• 締切済み
  • 暇なときにでも

個人年金に悩んでます

お世話になります。質問ご意見お願い致します。私は現在個人年金に加入してます。いま主人の個人年金に加入するか悩んでます。お金に余裕があるわけではないですが将来考えると頑張れるかなと。34歳男です。子供3人います。生命保険夫婦で加入して学資3人やってます。そこで皆様のご意見お願い致します。現在A社 の 12000、15000円の月々支払いの個人年金について。まず12000円毎月65歳まで支払いをし払い込みは432万ですが、将来は65歳から10年間.利率等で月にすると42000円。同じく150000円毎月65歳まで支払い 65歳から10年間月々、52000円となります。現在3000円の差で 将来は10000円の差が出てますが、これについて どちらが良いかとかどちらがお得などありますか?また、もう1つは退職金積み立てとして 月に6700円を65歳まで支払いし、241万払い込みに対して、65歳で解約をすると390万 10年間でわると月にして32500円になります。すべてが将来10000円の差ですが どちらがよろしいでしょうか?6700円のがすごく魅力ですが、 こちらは年金の控除などは対象外になります。12000.15000円のは控除などは受けれますが私の年金の控除をいましていて私は扶養なので2枚あっても意味ないのでしょうか???ちなみに、ニッセイさん明治安田さん の年金を検討してます。オススメありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数370
  • ありがとう数13

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#222546

まず質問者様にアドバイスしたい事なのですが、個人年金だけの事を考えず もっと広い視野の勉強をされて自分の知識を増やしてからでも遅くはないと 思いますよ。 そこで、最近は国家資格になりましたがファイナンシャルプランナーの資格の 勉強をされては如何でしょうか。 ファイナンシャルプランナー(FP)は生活に関わる金銭面や税金の事や年金保険 などの知識を持っている資格です。他人に聞くよりも自分が勉強されて自分の 知識を増やすことで様々な選択肢が増えると思います。実際にFPの資格を 持っている人は正直な話ですが日本で年金や資産運用はほとんどしていない ですよ。知識があればいろんな選択肢から自分が最良だと思う事に大切なお金を 預ける事も出来ます。海外の情報を得る事で日本では考えられない金利を 得ている人も日本中にはたくさんいます。これは知っているか知らないかだけの 差ではありません。知識としてしっかり自分の為に勉強しているかなんです。 日本に住んでいるからと言って日本の金融機関にしか預けてはいけないという事は 有りませんからもっと海外の預金の情報や保険や年金の情報を仕入れて自分の 知識を増やすことで今以上にお金を増やすことは出来ますよ。 今のままでは狭い視野の中だけで商品を選択しているだけに過ぎません。 自分の大切なお金だからこそ、知識を得る事と情報を得る事を怠っては いけないですよ。 知識と資格を得る事でそれを仕事にして収入を増やすことも出来ますからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

勉強になります!そうですね、そうゆう資格も視野に入れてみます、アドバイスありがとうございます!

関連するQ&A

  • 個人年金

    将来の年金支給65歳から。 個人的に某保険会社の年金型保険に加入中ですが、65歳払い込み、65歳から支給開始です。同時に生命保険にも加入しており、こちらも65歳払い込みで終了予定です。 両方の支払いで年額約120万円程になります。 そこで60歳~65歳までの支払い総額約500~600万程を貯蓄とは別に備えておこうと考えています。 そこで、個人年金型(60歳から支給されるもの~アフラックなど)のものか、個人型確定拠出年金(現在の職場は厚生年金のみです)にしようかと考えています。お勧めの個人年金会社、方法などアドバイスなどをお願いします。現在43歳。55~60歳位で目標額の達成希望ですが、全く自由になる貯蓄がなくなるのも万が一の為には不安があるので、無理なく出来るものが良いのですが・・・。

  • 個人年金

    JAの個人年金に加入して5年になります。 離婚して配偶者がいないので老後のことを考えて入りましたが、先は長いし(60歳まで払込み)、月3万6千円の額はけっしてお安くないので、どうしたものかと考えています。このまま加入し続けてても良いのでしょうか。それとも解約して、他の個人年金に加入したほうが良いでしょうか。尚、現在48歳です。

  • 個人年金か?終身保険か?

    老後の資金のため 無理のない金額で 夫契約で控除の対象になるので 個人年金を考えてました 東京海上の個人年金を 問合せたのですが 終身保険も勧められました(>_<) 個人年金は 個人年金の枠で控除きくし 60払い込みで 60歳から個人年金で10年間貰うのか 終身保険で 途中亡くなったら 保険金がおりるのでいいのか 60以降は配当金がつくので より金額が増えます 60歳まで払込みして 必要になったらその都度おろすのか どっちがいいか迷っています(>_<) 説明が下手ですいません

  • 回答No.5

> お金に余裕があるわけではないですが将来考えると頑張れるかなと。 今後の子供の進学、結婚、住宅の購入、ローン、自動車や耐久諸費財の購入等を考慮したライフプランを作成した上で頑張れると言うのであれば良いですが、ライフプランを作成していないならまずライフプランを作成すべきです。 個人年金を比較する条件のひとつとして「返戻率」と言うものがあります。支払った額に対して、戻ってくる額を示したもので、「個人年金 返戻率」で検索してみてください。 最も、加入年数が長くなるほど返戻率は高くなります。 高いと言っても、120~140%と厚生年金と比べれば圧倒的に低くなります(厚生年金は企業も半分負担し、短命で死ぬ場合を除けば一生涯もらえるので個人年金とは比較になりません)。あくまで個人年金は補助的手段です。 所得税控除は年間2万までは全額。8万の支払いで4万控除なので、8万以上の支払いは所得控除としては意味がなくなります。(契約の数でなく、トータルの金額です) 所得控除を再優先するなら、確定拠出年金があります。 確定拠出年金は企業が行う企業型と個人が行う個人型がありますが、個人型については以下を参照。 http://www.npfa.or.jp/401K/ 確定拠出年金は支払額が全額所得控除の対象となります。 国の年金制度は縮小していますが(破綻している訳ではないですし、会社員の厚生年金や公務員の共済年金であれば十分ではないですがそれなりの金額が貰えます)。 また、定年退職後の再雇用や定年対象の年齢の見直し等今以上に年取ってまで働ける環境も整ってくると思います。 再度、繰り返しになりますが、今後のライフプランを見据えて払っても問題ない状況なら個人年金を追加されても良いと思います。 個人年金の支払いのおかげで、例えば住宅ローンを定年退職後まで払わなけれなならないような事になったら本末転倒ですからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!そうですね、一度プランを考えます。控除を優先するのもあるんですね本当に勉強になります、、ありがとうございました!

  • 回答No.4
noname#231223

No.3です。ペイオフについて補足。 ペイオフは、金融機関(銀行等)の預貯金について、もし金融機関が倒産しても1金融機関あたり1人1000万円まで元本・利息を保証する制度のことです。 利息がまったくつかない決済性の預貯金については、上記の制限に含まれず完全に全額保証です。 生保はもし倒産してもここまでの保証制度はないので、保険だけで考えずに貯金も併用など考えたほうがいいのではないか、と(挙げてあるような超大手ではそこまで考えなくてもいいだろうけど)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすく本当にありがとうございます!そうゆうのは初めて知りました。勉強になりました。ありがとうございます!どこの銀行が、オススメとかはありますか??ちなみに貴方様はやられてたりしてますか?学びました!本当にありがとうございます!!

  • 回答No.3
noname#231223

個人年金は、支払いに無理がなく、続けられるかというのが一番の鍵だと思いますよ。 いくら将来もらえるといっても、払っていけなくなって途中で辞めちゃえばたいてい赤字です。50歳過ぎ、下手すると60歳前後まで解約すると赤字になるわけですからね。 30年で計算すると・・・おやぁ? 掛け金が高いほうがもらいがちびっと少なくないか??? (4.2万×12ヶ月×10年)÷(1.2万×12ヶ月×30年)=116.7% (5.2万×12ヶ月×10年)÷(1.5万×12ヶ月×30年)=115.6% 計算間違ってますかね? 掛け金か受取金額のどちらかが間違ってるんじゃないかなぁ。 もしくは会社が違う影響か。 ・・・微々たる差ではありますが、ね。 あなたの個人年金保険料を旦那さんの控除に付けている(=旦那さんに払わせている形になっている)・・・ずっと旦那さんが払っていくのかというのも検討課題でしょうね。 あなたが稼いで自分で払って(いることにして)、自分の控除に付ければ、旦那さんのほうの控除枠は空きますね。 退職金にしろ個人年金にしろ、会社が倒れたらお金が目減りしますけど・・・貯金はペイオフの範囲内なら全額保証というのも考える点でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく回答ありがとうございます!すいません私は貴方様みたいな計算ではなく単純に120000円✖️30年 とか計算しました。すいません。ペイオフの全額保証とはすいませんどんなことですか?未知のため申し訳ありません掛け金払えるぐらいがいいですね、ご回答ありがとうございます!

  • 回答No.2
  • oska2
  • ベストアンサー率43% (1443/3342)

>私は現在個人年金に加入してます。 国の年金制度が「崩壊」している現状では、老後の生活は「自己責任で対応」するしか道はありません。 ※年金納付免除者を未納者と見做すと、年金納付率はぎりぎり50%。 ※年金を貰うよりも、生活保護を貰った方が優雅な生活が出来る。 ※(現在の国民年金は、毎月約63000円。生活保護は、毎月約125000円) 質問者さまの場合、旦那が34歳ですよね。 つまり、国が行っている「詐欺である国民年金」は「70歳から受給予定」となります。 まぁ、現在でも「毎年、年金支給額が減少(逆に、納付額はUP)」していますから・・・。 質問者さま夫婦の代では、毎月50000円の年金受給額があるか疑問ですね? 平均寿命で80歳とすれば、国民年金を真面目に納付するよりも「意図的に、年金納付拒否」をした方が老後の生活は安心です。^^; 70歳から、10年間年金を貰っても・・・。 自分で運用した方が、老後に使える金額が多くなります。 自分で働いた自分のお金ですから、投資運用も「責任を持って、しっかり」行います。 他人のお金で「損失を出しても、何ら責任を負わない役人」との違いですね。 >私の年金の控除をいましていて私は扶養なので2枚あっても意味ないのでしょうか? 意味が無い事は、ありません。 先に書いた通り、国の年金制度は既に崩壊していますからね。 老後の自己防衛は、自分で行う必要があります。 個人年金は、貯蓄が出来て所得控除になる良い金融商品です。 ゼロ金利で、預貯金金利がゼロに等しい時代では「収入控除」は利息以上に利益が大きい。 >ニッセイさん明治安田さん の年金を検討してます。オススメありますか? こればかりは、質問者さまが自己責任で決めるしかありませんね。 他人の意見を聞いて決めた場合、何かあっても責任を問う事が出来ません。 まぁ、個人年金比較サイトで調べる事も一考です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりましたご回答ありがとうございます!すごく、勉強になりました。未知で申し訳申し訳ありません。投資運用がとても気になるのですが、そちら教えていただけますか??お手数おかけ致します。

  • 回答No.1

まず、年金は、どれも同じ。 保険会社と運用会社の手数料がどれだけ少ない割合かなんて、自分で計算できるものではありません。 いっぱい積み立てていっぱい戻ってくるのが一番いい人生になるってだけです。 「現在3000円の差で 将来は10000円の差が出て・・・」と書いてもご自身が長生きした場合に 満額になるだけであり、長生きする前提でいっぱい掛け金を支払いなさいと言う回答にしかなりません。 1つ言えることは、現在の掛け金支払いは税の控除額いっぱいまで支払うべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!参考になりました!もう一度検討致します!ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 個人年金について

    先日、年末控除の用紙を記入中に気づいたのですが、控除欄に年金による控除いうものが目につきました。 個人年金?を月に一万かけて税金の控除が10万円まであることを考えると、 年間12万の掛け金に対し、1万円程度のキャッシュバックをいう計算になりますよね?(自信は全くありませんが) この考え方があったると、かなり有利な商品ということに気づき年金の加入を思案中です。 現在、33歳の会社員で厚生年金に入っています。(企業年金は無し) わたしは個人年金に加入して控除を受けることができるのでしょうか? また、お勧めの年金があれば教えていただけないでしょうか? (リスクはミドルまでで考えています) 以上、よろしくお願いします。

  • 個人年金、こんな上手い話があるのでしょうか?

    個人年金、こんな上手い話があるのでしょうか? まず、私が個人年金に全く無知な中、質問してる事を了承ください。 先日、生保レディーをやってる知人より、個人年金を進められました。 内容は、以下の通りです。 ・65歳迄、積立して、65歳から10年間、 積立分より、かなり増えてもらえる。例えば、40歳なら月1万の積立で50万程増えてもらえる ・掛け捨て等の損はない ・税制控除。 との事でした。 うーん。全く無知な私は断りました。 まず、私自身、月五万程、貯蓄している事。 掛け捨てではない生命保険に入っている事。六十代になったら、ある程度の金額が入ってきます。 旦那は会社経営ですが、厚生年金はあります。 私は専業主婦です。 で、質問ですが、まず、この知人が進める個人年金は、怪しくないのでしょうか?知人の会社は、誰もが知ってる生保会社です。 そもそも、個人年金とは、このような条件が普通なのでしょうか?でも、この生保会社が潰れてしまったら、個人年金は貰えないのですよね? 50万も余分にくれて、生保会社は、やっていけるのですか?←世間知らず的な発言ですか?許してください。 私は、このお得に見える個人年金を契約するべきなのでしょうか? 知人に直接聞くべきかもしれませんが、聞くと興味があると思われてしまうだろうし、断りづらくなりそうです。疎遠にも出来ない間柄なので、最初にはっきり金がないと、断りましたが、実際はどうなんだろうと、疑問に思っています。 誰かこの年金、保険に無知な世間知らずのバカ主婦に教えてください。

  • 個人年金控除

    ソニー保険の個人年金(変額)に入っていますが、、、 生命保険控除と別枠の年金控除をしたく加入しましたが、、、 会社の年末調整で控除されていなかったので、還付申告をしにいきますと、名前は個人年金だが年金控除には該当しないと言われました。 このようなことはありですか? 今後年金控除の対象にしたい個人年金に加入する際に気をつけないといけないこと教えてください。

  • 個人年金について

    40歳になる者ですが、現在個人年金について入るべきかなやんでおります。(この先どうなるかわかりませんが、共済年金加入です)私共の年齢では65歳からの年金支給で60歳定年後の生活も心配になります。 そこで質問ですが、個人年金は掛けておくべきでしょうか?それとも、年金を掛けている分を預金を多めにするべきでしょうか。?教えてください。 又個人年金にはガン保険・健康保険を含めた商品などはあるのでしょうか?

  • 個人年金はどちらがおすすめ(住友生命、東京海上あんしん生命)

    個人年金はどちらがおすすめ(住友生命、東京海上あんしん生命) 現在税額控除も考え個人年金に加入しようと思っています。 色々調べてみると会社によって60歳からもらえる額にも差があることがわかりました。 今考えているのは2箇所です。 33歳なのですが、ホームページで計算すると 住友生命 あんしん一番 払い込み総額 324万円 受け取り総額 393.40万円 東京海上あんしん生命 払い込み総額 324万円 受け取り総額 378.36万円 と同じ払い込み金額でも受け取り総額に差があります。 この場合単純に住友生命の方がよいという判断になるのでしょうか? 内容を見るとどちらも配当もあるようです。 ただ東京海上あんしん生命はクレジット支払いができるところは魅力です。 皆さんの意見をいただけると助かります。

  • 個人年金を始めようか迷っています。。

    よろしくお願いします。 20代後半男独身一人暮らしです。 個人年金を始めようか迷っています。「32歳までに知らないとヤバイお金の話」を立ち読みして「個人年金は入っていてもいいかも」と解釈しました。 その理由として 払い込み期間に万が一死亡しても掛け金全てが戻ってくることが多いなどハイリスクな商品でないような印象を受けたからです。 現在の月収はわけありで10万円前後。平日会社に通っています。 厚生年金未加入(国民年金は払っています) 国保は自治体のもを利用 「そんなんで年金はいるの?」と思われるかもしれませんが、生前贈与で数百万円贈与を受け、それを運用しようと思っています。 現在もしており、国内株式がメインです。 以前は投資信託や某和牛オーナーもしておりましたが、あわせて250万円ほど損失がでました。 また保険は、 医療保険で月2000円程度の掛け金 生命保険300万円で月5500円程度の掛け金です。60歳で掛け金を超えるシステムの保険です。 年末調整の生命保険控除も考慮して医療保険と生命保険に加入しましたが、昨年103万円を超えていないので特に税制控除について考慮しなくてもいいかなとおもっています。今年度も超えない予定です。 はっきり言って10万円前後の収入で貯金は難しいです。だから老後について不安を感じ、まだ手許にある数百万円を個人年金にまわすべきか迷っています。 今考えているのは 月1万円の掛け金で約41万円を10年間受け取れる個人確定年金か http://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_pension/nenkin/feature/ 国民年金基金 です。 しかし今日読んだ本では 「確かに老後については不安ですが、20代での1万円と60代の1万円は違いますから、2,30代で個人型年金に入る必要はない。60歳まで年間12万円も払い続けられますか?」という一文でした。 確かにそれも思います。だとすると個人年金商品に投資するか、それとも他の投資商品に投資して運用するかどうすればいいでしょうか。 乱文で申し訳ありませんが、アドバイスあればお願いします。

  • 変額個人年金について・・・

    こんにちは。 私は現在26歳の男です(既婚)。 これからの時代、自分の将来(老後を含めた)は自分の手でと思い、個人年金の加入を検討しております。 かんぽなどの元金が最低保障されてプラスお小遣い程度の利息という個人年金では、60歳までの30年以上もの払い込みに、うまみがないと感じてしまいます。払込期間中に景気が良くなったり、インフレ等による物価の上昇が起こる可能性も全くないわけではないので、変額型の個人年金が良いのではと考えました。 何社かの商品を調べた結果、スカンディア生命の「アグレ」という投資性の強い変額年金に興味を持ちました。 このような商品のパンフレットでは知ることの出来ない欠点,リスク等、ご存知の方、どうかアドバイスをお願いします。(ほかにおすすめの個人年金がありましたら、教えて頂けると嬉しいです) 《現在の我が家の事情》 (1)収入は妻と合わせて、40万円弱/月です。 (2)生命保険は妻と合わせて、2.2万/月です。 (3)子供が生まれるので学資保険も加入検討中。 (4)貯金は12~15万/月くらいのペースです。

  • 個人年金について

    いつも参考にさせて頂いております。 30代女性です。 個人年金に加入しようかと迷っております。 お勧めの個人年金がありましたら、教えてください。 金額は月(1万円)の積み立てを考えてます。

  • 個人年金の控除について教えてください!!

    個人年金の控除について教えてください!! 私は現在専業主婦で、独身時代から加入している個人年金があります。 契約者=私 受取人=私です。 結婚してから、保険金の支払い口座を夫名義のものにしました。 (専業主婦になり、収入が0円になったため) なので、保険金の支払い者=夫 なので、夫の会社の年末調整に 私の個人年金の控除の用紙を提出し、控除を受けました。 しかし、これでは、保険金を受け取るときに贈与の対象になると 知人から言われ、心配になったので、また私名義の口座からの 引き落としに変更しました。 しかし、私は専業主婦で、この先もずっと専業主婦の予定です。 独身時代の貯金が入っている口座ですが、 個人年金の支払いだけで、いずれは0円になってしまいます・・ 万が一のためにも、残高が0円になっては困るので、 実際は、夫の給料をいくらか私の口座へ移すつもりです。 なので、夫の会社で、私の個人年金の控除を受けたいのです。 (夫は個人年金に加入していないので・・) その場合、実際に保険金を受け取るときに贈与の対象になりますか? 一応、予定では 60才時  払込総額 475万  一括で受け取る金額 563万。            10年年金の場合  601万。 どれくらいの贈与金額がかかるのでしょうか? 控除を受けたほうが得? 控除を受けないほうが得? よろしくお願いします。

  • 個人年金 大丈夫?

    保険用語に疎いので言葉のあやはお許し下さい。某生命保険会社の個人年金に加入しています。加入してから12年が経ちます。月々の支払額は約1万円。60歳で支払い終了です。60歳以降年間60万円手元に入ってくることになっています。計算では67歳で元が取れることになるのですが、こういう時代ですからなんともハッキリしないと言うか、確固たるモノがないと言うか・・。生命保険会社だっていつなくなるか分かりませんし。それでも、個人年金は続けていた方がいいのでしょうか?賭けみたいなものだと思っています。