• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ビタミンCの定量方法について(アスコルビン酸溶液をヨウ素酸カリウムで滴定したのですが、うまくいかず困っています)

ビタミンC(アスコルビン酸)関係の実験をしています。インドフェノール法を用いて定量をしたいのですが、うまくいきません。 まだインドフェノールに入る前の段階で、ヨウ素酸カリウムでアスコルビン酸(ヨウ化カリウムとデンプン液を加えたもの)を滴定しました。実験書には「明らかに青色を認める点より1滴前を終点として」とあるのですが、予想される滴定量を超えても、青色になりませんでした。それどころか、滴定を続けていると黄色くなります。何度か試したのですが、やはり青色を認めないまま、黄色になってしまいます。 青色になるというのは、おそらくヨウ素デンプン反応で、黄色くなったのはアスコルビン酸の色だと思われます。後から考えると、加えるデンプン液の量が少なかったのかなとも思いますが、よくわかりません。後日また実験をする予定なので、アドバイスをいただけると助かります。

noname#100395

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4443
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • elpkc
  • ベストアンサー率53% (626/1160)

デンプンは 指示薬に用いるデンプンは、 溶性でないほうが適しています。 試薬特級デンプンJIS K8658の規格に適合した物がよいです。 また、滴定する液の液性は、酸性になっていますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございした。 デンプンの種類を変えて実験したところ、上手くいきました。

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 実験室にはデンプンが何種類かあったのですが、実験の際はその中から適当に一つ選んで実験していたので、次の実験ではデンプンの種類に気をつけてみようと思います。 なお、質問のときに記述するのを忘れていたのですが、アスコルビン酸溶液を調整する際、メタリン酸を加えたので、酸性度は問題なかったかと思います。

関連するQ&A

  • 還元型ビタミンC

    食品中の還元型ビタミンCの測定実験をインドフェノール法を用いて実験しました。 実験するにあたって標準ビタミンC液濃度の検定を行ったのですが、そこの操作についてなのですが、 標準ビタミンC5mlとヨウ化カリウム溶液(KI)とデンプン溶液を混ぜたものにビュレットでヨウ素酸カリウム溶液(KIO₃)を滴下しました。そこで青色になる1滴前を終点とする、というのですが、なぜ1滴前を終点とするのでしょうか? 青色=ヨウ素の存在が認められることによって還元型ビタミンCが酸化型ビタミンCになるからでしょうか??? 回答のほど、よろしくお願いします;;

  • 試料中のL-アスコルビン酸の定量について

    この前実験でL-アスコルビン酸のインドフェノール滴定法を行ったのですが、その際に「測定時は滴定時間を1~3分で行う」と書いてあったのですが、何でなのでしょうか? 試料中のL-アスコルビン酸が酸化してしまうからなのかと思っているのですが、本当の所はどうなのでしょう? 教えてください。宜しくお願いします。

  • ビタミンCの定量

    インドフェノール法で、先生にもらったプリントで0.001Nヨウ素酸カリウム1mlをアスコルビン酸0.088mgとすると書いてありました。これはなぜですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#160321

あまり一般的には知られていないようですが、ヨウ素デンプン反応は「アスコルビン酸」「カテコール」「ピロガロール」などで「阻害」され、濃色を表しません。 以前過酸化物の滴定を行っていたとき介在したカテコールでひどい目に合いました。 ちょっと、関係なさそうですが、覚えていて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 実験の際、実はごく薄い青色をしめしたことが一回だけありました。しかし、滴定を続けても明らかな青は示さなかったこと、その後の実験ではごく薄い青色さえ確認できなかったことから、その日は実験を諦めてしまいました。 デンプンの種類と、濃色を示さないということを考慮しながら、後日実験をしたいと思います。 なお、アドバイス下さった方へのお礼は実験後にいたします。

  • 回答No.1

正直この手の実験はやったことはないのですが… まず、原理についてお分かりになっていないようなので、↓をご覧下さい。おそらく、黄色い色は三ヨウ化物イオン(I^3-)です。 で、原因なんですが単純に考えると、濃度の誤差や計算ミスで予想される滴定量より多くのヨウ素酸カリウムが必要だった(つまり、もうちょっと入れれば青色に染まった)。と思いますが、デンプン分子のらせんが短いと褐色から赤になることもあるらしいので↓、もしかしたらそれでは? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3#.E3.83.A8.E3.82.A6.E7.B4.A0.E3.83.87.E3.83.B3.E3.83.97.E3.83.B3.E5.8F.8D.E5.BF.9C

参考URL:
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/9556/vitamin.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。勉強不足ですみません。 予想される滴定量は実験書に記述されていたものなので、間違いはないと思います。インドフェノール法について書かれている実験書を何冊か見比べたのですが、うち2冊に同じように予想される滴定量が書かれていました。 ご指摘にあったように、デンプンの種類が原因かもしれないので、それを考慮して後日実験にあたりたいと思います。

関連するQ&A

  • 本当に困ってます!

    化学の得意な方々、お願いします。 今学校でビタミンCの定量分析という実験を課題研究という形で3人グループでやっています。そこで、滴定で、実験し、ビタミンCの量(横)と滴定量のグラフ(縦)を作ろうとしたのですが、普通なら右肩上がりのグラフになると思ったのですが、左肩下がりのグラフになってしまいました。 画像にあるように、アスコルビン酸の量を変え、標準ビタミンC溶液をつくり、インドフェノール液5mlにその溶液を滴下し、紅色が消える点を終点とし、滴定量を調べ、グラフを作ります。おそらく問題は、アスコルビン酸を溶かして1000mlにするのは、濃度を0.004にするためで、アスコルビン酸の量を変えるたびに、濃度が0.004になるようにメタリン酸の量を変えていかなくてはいけないのかなと思いました(実験ではとりあえず全て1000mlにしてました)。どこに問題があったのでしょう?それともグラフはこれで正解なのでしょうか?長文になってしまいすみません。お願いします。

  • インドフェノール法の計算方法で…

    インドフェノール容量法を使って食品中に含まれるビタミンCの定量をしました。 その実験結果の計算方法で、 アスコルビン酸(mg%)=アスコルビン酸標準溶液の濃度×インドフェノール溶液に対するアスコルビン酸溶液の滴定値/インドフェノール溶液に対する試料溶液の滴定値×希釈倍数 という式によって出すのですが、何故標準溶液の滴定値から試料溶液の滴定値を割るのかが分かりません。 滴定法の計算方法では、逆のパターン(試料溶液の滴定値から標準溶液の滴定値を割る)がほとんどだったと思うのですが… すみません、分かりにくいとは思うのですが教えてくださいっ

  • チオ硫酸ナトリウム溶液の標定

    チオ硫酸ナトリウムを標定するために、ヨウ素酸カリウムにヨウ化カリウム溶液を加えました。この際黄色になりますよね?この色になる物質って何になるんですか?あと、一回目と二回目の色の濃さが違いました。二回目の方が明らかに濃かったのですがこれはどうしてでしょうか?滴定量としてはあまりかわりはなかったのですが…教えてください!

  • ビタミンC(アスコルビン酸)とメチレンブルー

    ビタミンcの実験で、ビタミンc(アスコルビン酸)の強い還元作用によってメチレンブルーの青色が消えるわけであるが、この溶液を激しく攪拌(かきまぜること)すると再び青色が生じるのは「どんな物質」の「何という作用」によるものなのか教えてください。

  • ヨウ素還元滴定

    チオ硫酸ナトリウム標準液の調整と標定を行いました。 滴定はヨウ素還元滴定で行いました。 二クロム酸カリウムを25ミリとり、濃塩酸とヨウ化カリウムを加えて振り動かし、10分放置しました。 その後純水で薄め、調整したチオ硫酸ナトリウムを加えて滴定を行いました。 溶液が淡黄緑色になったらデンプン溶液(指示薬)を加え、滴定を続けました。青色が消えたところが終点です。 10分間放置するのはなぜですか? ヨウ素を遊離させるのに時間がかかるのですか?教えて下さい。

  • ビタミンCについて

    ビタミンCと、デンプン水溶液とを混ぜて、ヨウ素ヨウ化カリウム水溶液をたらして を反応させる実験を(色が消える)行ったのですが、分からないことがあるので質問します。  ビタミンCとヨウ素溶液の反応の仕組みはどうなっているのでしょうか?また、ある程度ヨウ素溶液を入れたとき色が消えなくなったのですが、これも仕組みと関係があるのでしょうか? 調べてみましたが食品関係のページばかりでいまいち分かりませんでした。 お願いいたします。

  • チオ硫酸ナトリウムの標定について

    チオ硫酸ナトリウムの標定をヨウ素還元反応を用いて行ったのですが いくつかの疑問ができたので、教えて頂きたいです。 (1)まずヨウ素酸カリウムにヨウ化カリウムと希硫酸を加えたのですが、この時酸化還元反応が起こり、ヨウ素が発生したと考えています。 そのため溶液は褐色になりました。ですがヨウ化カリウムを加えた時点で 溶液は淡黄色を示しました。これもヨウ素によるものだと考えたのですが、 この酸化還元反応は硫酸酸性化でしか起こらないのではないんでしょうか? (2)その後発生したヨウ素をデンプンを指示液としてチオ硫酸ナトリウムで滴定を行ったのですが、 そもそも最初から直接ヨウ素とチオ硫酸ナトリウムの二つを用いて滴定することは不可能なのでしょうか? (3)同様の操作を最初のヨウ素酸カリウムを用いず(代わりに蒸留水)に空試験を行った のですが、この時もデンプンを加えると淡青色を示しました。 ヨウ素酸カリウム無しでヨウ素が発生する事などありえるのでしょうか? 疑問が多く申し訳ないのですが、調べても見つからなかったので回答が頂ければ幸いです。

  • ヨウ素滴定の実験で

    ヨウ素実験での質問なのですが、KIO3とNa2S2O3の作り方が違うのは何故なのですか??KIO3が一次標準液で、Na2S2O3が二次標準液だということは分かるのですがそこから先の詳しいことが分かりません。 あと、KIO3 + ヨウ化カリウム + 酢酸 の溶液にNa2S2O3をつかって滴定していくときに、なぜ淡黄色になってからデンプン溶液をいれて、さらに青色が消えるまで滴定するのは何故ですか??よかったら教えてください。

  • ヨウ素滴定の規定度

    あるヨウ素酸カリウム溶液40mlを硫酸で酸性とした後、充分量のヨウ化カリウムを加え、遊離したヨウ素を滴定するのに0.2Nのチオ硫酸ナトリウム溶液が60ml必要であった。 a)ヨウ素酸カリウム溶液のモル濃度はいくらか? b)ヨウ素酸カリウム溶液の規定度はいくらか? 反応式わかっていますがそこから進みません(><)

  • フェノールの定量

    液状フェノール中のフェノールの定量を 臭素-ヨウ素滴定法(チオ硫酸ナトリウムで滴定)で測定中、 間違えて大過量の臭素液(0.05mol/L)と 超大過量のヨウ化カリウ試液(1mol/L)を加えたら 少量の赤色の油状(?)の 物質が生成(沈殿)しました。 この油状(?)の物質が何なのか知っておられる方がいましたら 教えて下さい。