• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ES細胞作成に卵を使う理由

こんばんは ES細胞の話を聞いてふと思ったんですが なぜ体細胞の核と脱核した卵をつかうのでしょう?? そもそも体細胞の分類自体がよくわかっていないのですが 生殖細胞とはまた違いますよね?? でも含まれているDNAは同じではないのですか?? だから体細胞でなくても生殖細胞の核をつかっても OKなのでしょうか。 そしてなぜ卵細胞を使うのでしょうか? 卵細胞は卵割した沢山の細胞になりますが 体細胞でも処理をすればDNAを複製して 細胞分裂ができますよね??? 断片的にしか知識がなく、考えるほど よくわからなくなります。 どなたかご存知の方よろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 医療
  • 回答数2
  • 閲覧数99
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#9462
noname#9462

再生医療の話を聞いて、クローン胚の作製とES細胞の作製がごっちゃになったのですね。 ES細胞は胚の細胞からつくります。胚が胚盤胞という袋状の状態まで成長したときに、その内側にある細胞の塊(後にこれが体の全ての細胞になります)を特定の条件で培養するとES細胞になります。 ES細胞をうまく操作するといろいろな種類の細胞になります。それを利用して、たとえば特定の脳神経が失われたヒトにES細胞から作った神経細胞を補充する、というようなことも可能になります。 ただし、そのヒトと補充した細胞との遺伝情報が違っていると、補充した細胞は異物として扱われ、免疫の働きによって排除されてしまいます。 そのヒトとおなじ遺伝情報をもったES細胞ができれば、この問題は解決します。そのための技術がクローン胚です。 クローン胚をつくるには、卵子から核を取り除いてそのヒトの体細胞の核をかわりにいれます。こうすると、染色体数が体細胞と同じで細胞質は卵子のまま、つまり胚にそっくりな状態になります。うまくすると胚として成長させられます。遺伝情報をもとのヒトからそっくり引き継いでいるので、クローンになるわけです。 ここからES細胞をつくれば、もとのヒトと同じ遺伝情報をもったES細胞ができるので、補充したときに異物として排除されないわけです。 注:胚とは、卵子と精子が授精してできた未成熟な個体をいいます。染色体数は体細胞と同じです。受精卵ともいわれることもありますが、タマゴ(染色体数が体細胞の半分)ではないので、科学的ないいかたではありません。

参考URL:
http://www.trc-net.ne.jp/trc/cont/00_www/basics/02_05.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

はじめまして。 生殖細胞と体細胞では含まれているDNAは異なります。 ヒトのばあい、体細胞は46本の染色体が含まれています(男性は46XY、女性は46XX)。 生殖細胞は精子、卵などのことで、減数分裂という染色体の数を半分にする過程を経て作られます。 よって、精子は父方の染色体の半分(23Xもしくは23Y)、卵は母方の染色体の半分(23X)を含んでいます。 これらが受精する(両方の染色体が混ざる)と子供の染色体は46XYもしくは46XXとなるのです。 よって、ES細胞には、生殖細胞ではなく体細胞が用いられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

    体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・ といろいろ聞くのですが、いまいち違いがよくわかりません。 確か、 ES細胞はヒトの未受精卵は何にでも分化できる全能性をもつので、 そこからクローンを作るが、ヒトとなるのが可能な胚を使うのが倫理的に問題ありで、△。 一方IPS細胞は、体細胞?から脱分化させるんでしたっけ? いまいちよくわかりません。 クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。 ドリーは乳腺細胞からの核を用いて作られたはずだから、 ES細胞かIPS細胞かというと、IPS細胞?から それとも、分類自体が間違っていますか。 よくわからなくて… 教えていただけるとありがたいです。 (大学受験レベルで御願いします。)

  • 生殖細胞について。

    『新 細胞を読む』という本に、 「その(生殖細胞)大本になる細胞が生まれるのは、発生の非常に早い段階である。つまり、受精卵が卵割という特殊な分裂を行って細胞数を増加させるそんな頃、いずれは生殖細胞になる運命を持ったものが一般の体細胞から分かれ、独自に歩みを続けていく。」 という記述があり、生殖細胞がいつ生まれるのか(例えば受精して何ヶ月目、あるいは10歳頃?など)という疑問があるのですが、いつごろなのでしょうか? また、そういったことを勉強するのに、おすすめの本があったら教えていただけると嬉しいです。

  • クーローン動物を得るときの核注入時の注意

    減数分裂中期で停止している卵から染色体を除去し、この細胞質内に卵丘細胞の核を注入したあとに受精の開始と類似の働きを持つ刺激を与えることによってクローン動物の細胞が得られた という文章に対して次の問いがありました。 では、DNA複製前の体細胞の核を注入した場合は、この操作を行うときに、さらに細胞質分裂を阻害する試薬を加える必要がある。その理由は何か。2行以内で述べよ。 とありました。 複製とはそもそもDNA量の基準を2nとすると4nになったあと二本の娘細胞として2nの核ができあがるものだから、私は 減数分裂時に、複製が進行してしまうと核相が増えてしまい。正常に発生しない、もしくは細胞質分裂が起こり、発生の進行のプロセスから逸脱する。 と書いたのですが模範解答は 細胞質分裂が起こると割球は一倍体になってしまい正常に発生しないであろうから。 と書いてありました。 体細胞分裂の核をいれているのに核相が減数分裂第二中期の細胞質だからといって、1倍体になってしまう。という解釈がわかりません。 なぜここでは可能性として体細胞の複製前の核をいれてかつ細胞質分裂を阻害しないと1倍体になりえると断言しているのでしょうか。 1倍体になってしまうという感覚がまったく持って理解できていないのでしっかりと解釈をしたく存じます。ご迷惑おかけしますがご指導お願い申し上げます。

  • 原核細胞

    原核細胞は核を持たないが、DNAが凝縮した「核様体」なるものを持つ…ということですが、これに関していくつか質問があります。 (1)原核生物は全て、もしくはその多くが核様体を持つという認識で合っているのでしょうか?ミトコンドリアや葉緑体も核様体を持つようですが、大腸菌なども核様体を持つのでしょうか? (2)真核細胞では分裂前期に染色質の凝縮が起こりますね?この核様体が存在する時期というのは、やはり原核細胞の分裂期になるのでしょうか? 原核細胞のDNAからタンパク質が生合成される仕組みについてはおおよそのことは知っています。RNAポリメラーゼによって転写合成されたmRNAを伝って、いくつものリボソーム(ポリソーム)が順次コドンをタンパク質へ翻訳しますね。この様の図解や、その手の電子顕微鏡写真も見たことがあります。 (3)この原核細胞内でのタンパク質の生合成は、核様体という凝縮した状態でも行われているものでしょうか?真核細胞ではDNAが凝縮した状態というのは、基本的に転写が不活性化している状態だったはずですが。 (4)大腸菌などは、本来のDNA以外にもプラスミドと呼ばれる環状DNAも持っています。核様体はプラスミドもその中に含むものなのでしょうか? (5)核様体はDNAが凝縮したものであるとはいうものの、ヒストンは含まないようです。真核細胞の染色体はヒストン以外にも、非ヒストンタンパクと呼ばれる、転写調節タンパクやDNA修復酵素などを含むようです。核様体はタンパク質など、DNA以外のものを含むのでしょうか? 以上5点、すこし長くなってしまいましたが、いずれも ●核様体は原核生物に共通する構造なのか? ●核様体を持つ原核細胞のDNAが常に核様体という姿でいるのかどうか? という疑問がそもそもの発端です。 よろしくお願いします。

  • 体細胞分裂と減数分裂

    1.体細胞分裂の染色体数(nで表わします)とDNA量(cで表わします)についてお聞きします。 2n,4c→(複製)→4n,4c→細胞分裂→2n,4c 2n,4c→(複製)→2n,4c→細胞分裂→2n,4c どちらが正しいのでしょうか。もしくはどこがおかしいでしょうか。 2.減数分裂の染色体数(nで表わします)とDNA量(cで表わします)について 2n,4c→(複製)→2n,4c→遺伝子乗り換え→第一分裂→2n,2c→第二分裂→n,c であっているのでしょうか。 3.遺伝子乗り換えは必ずしも起こるとは限らないのですか。

  • 体細胞分裂について

    体細胞分裂について 説明します。 間期のときに DNAを複製してDNA量が2倍に なるということは染色体も2倍になるということですよね? それなのになぜずっと2n=4のままなんでしょうか??? DNA量のグラフは変化するのに なんでずっと2n=4?

  • 細胞分裂

    えっと、細胞が分裂する時にDNAが染色体になりますが、なぜDNAが染色体になる必要があるんですか?DNAの状態で細胞分裂すると何か不都合でもあるんですかね?

  • 生物の細胞分裂の質問です。

    体細胞分裂と減数分裂が順番に起こると知りました。 構成するものが違うのに(体細胞分裂:体細胞を増やす/減数分裂:生殖細胞をつくる) どうして同じ過程で起こるのですか? お願いします。

  • FACSを用いての細胞含有DNA量測定

    FACSを用いて、分裂酵母の温度感受性株の細胞の大きさおよびDNA含有量の測定を行いました。 細胞の状態が核分裂後で、細胞質分裂は起こっておらず隔壁が形成している時、DNA量は細胞あたり(つまり核2つ分)を測定しているのでしょうか?それとも核2つを別の細胞と認識して測定しているのでしょうか? 教えてください。

  • 動物の卵形成

    よろしくお願いします。 問題 ある動物の卵形成、受精、および、その後の発生について問1から問7に答えよ。 問4 精子にある量の紫外線を照射すると、精子はその染色体が完全に破壊されるにもかかわらず、運動脳を保持し受精することが可能である。紫外線を照射した精子で受精された卵は発生を開始するが、半数体(1倍体)となり、ふ化までに死亡する。しかし、このような卵でも、卵割を阻止して染色体を倍数化すると、多くの場合生存性に変わる。これらの個体は同一の母親由来であっても、通常は遺伝的にそれぞれ異なる。その理由を2つ記せ。 まずこの問の意味なのですが、 >これらの個体は同一の母親由来であっても、通常は遺伝的にそれぞれ異なる。 の「これらの個体」とは、子供のことを指す、と自分は考えたのですが、違うでしょうか。 (解説には、『「今回の卵割阻止してできた卵)と「母の細胞」を比較」と書いてあります。この解説は問題の意図をとりまちがえてませんか?) 問4答え 減数第一分裂で2価染色体が分離し、核相同染色体がそれぞれ独立に分離するため、遺伝的に異なる。(今回の卵の染色体は片方の相同染色体が売価されたものである。) 減数第一分裂前期で遺伝子の組み換えが起こるから。 問6 紫外線を照射された精子で受精された卵の減数分裂の第二分裂を阻止しても、生存性の2倍体が得られる。しかし問4に記されているような卵割を阻止して得られる2倍体とは遺伝的に異なる。両者の違いを記せ。 問6答え 卵割阻止の2倍体(問4)は、それぞれが全く同じ遺伝的機能をもつゲノムからなるが、問6の2倍体は、遺伝子の組み換えによってそれぞれのゲノムの遺伝的構成が少しずつ異なる。 解説:問4は卵割阻止(染色体倍加)、問6は減数第二分裂阻止(相同染色体の遺伝的組成が異なる。) >問6の2倍体は、遺伝子の組み換えによってそれぞれのゲノムの遺伝的構成が少しずつ異なる。 のは、なぜですか。どこで組み替えが起こっていますか。 よろしくお願いします。