• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

安息香酸メチルを精製する実験について

安息香酸から安息香酸メチルを精製する実験をやったのですが、このときできる不純物がなぜできたかがどうしてもわかりません。 実験内容は以下の通りです。 100mlの丸底フラスコに10.0gの安息香酸と25mlのメタノールを入れ、注意しながらこれに3mlの濃硫酸を器壁に沿わせてゆっくり流しこみ、かるく混合する。沸石を入れ還流冷却器をつけて蒸気浴上で穏やかに1時間還流する。溶液を冷やしてから50mlの水を入れた分液漏斗に注入する。このとき沸石はいれない。 ベンゼン50mlをはかりとり、この一部分でフラスコを洗い、この溶液を分液漏斗に、さらに残りのベンゼンも分液漏斗に移す。分液漏斗を振り混ぜ反応生成物をベンゼン層に抽出してから下層の水層を流しだす。25mlの水でさらに一回洗ってから25mlの5%重炭酸ナトリウムで洗い分液する。5%重炭酸ナトリウムにより未反応の安息香酸は安息香酸ナトリウムに変化しベンゼン層から水層に移る。水層を100mlビーカーにとりだし、これを酸性にしてみる。水不溶物が生じたならば、これは未反応の安息香酸である。 ベンゼン抽出液を30mlの飽和食塩水で洗い、食塩水を除いたのちこの溶液を100ml蒸留フラスコに入れ、水冷冷却器をつけて直火で蒸留する。はじめにベンゼン-水の共沸混合物が次にベンゼンが溜出される。抽出が終わると温度はいっきに上昇する。100℃を示したら水冷冷却器の水を抜いて空気冷却器にして蒸留を続ける。190℃以上になったら重量既知の50ml三角フラスコに蒸留液を捕集する。 この蒸留液(安息香酸メチル)の不純物はベンゼンだったのですが、なぜ、エタノールは残らないかがわかりません。蒸留の際取り除かれると思うのですが、沸点が同じくらいのベンゼンとエタノールでベンゼンだけ不純物としてでるのかが疑問です。 あと、安息香酸が不純物に含まれない理由として、炭酸ナトリウムで硫酸とともに中和されナトリウム塩となって水層から除去されると思いますがいまいち確証がもてません。安息香酸がでない根拠が他にもあるかどうかも疑問です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5420
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • plo_olq
  • ベストアンサー率58% (23/39)

なぜ不純物にエタノールが残らないのかと言う事ですが、分子の極性を考えてみれ ばいいと思います。 エタノールは極性が高いため、水に溶けやすく、ベンゼンに溶けにくいですよね。 そのため、一回目の分液操作でほぼ完全に抜けていると考えていいと思います。 その後、重曹水や飽和食塩水でも洗っていますから、完全にエタノールは無いです。 ベンゼンは、最後まで抽出用の溶媒としていますから、不純物として残っていても 別におかしくないです。それに安息香酸メチルはベンゼン骨格を持っていますから ベンゼンと相性がいいので、残りやすいと思います。 完全に飛ばしたいなら、まずエバポレーターなどで濃縮して、溶媒のベンゼンをな るべく飛ばした後に、蒸留操作をするといいと思います。 未反応の安息香酸のことですが、その構造から、カルボン酸であることは分かりま すよね。酸ですから、このカルボン酸と重曹が反応してカルボン酸のナトリウム塩 になります。 このとき、安息香酸は陰イオンになっています。イオンになると、分子の極性は非 常に高くなります。その結果、極性の低い有機溶媒には非常に溶けにくくなり、 水には非常に良く溶けるようになります。 つまり、この中和の操作によって、水相に移りやすくしているのです。 ですから、不安がらなくても良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 純度の高い安息香酸エチルを得るには

    Fischerエステル合成法で安息香酸エチルを精製する実験を行ったのですが 純度の高い安息香酸エチルを得るにはどのように精製を行えばよいのでしょうか 実験方法 100ml丸底フラスコに安息香酸2.0g、メタノール20mlを入れ撹拌を始めた。 そこに濃硫酸1mlをゆっくり加えた後、TLCを確認した。展開溶媒はヘキサン:酢酸エチル=5:1を 使用した。フラスコにリービッヒ冷却管(還流冷却管の代わり)を取り付け、油浴を80℃ に加熱し、還流を行った。約2時間加熱還流を続けた後、TLCにより反応の終了を確認した。 反応が終了を確認したら、反応装置を組み替え、反応液に含まれる過剰のメタノールを蒸留により除去した。  メタノールを除去したフラスコを氷浴につけ、撹拌しながらヘキサン30ml、次いで、水20mlを注意深く加えた後、フラスコの中身を分液漏斗に移し、振らずに静置し2層に分かれるのを待った。2層に分かれたら、下層を捨て(この水槽は指定されたビーカーに捨てること)、10%炭酸水素ナトリウム水溶液30mlをゆっくりと加えた。この時、一度に気体が発生しすぎないように気を付けた。気体が発生しなくなったことを確認したら、分液漏斗をよく振って、抽出を2回行った。さらに有機層に飽和食塩水50mlを加えて2回洗浄した。有機層を三角フラスコに回収し、無水硫酸ナトリウム(薬さじ2杯程度)を加え乾燥した。硫酸ナトリウムをろ過により除き、ろ液を100ml丸底フラスコに移す。蒸留によりヘキサンを除去し、安息香酸メチルの収量を求めた。

  • 安息香酸メチルの合成

    次のような実験により、安息香酸メチルの合成を行ったのですが、エステル化反応で、可逆反応のため収率は100%ではありませんでした。しかし収率をあげることは可能なのでしょうか?また可能ならばその方法を教えていただきたいです。 「実験」 安息香酸とメタノール入れて撹拌し、これに濃硫酸を3ml、ピペットで徐々に滴下。これを加熱還流した後エーテルを加え、よく振り混ぜ抽出。エーテル溶液に5%炭酸水素ナトリウム水溶液を加え、十分に洗浄した後、下層の水層をとり、濃塩酸を滴下。この後、エーテル溶液を更に炭酸水素ナトリウム水溶液で洗浄し、安息香酸が析出しないことを確認した後、エーテル溶液を飽和食塩水洗浄。エーテル層を分離して無水硫酸ナトリウムを加えて乾燥。これを数週間放置した後、乾燥剤を除去し、ろ液をフラスコへ。油浴を用いて蒸留装置を組み、エーテルを留去。放冷後、残った油状物質を減圧し、安息香酸メチルを得た。

  • 安息香酸のエステル化

    安息香酸のエステル化 実験手順 安息香酸とメタノール入れて撹拌し、これに濃硫酸を3ml、ピペットで徐々に滴下。これを加熱還流した後エーテルを加え、よく振り混ぜ抽出。エーテル溶液に5%炭酸水素ナトリウム水溶液を加え、十分に洗浄した後、下層の水層をとり、濃塩酸を滴下。この後、エーテル溶液を更に炭酸水素ナトリウム水溶液で洗浄し、安息香酸が析出しないことを確認した後、エーテル溶液を飽和食塩水洗浄。エーテル層を分離して無水硫酸ナトリウムを加えて乾燥。これを数週間放置した後、乾燥剤を除去し、ろ液をフラスコへ。油浴を用いて蒸留装置を組み、エーテルを留去。放冷後、残った油状物質を減圧蒸留によって、安息香酸メチルを得た。 ここで、減圧蒸留後のフラスコ(エーテル留去後のフラスコ)を観察すると黄色の油状の液体が存在したのですがこれは何でしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

メタノールを使ったはずなのにエタノールが登場したり、 重炭酸ナトリウムが炭酸ナトリウムに変わったり混乱してますね。 ベンゼンの代わりにジエチルエーテルを使うとbpが低いので 残留しにくいと考えます。 水層を酸性にしてジエチルエーテルで抽出し、 エーテル層を水洗し(硫酸を除くため)硫酸ナトリウム(無水)などで 脱水してからエーテルを留去(水浴中などで)すれば 未反応の安息香酸があれば残るはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご協力ありがとうござあいます。 参考になりました。

関連するQ&A

  • m-ニトロ安息香酸メチルの合成

    実験で安息香酸メチルに5-15℃で濃硝酸と濃硫酸の混酸を混ぜて そのあと室温に放置し、温度を温めました。それから、50gの氷を入れたビーカー中に溶液を注ぎ出しました。この操作も意味がよくわかりません。氷ですから、0℃近くまで下がったものに溶液を触れさせることで液温を下げるのが目的でしょうか。m-ニトロ安息香酸メチルの融点からすると、そんなに温度を下げなくてもいいのではないかと思います。それに、溶液中に濃硫酸があるため、氷の一部が溶けて水と触れ合う危険性はないのでしょうか? このあと、大部分の氷の溶けるのを待って析出してきた固体を吸引ろ過しました。ろ過したろ紙上の固体に水で不純物を洗い流したあと、メタノールでも洗うのは濃硫酸の除去であっていますか?

  • 化学的な効率の良さとは?

    水とベンゼンは、互いに溶け合わずに2層に分離する。この2つの液体に溶質Aが溶ける場合、溶質Aが両液層中で同じ分子として存在する場合、一定の温度では両液層に溶ける溶質の濃度の比c2/c1=K(分配係数)は一定となる。 ここで、c1,c2は、それぞれ水層とベンゼン層における溶質Aの濃度である。水100mLに1.00gの溶質Aをとかし、これを水溶液Xとする。 実験1 水溶液Xが入った分液漏斗に、ベンゼン100mLを加えてよく振り混ぜ、25℃で静置したところ、溶質Aの0.75gが水層からベンゼン層へ移った。 実験2 別の分液漏斗に水溶液Xをいれ、ベンゼン50mLを加えてよく振り混ぜ25℃で静置した後ベンゼン層と水層を分けた。再び分液漏斗を用いて、この分けた水溶液に新たに50mLのベンゼンを加えてよく振り混ぜ、25℃で静置した後、ベンゼン層と水層を分けた。この操作により、合計0.84グラムの溶質Aが水層からベンゼン層へ移った。 問 実験1と実験2の比較から抽出を効率的に行うためにはどのようなことが言えるか。 答 実験1から、ベンゼン100gと水100gでは、抽出できる量は0.75g 実験2から、ベンゼン100gを50gずつ2回に分けて抽出を行うと、抽出できる量は0.84g よって、100gのベンゼンをより多く分けて抽出を行うことで、より多くの溶質がえられる。 数値だけをみると、より多く抽出ができているのは実験2ですが、操作を2回やらなくてはいけないので、その分効率性は失われると思います。実験1と同じ手順で、ベンゼンをより多く使えば、抽出できる量が多くなり、操作も1回で済むので最も効率的なのでは?と思うのですが、化学的に「効率が良い」とは、より少ないベンゼンでより多くの溶質を得ることと、作業の手間を省いて簡単により多くの溶質を得ることのどちらなのでしょうか?

  • サリチル酸メチルの合成

    今回の実験では以下のようにしてサリチル酸メチルを作りました。 (1)50mlの乾いたナスフラスコにサリチル酸とメタノールを入れる。 さらに濃硫酸を加える。 (2)50mlの反応フラスコと冷却器を用いて反応装置を組み立て、オイルバスを使って過熱を始め、1時間還流しながら攪拌する。 (3)冷却後、100mlの三角フラスコの水の中にあけて攪拌すると底の部分に油状のサリチル酸メチルが生成されている。上部の水をピペットで除き、底にたまっているサリチル酸メチルを取り出す。 上の(3)の手順で水の中にあけて攪拌するとサリチル酸メチルが生成するのはなぜですか?生成するどころか、水と反応して加水分解が起きてしまわないのですか?

  • 沸点の物性値とずれる訳

    こんにちは理系大学に通うものです。 先日実験をやりどうも腑に落ちない事があります。 みなさんもしよければ協力をお願いします。 ベンゼンと安息香酸の混合溶液から分離し油層のベンゼンを 蒸留するという実験でした。ベンゼンの沸点の物性値は80.1℃ なのに対し私たちの班では75℃ほどという結果がでしまいました。 普通不純物があれば沸点が上昇するはずですが沸点が降下してしまいました。 どうしてなのでしょうか?

  • カゼインの培地について

    プロテアーゼ活性を測定するために、カゼインプレートを作成したのですが、カゼインがうまく溶けません。 方法 (1)カゼイン2g、N/10NaOH8ml、蒸留水50mlをフラスコ内で攪拌。 (2)これが白濁するまで加熱(湯煎)し、冷却。 (3)リン酸バッファー20mlを加え、蒸留水で100mlにメスアップ。これをカゼイン溶液とします。 (4)カゼイン溶液15mlをアガロース溶液と混合して、シャーレに流し込む。 という方法なのですが、(1)で10分くらい攪拌しても殆ど溶解しません。 困っています。教えてください。

  • 蒸留の実験

     私は高校生なのですが、先日学校で蒸留の実験を行いました(枝付きフラスコ等を使って)。現在、そのレポートを書いています。気体になった物質を冷却して液体に戻す際の冷却の仕方についてなんですが、なぜ冷却管には水を下から入れて上から水をぬくのかが分かりません。  色々本などで調べてみたのですが、どの本にもその理由が書いてありませんでした。  分かりづらい文章ですみません。もし知っている方がいましたら教えてください。

  • 抽出について

    安息香酸とβーナフトールの酢酸エチル溶液を炭酸ナトリウムで抽出作業する実験を行いました。この炭酸ナトリウムの変わりに水酸化ナトリウムにするとどうなるか??といわれたのですが、安息香酸とβーナフトールは溶けて反応しないと思うのですがあっていますか??

  • 分配係数・抽出率・ベンゼン層中の物質の量

    水100mL中に50mgの物質Bが溶けている。これにベンゼン50mLを加えて抽出をした。ベンゼン層中の物質Bの量(mg)と抽出率(%)を求めてください。 この物質Bの分配係数KDは8とします。 途中の計算過程の解説もあわせてよろしくお願い致します。

  • 蒸留や還流はドラフトの中でやりますか?

    蒸留や還流はドラフトの中でやりますか? フラスコ2L  溶液は主にメタノール  時間は8時間  とした場合です。  それともこの程度なら換気をよくして、机の上でやりますか?   想像しても分からないので、知っている方 教えて下さい m(_ _)m    よろしくお願いします

  • 酢酸エチルの合成について

    (1)300ml丸底フラスコにエタノール50mlと氷酢酸50ml入れる。次に水浴で冷やしながら、濃硫酸5mlを少しずつ加えて、振り混ぜる。 (2)還流装置を組み立て、100℃の水浴中で1時間反応させる。反応終了後、装置をはずし反応液を室温まで冷却する。 (3)反応液を分液ロートに移し、これに塩化ナトリウム10gを水50mlに溶かした溶液を加えて振り、静置後、二層に分離したら、下層をビーカーに受けて除去する。                                            (4)残った分液ロート内のエステル層に、炭酸ナトリウム15gを水60mlに溶かした溶液を少しずつ加えて振り、静置後、二層に分離したら、下層もビーカーに受けて除去する。                                       (5)分液ロート内のエステル層を三角フラスコに移し、重さを測定し、塩化カルシウムを加えて放置する。 と言う風に実験をやったのですが、僕の収量が46gで、理論収量が75gなんですが、残りの29gの不足した原因がわかりません。どうか教えてください。