• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

土地の境界から50センチ以内に、お隣が建築中。

 私は、3年前に土地を買い家を建てました。最近隣の土地を買われた人がいて今、建築中で、もうじきで完成です。  ただ、土地との境界から40センチしか離れていないところに、隣宅の外壁があるのです。これは、民法の50センチ開けることに違反していると思います。  なお、我が家の外壁は、境界から70センチはなれています。お隣があまりにも接近しており、非常に腹立たしく苦情を言いたいくらいですが、いまさら50センチ以上開けろといってもお隣も家がほとんど完成の近い状態なので、こちらもいまさら相手に苦情をいっても解 決策が見つかるとも思えず、ほとほと困っています。何かよい知恵はありませんか?。  それとも今後のつきあいもあるかもしれませんから黙って泣き寝入りするしかないのか、よくわかりません。  また、お隣の窓とバルコニーがいずれも、境界から1メートル以内にあり、そこから我が家の2階の寝室が丸見えになっています。(窓とバルコニーは別の面にあり、バルコニーのある窓からは見えないのですが、バルコニーに立てば我が家の寝室が見えるようになっています。)   私としては、目隠しをつけてほしいのですが、いつどのようにお隣に伝えたらよいのでしょうか。  ちなみに、我が家もお隣も、防火地域または準防火地域ではありません。用途地域は、準工業地域です。 我が家の周辺は、昔、別荘地だったので、古い屋敷がたくさんあったりしていて、家は密集しておらず、境界から50センチもあけずに建っている家は、少ないようです。  法律のことは全く詳しくないのですが、是非ともお知恵をお貸しいただけますようよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1379
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

隣地との境界線から50cm話すという民法の規定は、隣地の所有者が承諾すればこの限りではありません。 ご質問者は、承諾する意思がないわけですので、建築の計画を知った段階なり、建築が開始された時なりに、中止の申し入れをすべきでしたね。 建築が進んでしまうと、「黙認」したことになるだけでなく、撤去を要請しても先方の「財産権」を侵害することも絡んできてしまい、解決は非常に困難です。 方法としては、「現在の状態が違法であること」「次回建て直す際には、民法の規定通り50cm離すこと」という書類を書かせること位でしょうか。 但し、目隠しをつける要求はできます。 (民法235条)境界線より一メートル未満の距離において他人の宅地を観望すべき窓又は縁側を設くる者は目隠しを附することを要す これも、竣工後ですと何かとトラブルになりかねませんので、今度こそ「直ちに」申し入れしましょう。 遠慮や、お付き合いのことを考えて、肝心の権利が侵害されることを許しておくのは、本末転倒ですし、今後もあらゆる面でエスカレートしますよ。 それでも言いにくいようであれば、町内会長さんなどに間に入ってもらうか、お金はかかりますが事務的に弁護士を立てることもお考えになられたらいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答をしていただきありがとうございました。 今から考えれば、基礎のコンクリートができた時点で境界からの距離を知ることが可能であったので、その時に申し入れたら状況が変わっていたかもしれません。 とにかく、目隠しとつける要求はしたいと思います。

関連するQ&A

  • 土地境界線でお隣さんとの外壁のトラブル

    土地境界線、外壁のトラブルで困っています。昨年土地を購入(29坪)しました。下見に行って良い土地でしたので決めました。購入後、再度土地を見にいくとお隣との境界線に外壁が立っていました。 売主が勝手に作ったものでした。契約直前に強行して作ったらしく、外壁は我々の土地に敷いてあります。なんでもお隣さん(新築)が自前で外壁を作るので境界の真ん中に壁を立てたくないという理由から、我々の土地ギリギリ部分に外壁をサービスで作ったそうです。(お隣さんも我々と同じ売主から同じ時期に土地を買っています。) その後お隣さんの家が完成しました。しかし外壁を作る気配がありません。砂利を敷き詰めて我々の土地の作られた外壁に接地しています。売主を通して外壁の事を3者で確認しました。お隣さんは自分の土地が狭くなるので外壁は立てたくない。砂利も敷き詰めたままにしたいと言って怒っていました。どういうわけか売主も我々に対しては冷たい態度です。壁を我々の土地内にどうしても作りたいみたいです。全然正当な理由が無い上に、感情的な相手で、話にならないので諦めましたが、普通、外壁は境界の真ん中に立てるべきではないのでしょうか?そうでない場合はどちらかが泣きをみるのでしょうか? 法律的にはどうなのでしょうか?こういったケースは他にもあるのでしょうか?

  • 土地の境界線より50cm隣地を購入する場合について

    はじめまして。 相談させてください。 今回土地を購入したのですが、西側と北の建物が50cm境界線より下がって塀をつくられています。 (1)家を建てるにあたって北側は基礎をつくり50cm土盛りをしなければならないので、お隣の塀から我が家の塀の間に50cmの隙間ができます。 (2)西側も50cm下がって塀をつくり家を建てられています。高低差があり西側は1m高いです。 昨日西側の家の方と話す機会があり、昔測量した際に境界線ぎりぎりに塀をたてたつもりだったが、昨年我が家が購入した土地を売る際に測量し直した際に、実際は50cm塀より土地があった、ということでした。 そして、西側の家の方の南西にあたるところに別の方が土地を購入され、土地ぎりぎりに塀をつくられたため西側の家の塀から50cmあけて、塀をつくられており、その隙間の50cmが影になっており活用されることなく、持ち主の西側の家の方は南西の方とその境界線についてトラブルがあって嫌な思いをした、といわれていました。 西側の家の方は、「こんな余分な土地はいらないんだけどね」と話されていました。 当方としては話をしていただけだったんですが、なぜか西側宅の塀から50cm余っている土地を購入しないかという話がでてきました。 当方は子供が2人おり(2歳、10か月)、外で遊ぶ際に隣の敷地に入らないよう、また、境界線は代が変わっても見た目でもしっかりわかるようにブロックなどで仕切りたいため、悪い話ではないのですが、はじめは50cmあいているため、土地の西側は境界線ぎりぎりに植栽をしてすませようかとの提案が不動産の方からありました。 今回悩んでいるのは上記(1)、(2)の条件から、境界線より50cm相手側の土地を購入した方がよいのか、今現在の境界線部分に植栽などでブロック代わりにして済ませるか、についてです。 また登記上の手続きにかかる費用、第3者がみてもわかるような手続き(売りに出した場合や代変わりした場合)など、どのようにしたよいのか教えてください。 乱文で読みづらいかと思いますが、アドバイスよろしくお願い致します。

  • お隣さんに困っています。境界線についても・・・。

    2年前にお隣さんと2ヶ月違いで家を建てました。 (うちが後です)お隣さんとはそれぞれ境界線から約50センチ強、建物の間は1メートルちょっとになります。 当初、お互い間が狭いので、フェンス等は作らない事にしていました。 この2年間、お隣さんには色々あって我慢していましたが、最近、家の玄関周りに置いておいた子供の物が頻繁に無くなりました。ある日、お隣のお子さんAくん(4歳)がうちの敷地に入ってきたので、窓から覗いていると、やはりAくんがうちの物を手に握り締めて、持って行こうとしていました。私はその場で注意し、今まで無くなった物の事も聞きましたが、知らないと言われました。 お隣の奥様にこの事を知りません。 そしてつい先日、突然うちとお隣の家の間で工事を始めました。業者の人はうちの敷地に入って、穴を掘ったり、セメントをこねたり、Aくんも一緒になってやっていました。工事について、お隣さんからは何の説明もなしです。その日の工事が終わり、外壁を見てみると、泥はね、セメントはねが沢山ありました。 私が壁の汚れを落としていると、そこへお隣さんがやってきて「すみません」の一言。 で、次の日も業者の方はまたうちの敷地に入って作業。そして、横1メートル縦2メートル、奥行50センチほどの大きな装置?が、うちとの境界線本当にぎりぎりに設置されました。前、何か見た事があるのですが、物置は境界線から50センチ離さなければならないとか?これも当てはまらないのでしょうか? これを機会に、お隣との境界線にフェンスを付けようと思います。うちは車を1台停めるのもやっとの狭い敷地なので、(お隣は車が余裕で2台停められます)お隣さんと共同で作りたいと思います。けど、お隣さんに拒否されてしまえば、うちの敷地内に作るしかないでしょうか? まとまりのない文章ですみません。何かご助言いただけたら嬉しいです。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • kobalt
  • ベストアンサー率31% (1861/5999)

我が家の話ではないのですが、近所のかたが新しく建った家と 自宅の家が同じ位置に窓があり、新しい家のほうが若干上に 窓があったため、完成寸前に「目隠しをつけてほしい」と住宅メーカーを 通してお願いしたようです。 結局つけましたが、新しい家の人は雨戸を閉めっぱなしですね。 気をつかっているのだと思います。 最初から違う位置に窓をつけてあげれば良かったのに、住宅メーカーも 配慮しないのでしょうかね。 身内がアパートを建てる時も近所から目隠しの要望があり、つけました。 つけるかつけないかは多分義務はないと思いますが、言うだけは 言ったほうがいいでしょうね。 相手ものぞく気がないのに「のぞいている」と思われるのは不快でしょうし 言われればつけるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • jetaime
  • ベストアンサー率42% (82/192)

 ♯4です。すみません、勘違いだったようですね・・・ 過去の質問等を見ていると、民法と建築基準法で矛盾があるようで、それで勘違いして覚えていたようです。 現実に家を建てているということは、建築基準法に基づいた確認申請は通っているということで、ここが民法と矛盾しているところですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答どうもありがとうございました。 確認申請に通った図面がみれるか役所に行ってみます。

  • 回答No.4
  • jetaime
  • ベストアンサー率42% (82/192)

ゆったりとお家を建てている地域に、隣家がわずかしか離さずに家を建ててしまうのは残念ですね。 「民法の50cm離す」という決まりは、壁芯から測ると記憶しています。(←勘違いだったらすみません) ですので、外壁の外から測ると実質40cm位にはなりますが、民法を守ってないことにはならない・・・かと。隣家を建てているハウスメーカー等に確認してみたほうが良いかもしれません。 建築確認はきちんと通っているでしょうから、違法建築ともあまり考えられないでしょうし。 バルコニーの目隠しの件は、隣家の方とまずお話しないと話が進みませんので、その時に、窓が近くて気になるのはお互い様という感覚ですすめてみたらどうでしょう? こちらも見えにくいカーテンをつけるので、そちらも簡単な目隠しをつけていただけませんか? とか。 当方は東京23区内なので、隣家とはびっちり密着しています。(最低限の50センチは守っていますが) うちを建替えるときには、隣家との窓の位置とか換気扇の位置とかは相当気を使ったんですけど、mac0000macさんの隣人の方はどうだったんでしょうか?十分配慮したつもりでいるかもしれませんので、あくまでもお願いという形でやんわりとが良いと思います。(私見ですが) 参考にならない意見かもしれませんが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

HPによると、 「民法では「外壁まで50cm以上の離隔」と規定しています。」とのことです。 http://www.mmjp.or.jp/vankraft/soudan2/200107/20010709_02.html

  • 回答No.2
  • HONHON
  • ベストアンサー率16% (138/835)

もう出来上がってしまう家はどうしようもないですよね 之からまがいお付き合いになるのですから、あまりことを荒だたてたくないでしょう いっそ思いっきり考えを変えて・・・ お隣さんと仲良しになる お友達になれば、多少のことも目を瞑れます まあ、しばらくはあなたのおうちの窓に 見られたくないと思うならカーテンを閉めておくくらいしかないですよね 今はレースのカーテンでも、うちからは見えても外からは見えにくいと言うのがあります 通販など探してみてください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!!

  • 回答No.1

自分の土地に自分の費用で塀を建てるべし! これで万事解決でしょう 耐火材質の塀にすればなお良いでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 隣人との境界から50cmに建築するには

    現在新築を検討しているものです。業者と間取りの相談をしているのですが、土地が狭いためにどうしても隣人(私にとって南)側との境界から50cm~60cmのところに建てたいと思っています。 市役所に確認したところ50cmの間隔でOKの土地とのことでした。 また同じ町内会の人がその小路に全員が面しているんですが、ほとんど全部の建物が隣人からの境界からそれぞれ50cm程度(つまりほとんど隣人宅の隙間が1m)のところに建てられています。ちなみに隣人の建物も境界線から50cmくらいです。 過去ログを見ると、隣人の了解があれば50cmに建てられるそうですが、隣人がNGを出した場合でも、近所の慣習が50cmで建てられている場合、隣人がNGでも建てられるようなことが書かれていました。 http://oshiete.homes.co.jp/kotaeru.php3?q=1857746 の#3など。 これは民法で明記されているんでしょうか? できれば、下記内容は民法の何条に明記されているか教えてもらえないでしょうか? ・境界から50cm以上空ける必要がある ・近所の慣習上でほとんど50cmで建てられている場合、これを優先する(・・・という内容?) また、1m未満で建てた場合に隣人が窓に目隠しを要求できるのは、具体的にはどういった内容なのでしょうか? 隣人の窓と真正面の窓だけでしょうか? 隣人の窓と半分くらい以上重なる窓だけでしょうか? 隣人の窓と完全にずれるように互い違いに窓を付ければOKでしょうか? 基礎を隣人より50cmくらい高くしてもダメでしょうか?(多少目線が合わないので・・・ムリですよね) 目隠しは、2重カーテンの設置のみだとNGでしょうか?(但し掃除の時だけカーテンを空けたい) 目隠しはスリガラス? この辺の目隠しの規定がもしあれば詳しく教えてもらえないでしょうか?

  • 購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上

    購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上 新築予定で土地を探している者です。最近、非常に気に入った土地を見つけました。ところが、1つ気になることがあり相談します。 土地は更地で、長く駐車場として貸されていたようです。持主は少し遠くに住んでおられ、実際にこの土地に居住したことはないそうです。数年前に隣家が家を建てたようですが、隣家との境界線上にある低いブロック塀の一部が数メートル取り崩され、その部分には隣家の外壁が境界線上まで来ています。つまり、民法234条では隣地境界線から50cm離して家を建てるように規定されていると思うのですが、50cmどころか0mmです。隣家はこちらの土地に入らなければ外壁のメンテナンスすらできないということです。 持主はこの土地に居住していなかったため、売りに出すまでこの事実を知らなかったようで、もちろん承認もしていないそうです。それでも「完成まで異議申し立てをしなかった」ということで黙認=承認したということになってしまうのでしょうか? 周辺の家を見てみても、このように敷地ギリギリに建てている家などありませんので、この地域の慣例と言うわけでもなさそうです。 第2種住居地域ですから、おそらく防災・準防災地域ということもありません(これは不動産業者に調査依頼中)。 比較的、間口が狭くて奥行きのある土地なので、もしこの土地に家を建てるとすると、隣家との間にこちらが随分後退して家を建てる必要があり、間取りも制限されてしまいます。 まだ私が購入している訳ではありませんが、もし購入して住むとなるとずっとモヤモヤした気持ちを隣家に対してずっと抱き続けることになるのかと思うと気が重いです。 また、私は実際にその隣家の住人と接したことはありませんが、「自分の家さえ良ければ隣が迷惑しようが知ったこっちゃない。気付かれる前にさっさとギリギリまで建ててしまえ!!」とばかりにこのような暴挙(?)をやってのける住人が隣に住んでいるというのもリスクが高いと考えたほうがよいのでしょうか? 御回答宜しくお願いいたします。

  • 境界塀とその上の建築物について

    実家の隣に建設中の塀&建物についてご相談します。 業者が費用自分持ちで境界の塀を新しくしたいと言って来ました。理由は従来の万年塀よりブロック塀の方が強度が高いとのことで、特に塀が傷んでいたわけではありませんが了承しました。 後日、境界上に作るにもかかわらず、連絡なしでこちらの立会いもなしに工事を始めたので止めるよう言いましたが聞き入れませんでした。毎日見ていたわけではないので詳しい経緯はわかりませんが、かなり建物ができてからわかったのは、従来の塀は高さ約1.8mでしたが、新しいものは高さ約2mで、中心部は幅約3mの範囲でブロック2段分の上に境界ぴったりに隣家の外壁が乗って2階分の高さがあります。なおブロック2段分上のこちら側には、「とい」がつけられています。塀が途中(縦にも横にも)で隣の外壁になっているのは、こちらから見てかなり異様な印象です。いろいろ調べてわかったのは以下のとおりです。 1.建築許可は下りている(役所で確認済み) 2.当該地は都内郊外の低層1種および準防火地域。 3.民法では建物は境界から50cm以上離すことが求められる。 4.建築基準法では、防火および準防火地域では外壁が耐火構造建築物は境界ぴったりに建てられることが認められている。隣家の建物が該当しているかは不明。 5.周辺の環境は当家も含めて50cm以上離れている。 業者から境界線に接した建物が建つ説明は今まで一切無しで、従来の塀の除去から始まって、業者の思惑に高齢の両親がまんまとだまされたような悔しい気持ちです。こちらの希望は、塀は高さ一定の(普通の)形状のものにして、外壁を境界から50cm以上離してもらいたいのですが、可能でしょうか。物件は、建築業者が施工中で買い手は未定です。建築物がほぼ出来上がりつつあるので、最速手順を知りたいのです。以上よろしくお願いいたします。

  • 民法235条について

    民法235条について 最近、戸建を購入いたしました。 土地購入時期はほぼ同時期でしたが、お隣は建売業者が購入し建設したため 我が家より先に家が完成し我が家より1ヶ月近く先にそちらに引越しました。 我が家は、設計の打ち合わせ等があったためお隣の完成から3ヶ月後に家が完成しました。 ここでご質問なのですが、民法254条に 『境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側 (ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。』 とありますが、後から建った我が家がもし目隠しをお願いした場合、民法上の効力はあるもの なのでしょうか? 地域の慣習にもよるかと思うので必ずしも効力があるとは限らないと思うのですが 完成の前後によって効力の有無が変わるのかが疑問です。 因みに境界線からお隣までは50cm離れています。 宜しくお願いします。

  • 境界線50cm

    このたび家を建て直す事になり、なるべく大きく建てたい為、境界の50cmを20cm位にまでお隣に承諾を頂き行く予定にしているのですが、どの程度のレベルの承諾を頂けばいいのか分からなく質問させていただきました。簡単な話だけでOKなのか、証明書や印鑑などがいる位までしたほうがいいのか・・・ よろしくお願い致します。

  • 土地の境界問題について

    お隣と土地の境界でもめています。 その土地は、かなり古い建物(築100年を越えます)がある古い土地です。 土地の間にはU字溝があります。 お隣さんは、U字溝は全部自分の土地だといいますし、 土地の持ち主(叔母)はU字溝は自分の土地だといいます。 実際、そのU字溝は、叔母しか使っていません。 (もう使って10年は経ちます) ただ、U字溝の脇には、石垣があり、U字溝はその石垣の下にあります。 (ので、普通に一見みると、お隣の土地かしら・・と見えます) が、U字溝は、叔母の住む母屋(築100年を越える家)の軒下真下にあります。 ですので、屋根からの雨水が他人の土地へ落ちるようには、 まさか家を建てないと思うのですが・・・。 また、土地の境界がどうのというより、 U字溝を取れ!とお隣さんが言います。 我が家は、叔母の(現在介護施設にいます)代わりに土地の管理(草刈など)を しているだけです。 毎日のように、U字溝を取れ、(完全に叔母の土地に生えている木なのに、 枝がお隣さんの家に入ると嫌だからと、←まだ全然入ってないです。  切れきれといわれます。) そして、最近石垣も自分の土地に、 (長年の間に、)ずれて入ってきたのだと言い出しました。 石垣は、まっすぐではなく、 かなり曲がっているところもあります。 そして、さらに、最近、 土地の端っこ(一番裏側、お隣さんとの境界部分)に杭が見つかりました。 それはU字溝のお隣さん側にありました。(埋まってました) ・・ということは、その部分はU字溝は確かに 叔母の家の土地みたいです。 でも、 お隣さんは、U字溝は全部うちの土地!!といいます。 ちなみに叔母は、そんなことは絶対ないと言っていますが・・・。 U字溝は取らなければならないのでしょうか?

  • 土地の境界線超えについて

    南北に長い土地を購入し新築一戸建てを建設予定です。 北の隣の家が境界線より50センチほど控えて家を建てられています。(敷地ぎりぎりに建てたつもりが、計測し直すと実際は敷地内に控えてつくられていたそうです。) 我が家の土地がやや斜めになっており、西から東にかけて、東側の方は50センチほど、西になるにつれて、20センチほどななめに控えて北の隣の方の塀(ブロック)が積んであります。 北西が一番土が上がっていて、北東になるにつれて盛り土が50センチほど必要になるそうです。 そこで、工務店の方からの提案として、我が家の敷地内ぎりぎりにブロックを積んで盛り土をしたとしても、北の家の方は20センチ少々の土地の使いようがないため、変な隙間(北の家の方のブロックから我が家のブロックの隙間)をあけるより、境界線を越えることになるが、北の家の方のブロックの背中合わせに我が家のブロックをつくり家を建てた方が良いといわれました。(まだ、北の家のかたには何も言ってないので、了解を得てからになる話ですが・・)  そうなると、単純に境界線を超えて家を建てることになるのです。 何かトラブルが起きないか不安です。 しかし、変な隙間をあけて土地を造成し、その50から20センチの隙間に子供が物を落として取れなくなる。。というの大変だなと思います。 これから長く住む土地ですし、隣人とのトラブルはなるべく避けたいのが一番です。 子どもの代になってトラブルが起きるのもいやですし、この場合どのような対策をとるべきでしょうか。 どなたかアドバイスお願いいたします。

  • 隣地境界線から50cm空けるのはどこからでしょうか?

    都内に家を建てる事を計画中なのですが、当家の外壁から境界線 まで30cmしか空けられません。(というか現在そのような計画中です) 民法では、50cm以上空けなければならないという事ですので 隣地の方に30cmで良いかご挨拶に伺ったところ、50cm以上は空けて 欲しいと言われてしまいました。 そこで本題ですが、隣地から50cm以上はなさなければならないところは どこからになるでしょうか? 私がお願いしている設計士さんは、屋根の出っ張りなども入ると言って ますが、本当でしょうか? ※Webなどで調べると外壁からとなってる意見が多いようです ちなみに隣地の方は、外壁は50cm以上離れてますが、出窓や屋根は 50cm離れてません。(特に屋根は敷地境界線上ぐらにあります。) それなので、設計士さんは、今回のケースはお互い様なので 50cm空けなくても、許可していただけると思いますと言っています。 どうなんでしょうか??

  • お隣さんとの境界線に付いて教えて下さい

    お隣さんとは25年の町内のお隣さんとしてお付き合いをしています。7年前お隣さんは古い家を壊し住宅を新築し、家と共に物置、ホームタンク、土留め石、LPガス等の工事も完成しました。工事終了後数日で付随した工事物が私の土地に入り込んでいる様に見え、境界杭を確認したところやはり約20センチ程入り込んでいました。隣の御主人と顔を合わせる機会が半月程でやって来たので 「実は.....」と話しご主人も境界杭を確認して自分の否を認めました。解決策として次回付随物の修理など工事する時は境界線に従うと言う口約束で現在にいたっています。 質問ですが20年間この20センチの関係を続けるとお隣さんにも権利が発生し、「取り戻す事が出来なくなる」とうる覚えですが聞いたことがあります。間違いでしょうか?25年のお付き合いも大事ですし解決しようとすると こちらから働きかけないと他人の痛いのは3年どころか 30年でも我慢出来る筈ですし困っています。どう切り出していけば25年の関係を損なわずに解決出来るかその辺も含めて教えて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

  • 隣地境界線より50cm以下の通風などの害

    準防火地域内に新築した家(鉄筋木造)の一部屋に住んでいます。 私の住居には縁側(唯一の窓)がありますが、境界線より50cm以上離してあります。 しかし、昔からある隣の家(木造)が境界線ギリギリに建てられており、縁側のすぐ前に隣家の台所と風呂場の窓があるため、通風の悪さと湿気によって、私の住居に障害が出てしまいました。 ギリギリに建っているため、通風がとても悪いのに加え、頻繁に台所や風呂を使用している様子のため、湿気の害がひどく、うちはカビだらけになってしまいました。クリーニング費用がかさみます。 また、庭の木もみな病気になり、メンテナンスしても治りません。 また、窓があまりに大きく開いているため、プライバシーの問題上、窓を開けるにも気を使いますし、洗濯物も干せません。 何とかしたい思いますが、損害賠償できるのでしょうか。 また、目隠しはどちらがしなければならないのでしょうか。