• ベストアンサー
  • 困ってます

アルコール脱水素酵素について・・・。

大学の課題で、 Q、アルコール脱水素酵素に付いて以下の問いに付いて答えよ。 1、反応式を書け。 2、活性測定法について記せ。 3、この反応について、Km値はいくつ求められるか。その内訳を記せ。 4、エタノールを基質とした場合、メタノールの添加によるKmおよびVmaxへの影響に付いて記せ。 というものがでました。 僕の回答(判断)は、 1、CH3CH2CHO→CH3CH2OH 2、? 3、? 4、ミカエリス・メンテンの式から導くのだろうということしかわからないです・・・。 です。 教科書にも載っていなくて、また解答もないので非常に困っています。 どなたかご教授願えませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1857
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1.アルコール脱水素酵素はアルコール(・・・-COH)からアルデヒド(・・・-CHO)への反応を触媒します。 2.脱水素酵素と名の付くものはほぼ例外なくNADを補酵素とします。還元型のNADHは340nmに強い吸収がありますが、酸化型のNADにはこの吸収がありません。脱水素酵素の活性測定にはこのことを利用すると大変便利です。 3.基質に対するKmはひとつですが、2.のNADに対してもKmの概念は適用できます。 4.エタノールとメタノールに対してのKmは異なります。混合した基質の場合には見かけ上のKmというものが存在することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酵素の反応速度について

    生化学の実験で酵素の反応速度を測定し、 Km値とVmaxを求めました。 一番高い基質濃度が2,5mMで、Vmax=1,73になり、 Km値はVmax/2から、0,49になりました。 このときの課題で、 Q,ミカエリス・メンテンの式から計算すると、Km値の10倍の基質濃度での酵素反応速度は最大反応速度(Vmax)の何%か? というものが出たのですが、 式はv=(1,73×2,5)/(10+2,5)で合っているんでしょうか? どなたか教えていただけると助かります。

  • 酵素の活性について

    前期に大学で酵素の活性について学びました。酵素の活性を示す式として、ミカエリス・メンテンの速度式があると学びました。この式における、VMaxおよび、Kmはどのような意味を持つのか教えて下さい。 できたら、なぜそう考えられるのかという理由も一緒にお願いします。

  • 酵素の反応速度論

    授業で「ミカエリス・メンテンの式」の事を勉強して疑問に思ったことです。 基質濃度と酵素反応の関係を表したグラフについて「このような双曲線はY=ax/(b+x)という式で表せる。これを書き換えるとV=Vmax[S]/(Km+[S])というミカエリス・メンテンの式となる。」という記述が教科書にありました。 「双曲線はY=ax/(b+x)という式で表せる」というのがどうしても理解できず、数学の教科書で双曲線の式を探しましたがY=ax/(b+x)という表記はありませんでした。 Y=ax/(b+x)について、解釈の仕方や式の導き方等、知っている方がいましたら御教授をお願います。

  • 酵素の反応速度について教えて下さい

    いつもお世話になっております。 ミカエリス・メンテンの式を使って、Vmaxや、Km値を求める、またグラフを書いてみるといった、基本問題を解いていて疑問に思ったことを質問させて下さい。 私の本では、基質濃度(μM)と反応速度(μM/min)の値がすでに書いてあって、そこからVmaxやKmを算出するような問題となっています。その反応速度(μM/min)はどのようにして求めたものなのでしょうか? 「基質濃度[S]の異なる試験区を用意して、酵素添加後のそれぞれの生成物(あるいは反応物)の時間的(1分当たり)濃度変化(吸光度変化など)を観察する」 という実験でよいでしょうか?ご存知の方、ご確認お願いします。間違っておりましたら、ご指摘下さい。

  • 酵素反応における基質阻害について

    ある薬物代謝酵素の酵素活性を測定しています。 いろいろと論文を調べて反応系を組み立てましたが、 基質濃度が50μM以上になると基質阻害が起きてしまいました。 論文のデータによると少なくとも基質が200μMまでは普通にミカエリス・メンテンに従うのですが・・。 基質はDMSOに溶かしており(論文でもDMSO使用とのこと)、酵素反応に用いた基質濃度はそれぞれDMSOで希釈しました。 DMSOの最終濃度は1%に抑えています。 研究が進まなく困っています。 どなたか回答をお願いします。

  • ミエリス・メンテンの式で悩んできます。

    はじめまして 酵素と基質との親和性を見る式 ミエリス・メンテンの式で悩んできます。 Km値の3倍の基質反応で酵素反応を行うと、最大速度何%で進行する事になるか? という問で V=Vmax × (S)/Km+(S) に代入して V(反応速度)=Vmax × (3Km)/Km+(3Km) となります。 この式は個々の数値からKm値を出すのではないのでしょうかTT S(基質濃度)=3Kmになるのは何故でしょう?=が成り立つ理由がわからなくって悩んできます。

  • アルデヒド脱水素酵素 命名法について

    生化学に関する以下の質問です。返信よろしくお願いします。 お酒を飲むと、お酒の主成分であるエタノールがADH(アルコール脱水素酵素)によりアセトアルデヒドとなり、さらにアセトアルデヒドはALDH(アルデヒド脱水素酵素)により酢酸へと分解されるという事は理解できたのですが、ここで、疑問が生じました。 アセトアルデヒドはCH3CHOという構造で酢酸はCH3COOHという構造であり、アセトアルデヒドから酢酸に変換する際に水素は脱離していないと思うのですが、なぜこの反応に関わる酵素がアルデヒド脱水素酵素なのでしょうか?むしろ、この反応ではO(酸素)が一つ増えているので、アルデヒド酸化酵素という名前になると思うですが、どうでしょうか? つまらない質問ですが、お答えいただけたら幸いです。

  • ミカエリスメンテンス機構

    ミカエリスメンテンスの式の示す所はどんなことなのでしょうか? Kmが決まることによって、酵素と基質の結合定数が分かる。 Vmaxが決まることによって、速度定数が分かる。 以上より、酵素と気質の相互理解ができる。 という事以外に何かありますか?

  • ミカエリス・メンテンの式

    ミカエリス・メンテンの式で、2つの反応でkmは同じですが、Vmaxは大きくなったというのはどういうことを示しているのですか? 基礎的なことが分かっていないのでなるべく分かりやすい回答をしてくださる方お願いします。

  • ミカエリス・メンテン式でKmとVmaxは出せる?

    次の表のデータから、酵素反応のミカエリス定数Kmと反応最大速度Vmaxを求めなさい。 基質濃度S(mM)⇒反応速度V(μM/min) 1⇒2.5 2⇒4.0 また、反応に酵素阻害剤(I)が存在したとき、次のデータが得られた。 この阻害剤の阻害様式を答えなさい。 基質濃度S(mM)⇒反応速度V(μM/min) 1⇒2.0 4⇒5.0 とありました。 ミカエリス・メンテン式を用いて V=Vmax・S/Km+Sとすると、KmとVmaxは同時に出せない気がするのですが・・・ どうやって出すのか、わかる方、よろしくお願いします!!!