• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

インドフェノール法の計算方法で…

インドフェノール容量法を使って食品中に含まれるビタミンCの定量をしました。 その実験結果の計算方法で、 アスコルビン酸(mg%)=アスコルビン酸標準溶液の濃度×インドフェノール溶液に対するアスコルビン酸溶液の滴定値/インドフェノール溶液に対する試料溶液の滴定値×希釈倍数 という式によって出すのですが、何故標準溶液の滴定値から試料溶液の滴定値を割るのかが分かりません。 滴定法の計算方法では、逆のパターン(試料溶液の滴定値から標準溶液の滴定値を割る)がほとんどだったと思うのですが… すみません、分かりにくいとは思うのですが教えてくださいっ

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数5292
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

まだ、回答は間に合うでしょうか… PMS-roro さんがおっしゃる「普通」の場合 (例えば中和滴定とか)は 「試料溶液(標準溶液)に滴定液(濃度の分かっている酸やアルカリ溶液)を滴下」しますよね。 それに対してインドフェノール法は 「滴定液(インドフェノール溶液)に試料溶液(標準溶液)を滴下」します。 操作が逆なんです。 中和滴定だと試料溶液の酸(アルカリ)が多いほど滴定量が増えます。 逆に、インドフェノール法では試料溶液のビタミンC量が多いほど滴定量が減ります。 だから、計算式も逆なんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございますっ!! とても助かりました! なるほど、今回のインドフェノール容量法だとインドフェノール溶液に試料溶液を滴下するために計算式も逆にすればいいんですね! 分かりやすく説明していただきありがとうございます。

関連するQ&A

  • 試料中のL-アスコルビン酸の定量について

    この前実験でL-アスコルビン酸のインドフェノール滴定法を行ったのですが、その際に「測定時は滴定時間を1~3分で行う」と書いてあったのですが、何でなのでしょうか? 試料中のL-アスコルビン酸が酸化してしまうからなのかと思っているのですが、本当の所はどうなのでしょう? 教えてください。宜しくお願いします。

  • インド フェノール 溶液は何故無色になるのか?

    青いインド フェノール 溶液にアスコルビン酸溶液を 滴定すると、どうして無色になるんですか?? 原理がよくわからないので、簡単に教えてください。 お願いいたします。

  • ビタミンC測定について(インドフェノール法)

    質問させてください。 インドフェノール法でビタミンC量を測定する場合、 還元型ビタミンCだけしか測定できませんが、 試料溶液(例えば茶葉抽出液)にメタリン酸を加えて測定した場合、 溶液中のビタミンCは全てがメタリン酸によって還元される為、 酸化型・還元型ビタミンCの両方を合わせた値が測定されていると 考えても良いのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 本当に困ってます!

    化学の得意な方々、お願いします。 今学校でビタミンCの定量分析という実験を課題研究という形で3人グループでやっています。そこで、滴定で、実験し、ビタミンCの量(横)と滴定量のグラフ(縦)を作ろうとしたのですが、普通なら右肩上がりのグラフになると思ったのですが、左肩下がりのグラフになってしまいました。 画像にあるように、アスコルビン酸の量を変え、標準ビタミンC溶液をつくり、インドフェノール液5mlにその溶液を滴下し、紅色が消える点を終点とし、滴定量を調べ、グラフを作ります。おそらく問題は、アスコルビン酸を溶かして1000mlにするのは、濃度を0.004にするためで、アスコルビン酸の量を変えるたびに、濃度が0.004になるようにメタリン酸の量を変えていかなくてはいけないのかなと思いました(実験ではとりあえず全て1000mlにしてました)。どこに問題があったのでしょう?それともグラフはこれで正解なのでしょうか?長文になってしまいすみません。お願いします。

  • ビタミンCのインドフェノール反応について

    ビタミンCのインドフェノール反応についてなのですが、 メタリン酸を加えた濃度不明のビタミンC溶液2種類を、2.6-ジクロロフェノール・インドフェノール・ナトリウム水溶液の色が消えるまで滴下するとき、たくさん滴下したほうがビタミンC量が多いと言うことですか?少ないと言うことですか??

  • ビタミンCの定量方法について(アスコルビン酸溶液をヨウ素酸カリウムで滴定したのですが、うまくいかず困っています)

    ビタミンC(アスコルビン酸)関係の実験をしています。インドフェノール法を用いて定量をしたいのですが、うまくいきません。 まだインドフェノールに入る前の段階で、ヨウ素酸カリウムでアスコルビン酸(ヨウ化カリウムとデンプン液を加えたもの)を滴定しました。実験書には「明らかに青色を認める点より1滴前を終点として」とあるのですが、予想される滴定量を超えても、青色になりませんでした。それどころか、滴定を続けていると黄色くなります。何度か試したのですが、やはり青色を認めないまま、黄色になってしまいます。 青色になるというのは、おそらくヨウ素デンプン反応で、黄色くなったのはアスコルビン酸の色だと思われます。後から考えると、加えるデンプン液の量が少なかったのかなとも思いますが、よくわかりません。後日また実験をする予定なので、アドバイスをいただけると助かります。

  • 過酸化物価の計算式

    過酸化物価の計算式(滴定法)で、POVmeg/kg=滴定値*F*10/試料量の10の意味がわかりません。10はなんの意味でかけるのか?後単位のmegも分からないのですが、どなたか教えていただけますか? 

  • ビタミンCの定量の計算方法

    HPLC法で、アスコルビン酸の定量を行いました。 HPLCの検量線から未知試料のアスコルビン酸の濃度はわかりました。 でも、そこから100g中のアスコルビン酸の量に換算できないんです・・・ ビタミンCの分子量は176を使う、というのはわかってるんですけど、計算方法を教えてください>< レポート提出まで時間がありません;;

  • フェノールの定量

    液状フェノール中のフェノールの定量を 臭素-ヨウ素滴定法(チオ硫酸ナトリウムで滴定)で測定中、 間違えて大過量の臭素液(0.05mol/L)と 超大過量のヨウ化カリウ試液(1mol/L)を加えたら 少量の赤色の油状(?)の 物質が生成(沈殿)しました。 この油状(?)の物質が何なのか知っておられる方がいましたら 教えて下さい。

  • 濃度計算方法がわからなく、困っています。

    JISの通りに試験を行いたいのですが、標準溶液の濃度計算がよくわかりません。どなたか教えてください。 JISH8625でクロメート皮膜の6価クロムの定量試験ですが、 「0.05モル重クロム酸カリウム(二クロム酸カリウム)標準溶液2mlを1Lに純水で希釈する。この溶液1mlはクロム3.47μgを含む」 とあります。 同様の標準溶液を作成したいのですが、 0.05モル二クロム酸カリウムは何Lで調整すればよいのでしょうか?