• 締切済み
  • すぐに回答を!

ビタミンCのインドフェノール反応について

ビタミンCのインドフェノール反応についてなのですが、 メタリン酸を加えた濃度不明のビタミンC溶液2種類を、2.6-ジクロロフェノール・インドフェノール・ナトリウム水溶液の色が消えるまで滴下するとき、たくさん滴下したほうがビタミンC量が多いと言うことですか?少ないと言うことですか??

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1896
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

少ない方が、ビタミンCが多いです。 一定量のインドフェノールに反応するビタミンCの量は同じなので、少ない滴下量の方がより多くのビタミンCを含みます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ビタミンC測定について(インドフェノール法)

    質問させてください。 インドフェノール法でビタミンC量を測定する場合、 還元型ビタミンCだけしか測定できませんが、 試料溶液(例えば茶葉抽出液)にメタリン酸を加えて測定した場合、 溶液中のビタミンCは全てがメタリン酸によって還元される為、 酸化型・還元型ビタミンCの両方を合わせた値が測定されていると 考えても良いのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 課題研究で…

    ビタミンcの定量分析で行き詰まったところがいくつかあるので分かるところがあったら教えて頂けると助かります。 ・メタリン酸がないのでリン酸で代用しようと思うのですが、(先生は大丈夫って言ってましたが…)5%リン酸水溶液をつくりたいのですが、メタリン酸の場合、25gを純水に溶かし、500mlにすればよいのですが、リン酸は液なので何mlのリン酸を純水に溶かし何mlにすれば良いか分かりません。 ・インドフェノール液は青っぽい色のはずなのに、画像の文を見ると、紅色が消える点を終点と書いてあります。これは滴下していくと、紅色になり、そこから消えるということでしょうか?

  • 還元型ビタミンC

    食品中の還元型ビタミンCの測定実験をインドフェノール法を用いて実験しました。 実験するにあたって標準ビタミンC液濃度の検定を行ったのですが、そこの操作についてなのですが、 標準ビタミンC5mlとヨウ化カリウム溶液(KI)とデンプン溶液を混ぜたものにビュレットでヨウ素酸カリウム溶液(KIO₃)を滴下しました。そこで青色になる1滴前を終点とする、というのですが、なぜ1滴前を終点とするのでしょうか? 青色=ヨウ素の存在が認められることによって還元型ビタミンCが酸化型ビタミンCになるからでしょうか??? 回答のほど、よろしくお願いします;;

  • 回答No.1
  • elpkc
  • ベストアンサー率53% (626/1160)

多いということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • インドフェノール法の計算方法で…

    インドフェノール容量法を使って食品中に含まれるビタミンCの定量をしました。 その実験結果の計算方法で、 アスコルビン酸(mg%)=アスコルビン酸標準溶液の濃度×インドフェノール溶液に対するアスコルビン酸溶液の滴定値/インドフェノール溶液に対する試料溶液の滴定値×希釈倍数 という式によって出すのですが、何故標準溶液の滴定値から試料溶液の滴定値を割るのかが分かりません。 滴定法の計算方法では、逆のパターン(試料溶液の滴定値から標準溶液の滴定値を割る)がほとんどだったと思うのですが… すみません、分かりにくいとは思うのですが教えてくださいっ

  • インドフェノール青について

    アンモニア性窒素の濃度を測定するために インドフェノール青法を使っていたのですが、 検量線の最高濃度1mgMH3-N/lですら青くならないのです。 サンプルも希釈すると 1/1 薄い黄緑色 1/10 濃くない青色 1/100 ちょっと青緑色 という風に色が分かれるのですが何故でしょう? 青色の濃淡で分かれるものだと思うのですが・・・。 pHでもおかしいのでしょうか。 水酸化ナトリウムは滴下したのですけど。

  • インドフェノール法

    インドフェノール法で還元型ビタミンCを測定しました。 結果が理論値よりも少なくなってしまったのですが、どのような原因が考えられますか?教えてください。 フルーツの部位の違いとかですか?

  • ビタミンCについて

    ビタミンCと、デンプン水溶液とを混ぜて、ヨウ素ヨウ化カリウム水溶液をたらして を反応させる実験を(色が消える)行ったのですが、分からないことがあるので質問します。  ビタミンCとヨウ素溶液の反応の仕組みはどうなっているのでしょうか?また、ある程度ヨウ素溶液を入れたとき色が消えなくなったのですが、これも仕組みと関係があるのでしょうか? 調べてみましたが食品関係のページばかりでいまいち分かりませんでした。 お願いいたします。

  • ヒドラジン比色法とインドフェノールについて

    ヒドラジン比色法で定量操作におけるインドフェノールの添加と加熱の意義教えてください。 あと、インドフェノールの滴下量は何を意味するんですか? またヒドラジン比色法の妨害物質はなんですか? たくさん質問して申し訳ございません。 回答お願いします。

  • 海水でインドフェノールブルー法を使用すると白濁してしまう

    インドフェノールブルー法(水の分析・第5版に従う)を使用して海水中のアンモニア濃度の測定をしたいのですが、フェノール・ニトロプルシドナトリウム溶液を加えた瞬間に白濁してしまいます。 遠心分離もしくは2時間ほど放置すれば沈殿して透明な上清を得ることができるのですが、この方法でアンモニアの測定をしても正しい結果が得られるのでしょうか。 海水のアンモニアを測定した事がある方がいらっしゃたらご意見をお願いします。

  • 本当に困ってます!

    化学の得意な方々、お願いします。 今学校でビタミンCの定量分析という実験を課題研究という形で3人グループでやっています。そこで、滴定で、実験し、ビタミンCの量(横)と滴定量のグラフ(縦)を作ろうとしたのですが、普通なら右肩上がりのグラフになると思ったのですが、左肩下がりのグラフになってしまいました。 画像にあるように、アスコルビン酸の量を変え、標準ビタミンC溶液をつくり、インドフェノール液5mlにその溶液を滴下し、紅色が消える点を終点とし、滴定量を調べ、グラフを作ります。おそらく問題は、アスコルビン酸を溶かして1000mlにするのは、濃度を0.004にするためで、アスコルビン酸の量を変えるたびに、濃度が0.004になるようにメタリン酸の量を変えていかなくてはいけないのかなと思いました(実験ではとりあえず全て1000mlにしてました)。どこに問題があったのでしょう?それともグラフはこれで正解なのでしょうか?長文になってしまいすみません。お願いします。

  • ビタミンC

    ビタミンC(C.Cレモンなど)を用いてヨウ素溶液の色を消す実験を行いました。 ビタミンCが含まれていそうな野菜ジュース(100%)を試してみたのですが,透明になるどころかドス黒い色になってその後滴下を続けると元の野菜ジュースの色に近づきました。 このドス黒くなったのは ジュースの中の糖分が原因と考えてよいのでしょうか?

  • インド フェノール 溶液は何故無色になるのか?

    青いインド フェノール 溶液にアスコルビン酸溶液を 滴定すると、どうして無色になるんですか?? 原理がよくわからないので、簡単に教えてください。 お願いいたします。

  • ビタミンCとヨウ素溶液の酸化還元滴定

    まずでんぷん溶液を調製しました。 少量の水と可溶性でんぷんを加えた溶液を沸騰水に加え、一分間沸騰させて冷却させました。 そして、メタリン酸に溶かしたアスコルビン酸を0~40mlまで10ml刻みで5つのビーカーに入れ、それぞれにメタリン酸を加えて全量を50mlにし、でんぷん溶液を数滴加えて、ヨウ素溶液で滴定しました。 まず一つ質問ですが、滴定する際、でんぷん溶液を数滴加えた理由は、ヨウ素溶液を滴下してアスコルビン酸をすべて反応させ、その終点を知るためにでんぷん溶液を指示薬的に用いている、というものであっているでしょうか?? また、でんぷん溶液を調製するときに、一分間沸騰させる理由はなぜなのでしょうか?? もうひとつ質問なのですが、メタリン酸を使用する理由はなぜでしょうか??