• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

布基礎とべた基礎

いつもお世話になっています。べた基礎と思っていた基礎が布基礎ではないかとシロアリ駆除の業者に言われたのです、自分で確認したいと思うのですが、素人がみても判るのものなのででしょうか?判るものでしたら、確認のポイントを教えてください、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数811
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

地窓があればそこから覗いてください、 土があれば、布基礎で、全面コンクリートで覆われていればべた基礎です、 ただ布基礎の後コンクリートを流している場合判断はつきにくいと思います また基礎パッキン工法の場合覗く事が出来ません そこで床下に入る必要があります、 シロアリ業者さんが入った所や、台所の床下収納、和室の畳を起して 荒床を外し、床下に入ります、土台が乗っている基礎の立上がり部分を観察しましょう 下のコンクリートと立ち上がりのコンクリートの境を見ます、 境に金属のセパレータが入っていれば、べた基礎です、 (巾3cmぐらい高さ5~8mmぐらい、で立ち上げ基礎型枠の保持金具) 入っていなければ、布基礎の可能性があります、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに1から2m間隔で金属が立ち上がりの直角部分近くに飛び出していました、とても参考になりました、ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

布基礎であっても防湿の為コンクリートが敷設してあると素人目では解り辛いものです。 建物周囲がコンクリートでなく土なら基礎の脇を掘って見て下さい。 基礎の底盤が見えたら布基礎です。無ければべた基礎だとみても良いと思います。 そのシロアリ駆除の業者はどのような方かは知りませんが、素人に不安を与え煽るやり方の営業をする所もあるようです。 しっかり内容を確認して対応したほうが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね、内容を確認して対応したいと思います、ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

まず、設計図があればそこから基礎の部分の図面や背施工方法で確認できます。 基礎の違いを簡単に説明します。 ○べた基礎 家が立つ面積一面に、割りクリ石を敷き固めて防湿シートをかぶせ、鉄筋を組んでからコンクリートを流します。1週間程度養生させ、さらに、柱が立つ部分をつないでさらにコンクリートを流して、幅12cm以上で45cm立ち上げます。 この方法がべた基礎です。 ○布基礎 べた基礎工法のうち、「家が建つ面積一面に・・・1週間程度養生させ」までを省いた工法が布基礎です。 どちらがよいかは、立てる家の地盤によって変わりますが、最近はべた基礎を用いる工法が多くなっているようですが、布基礎がダメだということでは決してありません。 また、布基礎であっても、防湿コンクリートを施工している場合が最近は多いので、その場合はべた基礎との違いは見た目ではわかりません。 確認の方法は、先ほども述べましたが、設計図を調べるのが一番ですが、設計図で判らなければ、台所などに設置している床下物置をはずして、そこから床下を覗き込んで確認するのがいいでしょう。 その場合、地面にコンクリートが張ってあれば、べた基礎かもしくは布基礎仕上げの防湿仕様だと思います。 地面がむき出しの場合は明らかに布基礎施工です。 ただ、布基礎だからシロアリが出るとは限りませんし、防湿処理を施していてもシロアリ対策は万全だとも言い切れません。まずは、以上の方法で確認されたらどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

防湿処理をしている場合、素人には判断つきにくいのですね、参考にさせていただきます、回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 布基礎と独立基礎?

    布基礎と独立基礎? 農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。 現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。 この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!) そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。 かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。 「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか? ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。 そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。 1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか? (「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!) 2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか? 3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか? 4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか? 追加の質問ですが、 5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

  • ベタ基礎と布基礎 どちらがいいの?

    地盤によってベタ基礎が合うとか、布基礎が合うとかあると思いますが、最近のハウスメーカーの傾向をみると、どのようなハウスメーカーでもベタ基礎で施工しているように思うのですが、本当のところどうなのでしょうか? 私の知り合いの人が言うには、ベタ基礎の施工は簡単で、布基礎の施工は技術がないと難しいとのことでした。そのようなことがあってベタ基礎が増えているのでしょうか? また、ベタ基礎のほうがシロアリ対策としては、有効なような気がします。もっとも布基礎でもアリダンシートというのを敷いて、シロアリ対策は大丈夫とのことのようですが、本当のところどうなのでしょうか?   どうかわかる方がいたら教えてください。  よろしくお願いします。

  • ミサワって布基礎?

    ミサワホームって、布基礎が多いんでしょうか?

  • diy 布基礎のアンカーボルト

    お世話になります。 DIYで3坪のガレージを作ろうと思います。 布基礎とし、下部より 砕石10cm、生コン10cm、重量ブロック(布基礎に2cm埋め込み)、重量ブロック2段目、4×4土台としています。 台風等の対策として、アンカーボルトを布基礎横筋部より土台まで立ち上げた方がいいと思うのですが(550mmのアンカーボルト使用)、ブログ等を散見すると そこまで長いアンカーボルトを使っていないように見受けます。 また、ブロック1段目と2段目の間には、横筋を入れた方がよいのでしょうか? 上記2点、どんなものなのでしょうか? 鉄筋は2ブロックごとに布基礎より重量ブロック2段目上面まで入れます。 宜しくお願い致します。

  • 布基礎の下部にフーチング部がない+水たまり問題

    自分で自宅リフォーム中です。  床下を点検したところ、 なんと、布基礎にフーチング部がありません。  そこで、自分で補強することにしました。 幸い、車庫をつくるために、床下が1500mm程度あり、作業は半素人でも できそうです。 自分で考えた手順 1)布基礎のしたを掘る 2)掘った部分をつき固める 3)型枠をつくる 4)ビニールシートを敷く(防水のため) 5)グリ石を入れる 6)鉄筋、ワイヤーメッシュを入れる 7)コンクリートを流し込む 8)養生をする 問題は、布基礎の下を掘ったところ、 水が、出てきて、基礎の下端から20cmのところあたりが、 水面になってしまいます。 くみ出しても、10分もするとたまります。  つき固める作業は、水をくみ出しながらの 困難なものになりそうです。 セメントには、防水剤(マノール)を入れようと思います。  河川敷を固めるコンクリートのようなものが いいように思うのですが、、、  アドバイスよろしくお願いします。

  • 布基礎の設計について

    ある木造ツーバイフォー構造の基礎伏図を見て不思議なところがあるのですが布基礎のフーチングがドア開口の下で途切れています。 床まである壁の下だけにフーチングがある状態です。 基礎形状が途切れ途切れで非常に複雑です。 途切れているどころか部分的に独立基礎のような部分もあります。 単純に考えてドア開口の下もフーチングがつながっていた方が強固になると思うのですが。形状的にもスッキリするし。 私も構造は専門外ですが、こんな基礎伏図は初めて見たので凄く違和感があります。 コンクリートや鉄筋をケチるためですかね? ツーバイフォーだから壁だけ支えればいいという考え方? こんな布基礎ありですか? わかりにくい文章ですみません。

  • 布基礎下の捨てコンクリートの必要性の有無について

    戸建住宅の布基礎の下について、捨てコンクリートは打設しなくても大丈夫でしょうか? 今回の施工では、根切り後、砕石をひいて直接、布基礎の型枠を組んでいる形になっており、砕石と布基礎の間に捨てコンがありません。 コンクリート打設時に型枠と砕石の隙間からコンクリートが漏れださないか心配です。 工事担当者に確認したところ当社(大手HM)では捨てコンは打ちませんと言われました。 ネット等で調べると捨てコンを打っている写真なんかも拝見したので、経費を浮かせる為の手抜きではないかと少々不安です。ただ契約図面には捨てコンはなかったです。 建物は軽量鉄骨、布基礎の下は柱状改良(タイガパイルΦ400)が施工済みです。 以上、捨てコンクリートがなくても大丈夫なのかご教授の程、よろしくお願いします。

  • 新築時の基礎

    いつもお世話になっております。 やっと工務店と契約できそうなのですが、住宅基礎の問題ななのですが工務店は布基礎標準にての感じなのですが(地盤調査で問題なければ) 私は問題がなくてもあってもべた基礎を考えておりましたが地盤調査後問題が無い場合は工務店の言う様に布基礎でも良いのでしょうか? 私自身は詳しくわかりませんが、今までHMとお話してきた過程でべた基礎が一般的と思い込んでいる為。ご指導お願い致します。

  • 束石上をまたいで布基礎を施工できますか。

    布基礎を施工したいのですが、現状は直径40-50cm位の束石の上で木の束が大引を支えている箇所に重なる部分があります。その束石を撤去せずに束石部分は立ち上がりでつなぐようなことは可能でしょうか。なにか不都合が起こるでしょうか。 束石上以外の部分が強度があれば良いので、束石上で布基礎が途切れて半島になるより、つないだ方が良いのかよくわかりません。もちろん束石上も強度があれば尚良いですが。 ご回答よろしくお願い申し上げます。

  • 布基礎の型枠

    お世話になります。DIYで小屋を作成中です。 遣り方等が一通り終わり、布基礎部分の生コン型枠を作っています。 建設場所の都合上、一辺が既存の建物の基礎に数センチしか余裕がありません。 ここに型枠を収めると、要請後にこの部分のみ型枠を外すことができなくなりますが、そのままでも大丈夫でしょうか? 素人質問で申し訳ございません。宜しくお願い致します。