• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

千代田生命で年金を掛けていたのですが

主人が千代田生命で年金を積み立てていました。 あと5年くらい支払期間が残っています。今回の騒動で千代田生命に電話し、解約したいのだと申し出たところ、(今は解約できないが受入先が決まったところで)最低90%は年金が受け取れるので解約しないで積み立てを続けないと損だと言われました。が、知人には「年金は対象外なのでほとんど返金されないのでは?」といわれました。新聞を読んでも良く分りません。どうしたら良いのか、本当に困っています。もっと沢山の方にご意見を伺いたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

  • miz
  • お礼率94% (70/74)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数671
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

>最低90%は年金が受け取れるので >「年金は対象外なのでほとんど返金されないのでは?」  この点については誤解がありますので、正しい情報を・・・。 まずは、基本的な情報から・・・  生命保険会社に特例更正法が適用されると、その損失処理に際しては、保険契約者の財産である責任準備金にはできるだけ手をつけずに、基金(株式会社の資本金に相当するもの)や劣後ローン・借入金(保険会社が他の会社から借りているお金)によってその穴埋めをします。(具体的には、保険会社にお金を貸している会社の債権を無効にする。)それでも、損失が穴埋めしきれない(積み立てているべき責任準備金に見合うだけの資産がない場合には、責任準備金を削減することになりますが、その際には、「生命保険契約者保護機構」から資金が拠出され、責任準備金の一定割合を保証する仕組みになっています <責任準備金の補償の内容>  平成13年3月31日までは、個人年金保険についは、責任準備金の100%が保証されることになっています。 ・責任準備金とは?  将来の死亡保険金・満期保険金・年金などの支払いのために、保険会社が積み立てているべきお金のことです。実際は、貸付けや有価証券、預貯金などで運用されています。  生命保険の保険料は、将来の保険金や年金の支払いの財源となる「純保険料」と、保険会社の運営の財源となる「付加保険料」にわけられます。            【保険料】= 【純保険料】+ 【付加保険料】 【付加保険料】:(保険会社の運営経費の財源) 【純保険料】=【死亡保険料】+【生存保険料】 【死亡保険料】:(死亡保険金の財源) 【生存保険料】:(満期保険金・年金の財源)  責任準備金は、上記のうち、純保険料が積み立てられた部分(あらかじめ約束された資産運用による予定利益も含む)です。  責任準備金は、保険契約の内容に基づいて、現時点で保険会社が積み立てておくべきお金です。将来の満期保険金や年金とは違います。更正計画の内容によりますが、保険契約の予定利率が引き下げられると考えられます。 ・予定利率とは?  将来の保険金支払いの備えとして積み立てられた保険料は、ある一定の運用利回りで運用され、その分だけあらかじめ保険料が割り引かれています。この割引に使用する利率を予定利率といいます。  予定利率が引き下げられると、同じ保険料を支払っても、責任準備金の増加する割合は低下します。従って、現在の責任準備金が保証されても、将来の保険金や年金額が保証されるわけではありません。  責任準備金が保証されるのであれば、解約すればその分は返してもらえるか?    違います。通常の場合でも、解約返戻金は、責任準備金から一定の額が差し引かれています。また、更正計画の内容によりますが、解約が殺到すると、更正計画の実行に支障をきたすため、一定期間の解約については、その一部をペナルティーとして控除して支払う措置が講じられる可能性が高いでしょう。東邦生命の破綻処理に際しては、解約返戻金を最大で15%カットする早期解約控除の措置が講じられました。慌てて解約すると損をすることになりますので、慎重に検討する必要があります。  今後どのようにされるかは、ご自信の判断によりますが、更正法は、会社を立ち直させることを前提にしています。ある程度の損を覚悟で解約するのも方法ですが、会社が存続し、将来年金が受取れるという前提に立てば、あと5年保険料を納めた方が得策とも言えます。なぜなら、損をして解約して他の保険会社にこれから加入しても、既に低い予定利率になっていますので、千代田生命で継続してもあまり変わらない年金になってしまう可能性が高いからです。だとすれば、解約控除された分だけ損をすることになります。  金融機関勤務ということで、一応関係者(^^;  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 千代田生命破綻後

    ウチの父が千代田生命の年金に入っていましたが、破綻の噂があり、 破綻前にさんざん迷った末に解約しました。 (90%は戻って来たようですが…) その後、千代田はAIGスター生命に吸収されましたが、 もしあの時に解約していなかったらどうなっていたのかが物凄く 気になっているようです。 実際、もし解約せずにそのまま続けていたらどうなっていたのか おわかりの方がいましたら教えて下さい。 結果的にはタラレバというのはわかっているし、どうにもなりませんが 今後の参考にもなるし、よろしくお願いします。

  • 個人積み立て年金

    主人の 個人積み立て年金 (生命保険会社名でした)の事で 質問お願いします。 来年 退職なのですが 日本生命だったか そこに毎月 積み立て年金をかけてあります。 退職時に 一括で貰っても 年金みたいに もらってもいいみたいなんですが これって 下ろして一括の場合 税金って かかるのでしょうか? 約 四百万くらいあるのですが 年金形式で貰うのと 損しないのは どちらか。 まずは 一括で下ろしたい方が 先立ってますが それに対しての税金が 気になってます。

  • 生命保険について教えてください

    保険に詳しい方がおられましたら、お教え願えないでしょうか。 私は今まで某A社の生命保険に7年程入って継続しています。 CMも流れている有名なごく普通の保険会社です。 保険の内容も詳細は書けませんが、よくある一般的なもので、 死亡保障や3大疾病の保障、入院医療給付金が出るような 形のもので、積み立てですが主契約は終身保険となっています。 最近とある事情で某B者に乗り換えしようと契約したのですが、 親や職場の親しい人が「生命保険で特に積み立ては保険会社 を換えずに継続した方がよい」と言われました。 (某B社もCMで流れているごく普通の保険会社です) 親に限っては「何で換えてしまったんだ。今はどこの保険会社に しても一緒。換えて良くなることは絶対ないから換えない方がいい。 商売だから保険の人が良いように言ってくるのは当たり前」と 言っていました。 私は某B社とは契約したのですが、まだ某A社との解約手続きが 終わっていません。 なのでまだ間に合う(損になるならやはり某B社をすぐに解約して、 某A社との解約の話はなかったことにする)のですが、もし損が ないのであれば(もしくは少々くらいの損なら)某B社にそのまま 乗り換えでもいいかなと思っているのですが、やはり周りから 言われたことが気になってどうするべきか悩んでいます。 やはり生命保険の乗り換えは損になるのでしょうか。 もし損になるのであれば、なぜ乗り換えると損になるのか、 どういった部分が損になるのか理解したいと思っています。 ちなみに1年ほど前に一度保険内容を見直しており、積み立て されていた一部のお金が充当されているような感じになっている と思います。 保険に詳しくないので分かりにくい説明で申し訳ありませんが、 よろしくお願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

個人年金も責任準備金の一定割合(90%)は保証されるはずです。ただし、その後予定利率が下げられてしまうので、年金の受取額はもっと少なくなってしまうと思います。(加入した時期、今までの予定利率によって違う)  それに、現在はまだ、解約はできないはずです。解約できるようになっても、何年間かは解約するとペナルティがあるようです。解約するのか、続けるのか迷うところですね。もうひとつ、払い済み(今までに払った保険料分だけの保証にする。)という方法もあるはずです。  詳しいことが分かってから、よく検討するのがいいと思います。・・・私は新聞などを読んでこの様に解釈しています・・・  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。あせらずに、自分でよく勉強して、損の無い様気を付けようと思います。がんばります(^_^)/~

関連するQ&A

  • 年金財形積み立て途中で退職した場合

    一般財形の残高が1千万を超えたので、ペイオフ対策のため、別の銀行で財形をもう一つ(年金財形)始めようと思っています しかし転職を考えており、2~3年後に転職するかもしれません。(現在資格取得勉強中、合格したら退職しようと思っています) 年金財形はたしか5年ほど積み立てが必要ではなかったかと思うのですが、積み立て途中で退職につき解約すると、利息面で損をすることってあるのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 個人年金の解約と契約者貸付

    個人年金の積み立てとして生命保険会社に月1万円づつ払い続けて、7年位になります。 この度、事情で解約をしようと思うのですが、契約者貸付を20万くらいしていています。 そのまま解約するか、貸付金返済後の解約でどちらが得とかありますか?

  • 朝日生命って。

    朝日生命の個人年金に加入しています。60歳が払いこみ満期、60歳から10年間一定金額が支払われるとゆうものなんですが、先日、医療保険を入っている某外資系の生保担当の人に、「あそこは危ない、いつ潰れてもおかしくない」と言われ、年金の解約と外資保険の貯蓄型年金への加入を勧められています。 今解約すれば、間違いなく元本割れです。しかし、潰れてしまってはもっと損。。。決めるのは自分ですが、何かもう少し詳しい情報などあれば知りたいと思って質問しました。分かる方教えて下さい。

  • 生命保険の見直しについて教えて下さい

    現在35歳の女性です。 旧千代田生命の終身保険について解約すべきか教えて下さい。 払込は55歳までで 期間は終身です。   破綻してAIGになり医療保障等は少し減っただけなのですが主契約保険金額が三分の一に減ってしまいました。  そろそろこれまでに払い込んだ金額と新たに減額された金額が同額になりそうなのでこのまま続けるべきか解約すべきか悩んでいます。このままあと二十年払いつづけると損なのでしょうか? 但し 現在婦人病にかかっている事が判明し保険を請求するような通院はしていませんが 新しく保険に入るのは不利なのかとも考えています。  アドバイスお願い致します。

  • 一時金支払調書(生命保険)の1回の支払額について

    ぜひ、生命保険会社、税理士、FPの方に教えていただきたいことがあります 国税庁のHPによると 1回の支払額が100万円超となる場合 生命保険会社の一時金支払調書を税務署へ提出しなければならない とあります そこで、質問します 以下のケースの支払いケースで 1回の支払額は、どうなりますか? どうなりますか 1.満期保険金100万円、配当金1円の支払が発生する場合 2.死亡保険金100万円、配当金1円の支払が発生する場合 3.死亡保険金100万円、未経過保険料1円の支払が発生する場合 4.死亡保険金100万円、前納残が50万円の支払が発生する場合 5.解約返戻金100万円、配当金1円の支払が発生する場合 6.解約返戻金100万円、未経過保険料1円の支払が発生する場合 7.解約返戻金100万円、前納残が50万円の支払が発生する場合 <別件で質問します> 8.個人年金保険(10年確定年金:年金年額支払)に加入で、年金支払中   必要経費は、年金年額×正味保険料総額÷年金総額 になると思いますが   そこで、   10年確定年金の支払途中で、残りの期間を一時金でもらう場合   必要経費の計算はどうなりますか?

  • 個人年金の解約

    今、個人年金を解約しようか迷っています。 私(女性30歳)はある生命保険会社で、H15より利差配当付き終身保険(生命保険)に加入し、月額1万3千円強の保険料を払っています。 また、同じ保険会社から個人年金も勧められて H17から「予定利率変動型無配当個人年金保険」(保険料支払32年・年金支払10年)に加入し、 月額1万円(年払で12万円)払っています。 生命保険と個人年金あわせれば年末調整の還付金も上限?まであるし、 個人年金も貯金みたいなものだからと言われて、深く考えず加入しています。 近く結婚・家を建てようという大きな予定ができ、できれば出費を見直して貯金(使えるお金)を増やしたいと考えています。 生命保険は何かの時の為に必要だなと思っているのですが、正直、個人年金は不要ではないのかな?と最近思い始めました。 30年後のコトはわからないし年間12万円も払うならその分きちんと貯金して今後の出費が考えられる結婚資金や家の頭金にしたいと考えています。 まだ2年分(合計24万円)しか払っていないのですが 解約するのが妥当なのかわかりません。 支払った分は戻ってきませんよね? 勉強代ならその額が安いほうがいいかと思ってるのですが。 次の個人年金の支払は、12月にまとめて1年分の12万円を払う予定なので きちんと考えなければいけないと思っています。 生命保険会社の人に相談すればと思いますが、よくお付き合いさせて戴いている方なのでまずはこちらで質問させていただいて、 それから話を出してみたいと思っているので、アドバイス宜しくお願い致します。

  • 変額年金の受け取り時にかかる費用

    変額年金について教えて下さい。 平成18年に銀行の方に進められて、住○生命の変額年金に加入しました。 元本保証という言葉を鵜呑みにして、当時は勉強不足で加入してしまったのですが、 年金を受取る際に費用として差し引かれる金額はどの程度なのでしょうか? 差し引かれる費用を考えた場合、最近の金融不安もあり、ある程度の損も覚悟で解約 してもいいかなと思っているのですが・・・ 皆さんのお知恵をお願いします。 最低保証付変額保険年金受取型元本保証プラン 一時払い保険料 100万円  据え置き期間 10年 年金受取期間 5年 据置き(運用)期間中にかかる費用  保険契約関係費 年利1.7%  資産運用関係費 年利0.2% 年金支払い期間中   保険契約関係費 年利1.0% この場合、運用期間中(毎年)100万円×1.7%+0.2%)=19,000円、10年間だと190,000円、 また、年金受取が開始された場合も100万円×1%=10,000円、5年で50,000円かかるという ことでよろしいのでしょうか? 0%又は-2%で運用された場合、元本保証100万円から上記の金額合計240,000円が 差し引かれ、760,000円だけしか戻らないのでしょうか?

  • 個人年金について

    昨年の4月から三井生命のアベニューRという個人年金保険(10年確定型、定額型)に入っています。保険料は月額約1万円を支払っています。 もともと、職場に来ている女性の営業職員との付き合いで入ったのですが、現在、借金等の整理をしており、1円でも多くの額を返したいというのが本音です。 そこでなのですが、解約せずに今まで積み立てた分を返してもらったりすることは出来るのでしょうか? また、その時は積み立てた分は返ってくるのでしょうか。 した場合のデメリットを教えていただけないでしょうか。それと、担当者は嫌がるものですか。

  • 主人の個人年金保険について

    現在33歳の夫が独身の頃、朝○生命の個人年金保険に加入しました。 加入年齢は23歳、 60歳払込満了・支払開始、 年金額80万円・支払期間10年、 毎月の保険料11,608円 と言った内容のものです。 客観的に見てこの契約内容は良い物なのでしょうか? 個人的に朝○生命とセールスレディの方に対して良いイメージが無いのですが、今更解約して他社に切り替えるのは不利でしょうか? アドバイスお待ちしております。

  • 生命保険の支払調書に詳しい方に伺います

    生命保険会社、税理士、国税庁関連にお勤めの方に ぜひとも、教えてもらいたいことがあります □以下のケースの場合   一時金支払調書の100万円超判定はどのようにするのでしょうか? <ケースA> 同一受取人で、同一生保会社にて、複数契約している場合 同一日に解約した場合 A証書   解約返戻金 50万円  既払込保険料 1000円(P免状態ということで) B証書   解約返戻金 60万円  既払込保険料 2000円(P免状態ということで) この場合、 支払調書を税務署へ提出する判定として、以下のどちらでしょうか? 説明をつけて回答をお願いいたします 1)証書毎に、支払金額(解約返戻金)に100万円超を判定⇒提出なし 2)証書を合算して 50+60=110万円で判定⇒2枚提出 <ケースB> 同一受取人で、同一生保会社にて、複数契約している場合 期中内に、複数契約から一時金年金支払(個人年金・年金年額)した場合 A証書   年金支払額 100万円 B証書   年金支払額  50万円 この場合、 支払調書を税務署へ提出する判定として、以下のどちらでしょうか? 説明をつけて回答をお願いいたします 1)証書毎に、支払金額(年金支払額)に100万円超を判定⇒1枚提出 2)証書を合算して 100+50=150万円で判定⇒2枚提出 □以下のケースの場合   年金支払調書の20万円超判定はどのようにするのでしょうか? <ケースC> 同一受取人で、同一生保会社にて、複数契約している場合 期中内に、複数契約から年金支払(個人年金・年金年額)した場合 A証書   年金支払額 14万円 B証書   年金支払額  7万円 この場合、 支払調書を税務署へ提出する判定として、以下のどちらでしょうか? 説明をつけて回答をお願いいたします 1)証書毎に、支払金額(年金支払額)に20万円超を判定⇒提出なし 2)証書を合算して 14+7=21万円で判定⇒2枚提出

専門家に質問してみよう