• 締切済み
  • 暇なときにでも

映画「デビルマン」宣伝コピーの日本語

映画「デビルマン」について 映画自体は観ていないし、今後観る気も全くないのですが(近年まれに見るたいへんな傑作らしいので、お金もらっても、ちょっとイヤ)、 駅に貼ってあった宣伝ポスターをみて、キャッチコピーが気になりました。 「人類は庇護(まも)るにたるべき存在か」とあったのですが、この日本語は正しいのでしょうか。 「庇護るにたりる存在か」もしくは「庇護るべき存在か」なら、すっきりくるのですが。 なんとなくおかしいように感じるのですが、日本語の専門家ではないので、正確なところがわかりません。 お詳しい方よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
  • kanpyou
  • ベストアンサー率25% (662/2590)

個人的な見解として、深くは考えないでください。 「デビルマン」は、明らかに人間とはかけ離れた形状をしています。これは、原作者が、どの様な位置づけとして捉えているのかということにも通ずると思います。 人でもなく、ましてや神でもない。(”デビルマン”と名乗るからにはそうなのでしょう。) 人間を超越した存在として捉え、デビルマン自身も、人類と運命をと共にする可能性があるのです。 ですから、この言葉は、『原作者』の心情の吐露であり、映画「デビルマン」という世界を、現実世界と重ねあわせ、一瞬の内に終わらしてしまっても良いものだろうか?と腐心したのではないでしょうか? ある世界では、人類を創生したのは『神』です。 ”神とはどの様な存在なのか”と問うているようにも思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問でも「日本語は正しいのか」と言っているように、映画の内容はどうでもよく、純粋に文法的に合っているのかが知りたかったのですが。 でも、わざわざご回答いただいてありがとうございました。

  • 回答No.3

文語調です。 足る、ラ行四段活用終止形 べき、適当の助動詞 人類は庇護する対象として十分にふさわしい存在なのか、という意味でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。質問した後に、ヤフーで「足るべき」で検索したら、結構ヒットしました、回答者さまがおっしゃるように文語調で正しい表現なのですね。

  • 回答No.2
noname#67192
noname#67192

こんばんは。 ただ、字面だけ機械的に意味をおえば、 「人類は庇護(まも)るにたるべき存在か」 とは、「人類が庇護るべき存在か」という意味に、さらに「庇護されるに足りる存在に人類がなる必要があるのか?」という意味をふくめさせようとしている、ととれなくもないですが。 映画は私もみていませんが、原作と小説版を読んだことはあります。 そのとき、個人的に、デーモンの力を得た主人公には、デーモンを恐れるが故の人間の醜さ・残酷さに、怒り、憎しみをもちつつも、かつて自分もおなじ人間だったことから、その怒りや憎しみには、やけ、というか、あきらめのようなものではあるにしろ、どこか、その弱さへの同情にもにた哀れみの気持ちがあったようにおもったので、そういうひどく分かりにくい彼のきもちをあらわそうとしたのかな、などとも思えなくもないです。 (この説明もわかりにくいですね…(汗)) でもほんとうのところはきっと、 コピーライターがさほどのこだわりもなくノリでさらっとかいてしまったから、という気はしますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はい、ちょっと分かりにくかったです(笑)。 でも、ご回答いただいてありがとうございました。

  • 回答No.1

普通なら  「人類は護るに足る存在か」  「人類は護るべき存在か」 とでもするところでしょうが、ご質問のコピーは、 わざわざ「庇護る」などと書いているように、大げさな表現を意図的に使っているようです。そのねらいからすれば「たるべき」などというおかしな表現も 「~に足る」+「べき」というものものしい言い方を重ねて大げさな感じを出そうとしているのでしょう。(ただし、これは意図的かどうかわかりません。よくわからないで使っているだけかも)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。やはり、ちょっとおかしい表現と思われますよね。

関連するQ&A

  • 原爆投下をネタに使う映画宣伝。

    先月映画を見に行った際、 「愛についてのキンゼイレポート」の宣伝というか、予告編を上映してました。 面白そう、と思いながらみていると、 原爆投下以上の衝撃!!というキャッチコピーと きのこ雲の映像が流れました。 唖然としてしまい、一気に見る気が失せました。 これって、製作者は何も思わないんでしょうか? 日本側も、すんなり受け入れるのは???です。

  • キャッチコピー

    以下の映画のキャッチコピーを知ってる方がいらしたら 教えてください。 *カラー・オブ・ハート *キューティー・ブロンド *夏休みのレモネード *スパニッシュ・アパートメント 結構探したのですがみつからなくて。。 1つでも結構ですのでわかるのがありましたらお願いします。 ところで、キャッチコピーというのは誰がつけるのですか? 英語版と日本語版がありますが、日本語版はただ単に英語版を訳しているのでしょうか? でも英語と同じじゃないキャッチコピー多いですよね。。

  • 映画関係者は現在の日本映画の事を,どう思ってるの?

    現在のほとんどの邦画は、海外どころか日本国内でも評価するに値しない作品がたくさんあると思います。 海外を視野に入れれば、俳優(TVアイドル)の知名度でキャスティングするこなく演技力でキャスティングするし、映画の製作者たちの映画制作に対する思い入れも違ってくると思います。 芸術家は、みんなに評価して欲しいから作品を作るわけですよね。身内だけで面白ければOKというわけでは無いですよね。 100本の低予算駄作映画を作るなら、1本の傑作を撮って欲しいのが本音です。 最後に、昨日デビルマンを観ました。これを、作った人達や映画館で上映した映画館関係者はいったい何を考えてるんだっ! 駄文で、すみません。

  • 忘れられないキャッチコピーのついていた、あの映画タイトル

    かれこれ十年も以前、レンタルビデオ店で見かけた映画のキャッチコピーが今更気になってたまりません。「忘れられないキャッチコピー」といいつつ、実はそれ自体ウロ覚えなのですが、 ・パッケージを見ただけで映画は鑑賞してません(スイマセン) ・恐らくアジア映画の棚でした。インド映画だったように思います ・媒体はDVDではなくビデオでした ・コピーからしてB級映画が予想されます ・ウロ覚えのコピーは、「ベタな展開、読めるオチ(←というニュアンスの言葉。詳細は違っているかもしれません)+この間にもういちフレーズ、チョーお色気」 逆説的なコピーがうまいな!と思い、そのうち借りて見ようと思いつつ引越ししてそのままになってしまいました。雲を掴むような話ですが、もしピンと来たかたがいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

  • 日本では洋画、邦画問わず映画宣伝が欧米と比較して多額費用をかけているよ

    日本では洋画、邦画問わず映画宣伝が欧米と比較して多額費用をかけているように思うのですが、来場収益を比例すると実際のところ収益は高いのでしょうか。 ...と言いますのも、欧米にはまずパンフレットもないですし、PRと言ったら大きな映画であればプレミアで出演者やスタッフが登場というのはありますが、概ねTVCMかポスター、あるいは新聞等の記事くらいに思うのです。 しかし日本ではパンフレットはもちろん、その関連グッズ、オピニオンリーダーやその人達のイベント云々...これだけお金をかけて来場者は多くなるのでしょうか。 映画好きならともかく、一般人は年に1,2回劇場に足を運ぶのが現状と聞きます。 欧米より映画料金も高いですし、DVDが出るのも早い。 一般人が一番目にするのはやっぱりTVCM位かと思うのですがなぜ、日本はこれほどまでに宣伝にお金をかけるのでしょう。洋画が好きであえて言えば、宣伝費等にお金をかけず、もっと劇場料金を安くしたり、海外映画をもっと自由にあちこちでやっていただいた方が良いのですが...例えば英国、フランスなんかは、単館も多いですし、不要なオピニオンリーダーなんぞ、目にしませんでした。 映画宣伝にお詳しい方、本音を聞きたいです。

  • 映画、ビデオのポスターなどを見れるサイト

    映画をビデオになってから見ることが多いのですが、ビデオのパッケージのフェイス(前面の)写真、もしくはポスターの写真に心惹かれることが多いです。 パッケージやポスターにはよく、キャッチコピー(?)のような一言が書かれてたりもしますよね。(例えば・・・「グリーン・マイル」では『僕たちは今、この世で一番美しい魂を握りつぶそうとしていたーー』みたいな感じだったと思うのですが。) そういうコピーをチェックできたり、ポスターか、パッケージ写真付きで情報を見られるような映画サイトってないでしょうか? ご存知でしたら、ぜひ紹介してください!よろしくお願いします。

  • 日本語の表現について

    「○○大学が創るおもてなし」というような、このキャッチコピーっておかしいですかね。「おもてなしを創る」という表現は、おもてなしは創るものではないのではないかと言う人もいますが。日本語としておかしいでしょうか。教えて戴ける方いらっしゃらないでしょうか。よろしくお願い致します。

  • 中国人が楽しめる日本映画は?

    中国人が楽しめる日本映画かテレビドラマのDVDを探しています。 日本語を勉強中の人に、お土産として持って行くつもりです。 近年、日本文化が流入して、日本の映画も人気だそうで、 ジブリ系や何かを受賞したような人気のある映画は、 中国人もほとんど見ていると聞いています。 中国人があまり見たことがないと思われる、佳作の作品で、 中国人にもウケそうな何かオススメのものはありませんか? 映画やドラマに詳しくないので、教えて下さい。

  • 映画のポスターをコピーしたい

    こんにちは。質問失礼します。 学校で映画の上映会を企画しています。 DVDは上映可のものを使用する予定なので問題はないのですが、 そのDVDのポスター(1枚購入)をコピーして、学校内に貼り付けて宣伝しても良いものか 判断ができません。 上映会その他この企画は、すべて非営利です。 昨年の著作権法改正によってネット上に画像等を貼り付けることは許可される部分が でてきたようですが、構内に紙媒体で貼付するのは著作権に抵触するのでしょうか。 HPをかりてお知らせしてもいいのですが、 やはりポスターを掲示板に貼り付けたほうが断然周知度はあがりそうなので なんとかよい方法を探しています。 お知恵を拝借できましたらうれしいです。 よろしくおねがいします!

  • 映画の配給・宣伝の勤務内容

    映画配給会社や宣伝会社にお勤めの方や内部をご存知の方、お教えください。 上記に勤めている方は終電間近、休みもあまりなく働いているのでしょうか。 映画を配給、宣伝する上で、自社担当以外の映画や一般人より映画の知識がなくては話にならない気がするのですが、耳にはさんだ話によるとこの業界に入ってから見ることが少なくなったと聞いたことがありますが、本当でしょうか。 海外の映画業界の方はどれだけ見ているかいうことで多忙らしいのですが、日本はもし上記が本当であれば、真逆な立場のように思うのですが… 日本では映画館自体が閉鎖傾向にあり、映画好きには悲しい話ですが、本業の方々が映画をたくさん知らず、まったく映画とは関係ないキャンペーンなどに力を注いでいるのでは、日本は本当に孤島になりそうな、洋画のおもしろいものも入ってこないのではと思うのです。 コアな案件なので、ご存知の方いましたらお教えください。