• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日本史か世界史、どちらを選択すべきか…

現在高校1年生、4月高校生2年生の女子です。 文系を選択したので、来年日本史か世界史の どちらかを選択しなければならないのですが、 期限が過ぎてるのにまだ決められません。 (先生に無理を言って待ってもらいましたが…) 小学生・中学二年生の時に日本史を、 高校1年生の時に世界史をやったのですが… ・日本史を選ぶ(私にとっての)メリット →掘り下げてやるので、面白そう →小・中の時にやったので楽そう →世界史に比べたら受験勉強が楽らしい。 ・日本史を選ぶデメリット →世界史に比べて将来役にたたないらしい。 →大学に入ってから世界史やってないと苦労するらしい。 →詳しすぎて、どうでもいいことまで覚えさせられそう (仏像の高さとか…) ・世界史を選ぶメリット →将来、大学に入ってから役に立つ。 →学校で地理もやらされるので、  範囲が被ってる。 →ヨーロッパ史とかは、日本史とかより面白そう。 ・世界史を選ぶデメリット →地理が苦手。 →国同士の横の繋がりを覚えるのが苦手。 →カタカナの名前があまり好きではない。 →受験勉強が大変らしい。 といった具合で、かなり決めかねてます。 特に気にしているのが、 「世界史をとっておくと大学で役に立つ」って事です。 長文・乱文ですみませんが、文系で大学受験をした方、 現在大学で世界史が役に立っている方などに アドバイスいただけたらありがたいです。 (ちなみに進路はまだ決めてないのですが、  法学・経済学・経営学・社会学・心理学等に  興味を持ってます。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数16
  • 閲覧数6144
  • ありがとう数25

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#10644
noname#10644

高校で日本史選択、大学は法学部でした。 はっきり言って、日本史か世界史かが大学の勉強で致命的に必要だったというのはありません。 科目にしても、同じ「法制史」「比較法」という名前でも、 大学によって、というより教授によって取り上げる国は違います。 だから法・経・社、心のような学部なら、 この学部ではこっちの史学の方が役に立つというのはないと思います。 法学部の中にも多数の科目があるのですからこの大学はこっちの方が重点的というわけではないと思います。 何だかんだ言ってどっちもそこそこ必要なんですよね。 私は世界史をお薦めしたいのです。 私の経験では、大学の勉強での苦労ではなく、 大学生として世界史を知らなくて恥ずかしかったのです。 世界の建造物や芸術作品にしても超有名なものしか知らないし、 何処と何処が争っているということがわからなくて、 周囲の話にたまについていけないことがありました。 世界の紛争などは現在進行のものが多いので日常の会話にも授業の題材にも上ります。 しかし日本の過去について日常で話すことはそんなにないです。 日本の現在のことならニュースを見ていればわかりますし。 でも世界の現在はニュースを見ているだけではわからなかったです。元の知識がないと。 大学生としては世界史の知識が必要だったなーと思います。 日本のことが知りたければ大学から学んでも実用的に遅くないと思うんです。 「日本思想」「日本民俗学」「日本芸能史」「日本史学」やらをとっていましたが、 外国の人に日本のことを話すのに十分なくらいは学べると思います。 (これらの授業を受ける上で日本史の知識が多少役に立ったというのはありますけどね。) しかも私は日本に興味があったので高校で日本史を取りましたが、 ちっとも面白くなかったです。 北条の誰々が何をしたとか徳川の誰々が何をしたとか。 誰でもいいがなって感じでした。 大河ドラマを見てやっと覚えられたくらいです。 先生が悪いんでしょうけど、歴史小説なんかは本当に面白く読めるんですけど、 教科書の文章を読んでいても面白くないし頭に入ってこないんですよね。 いつも「これ覚えたら何か役に立つのかな?」が頭にありましたし。 (今では少し役に立つんですけど) まぁ、それが質問者さんに当てはまるかはまらないかは別ですが。 高校の日本史の内容くらいで外国の人に語れるほどのものを身につけられるかな?というのも疑問です。 私が真面目にやらなかったからかもしれませんが。 日本の姿の深い所は見えてこないような気がします。 私は断固世界史をお薦めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! なるほど、大学ではどちらも知識として必要なのですか。参考になりました。 確かに世界史は割と常識的な事を学びますからね… やってないと後悔するかもしれません。 でも、受験では日本史をやって、 大学入ってから世界史、 という事もできるって事ですよね? 日本史は細か過ぎる所がありますよね… その点も気がかりです。

関連するQ&A

  • 日本史と世界史の選択について

    私は高校1年生です。今、ちょうど文理選択の時期ですごく迷っています。 私は迷うことなく文系で、地学までは決めることが出来たのですが、 日本史と世界史を決めることが出来ずにいます。予備調査では日本史と 提出しました。それは1学期は世界史のほうが圧倒的に頭に入ってきたのに、 2学期中間の勉強をしたら日本史の方がわかったからです。 私は地理が苦手なので、世界史で、どこの国がどこにあるのかなどの白地図がわかりません。だから日本史を徹底的に覚えていこうと思ってもいるのですが・・・やっぱりまだ きっぱり決められずにいます・・・汗))授業は私のクラスが特進なので先生はどちらも最高にわかりやすいのでさらに決められません・・・大学入試で、どちらが点が取れるなどの情報はありますか??ホントに迷っているのでどなたか決定のヒントをいただけますか?? お願いします。

  • 日本史と世界史って・・・

    大学受験に向けて勉強をしている最中なんですが、文系の場合“日本史”と“世界史”ではどちらを選択する方が点数を取りやすいのでしょうか?過去のセンター試験の平均点では世界史のほうが高いのですが…でも僕は日本史の方が得意なんです。あと、東大受験なら世界史の方が良いと先生に言われたのですが本当ですか?

  • 日本史or世界史?

    そろそろ、学校で文系の地歴の科目選択をする時期です。 この選択がセンターの受験科目ともなるので結構重要です。 そこで地理はとるとして、あとひとつに日本史か世界史のどちらをとるべきでしょうか? 一応、中学のときは日本史が好きで、相当詳しくなった(とはいっても中学レベルですが・・)つもりなので、高校でも日本史に興味はあります。しかし世界史のほうが覚える分量が少ないらしいのですが・・・。どちらをとるべきでしょうか?双方のメリット、デメリットを添えてご回答お願いします。

その他の回答 (15)

  • 回答No.16
noname#9901
noname#9901

#15です。自分のレスを読み直して、アジア史のこと、日本史のことを無視しているかのように錯覚されかねないので言及します。 #15で西洋史の重要性は示したつもりです。社会科学の基礎に西洋史が位置づけられますよ、という意味です。 ではアジア史(東洋史)はどうか。 東洋史も大切です。しかし、東洋史は西洋史以上に難しいです。ブハラ、サマルカンド、イスファハーンなんていう地名をきいてイメージが湧きますか。アブド=アッラフマーン3世とか、イブン=ルシュドなんて名前を聞いてどんな人か連想できますか。西洋史以上にイメージのつかみにくい分野であることは確かです。 しかし、現代国際社会は、すでに西洋・アメリカだけで世界の秩序を切り盛りしている時代は終焉したといえます。9.11のテロはあまりにも有名ですが、あの事件なんていうのは氷山の一角に過ぎません。第二次世界大戦の中東戦争に端を発す「中東問題」についても、これを理解するためには、1948年の第一次中東戦争を学べばハイおしまいというわけにはいきません。中東問題の背景は、近いものでは第一次世界大戦中のイギリス、フランス、ロシアという列国の恣意的な外交にあります。具体的にはフサイン・マクマホン書簡、バルフォア宣言、サイクス・ピコ協定、およびサンレモ決定です。しかし、これらを学べば中東問題のねっこを理解したことにはなりません。そもそものユダヤ人とアラブ人の対立は、古代ローマ帝国でハドリアヌス帝がユダヤ人を追放して「祖国なき民」と化したことに発祥します。しかも、今でこそ「アラブ人」がユダヤ人の敵となっていますが、いわばこれは歴史的に作り上げられた登場人物です。本来、アラブ人とユダヤ人は無関係なのです。古代ローマ帝国以後、中世、近代と彼らユダヤ人は受難の歴史を歩んできました。そこに追い討ちをかけたのが、ナチスを率いたアドルフ・ヒトラーが、ミュンヘン一揆後に獄中でしたためた「マイン・カンプ」の中で提唱した民族闘争理論でした。ユダヤ人はハエ、蛆虫、蚊のごとく抹殺すべきというものでした。 さて長くなりそうなのでこのへんにしますが、したがって、現下の「中東問題」ひとつ取ってみても、これは単なる宗教上の問題でもないし、政治上の問題でもないし、経済上の問題でもありません。歴史的に複雑にからみあってしまった紐を一つ一つ解かなければ、なにも始まりません。しかし、世界史を知らないこんにちのジャーナリストのなかには、「中東問題は宗教が絡む問題だから我々日本人には複雑で難儀だ」なんてとんでもない発言をしています。歴史を軽視するがゆえの失言です。無知です。そんなことはありません。歴史を紡げば、だれに責任があるのか、何が原因なのかが分かります。そうしたことの基礎を学ぶのが「世界史」です。そして、そこから先のこと、つまり「どうすればいいか」は政治学、経済学の受け持つ分野となりましょう。歴史は、示唆を与えるものですから、それ以上の行動性は期待できません。 ということで、具体的に中東問題を例にとって見ましたが、「今のこと」を突き詰めるには、歴史的なアプローチが不可欠だと言うことを申しておきます。実際、日本は歴史を軽視していますが、海外では政治学や経済学を学ぶものには、語学、哲学、そして歴史の知識を求めています。こういうスタンダードが日本ではまだ普及していません。だからこそ「歴史不要論」が出るのです。それは、利潤追求型の企業社会の成員である大人であればあるほど、傾向が強まるのだと思います。 次に、日本史についてです。 日本史を私は推していませんが、だからといって日本史は不要なものだと思いません。では、どうして高校生段階で日本史を推さないのか。 理由は、中学校社会科で日本の歴史は一通り学んでいるからです。私は、歴史は一通り学べばいいと思っています。高校日本史は、細かいというより、悪いことばでいえば「些末」です。些末とは、とるに足らないほど細かいという意味です。もっと言えば「ムダに細かい」です。社会科学を当面のやりたい学問とする者にとっては、あれほどの深さは不要です。日本の歴史については、すでに中学社会で学んでいます。中学社会程度の深さ(薄さ)でよいのです。しかも、世界史の「深さ」と中学社会日本史分野の「深さ」は同じくらいだと思います。つまり、ある程度の深さは、日本の歴史についてはすでに中学時代に学んでいるはずなのです。 史学の道に進むのでもない限り、あまり「深さ」を求めても意味はありません。それより「広さ」が重要です。もう中学であらかた日本史はやっているのだから、高校段階では世界史をやって欲しいという気持ちがあります。ですが、私たちは日本人です。いずれにしても、日本近現代史、とくに明治維新以後の、今の日本が生まれていく過程は、どんなかたちであれ学んで欲しいと思います。 長文失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 2つまとめてお礼させていただきますね。 そうですね、大学で勉強する場合、 下敷きとして世界史の教養が必要そうですね…。 受験の為の勉強としては日本史の方が良いような気がするのですが、 将来の事を考えると世界史を取るべきなのかもしれないと考えさせられます。

  • 回答No.15
noname#9901
noname#9901

私は地理歴史・公民の教員養成課程にいる者です。大学受験時代、世界史と日本史をともに学んだ立場から書きます。ちなみに私の専門は史学ではなく、開発論(政治+経済+社会学みたいなもの)です。 端的に行って、迷っているならば世界史にすべきです。 なぜなら、大学で学ぶ勉強は、日本○○○というような科目を除けば、一般的には国家にとらわれない視点で行われるからです。そして、経済学にせよ法学にせよ社会学にせよ、全てが西欧に発祥しているものです。経済学に関して言えば、経済学理論の多くが西洋人が提唱したものです。経済史的視座に立って言えば、重農主義は近代フランスで提唱されたものだし、重農主義は絶対王政期を迎えた英、仏、スペイン、ポルトガルなどで芽生えた経済政策理論です。政治についていえば、今はやりの「国際関係論」において基本単位となる「国家」という枠組みは、中世ヨーロッパの封建社会を脱していく形で生まれた社団国家(フランス革命直前のフランスが代表的)、そして社団国家をより強固なかたちで統合した国民国家という変遷の中から学ぶことができます。国民国家の統合のモデルとしては、ドイツ、イギリス、フランスを想起すべきです。 あるいは社会学でいえば、そもそも阿部謹也(社会学者)が言ったように、「社会」と言うことば・概念は本来日本には存在せず(日本には世間しか存在しない)、「社会」を学ぶ学としての「社会学」は西洋近代社会に根ざしていると言います。 私は何も、ヨーロッパかぶれになれ、とはいいませんる。しかし、社会科学というわれる諸学問は全て西欧で誕生し、醸成され、深められてきたことは事実です。そして、社会科学の根本的知識というべき「国家」「市場」「法」の理解に、世界史の理解は欠かせません。 それは、直接的に役立つと言う意味ではありません。下に書いておられる方々は、歴史の知識が直結的に役に立つかどうかで語っておられ増す。そういう意味では歴史は愚か、高校で学ぶほとんどの教科が役立ちません。そうではなくて、世界史という前提があるからこそ、導入されていく分野というものが社会科学には多いのです。残念ながら、日本史は、大学で日本史学や日本文学、あるいは日本経済、日本政治などを扱わない限り、必要ないでしょう。しかし、グローバル化の進む今日、Aという国家の事象がまたたく間にB、C、…と他の地域に伝播します。一国で片付く社会問題はほとんどありません。 長くなりましたが、潜在的教養という意味で、世界史を推します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14

私は世界史や日本史を教える側の立場です。毎年、agonyさんの様にどちらをとったら良いかという質問を受けますが、以下の様に答えていますので参考になれば良いのですが。 まず、受験用に覚えなければならない、用語・人名などは日本史も世界史も共におよそ5000語で変わりません(ちなみに地理だと約4000語、政経だと約3000語です)。 また、日本史で言えば明治維新以降、世界史で言えば帝国主義時代以降は教科書の3割程度を占めていて受験にとって必要かつ大きな分野ですが、これは日本史と世界史と内容は重なります。つまり、世界の歴史全体の中で日本の果たす役割が大きくなってくるので、日本史という科目でも世界の情勢が判らないと理解できないし、世界史という科目の中でも日本の動きやその内部事情が判らないと理解しがたくなります。もちろん、重心が世界と日本のどちらにあるかが異なりますが、学ぶには大差がないとも言えます。 なお、ついでに言えば地理と世界史も内容の重なりが多いですが日本史と地理は重なりが少ないので2科目合わせた場合の用語数は日本史+世界史だと9000語、世界史+地理だと8000語、日本史+地理だと9000語となります。(実際的に考えるなら自分が既に知っている用語数を引いて残りのあと知らなければならない用語数を出して考えてください) また、試験の内容レベルとしては日本史の方が難しめという印象です。世界史の場合は広大な地域・時代の中からどこがでるか判らないということで戸惑いますが、聞かれている内容は教科書の太字の範囲が判っていれば充分です。これに対して日本史の場合は教科書の下の脚注の内容まで覚えていなければ、点がとれない場合が多いです(それを含めての用語数です)。 何人かの人が答えていますが、大学に入ってからの勉強について言えば、世界史を学ぶ方が日本史を学ぶよりも困難です。つまり、書店の歴史書の棚に行って見ると判りますが、日本史の本の方が多く、石の森章太郎の「マンガ日本の歴史」というようなものもありますが、世界史関連では専門書はともかく一般教養的な本は少ないです。もっとも、これは逆に言うと受験勉強においても日本史の方が参考になる本が多いということになります。 まあ、正直な結論としては自分の好きな方をやりなさいというアドバイスしかできませんが、どうやら地理も必修の様ですから、私としては世界史・地理の組み合わせが良さそうに思えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 教える側からの意見はとても参考になりました。 そうなんですよね、日本史のマニアック過ぎる所が 結構気になります…。 世界史の本の方が少ないっていうのは意外でした。

  • 回答No.13

俺は、日本史を選択しています。世界史で出しましたが、変更してもらいました。というのも、世界史で受験に耐えうるだけの、覚えなければ行けない量は、日本史の1.2倍ぐらいだそうなので、受験のことも考えて、日本史にしました。まずは、大学に合格できるかと言うことを優先してはいかがでしょうか?世界史なら、大学に行ってからでも、学べるし、図書館や書店でも世界史に関する興味深い本だってたくさんありますし。漢字覚えるの苦手で世界史選んでも、世界史の中国史に訳の分からない漢字だって出てきますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 確かに、受験の時期に覚える事の多い世界史を やる事は負担になりそうですよね…。

  • 回答No.12
  • david15
  • ベストアンサー率23% (12/51)

高校で日本史を選び(世界史も少し授業はありました)、大学は文学部で史学を専攻しておりました。 大学で必要な歴史の知識(史学を専攻しない場合)は、凡そにおいて一般教養レベルと言っていいでしょう。 世界史が「役に立つ」と言われるのは、ご本人や#1さんのおっしゃるように地理の知識が付随するからです。 世界史を学習することは一石二鳥というわけですね。 さて、受験するにあたってどちらを選ぶべきかということですが、大変さはどちらも同じです。 好き嫌いで選んでも問題無いと思います。(ああ、身も蓋も無い…) agonyさんがデメリットを克服しやすい日本史を選んではどうですか? 馴染み易いでしょうし、嫌いなものを一生懸命覚える気にはなれませんからね。 それでも…というなら、白紙に世界地図を書いてみましょう。もちろん何も見ずに。 正確に書けましたか?次に知っている限りの出来事を書き足しましょう。 高校1年間でやった範囲なんて高が知れてますが、国名や出来事がどの程度理解できているか、 一つの物差しになります。 時間が無いなら仕方ありませんが、自分を知ることも大切な事だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 自分で世界地図を書く…というのですが、ほんの少しだけ実践してみました。 ですが、地理が苦手だった事もあり、ほとんど地図は書けませんでした。 次に、関連した出来事を書き込むという事ですが、 ふと思い出した単語を書き込む事はできたものの、 それがどういう意味かちっとも分っていない事に気がつきました。 今年世界史を授業で受けたのですが、先生の話がちっとも面白くなく、 (と言うと先生のせいにしているようで申し訳ないのですが) いつも授業を聞き流し、テスト前だけ暗記する…というスタイルを 取ってきた事を後悔しました。 大学に入ってから役に立ちそうな世界史に惹かれる気持ちはありますが、 私にはあまり世界史は向いてないのかもしれない、とも思わされました。

  • 回答No.11
noname#10644
noname#10644

No.7で回答した者です。再度回答失礼します。 そうなんですよ、大学に入って世界史、というのも出来るんですよ。 結局学ぶ気さえあればいつでも学べると思うんです。何でも。 日本史取って、大学で世界史の必要性を感じてから世界史をちょっと勉強するという形でも、 充分間に合うのではないかと思います。 日常も授業でもそこそこ私は困りましたが、 立ち直れないくらい困ったという程ではありませんので。 自分の努力で補える程度のことです。 ただ私が日本史を取った立場として、 日本史を取ってよかったなーと思うことはほとんどありませんでしたが、 世界史を取っていなくて後悔していたことは多々あったという経験から世界史をお薦めしたわけですが、 先程も言いましたように、結局は学ぶ気です。一番重要なのは。 というわけで受験勉強の点から考えれば、 頭に入りやすいという点で質問者さんの興味のある日本史の方がいいのかもしれません。 興味がある方が頭に入りやすいですし。 ただ期待が強くてやってみると実際はいまいちで全く手につかなくなる恐れも充分ありますが。 今は受験よりも遠くの将来のことより、受験に受かる方が重要なことかもしれません。 自分の行きたい学校に行くことよりも日本史世界史のこの選択の方が将来重要だとは思いませんし。 受験の為には頭に入り易そうな日本史がいいかもしれませんね。 どっちを選んでも、いつでも選ばなかった方は勉強できると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再び回答ありがとうございます! どちらをとってもいつかできるなら、 気軽に好きな方を選んでもよさそうですね。 でも、世界史を取らなくて後悔した事が 多々あるっていうのは気になりますね…。

  • 回答No.10

現在大学4年、高校時代は世界史選択でした。 と言っても、本当は日本史希望にも関わらず、クラス編成の関係か世界史になってしまった者です。 私が今になって世界史選択をしてのメリット・デメリットと感じていることは、以下の通りです。 <メリット> ・世界を旅行した時に、世界史の知識から理解できることが多い。ので、知らない人よりはかなり楽しめる。 ・私の場合、法学部憲法専攻なので、各国の憲法成立の歴史的背景を高校時代から世界史の知識として持っていたこと。 ・今の国際関係論を学ぶ上でも、知っていた方が絶対良い知識。 <デメリット> ・受験勉強は確かに大変かもしれない。そこそこ深い知識が必要な上に、『世界』なので、広がりが大きいため暗記となると苦痛。 ・全く興味のない地域についても覚える必要があるので、興味がないとやってられないかも。 …等ですね。ですが、私の場合結果的に世界史で良かったと思っています。元々日本史が好き(というか歴史が大好きで地理的知識もあった)で、常識以上の知識があったので、知識の少ない世界史を学べたのはいい機会でした。 しかも、大学の専攻を決める時にもかなり役立ったので。私と同じく憲法を専攻している友達も、世界史選択で憲法が取っ付きやすかったのが専攻した理由です。その子は今では、憲法についてより学ぶため、日本の憲法の権威のいる大学へ院進学する事が決まりました。改めて考えると、その子にとっては世界史は大きなきっかけになったでしょうね。 ですが、大学受験だけで考えると、agonyさんの場合日本史の方がいいかもしれません。 >国同士の横の繋がりを覚えるのが苦手 >カタカナの名前があまり好きではない …と書いてあるので。 中国史以外は、カタカナのオンパレードです。しかも似た名前もたっくさん。ハリウッドスターの名前すら満足に覚えられない程カタカナ名前が苦手なら、かなり苦労することは明白です(実際友達にもそんな子いたんですよ~)。 私としては『役に立つ』優先なら世界史、『大学受験』なら日本史をオススメします。 世界史を自分で勉強って、中々できないですしね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! うーん、メリットとデメリット、どっちも同じくらい自分にとっては大事です…。 流石にハリウッドスターの名前を覚えられないほどではないし、 大学に入ってから世界史が役に立ったっていうのも惹かれますね…。

  • 回答No.9

私は日本史選択をしていました。私は日本史を薦めます。高校で両方学んで思ったことなのですが、、、自分はカタカナが覚えにくいんです。カタカナの名前があまり好きでないのなら、世界史は向かないと思います。大学に入ってから、社会に出てから役に立つとか立たないとか、、、そうゆうことを考えるよりも、まず大学に合格しないといけませんよね?だったら日本史の方が良いのでは。世界史のデメリットと日本史のデメリットを読む限り、受験で世界史を選ぶとagonyさんは相当苦労すると思います。 別に仏像の高さは覚えなくても良いですよ。実際覚えてる人なんて早稲田レベルを受験していてもそういませんよ。確かに深く勉強しますが、そんなに「どうでも良い」と感じることを勉強したとは思いません。 やはり受験で使うなら好きじゃないとつらいです。将来役に立つたたないより、自分が頑張れるのはどっちかで決めた方が良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 「まず大学に合格」ってのはもっともです。 大学や社会に出てからの事ばかり考えてましたが、 そもそも大学に合格する為に勉強してるんでした…。

  • 回答No.8
  • nacam
  • ベストアンサー率36% (1238/3398)

受験勉強で学んだ歴史が、将来役にたつことは有りません。 歴史の受験勉強など、単に暗記にしかすぎず、年表や本、インターネットで調べれば、すぐに結果が分かるものばかりです。 しかし、大学での勉強は、自分で調べる事、内容を暗記ではなく、理解する事が必要になります。 その場合、日本史的思考は、「より深く」が基本となります。 古文書を読んだり、資料を読み比べたり、どんどんと専門的になってゆきます。 世界史的思考は、「より広く」が基本となります。 ドイツの動きは、フランスに、さらにイギリスからアジアにまで影響を及ぼします。 このような、思考の違いを考えて、選択してはいかがでしょうか。 法学部にいって弁護士になったとして、日本史的発想のひとは、行列のできる・・・の北村弁護士のようなタイプになりそうですし、世界史的発想の人は、丸山弁護士のようになりそうです。 そんな事も考えて選んでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました! 確かにどちらにしてもたかだか2年の受験勉強で 何千年という歴史を理解して自分の物にするのは不可能ですね…。 思考の違いという点は考えてませんでした。参考にしてみます。

  • 回答No.6

私は日本史選択者です。日本史を推薦します。私は法学部ですが、大学の授業で日本法制史という授業などは、日本史が役にたちました。あと、日本史はひとつの国のことなので、時代の流れが分かりやすく、おもしろいです! 仏像の高さなんて覚えなくて大丈夫ですよ、むしろ覚えるのは、仏像の造りですよね。まあ、そういうの覚えても、京都とか奈良とか旅行に行った時楽しいです。 とりあえず、選択とはいっても、どちらを選んでも結局両方、授業でやると思いますよ。確かに世界史はめんどくさかった気がします。。 受験ならば、日本史選択がお勧めです☆ 日本史はおもしろいです!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

うっかり見逃してお礼するのが遅れてしまいました…。 回答ありがとうございます! 法学で日本史が役に立つんですか…今まで日本史が役に立つ事は あまりないと思い込んでたので嬉しいです。 確かに、流れが分りやすいのも日本史の魅力ですよね。

関連するQ&A

  • 日本近代史が好きなのですが日本史か世界史の選択で迷ってます

    高校2年生の文系選択者です。 高1で世界史Bをやって、今(2年現在)は引き続き世界史Bと新たに日本史Aをやっています。 来年(3年生)の教科選択で日本史Bを取るか世界史Bをとるか悩んでいます。 今まで日本の近代史(幕末から第2次世界大戦あたり)が好きだったのですが、最近はヨーロッパ史にも興味があります。 日本史は近代以前はあまり興味がありません…。 簡単に言えば、世界の(日本含め)近代の歴史を学びたいのですが、この場合日本史か世界史どちらを選択するべきなのでしょうか。 大学も史学科に行こうと考えているのですが、まだどの歴史専攻など決まってません。 お答え頂けると助かります。

  • 世界史 日本史

    今、高校1年生です 来年から文理クラス分けがあります。 文系に進む予定なのですが、世界史・日本史の選択で迷っています。 興味があるのは世界史です。でも大変だという話を良く聞くので悩んでいます。 今の時点で、学部は経済、経営、商学部などがいいと思っているのですが、帰国子女で英語が得意なので、これから国際関係の学部に進みたくなるのかな~という気もします。 どちらがいいのでしょうか? 文系受験された方で、また今度自分が日本史または世界史を使って受験をするなら、どちらを選択するかということも教えていただきたいです。

  • 大学受験で日本史か世界史かの選択

    私としては今は昔ですが、大学受験で世界史を選択しました。理由は 世界史は、知らなかったことばかりで衝撃的?だったからです。(イベリア半島にイスラム諸国があったなど、高校で習うまでしりませんでした)日本史は中途半端に知っていたので(たいしたことないですが) 新鮮味が薄かったからです。 それで皆様方はどのような理由で大学受験で日本史、世界史の選択をなさったのでしょうか。ほかに地理や政経もありますが・・よろしくお願いします。

  • 大好きな日本史か大好きな世界史か。

    現在高2です。来年から選択科目で日本史か世界史か選ばなくてはなりません。 私は両方とも本当に大好きで凄く迷っています。高1までは日本史が圧倒的に好きで 絶対自分は日本史だろうと思っていたのですが高2になって小説の影響もあり、 世界史にも興味を持ち始めました。 来年、日本史はさほど興味の無い時代、世界史はめちゃくちゃ興味のある時代をやる ということもあり世界史に惹かれていることは確かなのですが、受験科目では日本史を 選びたいと考えています。 日本史→幕末のみ好き。でも問題を解くのが得意。      勉強しやすい。授業は時代により楽しい。 世界史→全体的に好き。でも問題を解くのが苦手。      勉強しにくい。授業はすべて楽しい。 という感じです。もしどなたか似たような境遇のあった方、いらっしゃいましたらアドバイス などお願いします。 また、大学受験での日本史のやるべきこと、世界史のやるべきことなどの受験に関することも教えて下さい!!

  • 日本史と世界史

    高一です。来年(高二)文系に進もうと考えています。その際、(1)日本史(2)世界史(3)世界史+地理のいずれか一つを選択してとらなければいけないのですが、迷っています。 もともと日本史が好きで、その方面を考えたりしていたのですが、最近語学や世界の文化に興味が出てきました。将来、語学を学んだり外国に関わる仕事をするのなら、世界史をとったほうがいいのでしょうか。 ちなみに、私は歴史が好きなので、どちらをとるにしても苦にはならないと思います。 ただ、日本史は論述中心と聞いて、苦手になりそうで不安です…。世界史がどんな授業なのかもわかりません。 進路選択の本登録の〆切が迫っています。回答お願いします。

  • 日本史から世界史に変えるか…

    高校二年文系です 日本史Bを世界史Bに変えるか悩んでいます。 今まで人文学部に進みたいと思い社会科目は日本史Bと地理Bを学んでいたんですが 外語学部に入りたいとも思うようになりました。 しかし、外語学部では社会科目は世界史Bしか選択できないようです。後期日程では日本史、地理ともに選べるようですが。 世界史は苦手ではないですが日本史の方が好きです。 アドバイスお願いします。

  • 世界史、日本史の選択

    文系の高校2年です。 私の通う高校では、1年次に世界史Bを、2年次に日本史Bを履修します。 そして、来年は世界史Bか日本史Bのどちらかを選択しなければならないのですが、いまだに決められません。 私は驚くほど日本史に興味を抱けずにいます。 反対に、世界史はとても興味深く、楽しく勉強ができます。 そのせいか日本史より世界史の方がずっと得意で、試験の点数も雲泥の差なのですが、やはり一年間のブランクに怖気づいてしまいます。 そのブランクをリカバーするための講習が夏休み明けから始まったのですが、私がもともと受けている講習と時間が重なっているため、私は世界史講習を受講することが出来ず、更に不安が募ってしまいました。 ブランクは無いがどうにも関心が得られない日本史を何とか覚えるか、少し遅れを取ってでも今から必死になって得意であった世界史で勝負するか… 最終決定をするのも受験するのも自分だということは重々承知なのですが、みなさんの意見をお聞きしたいです。 ご回答、よろしくお願い致します。

  • 日本史世界史入門書教えてください。

    はじめまして、今春有名私大に入学する者です。 受験では英語、国語、数学、物理、地理を使っていました。日本史世界史は年号を覚えたりたくさんの人物名を覚えなければならなかったので選択せず、高校に入ってからは全く習っておりません。日本史は小学生レベル、世界史は今まで勉強したことも授業を受けたこともありません。 こんな僕ですが、入学式まで時間のある今、教養のために、立派な大人になるために、日本史世界史を勉強したいと思ってます。 そこで日本史世界史について、できるだけ年号人物名のあまり多くない(知識重視でない)歴史の流れをとらえやすい日本史世界史の入門書みたいなものご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 国学院の史学科を世界史で受験して受かったのですが、日本史を勉強したくな

    国学院の史学科を世界史で受験して受かったのですが、日本史を勉強したくなりました 私はもともと日本史が大好きでした。(特に古代史。)しかし、地歴選択で日本史・世界史・地理のいずれかと言われ、「え?何でどれかなの?全部したいんだけど。っていうか数学とか理科なくして全部させろよ。俺、文系なのに」。と思いましたが、学校の制度に従わざるをえず、どれか一つにしなければなりませんでした。だから最初は迷わず日本史と思っていましたが…「いや待てよ。世界史って中学じゃほとんどしてないし、世界史を全くせずに高校を卒業するのはなんかなあ…。日本史は中学である程度やってるし…」という理由で悩んだ挙句、世界史を専攻しました。 そして世界史の方が好きになり、「世界史が勉強できる大学に行こう」と思うようになりました。 そして、史学科で有名な国学院大学に受かったのですが、選択科目は世界史で受けました。受かったばかりの時は「国学院の史学科が有名なのは世界史じゃなくて日本史だけど、まあいいや」と思っていましたが、国学院の先輩たちが書き込んだ掲示板などを見たり、歴史系のサークルに西洋史が皆無であるのを見る限り、やはり西洋史は影の存在で日本史がメイン。 で、そのときに思いました。「大学からは日本史やろう。」と。ちょっと妥協っぽいですが、やはり私は日本史の方が好きなんだなと目が覚めました。それに、世界史を大学で勉強したいと思っていたにもかかわらず、英語があんまり得意ではないので、「英語ができないのに、世界史を勉強するなんて笑わせる」みたいなことを親に言われていたので、「嗚呼、やはり俺には世界史よりも日本史の方が向いている。」と思うようになりましたので日本史を勉強することを決意しました。それにちょっと自慢になっちゃうかもしれませんが、日本史の知識も日本史選択者に「お前は世界史なのに、どうしてそんなに日本史を知ってるんだ」と言われるくらいです。とはいえ、高校日本史の知識は殆どわかりませんが。(史料問題には驚いた。) だから、日本史の問題集を買ってきて入学までに古代史まではやっておこうと勉強しています。(古代史を勉強するつもり。) しかし、思ったのです。「待てよ?コースって自分たちで自由に選択できるのか?もしかして、選択科目とか成績順とかで大学によって決められるんじゃ?古代史はおそらく、人気があるだろうから成績がよかったやつにどんどんとれれちゃうんじゃ?受かったは受かったけど、上位で受かったという自信はないし…そしたら俺は日本史を国学院で勉強できないんじゃ?」 と不安になりました。 (1)国学院の史学科はどうのようにしてコースを決めるのですか?(自分で決めれるのか、否か) (2)世界史で受験しても日本史を勉強できるのですか?(それは規則上駄目なのか?) 長文スイマセン。

  • 地理と日本史と

    こんにちは。私は現在高3で私立大で社会学を学びたいと思っています。 高校では地理を選択しています。受験は地理受験で行ける大学も多いのですが、地理の使えない大学もあります。日本史や世界史ならすべての大学で使えます。地理の使えるところでも、日本史で受験するのが主流のようです。進路決定や勉強開始が遅かったので、今年は浪人して来年受験します。地理と日本史のどちらを勉強するべきでしょうか アドバイスをください。お願いします。