• ベストアンサー
  • 困ってます

公共事業

景気が悪くなるたびに公共事業の実施が言われてきた。 ほかの方策に比べて公共事業の実施の方が乗数効果が大きくなるといわれたのですが、 なんで他の方策大きくなるのですか? 他の政策、たとえば減税とかよりも乗数効果は大きくなるものですか?

noname#8795
noname#8795

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数166
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

 ある需要が1単位増えるた時、他の産業の生産額を どのくらい増やしたかを示す係数を、一般に生産 誘発係数と言います。  最終需要の形として、大きく消費と投資に分かれます。  このうち消費は  (1)家計(民間消費支出)  (2)企業(家計外消費支出)  (3)政府(一般政府消費支出)  投資は  (4)民間(民間総固定資本形成)  (5)政府(政府総固定資本形成)  と分けることができます。  政策体系に対応するものとしては、簡単に言えば、  (1)家計向けの減税(所得税、消費税の減税)  (2)企業向けの減税(法人税の減税)  (3)政府支出の増加(軍事支出、福祉支出の増加)  (4)民間投資の促進支援(企業向け租税支出、住宅政策)  (5)政府投資の増加(道路、橋梁などの建設)  となります。  で、需要が増えた場合の生産誘発効果ですが、全国では  (5)>(4)>(3)>(2)>(1)  となります。  政府の総固定資本形成は建設業、運輸業などへの生産を 誘発する効果が高いのが特徴です。  最も、一部地域では(4)>(5)(つまり民間投資のほうが 誘発効果が高い)ということもありますが、その場合も 企業投資の効果というよりは、住宅投資の波及効果が高い ためと言われます。  また、特に県民所得が下位の地方では  (5)>(3)>(2)>(4)>(1)というケースも存在します。  なので、産業連関表の分析から出てくる結論としては、 少なくとも減税による消費期待の倍くらいは、公共投資 のほうが意味があるということになります。  最も、いま一つ生産誘発係数に登場する最終需要形態 に「移輸出」という項目があります。  これは輸出先の需要が一単位上昇した場合の生産誘発 効果がどの程度あるのか、を示すものですが、大抵の場合 は公共投資よりも高くなります。輸出主導型の経済成長 政策・景気回復が主張されるのはこの為です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 公共事業と有効需要

    ☆公共投資の増加は乗数効果により多くの有効需要を創出し、国内総生産(GDP)を拡大させる。 乗数効果:一定の条件下において有効需要を増加させたときに国民所得が乗数によって増加する現象。  (この文の一定条件下の有効需要の増加 とは、公共事業による有効需要の増加ということを言っているのでしょうか?) ☆の文の意味をできるだけ簡単に説明して頂けないでしょうか?乗数効果の意味も分からず困っています よろしくお願いします

  • 乗数効果について

    学校で公共事業の実施が乗数効果が景気回復に役立つのはわかったのですが、昔と比べてみるとなんで乗数効果が低下しているのでしょうか? 投資額を減らしているからですか?

  • 公共事業で乗数効果が期待できなくなった理由について

    経済学の初歩中の初歩を勉強し始めた者です。 いきなり、GDPのところでつまずきました。 GDP=民間消費+民間投資+政府支出+(輸出-輸入) と学びました。 という事は、手っ取り早くGDPを増やそうと思えば、 政府支出(公共事業費)を増やすのが一番簡単です。 例えば、政府がダムをつくったとします。 それによって、ゼネコンが儲かって税収も増えます。 また、ゼネコンの社員の所得も増えるから、 そのお金が、民間消費や民間投資にまわります。 だから、最初の投資額以上の効果が期待できます。 つまり政府が1増やすと、それが回り回って全体で1.8ぐらいになる という計算が成り立ち、これを乗数効果というらしいのです。 こういうのを俗に「ケインズ効果」というそうなのですが、 バブル崩壊後は、この政策が通用せず、 今では、政府が1増やすと、1しか増えないのが現実だそうです。 では、なぜ、公共事業で景気を刺激して乗数効果をねらう理屈が、 今では、成立しなくなってしまったのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

不景気とは市場に金が回らないから不景気だと考えられますが、政治での景気対策でも消費マインドの冷え込みだけは解決できません。 減税は貯蓄を増やす方にお金が回るようで、市場への還元にはつながりにくい。 公共投資はお金が動く事に加えて雇用対策も兼ねるわけで、景気対策としては有効です。 ということは、高税率高還元すればいいのですが、社会主義のようになりますし、税率が高くなると益々消費マインドは冷え込みますので、低税率高還元すべく国債の発行などで財源をまかなっております。(定率減税の見直しなどはこのあたりと関連があるお話です) でも、この国債の大量発行による将来への見通しの暗さが消費マインドをまた冷やしているとも考えられ、庶民が貯蓄する方向になっております。 消費を促す策としては、住宅ローンの減税措置や消費税率の引き上げ、ペイオフによる銀行預金の引き出し期待などによる市場刺激策ですが、そういうことだから消費するというよりも、たまたま今消費たらお得だった、というくらいで、消費が活発になっていると言うわけではないようです。 将来の見通しが明るく政策がもっとも効果が上がると思いますが、とりあえず今のところ雇用対策とセットの公共事業くらいでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#10086
noname#10086

1兆円の公共事業と減税とを比べれば、 公共事業では初項に1兆円がそのまま 加えられるのに対して、 減税では1兆円に消費性向を掛けた分です。 0<消費性向<1なので、その分 効果が小さくなります。 ようするに1兆円の公共事業では 確実に1兆円が市場に流れますが、 減税では1兆円全てが市場に流れる訳ではないと。 まあ、理論上ですけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 景気に速効性のある公共事業って?

    今日のニュースで、政府が景気に速効性?即効性のある公共事業のために予算を使うという話を聞きました。 質問は2点です。 公共事業に、巨額の予算を使うと景気が、確実に良くなるのですか? なぜ?他の事業よりも公共事業に予算を使うと景気の効果が早いのですか? 以下、私の意見です。 そもそも公共事業って、景気を良くするために、事業を行うのではなく、その事業が必要だから、公共事業を行うのであって、景気を良くするために公共事業があるならば、必要がなくても、公共事業が行われる気がするのです。 質問では無いですが、そこが、良く、私には分からないのです。

  • 公共事業

    今回、安倍総理が4兆円規模の公共事業を予算にいれました。 この前の笹子トンネル崩落を見る限り、老朽化したインフラ等需要があると思うので、公共事業の必要性自体は否定しません。ですが、公共事業はいうなれば借金です、プライマリーバランスも考えると、財政も健全化する必要があると思います。それに主な目的は経済を良くする事です。 公共事業なので、ケインズの理論だと思うのですが、いくら公共事業で市場にお金をつぎ込んでも、お金をもらった国民がお金を使わなければ意味がありません。しかも、長いデフレが続いたせいで、国民の財布の紐はとても固いです。ですので、効果を上げようとするならば、貯金に上限を付ける等(お金は手元にあると使ってしまうものです。)、国民の財布を緩める政策をセットに行わなくては効果は薄いと思います。そして、浮上した景気で、国の税収をあげ、社会福祉を充実するのが理想だと思います。 そもそも、貯金は結局自分の事だけを考えた行為で、国を主体に考えれば到底すべきものではないと思います。私は自分だけの事を考えて行動すると、それは巡って自分に返って来ると思っています。情けは人のためならず、巡り巡って己が為と先人も説いています。ですが、貯金を規制するとやはり金融関係は困るのでしょうか?

  • 公共事業を行うと景気がよくなりますか?

    公共事業を行うとそれば呼び水の役割を果たして、経済波及効果により景気がよくなると教わりました。 来年の国債発行額も巨額なものになる予定だそうです。 しかし、最近のTVのニュース解説者はこぞって、今の時代は公共事業を行っても昔のような波及効果はないといいます。 これは本当なのでしょうか? 本当などしたら、その理由はなんでしょうか? より効果的に景気をよくする方法ってあるんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 国土強靭化や公共事業は時代遅れ?無駄なんですか?

    阪神淡路大震災と東北大震災があったのに、国土強靭化なんて 無駄だとか 時代遅れだとか、センスがないとか、バラマキだとか 土建会社と公務員しか得しない土建国家復活だとか 地方なんて効率が悪いから東京だけ耐震化すればいいとか B/Cや乗数効果1以下だから財政出動しても景気回復しない そんなことしたら財政破綻するとか言う人までいます。 8/13日の報道ステーションで古賀茂明がまだ公共事業バラマキだ なんて言ってましたよ。自分達は東京に住んでるから大丈夫だとか 地方なんてほっとけばいいとか思ってるんでしょうか? 関東大震災だってあったのに 自分たちが被災者になるって考えてないんでしょうか? 私は信じられないんですが・・・・ 欧米ではきちんと公共事業をやって、経済成長してるし 小渕政権と麻生政権の積極財政で景気を底支えしたし 最近トンネルと橋が落ちる事故だって起きたのに なぜこんなことを言うんでしょうか?

  • アベノミクスの公共事業について

    アベノミクスの公共事業って景気や雇用の対策になってるのでしょうか? 90年代に600兆円も公共事業に注ぎ込んで結局、景気も雇用も良くならなかったですよね?その当時と条件や、やり方やシステムが大きく変わってるのでしょうか?

  • 公共事業について

    公共事業というと道路や箱もの、天下りの温床という発想にしかならないことが問題ではないでしょうか。 公共の利益の追求の為の事業が雇用を生むことで健全性を取り戻せるのではと思うわけです。 教育や福祉の公共事業へ発想が行かないのが不思議でしょうがありません。そこにだって雇用があるはずなのではないでしょうか。なぜ、そっち方面はばらまきになってしまうのでしょうか。 結局、介護政策も失敗しています。 どういう理由でこうなってしまうのでしょうか。

  • 公共事業により

    こんにちは。 先日建材屋の友人と飲んでいて、そこで公共事業についての話になりました。 私は一介のサラリーマンなので、現在の無駄な公共事業に血税を使われるのは大反対なのですが、その友人に言わせれば「多少無駄な公共事業が無いと俺らが路頭に迷ってしまう」ということでした。 私は確かにそれは以前から認識していましたが、この友人は現在の公共事業の進め方を全く批判していませんでした。 友人の言うことも確かに分かるのですが、やはり何も批判事項が無いのが納得いきませんでした。 そうなると、公共事業を発注する民間業者を税金で養うことになり、どうも税金の図式がおかしくなると思います。 現行のシステムが悪いのでしょうが、じゃあどういう仕組みにしたらいいのかと考えると、皆目検討がつきませんでした。 そこで皆さんに質問です。 公共事業に関して、ぶっちゃけどんなシステムなら良いと思いますか?

  • やって貰いたい公共事業

    財政悪化によって公共事業が削減されていますが、是非やってもらいたい公共事業といえば何ですか?

  • 公共事業拡大は正しいのか?

    自民だったか公共事業の拡大路線を歩もうと考えているようですが この点について皆さんはどう思いますか? ネットの記事で読んだのですが、結局、公共事業を拡大しても新規のトンネルや高速道路を作る方向に走っても、トンネルの崩落事故のような、道路の修復、検査などにはまわらないそうです。 というのも、トンネルや道路は問題が起きなくて当たり前だから、それに費用を費やしても民衆からはあまり評価を得にくいからだそうです。 一方、新規の道路やトンネルなどの整備は、目に見えて結果が出るので民衆の支持が得やすいということらしいのです。 === そしてもう1つ。 公共事業拡大による景気のテコ入れ。 私には古臭い対策としか思えませんが、今現在も有効な手段なのでしょうか? 個人的には10年、20年先を見据えた政策をすべきと思うのですが、、、。 目先の結果ばかりに目が行ってしまってるようにしか見えません。

  • 増税と公共事業縮小

    政治や経済には詳しくないのですが、不景気の時は公共事業を増やすことにより景気を支える。 しかし、これが続くと政府の借入れが増え、公共事業で生計を立てる人が増える。 今度、好景気になった際に増税と公共事業縮小とある場合、増税する方が社会にとって良いのでしょうか。

専門家に質問してみよう