• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

床下の防湿コンクリート施工の相場を教えてください。

 私の家は、湿気の多い低い土地で、床下はすぐ土です。先日こちらでご相談して、防湿シートを敷いた上に防湿コンクリートを打つ事と致しました。さっそく業者に見積もりして貰ったところ、一坪あたり10万円という事でした。  そこで質問ですが、こういった施工の相場はわかりづらいので、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、参考までにお教え頂けないでしょうか?(なお、ミキサー車が入れない場所の為、手で捏ねるぶん割高という事でした。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数4358
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 尋常ではない工事になりそうですね。工事も大変でしょうが、家具の移設等もありそうですね。  さて、一般的なミキサー車を使用するコンクリート打設費は、打設費が2万円弱(材工共)で諸経費を入れると3万円/m3程度になります。これを土間コン厚10cmとした場合は、1万円/坪となります。  これで考えれば10倍ほどの単価になっているようですね。見積が妥当なのかは解りませんが、現場で手練ということなので品質に問題を及ぼす可能性があります。ご存知のとおり通常生コンはプラントにて品質を確保された状態で出荷されますので、安定した強度を保つことが出来るわけです。  ご質問の件ですが、コンクリート打設ではなく、周囲に堀や暗渠等を敷設することはできませんか?これができれば、湿気はかなり解消できると思いますが。施工も道具はスコップ、材料は有孔塩ビ管などの安価な材料で済みます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 とても参考になりました。ありがとうございます。  それと説明不足ですみません。床下にもぐって作業をするので、高めなのかもしれませんでした。あと、都内の狭い土地なもので家の周りに、堀や暗渠は造れないんです。  そういった要素も加わると、10倍でも微妙な感じかも知れません。それと作業は2.3日だそうです。

関連するQ&A

  • 床下の湿気対策

     私の家は、湿気の多い低い土地にあります。さらに、床下はコンクリートではなく土が露出してます。  現在は、床下換気扇を付け、除湿剤を全体にひいているんですが、どうもまだ湿気が多く、私の大事なマンガ本がヘラヘラになってしまってます。  リフォーム屋さんに相談したら、防湿シートを敷いて防湿コンクリートを打つべきという事で、只今検討中です。しかし、どーも高額になりそうな予感がします。  そこで質問ですが、やはり「防湿コンクリート」も併せて打った方がよいでしょうか? 

  • 床下のグラスウールの施工について

    床下のグラスウールが、袋に入っていない状態で施工していたため、根太に沿ってグラスウール(16k品厚80mm)が露出していました。 グラスウールをカットしているものを使っているようだったので、根太方向のグラスウール同士が接する部分は、全く透湿防水シートがない状態ですが、これで、問題ないのでしょうか?(逆に、根太方向ではない部分は、カットされていないため、透湿防水シートがある状態です。) ハウスメーカーは、防湿シート+防湿土間コンクリートを打ってあり、さらに、床下換気もされているので、湿気がこもる可能性などないと断言していましたが、正直不安です。

  • 布基礎 防湿シート施工

    我が家は床下点検口から床下を覗くと防湿・防蟻シート(アリダンシート)がそのまま見える状態で基礎立ち上がりの端に防湿・防蟻シート押さえの砂が盛ってある施工です。ふと思ったのですがこれで良いのでしょうか?防湿コンクリートの施工は予定していませんでした。普通は防湿・防蟻シート上全面を砂押さえするのではないのですか?ちなみにフラット35利用です。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

#2です。 >床下にもぐって作業をする。  どのようにしてコンクリートを打つのでしょうか?普通に考えると床を剥がさないと打てないと思うのです。多少基礎高があると仮定しても床下に潜りながらコンクリートを打つ事ができるのでしょうか。仮に打てたとして、その打設作業によって防湿シートが乱雑になってしまったりしないのでしょうか。  個人的には、かなり無理があるような気が致しますし、一般的にベタ基礎のクラック防止に鉄筋を敷設しますが、それも可能なのかどうか疑問です。もし、その施工方法しかないとしても業者に施工方法をしっかり伺ったほうが宜しいかと思います。 >それと作業は2.3日だそうです。  コンクリート打設に上記日数を要するということと認識致しますが、コンクリートは連続で打たないとコールドジョイントという、いわゆるコンクリートが一体化しない現象が生じます。つまり、例えが良いかどうかは別として、ベタ基礎がコンクリート塊のパズルの組み合わせというような現象にならないでしょうか。 >ミキサー車が入れない場所  では、近くにミキサー車+ポンプ車ぐらい置ける道路か空き地などありませんか。ポンプ車で生コンをお宅まで、鋼製管で圧送することが出来ます。駐車場や空き地が無ければ、管轄する警察署で道路使用許可がとれるか相談してみてください。と同時にその道路を管理している役所の道路維持管理を担当する課に出向いて相談してみて下さい。  これで、坪単価は下がると思いますよ。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 yukai4779さん、何度もありがとうございます。  え?そうだったの!と驚きました。ネットは、消費者の強い味方となりうるんですね・・・。  床を剥がす工法で、業者を捜そうと思います。  それとミキサー車+ポンプ車の置ける場所についてですが、家の前の道幅は4mで、家には3m高のカーポートがあります。10m先ですが20台規模の駐車場があり、うち1台分を確保しています。  これらは、施工に使えそうな大きさと言えるでしょうか? 今一度アドバイスを、よろしくお願い致します。

  • 回答No.4

no.1です。 基礎の外周に換気口は充分とってあるでしょうか? 換気するということは、要は床下の空気を吸い出すことによって、換気扇と反対側の換気口から屋外の新鮮な空気を取り入れて、床下の空気を入れ替えてしまうことですから、換気扇がそのように機能しているかどうかが問題です。 床下換気扇をONにした状態で、換気扇のついてる場所と反対側の換気口及び湿気が一番こもっていると思われる床下の換気口のそば(屋外)でタバコか何かで煙を立ててみて、床下に空気が吸い込まれるかどうか確認してみてください。それで空気が流れていないようだと、やはり専門家に相談された方が良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 jyamamotoさん、毎度ありがとうございます!  基礎の外周の換気口は、最低限はあるみたいでした。換気扇のついてる場所と反対側の換気口も、わずかながら空気は吸い込まれているみたいです。ここは、お隣が2m高い台地で、そのまた2m高い所に、一つの町が広がってます。そのせいで土が常時、湿っているのでは?と思います。  また専門業者に見て貰ったところ、基礎が行き止まりで湿気がこもっている場所には、拡散のファンを取り付けた方が良いと言うお話でした。  いろいろご指導頂き、ありがとうございました。

  • 回答No.3

no.1です。 床下換気扇の位置、容量等に問題があるのかも知れませんね。一度専門家(設計士や空調設備の業者さん等)に見てもらった方が良いのではないでしょうか? ところで立地に問題があるのであれば、隣近所も似たような条件だと思いますが、どうされているのでしようか? もし隣近所が問題ないようであれば、地中の給排水の系統で漏水していないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 何度もお答え頂き、ありがとうございます。  確かに、床下換気扇の位置も容量も、問題ありそうです。(ご近所の床板も、表面の化粧部分が浮いて剥がれてしまうそうなので、漏水ではないと思います。)  よどんだ湿気を拡散させるファンを増やし、排気のパワーを増す事だけで、この問題は解決するでしょうか?

  • 回答No.1

コンクリートを床下に取り込む手間、敷き均す手間等、床下という特殊条件が見えませんから、現地を見た人でないと妥当な価格は算出できないでしょう。 複数の業者から見積を取ってみるしか、方法はないのではないでしょうか・・・。 それよりも、そんな単価であれば、換気扇を付けて床下の強制換気をするほうが安いように思いますが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 またまた説明が不足してました。前回のご相談時と重複しない様、省略してしまいました。7年前の新築時にソーラー電源の床下換気扇を付け、除湿剤を全体にひきました。2度ひき直しましたが、白い砂が湿って茶色くなってしまいます。床裏はカビも出てきて、しかたなく今回の決断になりました。  やってくれそうな業者さんがいれば、見積を取ってみます。床を剥いでの施工なら、やってもらえそうなので。

関連するQ&A

  • 床下の防湿シートについて教えてください。

    布基礎で建築中です。床は床下収納2ヶ所以外は貼ってあります。 その2ヶ所から床下を見たら、防湿シートが「貼り付けてある」 のではなく、ただ「置いてある」状態なのですが・・・。 四隅を見ると基礎コンクリートに沿って、5cm程度土が 完全に出ています。 現場監督は、問題ありませんと言っていますが・・・。 防湿シートは隅々とか重ね合わす部分に、 ピン、テープ等でしっかりとめないのでしょうか? 床下収納部分からみた2ヶ所がこの状態なので、 床下全部ではないかと不安です。 もし手抜きであれば、床を貼ってあっても やり直しさせることができるのでしょうか? HMはミ○○ホームです。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 施工令第22条 床下の防湿方法 大臣認定品とは

    二級建築士です。建築確認の必要な増築の設計をうけましたが既存住宅が基礎高330しかなく床下土間は土です。 増築の場合既存部分も全て適合させなければならないのですが、居室のみ床下防湿施工しないといけません。施主は炭を敷きたいと話されてましたが大臣認定の炭は私が知ってる限りないように思いますが何かありますか? 50mm程度のコンクリ敷き込みすればよいのですが既存部分は点検口もなく床下も狭くまた住みながらの工事施工が困難です。居室だけでも20坪はあります。 大臣認定を受けたものでよいものがあれば教えてください! 宜しくお願いします (22条 最下階の居室の床が木造である場合における床の高さ及び防湿方法は、次の各号に定めるところによらなければならない。ただし、床下をコンクリート、たたきその他これらに類する材料で覆う場合及び当該最下階の居室の床の構造が、地面から発生する水蒸気によつて腐食しないものとして、国土交通大臣の認定を受けたものである場合においては、この限りでない。)

  • 教えてください!布基礎防湿シートについて

    別荘として使う家を布基礎で施工したのですが 引渡しからたった3ヶ月で和室の畳がカビてしまいました。 畳をめくって見ると下の床も湿ってカビていました。 湿気の多い所なので 今となってみれば ベタ基礎で施工すべきだったと後悔しています。。。 がっくり。。。 基礎の防湿シートの敷き方?工法について教えてください。 床下を開けて見ると 土の上に直接防湿シートが敷かれています  そして、シートが隅々まできっちり敷きこまれているのではなく  ひとまわり小さいものが置かれているといった感じです。 特に何かで押さえてあったりしていなく…まるで10畳の部屋に8畳用のカーペットを置いたような状態になっています。(それぞれの基礎の間に) このような周りに土が見えてる敷き方で 防湿になっているのでしょうか???  シートの敷き方に問題はないのでしょうか??? 施工したとこに確認すると『基礎は⊥になっているから きっちり隅まで敷かなくても・・・』との事ですが そんなものなのでしょうか? そして これからの対策はどのようにしたらよいでしょうか?  『畳の下に防湿シートを敷く』ではダメでしょうか? 床が腐ってしまいそうなきもするし??? どうぞ 教えてください よろしくお願いします。

  • 壁への防湿シート施工について。

    木造の間柱間にグラスウール(ナイロンで包まれているタイプ)を施工後、防湿シートを貼りたいのですが、もともとグラスウールについている防湿シートは剥がした方がよいのでしょうか?それともその上から防湿シートで覆ってしまっても問題はないのでしょうか? 防湿シートは土間コンクリート用の0.15mmタイプの物を壁に使うのは可能でしょうか? 以上よろしくお願いいたします。

  • ベタ基礎における防湿シートの施工順序

    ベタ基礎に防湿シートを施工する際の施工順序ですが、建築関連HPの施工記録や、建築関係図書をいろいろ調べてみましたが、 (1) 砕石⇒防湿シート⇒捨てコン⇒耐圧コンクリートの施工順序 (2) 砕石⇒捨てコン⇒防湿シート⇒耐圧コンクリートの施工順序 という2通りの説明が見られます。 (1)(2)は防湿シートを捨てコン前とするか、後にするかの違いです。 設計者、あるいは施工者の認識不足でどちらかが誤った知識でやられているとも考え難いため、それぞれメリット・デメリットを考慮して判断されているのかもしれません。 ベタ基礎の場合、防湿シートは必ずしも必要と言うわけではなさそうなのですが、防湿シートの施工を前提し、さらに捨てコン(均しコン)がない場合も見られますが、捨てコンもありとした場合、 どちらの施工順序が良いでしょうか? 理由も合わせてお聞かせ願えると有難いです。

  • 床下換気扇と防湿シート、どちらがおすすめ?

    こんにちは。素人質問で恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。 キッチンや押入れなどにチャタテムシが大量発生したため、大工さんに見てもらいました。床下収納庫をはずして床下も見てもらい、自分も見たのですが、そのとき大工さんに言われた事は、布基礎の換気口付近の土は乾いて白いが、キッチンの床下の土は、しっとりしていてこげ茶に近く、床下に湿気が溜まっているね、と言う事でした。 確かに、フローリングや窓枠、壁などにカビが大量発生しているので、カビを餌にしているチャタテムシが大量発生するのも納得です。 大工さんには湿気対策として、床下換気扇をすすめられました。それで、ここのサイトで床下の湿気対策について色々と検索してみたところ、防湿シートという手もあるみたいですよね。手ごろな価格で、効果のある湿気対策としては、床下換気扇と防湿シート、どちらが良いのでしょうか? ちなみに、家は平屋78平米の木造軸組工法、築20年です。床下の高さは、大工さんに見てもらったところ、高いので大丈夫、と言う事でした。基礎は布基礎です。換気口は外から見える部分には10箇所ありますが、今手元に基礎図面がないので、家の内部の基礎の状態がどうなっているのかは不明です。基礎の内側の土は、大き目の砂利と土が敷き詰められているようです。近くに池や川はありません。家を建てる前は、大きめの砂利が敷き詰められた、道路より40センチくらい高い駐車場でした。 以上ですが、説明が足りないようでしたら補足いたしますので、ご助言いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 基礎のコンクリートについて

     いつもお世話になります。  新築の木造住宅を検討中ですが、以前このサイトで「基礎の養生期は毎日水をまいた方が良い」というのがあったのを記憶しているのですが、それは寒い2,3月の養生期にも該当するのですか?暑いときだけの話なのですか?  それと土の上に防湿シートを敷いてその上にコンクリートを敷くという基礎作りは正しいのですか?ちゃんと固まったコンクリートならば大量の湿気が放出されて床下が悪環境にはなるということはないのですか?教えてください。

  • DIY 畳からフローリング 防湿シート施工位置

    こんにちは。 今回築35年の古い木造住宅の 畳をフローリングにDIYしようとおもいます。 たくさんインターネットや本で調べたのですが、 書いてあることがまちまちで困っております。 1、古い基礎根太の下は土です。 2、そのうえに30ミリの根太を30センチ間隔で張る予定です。 3、その根太の間に断熱材 4、その上に防湿シート 5、その上に12ミリコンパネ 6、床を張る この方法であっているのか?ということと、 一番気になるのが防湿シートの施工位置です。 施工位置を間違えるとかびが生えるとか。。 日当たりが悪く、湿気の多い部屋です。 防湿シートの位置を間違えると恐ろしいことになるんではないかと 心配です。 皆様、防湿シートの正しい施工位置教えてください!! よろしくお願いいたします!

  • 壁の湿気で困っています。

    壁の湿気で困っています。 古いブロック壁の物置があり、今回そこに箪笥を置かなくてはいけなくなったため、自分達で改装しようと 思っているのですが、家が山の土手沿いにあり湿気がすごいのです。 床のコンクリートも常に湿ったような感じになっています。 そこで壁と床下に防湿をしたいと思い、コンクリート床に防湿シートを敷詰めその上に根太を入れてコンパネを張り、その上にクッションフロアを敷こうと思っていますが、これで湿気は防げるでしょうか?また壁面はどういう材料がいいのかお教え頂けないでしょうか。 できれば施工が簡単で費用がかからないものが嬉しいのですが。

  • 個人でする床下リフォームについてアドバイスを・・・

    家の構造は、布基礎なのですが、床下換気、防湿シートなどの対策がなされていません。 ベニヤ板をはいだときには、かび臭く、木ももろくなっており、かなり落ち込んでいました。 そこで、床下にある木はすべてとってしまって(家の支えにもなっていないので大丈夫です)鉄を利用して作ってみようと思います。 鉄関係の仕事をしているので利用できます。 その前に、土をコンクリートで埋めたいと思います。 しかし、個人でコンクリートを何袋も用意して施工するのは難しいと考えています。 ホームセンターに売っているコンクリートの板を敷き詰めて少しのコンクリートを流し込んでみようと考ています。 その上に、ゼオライトでも敷こうかと思います。 ちなみに、床下換気を設置しようとも考えましたが、壁から穴を開けると、外側は地中なのでだめです。 ここで、注意することや、こうしたほうがいいというようなアドバイスがあればよろしくお願いします。