成り立たないのでしょうか。