• ベストアンサー
  • 困ってます

試料中のL-アスコルビン酸の定量について

この前実験でL-アスコルビン酸のインドフェノール滴定法を行ったのですが、その際に「測定時は滴定時間を1~3分で行う」と書いてあったのですが、何でなのでしょうか? 試料中のL-アスコルビン酸が酸化してしまうからなのかと思っているのですが、本当の所はどうなのでしょう? 教えてください。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1599
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Pynden
  • ベストアンサー率35% (32/90)

インドフェノールはL-アスコルビン酸で還元され無色の還元型となります。(このような色素をロイコ色素といいます。) 還元型のインドフェノールは空気酸化により元の酸化型になり発色してしまいます。数分もたてば無色から青色に変化します。 ですから測定中泡立てるなど、酸素を供給するとバックグランドが上昇しますので注意が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • ビタミンCの定量方法について(アスコルビン酸溶液をヨウ素酸カリウムで滴定したのですが、うまくいかず困っています)

    ビタミンC(アスコルビン酸)関係の実験をしています。インドフェノール法を用いて定量をしたいのですが、うまくいきません。 まだインドフェノールに入る前の段階で、ヨウ素酸カリウムでアスコルビン酸(ヨウ化カリウムとデンプン液を加えたもの)を滴定しました。実験書には「明らかに青色を認める点より1滴前を終点として」とあるのですが、予想される滴定量を超えても、青色になりませんでした。それどころか、滴定を続けていると黄色くなります。何度か試したのですが、やはり青色を認めないまま、黄色になってしまいます。 青色になるというのは、おそらくヨウ素デンプン反応で、黄色くなったのはアスコルビン酸の色だと思われます。後から考えると、加えるデンプン液の量が少なかったのかなとも思いますが、よくわかりません。後日また実験をする予定なので、アドバイスをいただけると助かります。

  • インドフェノール法の計算方法で…

    インドフェノール容量法を使って食品中に含まれるビタミンCの定量をしました。 その実験結果の計算方法で、 アスコルビン酸(mg%)=アスコルビン酸標準溶液の濃度×インドフェノール溶液に対するアスコルビン酸溶液の滴定値/インドフェノール溶液に対する試料溶液の滴定値×希釈倍数 という式によって出すのですが、何故標準溶液の滴定値から試料溶液の滴定値を割るのかが分かりません。 滴定法の計算方法では、逆のパターン(試料溶液の滴定値から標準溶液の滴定値を割る)がほとんどだったと思うのですが… すみません、分かりにくいとは思うのですが教えてくださいっ

  • フェノールの定量

    液状フェノール中のフェノールの定量を 臭素-ヨウ素滴定法(チオ硫酸ナトリウムで滴定)で測定中、 間違えて大過量の臭素液(0.05mol/L)と 超大過量のヨウ化カリウ試液(1mol/L)を加えたら 少量の赤色の油状(?)の 物質が生成(沈殿)しました。 この油状(?)の物質が何なのか知っておられる方がいましたら 教えて下さい。

  • アスコルビン酸について

    アスコルビン酸に2,6-ジクロロフェノールインドフェノールナトリウムを加えていき、当量点を超えるとなぜ溶液は赤くなるのですか? あと、アスコルビン酸溶液を電子レンジで加熱すると、なぜガスバーナーで加熱したときよりアスコルビン酸の損失が少なくなるのでしょうか? 簡単に思える質問かと思われますが、私にはわからないので、分かる方ぜひご教授お願いいたします。

  • ビタミンCの標準試料

    現在HPLCを用いて野菜のビタミンCを測定行っています。 野菜の中のアスコルビン酸は酸化され易く、メタリン酸の中で抽出を行っているのですが、 標準試料に用いる粉末のアスコルビン酸も酸化されやすい状態なのでしょうか? もし、そうならば標準試料に用いる粉末のアスコルビン酸を溶かす溶媒はメタリン酸にするのが適当なのでしょうか? お暇なときにでよろしいのでお願いします。 また、経験者の方で何かアドバイスがありましたら、お願いします。 HPLCのカラムはODS、移動層はTFAを用いています。

  • アンモニア性窒素の定量法(インドフェノール法)について

    アンモニア性窒素を測定するときにインドフェノール法で測定したのですが、試料に硫化物を含むと測定できないと知りました。調べてもまったく分からなくて質問しました!どなたかお願いします!!

  • カルシウムの測定

    現在実験の準備をしていますが、 (1)メダカのカルシウム量 (2)飼育水のカルシウム濃度 (3)血液のカルシウム濃度 を測定する必要があります。 いろいろな本を調べた見たところ、カルシウムの滴定法としては、過マンガン酸カリウム滴定法、EDTA滴定法、OCPC法などがあることがわかりました。 (1)メダカのカルシウム量の測定に関してですが、 私が考えたのは、まず、灰化ですが乾式灰化がいいのではないかと考えました。しかし、本を調べてみると、6MHCl中で一晩脱灰してろ過し、ろ液に蒸留水を加え脱灰液とするとという方法もあるらしくこちらのほうがかなり手楽そうに感じられました。 もしよろしければ違いを教えていただけたらと思います。 また滴定に関してですが過マンガン酸カリウム滴定法を用いようと思っておりますがいかがでしょうか。 (2)飼育水も、過マンガンカリウム滴定法を使おうと思っております。 また(3)血中のカルシウム濃度に関しては、どの程度の量の採血が可能か今のところ予想がつきませんが、同様にやれればと思っております。 化学系の大学ではないため実験設備に限界がありますが、限られた中でどうにか実験できたらと思っております。 もしよろしければ皆さんのお知恵を拝借できればと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 本当に困ってます!

    化学の得意な方々、お願いします。 今学校でビタミンCの定量分析という実験を課題研究という形で3人グループでやっています。そこで、滴定で、実験し、ビタミンCの量(横)と滴定量のグラフ(縦)を作ろうとしたのですが、普通なら右肩上がりのグラフになると思ったのですが、左肩下がりのグラフになってしまいました。 画像にあるように、アスコルビン酸の量を変え、標準ビタミンC溶液をつくり、インドフェノール液5mlにその溶液を滴下し、紅色が消える点を終点とし、滴定量を調べ、グラフを作ります。おそらく問題は、アスコルビン酸を溶かして1000mlにするのは、濃度を0.004にするためで、アスコルビン酸の量を変えるたびに、濃度が0.004になるようにメタリン酸の量を変えていかなくてはいけないのかなと思いました(実験ではとりあえず全て1000mlにしてました)。どこに問題があったのでしょう?それともグラフはこれで正解なのでしょうか?長文になってしまいすみません。お願いします。

  • インド フェノール 溶液は何故無色になるのか?

    青いインド フェノール 溶液にアスコルビン酸溶液を 滴定すると、どうして無色になるんですか?? 原理がよくわからないので、簡単に教えてください。 お願いいたします。

  • 酸化還元滴定、キレート滴定を使いカルシウム定量を行った場合の結果の誤差の理由を知りたいです。

    こんにちは、私は今学生なのですが、先日やった実験の中でちょっと判らない事がありました。 それは酸化還元滴定、キレート滴定を行う実験だったのですが、予備実験を行った後、その二つの滴定法を使い同じカルシウム試料溶液中のカルシウムの濃度を調べました。 両方とも3回くらい試行したのですが、滴定の結果の誤差も0.1ミリリトル以内に収まり滴定自体の操作は成功したと思われます。 しかし、その結果から計算したカルシウムの濃度が結構違っていました。 酸化還元滴定の方が、1リットル中1gくらいで、キレート滴定の方が、1リットル中0.8gくらいでした。 この結果の違いを比較して何で誤差が出るのかを考察したいのですが、判りません。 ちなみに酸化還元滴定では、カルシウム溶液に蒸留水、塩酸を入れて加熱、そしてシュウ酸アンモニウムを加えて再び80度位まで加熱。 メチルオレンジとアンモニアを加えpHの調整をしたら、沈殿物をろ過、そしてろ紙ごとビーカーに移し、蒸留水、硫酸を加え加熱。 最後に、過マンガン酸カリウムで滴定しました。 キレート滴定は、同じカルシウム溶液に蒸留水、水酸化カリウム、NN指示薬を加え、EDTAを滴下しました。 おそらくキレート滴定では、水酸化カリウムでPHが大幅に上昇して、カルシウムと水酸化イオンが結合、EDTAと配位するカルシウムの濃度に負の誤差が出たのではないかと思うのですが… その理由を知っている方がいらしたら、ぜひ答えてくれるとうれしいです。 よろしくお願いします。