• ベストアンサー
  • 困ってます

資産計上しているソフトウェア資産を除却したい。

中小企業の経理を(も)担当しています。(専門ではございません。) 2年前に導入した外部に開発依頼を出し、ソフトウェアを資産計上しましたが(5年償却)、早くもシステムの入れ替えバァージョンアップを全面的に行うこととなりました。 現在資産計上しているソフトウェアを除却し費用計上したいと考えておりますが、どのような手続きをとればよいのでしょうか。あるいは気をつけることはございますでしょうか。 今回あらたに入れるソフトも資産計上しなければいけないため(多分)、できればつかわない資産は費用化したいと考えております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数6420
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

旧ソフトウェアの除却・費用化にあたっては、税務処理の際にそれが確実に「存在しない」ことを証明しなければなりません。 この件については、税理士さんが説明している分かりやすいサイトがありましたのでご紹介します。関係法規(法人税法基本通達)についても掲載がありますのでご参照下さい。 「法人税のなかのソフトウェア」 http://www.kt.rim.or.jp/~saito/month/oct/octtax.html >「ない」ことの証明は、ソフトウェアの場合、少しやっかいだ。 > なにせ、目に見えない。例えばOSが変わってしまって、もは >や用をなさない、とか、 そのソフトウェアを稼働させるべき >プロジェクトが頓挫してしまった、など、 物的証拠・状況証 >拠を積み上げて証明してゆく。コツは、「あるに違いない」と >思いこんでいる人が、あれこれ質問してきても「ない」という >事実が揺らがないようにしておくことだろう。 口頭であれこ >れ説明するよりも、書類などの客観的証拠を整備しておいたほ >うが良い。 以上、お役にたてれば幸いです。--a_a

参考URL:
http://www.kt.rim.or.jp/~saito/month/oct/octtax.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 ありがとうございます。 客観的証拠というのが難しそうですね。

関連するQ&A

  • なぜ除却するの?ソフト固定資産

    会社の情報システム部門で 簡単な経理処理も行っています。 ・固定資産計上したソフトウェアを 使わなくなった際に 「除却」する理由はなんでしょうか? ・除却せずにそのまま償却を続けてはまずいのでしょうか? 基本のきでしょうが。。。教えてください。

  • 償却資産の除却後の再計上について

    除却した償却資産を再計上することができるのでしょうか? 期末は12月です。昨年の決算時に古く使えない物を除却しました。(工具を数点、固定資産除却損/工具器具備品で処理ました) 今年の期末に向けて資産の確認をしていた所、昨年度に除却したはずの物が残っており、間違えて除却した事に気づきました。 この様な場合、一度除却した資産を再計上できるのでしょうか? できるとすれば、どの時点で(何月何日付けで)また、再計上の仕訳は除却した時の反対(工具器具備品/固定資産除却損)でよろしいのでしょうか。教えてください。

  • 固定資産を除却時の固定資産価額について

    こんにちは、はじめて質問します。 固定資産システムを導入中のものです。 (背景) これまで、固定資産を期中に除却した場合には、期首の簿価にて除却損を計上してきております。 システム化にあたり、除却までに発生した償却費についての取り扱いについて検討しています。 (質問) 期中に固定資産を除却した場合、当期発生分の償却費を戻さずに、その時点の簿価にて除却損を計上してもよろしいのでしょうか? よろしくご教授お願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • ixy28
  • ベストアンサー率42% (9/21)

こんにちは。ixy28です。 ソフトウェアの取り扱いについて回答いたします。 今回税法改正があったりしてややこしくなっています。 1.現在繰延資産に計上されているソフトウェア 繰延資産として計上されているものは、その滅失があった事業年度の損金の額に算入することが出来ます。(法人税法基本通達8-3-2) しかしながら、今回の場合は、滅失じゃなく単に使わなくなっただけなので、今後も引き続き償却していく必要があります。もし、完全に除却してしまうのであれば一括で費用に出来ます。(繰延資産償却費) 2.新たに購入するソフトウェア 平成12年の税制改正で、「平成12年4月以降に取得したソフトウェアについては、繰延資産ではなく、無形減価償却資産として取り扱う」となりました。 従いまして、今回新たに取得するソフトウェアについては無形減価償却資産として、5年で償却していきます。(償却方法:定額法のみ) 以上、参考になりましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 固定資産の除却忘れ

    よろしくお願いします。 小さな会社の経理を担当しております。 昨年度(平成19年度)に支店を閉鎖しました。 その支店の内装工事代等を建物付属設備として固定資産に計上して おりましたが、昨年度の決算で前任者が除却せずに帳簿上固定資産 として、残っているのですが平成20年度の決算で除却することは 可能なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 「除却」について

    「除却」についてよくわからないので教えて欲しいです。 簿記の勉強とかではなく、工事とかの予算表を見ての ことです。 除却工事、除却損、除却工事口、除却費とか いろいろあってよくわかりません。 例えば、次のような場合どうなりますか?   「設備」という資産があって、その帳簿価額が10000  だったとします。   その「設備」を壊して作り直すという工事をすると  します。    設備は、6000の減価償却があったとします。   (誰も買ってはくれないが、価値をつけたとしたら   3000だったとします。)    また、設備は壊すと鉄屑ができそれは1000の価値   があります。   壊すのに、2000の費用がかかるとします。 どうなりますか? 除却損は(10000-6000)-1000=3000ですか? 除却費とは除却工事をするのにかかる2000ですか? 価値の3000とかは無意味な数字ですか? 除却工事口って何ですか? いろいろ教えてください。

  • 除却資産の期中償却費

    過去の質問にもある内容ですが、 除却する固定資産の、当期除却月までの減価償却費の 計上について教えて下さい。 処理については、2通りのやり方が考えられます。 (1)前期末の帳簿価額を除却損として計上、   経過月数分の償却費は計上しない方法 (2)経過月数分の償却費を計上、差引簿価をもって   除却損を計上する方法 厳密にいえば(2)が正しいのでしょうが、 税務上はどちらも同じ結果です。 会計上は「(2)にしなければならない」と いった規程はあるのでしょうか? 簿記の本を見ても期中の償却費は計上する方が良さそうですが、 「企業会計原則」以外に何か法的根拠はありますか? 教えて下さい。

  • 除却について

    掲題の件で教えてください。 固定資産を除却する時、仮に備忘1円まで償却済みの固定資産 を除却する場合の仕訳はどのような仕訳(下記例の場合)になる のでしょうか?初歩的な質問ですがご教授して頂けないでしょうか? 例 50万の固定資産が1円まで償却した場合(償却累計499,999)

  • 除却予定の資産

    除却予定の資産は売却の予定がなくても計上しなければならないのでしょうか。

  • ソフトウェアの計上について 

    ソフトウェアの計上ですが、費用計上と無形固定資産計上は額によって 区分されるのでしょうか? その場合いくら以上で資産計上となるのでしょうか?

  • 償却資産の除却

    償却済みの資産を除却した損の勘定科目は何でしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 総合償却資産の一部除却について

    総合償却資産の一部を除却する場合,その除却部分の取得価格が不明なばあいの除却価格の見積もり方法を教えてください。

  • 資産の除却時の計算について

    固定資産を除却する際の計算方法についてなのですが・・・ 例えば、期首に取得価格1,000,000円、償却累計額540,000円、耐用年数10年の資産があったとして、その期のちょうど中間時期に全部除却することになりました。 この際、私は今まで次のような計算がされると思っていました。 期首帳簿価格  1,000,000円 増減帳簿価格 △1,000,000円 減価償却累計額 ・増加 0円 ・減少 540,000円 しかし、ある人から当期の途中までの減価償却費を計上するのではないかとの指摘を受けました。即ち、 期首帳簿価格  1,000,000円 増減帳簿価格 △1,000,000円 減価償却累計 ・増加 45,000円<当期分> ・減少 540,000+45,000=585,000円 ということでした。 これはどちらが(どちらも?)正しいのでしょうか?

  • 固定資産一部除却時の仕訳について

    私は会計系のシステムエンジニアをしています。 システム保守をする過程で、ユーザさんが入力した固定資産(建物)の一部除却の仕訳の入力が間違っているのではないかと思いましたので、質問させて下さい。 まず、「一部除却」をする際の処理は、下記の2点だと理解しています。 1.除却の分の、固定資産の残額を減らす 2.最初から一部除却後の額で購入・償却していた場合の償却費と、実際にそれまで償却してきた償却費の差額を算出し、  償却の逆仕訳(減価償却累計額 / 償却費)を切る  (つまり、最初から一部除却後の額で購入・償却していたかのような残額が残るようにする) 具体的な仕訳は以下のようになると私は考えています。 なお、除却額は1,000,000、2.の「償却費の差額」は100,000とします。 建物除却損 1,000,000 / 建物 1,000,000 ←上記1.の仕訳 建物減価償却累計額 100,000 / 減価償却費 100,000 ←上記2.の仕訳 これに対して、ユーザさんは下記のような仕訳を切っていました。     建物除却損 900,000 / 建物 1,000,000 建物減価償却累計額 100,000 この仕訳は、私の考えの仕訳の、貸方の減価償却費と借方の除却損を相殺したような形になっています。 これだと、私の考えと比べると、償却費が大きくなり、その分除却損が小さくなります。 (当然ながら、損金の合計は同じです) その結果、営業費用と特別損失の数字に影響が出ると思います。 どちらの仕訳が正しい仕訳でしょうか。 ご回答よろしくお願い致します。

専門家に質問してみよう