• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

関西の店舗の敷引と原状回復について

先日、関西の店舗の敷引と原状回復について「敷引を丸々取られた上で、さらに原状回復費用も借主負担はおかしいのでは?」と質問しました。 ココと他所で同じように質問したところ「住居では家主が敷引で原状回復を行うが、店舗はそうとは限らない」「契約書にサインした以上仕方がない」という意見をいくつか頂戴しました。しかし、不動産店では住居・店舗物件が混在して募集されている中、同じ「敷引」の文字が使用されているわけで、募集側が広く一般向けに同じ単語を並べて使用していながら、住居と店舗ではまったく意味が異なるのであれば、不当・虚偽広告になるのではないでしょうか?一般的にも契約後であってもその内容が広告と異なるのであれば無効になりますね。また、会計上「敷引」をどう処理するのでしょう。敷引が原状回復に充てられるなら「工事代金」名目でしょうが、原状回復を借主が負担したのに、家主が丸々敷引を取るなら「権利金」か「礼金」しかありませんよね。契約書にはそれらの記述はありません。説明不能な金銭授受の契約書が有効なのでしょうか? アドバイス何卒よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数917
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1.質問者のお考えに同感です。最高裁判例はこう述べています。 「敷金は、賃貸借終了後目的物の明渡し義務履行までに生じる損害金その他賃貸借契約関係により賃貸人が賃借人に対し取得する一切の債権を担保するものであるから、その返還請求権は、目的物明け渡し官僚のときに、それまで生じたその担保債権を控除し、なお残額が有る場合にその残額につき発生する。」(昭和48.2.2) 下の参考URLはこれを踏まえているのでしょう。こう述べています。 「不動産の賃貸借契約時に、賃借人から賃貸人に交付されるもので、賃貸借契約が終了し、家屋を明け渡した時点で返還することを前提としている金銭です。 敷金の交付の目的は、賃借人が借りた家屋を明け渡すまでに生じた賃貸人に対する一切の債権を担保することです。つまり、敷金は、賃借人からの支払いを確保するための担保といった意味合いを含んでおり、家賃の前払的な性格を有しているということです。  ですから、家賃の支払いが滞ったり、自然の消耗以外に壁や床に大きな損傷を与えてしまった場合などは、滞納家賃・修繕費用が敷金から差し引かれることになります。」 税法上、会計処理上は、敷金は「預かり金」の扱いで、収入には計上されず、従って所得税の対象外という優遇を受けています。 2.「店舗の場合は違う」という論拠は「生活用不動産なら適用法は民法であるが、事業用不動産なら適用法は民法ではなく商法になる。従って店舗の扱いは住居と異なる」と言いたいのでしょう。しかしこの理屈はもっともらしく聞こえますが間違っています。商法で言う商取引に賃貸借が含まれる場合は「賃借したものを賃貸する行為」(商法第502条)と規定していますから、質問者と賃貸人の間の行為は商取引ではなく、適用法は商法でなく民法になります。 3.契約書に敷金としか書いてなく、その扱いが家主の言うように定めていないなら、当然にして最高裁判例が効力を発揮します。この場合なら、「契約書に書いてないことなんか認められません。敷金を返してください。かえさないなら裁判になりますが、負けるのはあなたです。」と主張すればよく、妥協は不要でしょう。 4.相手が契約書に書かれている文面を楯に返還を拒否しているのでしょうか?この場合にも有効な手段があります。特に頭に「悪徳」とつく不動産業関係者は契約を金科玉条にする傾向がありますが、残念ながら我国の法律(民法)はそうなっていません。悪意で契約文を楯に取るなら、堂々と契約無効を宣言しましょう。契約を無効にするには「信義誠実即違反」「権利濫用」「公序良俗違反」・・・・などいろいろな主張が可能です。 質問者は「説明不能な金銭授受の契約書が有効なのでしょうか?」と述べていますが、そんな契約は無効に決まっています。(おかしい主張のようですが民法がそうなっているのですから、ガマンしてもらうより仕方がありません。「信義誠実則遵守」「権利濫用禁止」「公序良俗遵守」等々は現代自由主義経済の大原則です。) 5.相手をどう説得するかです。こういう本旨で相手を説得にかかっても相手が応じなければ「あなたが考えを変えず、敷金を返して戴けなけということであれば仕方がありません。敷金返還請求裁判を起こして取り返すまでです。当方最高裁判所まで争うつもりですから、それでもよろしければ、裁判所からの呼出状が来るのを待っていてください。」と強力な圧力をかけることですね。こう言えば相手は引き下がるでしょう。引き下がらなければ、最寄の弁護士会の法律相談を受けられて、対策を練られるとよいでしょう。

参考URL:
http://allabout.co.jp/finance/realestateinvest/closeup/CU20030805/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な情報の数々、大感謝です! 親身になってご回答していただき、本当にありがとうございます。 大きな希望が沸いてきました!

関連するQ&A

  • 借り上げ社宅の原状回復費と契約内容

    借主が会社で連帯保証人が私の新築アパートに住んで4年半になります。 敷金(保証金)は会社負担、賃料と共益費は事実上会社負担 (寮費として天引きされ、同時に住宅手当をもらっていてほぼ相殺)です。 契約書には借主が原状回復費用を負担と書かれています。 特記事項は共益費に水道代が含まれることと、入居者は単身者に限りますとだけあります。 社内規定でも、入居者が退去時の原状回復費用を負担するようなことは書かれていません。 なお、敷引制度になっており、退去時は敷金(保証金)から敷引及び原状回復費用等を差し引かれてからの返金になると契約書に書かれています。 そこで、自己都合(結婚など)で退去する場合、上記のような契約内容であったら 原状回復費用は会社負担になるのでしょうか? こちらの他の質問を読んでいると「原状回復費用は入居者負担が普通」と読んだのですが、そのとおり入居者負担でしょうか? 至急に知りたいので、お分かりの範囲でお願いいたします。

  • 店舗

    4月末で飲食店を閉店することになりました。賃料7万5千円、保証金120万円、敷引60万円の条件でした。契約書を読むと、解約時、敷引の60万円はもちろん全額家主に取られてしまう上、原状回復は借主(つまり私)の負担でおこなうとなっています。原状回復費用を見積もってもらうとちょうど60万円くらいになります。このままこちらが何も言わないと、退去時に1円も返ってこないことになりますが、「敷引」や「原状回復」について調べていくうちに、少なくとも住居においては原状回復は家主が敷引でおこなうとの記述が多く、私のケースにおいても原状回復費用がちょうど敷引内なので、60万円は返してもらうことができると思うのですが。60万円返還の請求は正当でしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

  • 店舗の原状回復

    タイトルどおりなのですが私の場合居抜きで借りました。 この場合以前の方が改造された部分の原状回復まで私がしなくてはならないのでしょうか?  ちなみに契約書には単に原状回復としか書かれていません。また、特約事項もありません。  以上よろしくお願いいたします。

  • 貸店舗の原状回復と権利金について

    私の両親は貸店舗で約30年、自営で料理屋を営んでいるのですが、 高齢により来年あたりで廃業を考えています。 廃業後、店舗は現状回復した上で家主に返還するものと考えていたところ、 知人から、 「15年以上借り続けていた場合は原状回復の義務はない」と 言われたそうです。 その知人は工務店の経営者であって法律の専門家ではないので、 鵜呑みにしていいものか迷っております。 そこで質問なのですが、こういった事実(長期間借りていた店舗に 原状回復義務はない)はあるのでしょうか? もう1点、質問なのですが、店舗契約時の契約書に “権利金は10年で償却”と明記されていたそうなのですが、 このような特約(?)は正当なのでしょうか? 以上2点について、ご回答頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 店舗契約と原状回復について

    よろしくお願いします 整体院を営んでいます。この度、移転することになり、原状回復などの問題が出てきました。 契約書の特約で気になるのが、(1)原状回復の費用は賃借人とする。(2)原状回復の為の工事は賃貸人の指定した業者によるものとする。とあります。 住居契約ではこの特約は判例などでかなり賃借人に有利なってると聞いております。しかし店舗契約では限定的に解釈され、賃貸人に有利だと聞いております。 今、(2)のこの指定業者で言い合いになっております。最初はお互い見積もりをして安いとこでと言っておったのですが、ここにきて私のほうが安く見積もりがでて その旨伝えたら(2)の条項を振りかざし 賃貸人の業者にしろといってきました。  店舗契約でも、民法1条2項、90条、消費者契約法1条、10条(店舗契約では無理かな?)で賃借人に一方的に不利な契約は無効にならないのでしょうか?あと経年劣化の考え方は店舗契約では有効にならないのでしょうか? 私は払わないとは思っていません。なんとか安いほうでとおもったのですが。(文句あるなら訴えてくれと言われました) 良きアドバイスをお願いします。

  • 原状回復について

    引越しが決まって転居先の管理会社から 契約書が来たのですが、どうも気になる箇所が 多くこんなものなのでしょうか・・ 気に入っている物件なのでできれば契約したいのですが、異常にこちらが弱いことばかりが書かれているので 気になっています。 捺印をしてしまえば終わりで退去時は文句も言えないのか、分かりません。 来週頭に契約書がほしいといわれています。 教えてください。 1.「原状回復(自然消耗も)は借主負担」   「家賃は現状回復費用が含まれてない」   「入居時同様の状態まで回復する」   とあり、「それができないと次の借主が   確保できないため」とあります。   国交省のガイドラインを見ると   上記は完全に過剰だと思いますが・・ 2. 契約書とは別に原状回復に関する確認書   なるものがあり、上記の繰り返しと   「敷金は返せない場合が多いこと」    が書かれており、実印の捺印を求められている。 3.本件にかかわる訴訟を起こした場合の   貸主費用をこちらの負担とする条文がある。   4.これは現状復帰に関係はないのですが、   当方のみ捺印の書類(例鍵の受け渡し確認書等)   にも実印を求められる。 5.契約書に文句を言うような貸主には貸したくない   というのは認められる(要するに貸してくれない)   のでしょうか。   ガイドラインを見た限り過剰なので   いちゃもんをつけているつもりはありませんが。   ちなみにすでに1ヶ月分の手付けはうっています。 宜しくお願いします。

  • 賃貸店舗の原状回復について

    居抜き店舗にて12年ほど営業しておりましたが、 この度閉店することになり、原状回復にて質問があります 契約書には原状回復についての規定がありません 記載があるのは 5年以内に契約解除した場合は保証金(100万)を現状復帰・修理のため 没収する 5年以降は保証金は敷金とする とあります この場合どの程度の現状復帰の義務があるのでしょうか?

  • 原状回復はしなければなりませんか?

    大家の立場で質問いたします。 賃貸物件にテナントを入居させていました。テナント側が作った造作物があります。 退出にあたり「造作物はそのままでもよい」と伝えましたが、「あとで問題になるといやなので原状回復したい」と、テナント側は言います。原状回復費は保証金から清算します。 原状回復の費用について双方合意した上で保証金を精算し、「今後一切テナント側の責任はない」との誓約書を交付するとします。 その後、造作物を原状回復する必要がない(再利用する)テナントが決まった場合、次の項目は法律上の問題があるでしょうか。 1.次のテナントにかかわらず、日付を決めて、原状回復はしなければならない 2.原状回復しない場合、原状回復費を返金しなければならない 3.原状回復もしないし、返金もしない 募集にあたっては有料で「造作物有り」の広告を出しています。いまさら造作物が無くなりました、というのも困ります。 しかし、造作物が不要なテナントで決まる可能性もあるため、原状回復費も手当てしておきたいと思います。 悩ましいところですが、どのように考えたらよいでしょうか。

  • 賃借店舗明渡し時の原状回復について

     知人が借りていた店舗を、去年の暮れに名義書き換えました、、私としては保証金も払っておりますし居抜き物件を借りた感覚なのですが。  一年弱で収益もままならず、明渡しを考えています。  賃貸契約書には(自己の費用負担で賃借室内の内装設備、什器備品等、並びに看板その他を撤去して、賃借物件を原状回復した後、明渡すものとする)とあります。  私が店舗内で変えたものといえば看板くらいで、あとは殆ど何もなぶっていません、私の感覚で原状回復とは、看板の撤去くらいなものなのですが・・・  この場合、家主が「店舗内を何も無い状態にするよう」求めてこられれば従わなければいけないのでしょうか?  また、店舗を明渡すとき6ヶ月前、又は6か月分の賃料+(店舗調整修繕費)として預り保証金の40%(契約から3年未満の場合)ほど取られる契約になっています。  全部取られれば、多額の保証金も殆ど戻ってきません。  1、什器の撤去を家主が求めれば従わざる得ないのでしょうか?  2、(店舗調整修繕費)の中に什器撤去代は含まれないのでしょうか?  3、明渡し時、前もって6ヶ月先に宣言しなければ、6ヶ月分の家賃も支払わなければいけないのでしょうか。  どなたか、アドバイス頂ければありがたいです。

  • 賃貸住宅の原状回復について

    13年住んでいた賃貸マンションを退去します。 結構長く住んでいたので、畳は傷んでいますし(一度も表替えしなかった!笑)、クッションフロアの部分も汚れています。 契約書を見ますと、「原状回復は借主負担」の1行だけで具体的には 書いていません。 どこまで原状回復して退去すればよいのでしょうか。 (1)ハウスクリーニング(業者による専門的なもの)は必要? (2)畳の交換あるいは張り替えて新しくしないといけない? (3)壁はクロス貼りでなく塗装ですが、塗装し直しが必要?  (壁はそれなりにうっすら汚れています。) (4)クッションフロア(キッチン・洗面)など張り替えておかないと  後から請求される? 「原状回復は貸主負担」の一般的な解釈というか、 どこまでこちらで回復して明け渡さないと、後で原状回復費用を 請求されてしまうのか、一般的な場合でいいので、 経験者の方、教えて頂ければ助かります。