• ベストアンサー
  • 困ってます

インドフェノール青について

アンモニア性窒素の濃度を測定するために インドフェノール青法を使っていたのですが、 検量線の最高濃度1mgMH3-N/lですら青くならないのです。 サンプルも希釈すると 1/1 薄い黄緑色 1/10 濃くない青色 1/100 ちょっと青緑色 という風に色が分かれるのですが何故でしょう? 青色の濃淡で分かれるものだと思うのですが・・・。 pHでもおかしいのでしょうか。 水酸化ナトリウムは滴下したのですけど。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数6105
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

ニトロプルシドナトリウム法で定量されていたのですね。 私の回答はアセトン法を前提に答えていましたが、両法ともアンモニアが次亜塩素酸イオンの共存下でフェノールと反応してインドフェノール青を生成することを利用しているのですから、注意点は同じだと思います。 ちなみに、次亜塩素酸ナトリウムをあけて数ヶ月もすると有効塩素濃度は半分以下になっているという例を読んだことがあります。とりあえず、JISにもあるように、でんぷんを指示薬としてチオ硫酸ナトリウムで滴定して有効塩素量を求められては如何ですか。面倒くさいですけれど、発色しない要因がこれかどうかははっきりしますよね。 良ければ結果教えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答え有難うございました。 問い合わせたところ、有効塩素は5%だとのことなので 教えていただいた定量方法はやっておりません。 次亜塩は新品をあけて貰ったので、濃度に関しては大丈夫です。 原因は、前任者がスケールダウンの規模を誤ったままで資料を作ったのか、試料濃度に対しての試薬等における希釈率が高すぎ、反応がおかしくなったのではと思います。

関連するQ&A

  • ビタミンCのインドフェノール反応について

    ビタミンCのインドフェノール反応についてなのですが、 メタリン酸を加えた濃度不明のビタミンC溶液2種類を、2.6-ジクロロフェノール・インドフェノール・ナトリウム水溶液の色が消えるまで滴下するとき、たくさん滴下したほうがビタミンC量が多いと言うことですか?少ないと言うことですか??

  • アンモニア性窒素の定量法(インドフェノール法)について

    アンモニア性窒素を測定するときにインドフェノール法で測定したのですが、試料に硫化物を含むと測定できないと知りました。調べてもまったく分からなくて質問しました!どなたかお願いします!!

  • 海水でインドフェノールブルー法を使用すると白濁してしまう

    インドフェノールブルー法(水の分析・第5版に従う)を使用して海水中のアンモニア濃度の測定をしたいのですが、フェノール・ニトロプルシドナトリウム溶液を加えた瞬間に白濁してしまいます。 遠心分離もしくは2時間ほど放置すれば沈殿して透明な上清を得ることができるのですが、この方法でアンモニアの測定をしても正しい結果が得られるのでしょうか。 海水のアンモニアを測定した事がある方がいらっしゃたらご意見をお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

悪臭分析を専門で行っている者です。 ご質問のトラブルは当方でも起きました。 解決前は、仲間内で「インドフェノールグリーン」と恐れられていました。 解決方法は、  1.発色試薬を常温に戻してから添加する。  2.湯槽温度を40度、発色時間を1hとする。 特に、1.の常温に戻すことが大事でした。 冷蔵庫で大切に保管していたのが仇となりました。 一度試してみてください。 次亜塩も確かに飛んでいってしまいますが、冷蔵庫で購入時の試薬瓶そのままで保管していれば、開栓、使用後もそれほどひどく減少しません。 当方データでは半減期4ヶ月でした。 他にもたいていのトラブルは経験済みですので、ご相談ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実験資料が違うのか、私のプリントには湯槽などの手順は書いてありませんでした。試薬類も常温で放置されてましたし…。 次亜塩の半減期についてのデータはとてもありがたいです。 今後はきちんと冷蔵庫で保存します。 緑になったのは、スケールダウンを間違ったまま(?)だと思われる資料に準じて実験を行った結果、試料に対する試薬の割合が多すぎ、また試薬同士の割合も変えられていたのが原因ではないかと思います。 本に載っていた元・資料を参考に スケールダウン前の実験を行った結果、 やや薄いながら青色になってくれました。 以前、黄色のまま反応せず、 数時間放っておいたら緑色になっていて 頭を抱えた悩みも解消できそうです。 有難うございました。

  • 回答No.2

先に答えてくださった方以外に、思いつくことは 私の経験上、NaClOの有効塩素濃度が適切でない場合、検量線が低くなる傾向にあると思います。 (きっとナトリウムフェノキシド溶液の後で加えてらっしゃると思いますが、) 有効塩素濃度は確認されてますか?されていたらごめんなさい。 サンプルが希釈したほうが発色しているのなら、pHがアルカリ側に補正しすぎた可能性はないのでしょうか。 きっちりしてらっしゃるだろうにいろいろ言ってごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

次亜塩素酸ナトリウム溶液の市販物を使ってまして 有効塩素 min 5.0 という表記がされていました。 これで有効塩素は5%だと思っていたのですが 違うのでしょうか・・・? 使った試薬は pH調整用1N水酸化ナトリウム フェノール・アルコール溶液 ニトロプルシッドナトリウム溶液 酸化剤溶液(クエン酸3ナトリウム:次亜塩=4:1) です。

  • 回答No.1

あまり参考にはならないかもしれませんが、インドフェノール青吸光光度法ではpHの影響以外に温度も影響するようです。ナトリウムフェノキシド溶液の調製時に、反応によって温度が高くなると正常な発色が得られないため必ず水で冷却しながら調節する、と書かれています。(JIS使い方シリーズ 詳解 工場排水試験方法・改訂3版)また、この溶液にアセトンを添加するとインドフェノール青の発色を強める、とも書かれていますね。発色に異常が見られるのは、このナトリウムフェノキシド溶液の調製に問題があったのではないでしょうかね?全く見当違いなコメントでしたらごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • インドフェノール法の計算方法で…

    インドフェノール容量法を使って食品中に含まれるビタミンCの定量をしました。 その実験結果の計算方法で、 アスコルビン酸(mg%)=アスコルビン酸標準溶液の濃度×インドフェノール溶液に対するアスコルビン酸溶液の滴定値/インドフェノール溶液に対する試料溶液の滴定値×希釈倍数 という式によって出すのですが、何故標準溶液の滴定値から試料溶液の滴定値を割るのかが分かりません。 滴定法の計算方法では、逆のパターン(試料溶液の滴定値から標準溶液の滴定値を割る)がほとんどだったと思うのですが… すみません、分かりにくいとは思うのですが教えてくださいっ

  • 納豆のアンモニア性窒素について

    納豆のアンモニア性窒素を測定しています(インドフェノール青法で)。 納豆からのアンモニアの抽出なんですが今は水で抽出(硫酸にて微酸性)して、その抽出液からコンウェイにてアンモニアを捕集しています。 水でアンモニアを抽出する際に浸漬する時間によりアンモニア濃度が変わってきているようなんです。 水に浸漬中も腐敗が進んでいるってことなんですかね。 なにか良い抽出法があれば教えていただきたいです。 あと納豆の大体のアンモニア性窒素の濃度を知っていれば教えていただきたいのですが。 どのくらいの濃度から腐敗が初まると判断できるのでしょうか? (納豆の場合腐敗というのかどうかはわかりませんが)。 宜しくお願いします。

  • 中和滴定のPh変化

    コニカルビーカーにシュウ酸(0.05mol/L)10mLをとり、 濃度既知の水酸化ナトリウム(約0.1mol/L)で中和しながら Ph変化を調べる時、水酸化ナトリウムの滴下量(mL)とPhの関係を 教えて下さい。

  • 大学入試問題、中和滴定と酢酸の解離度について

    濃度がわからない酢酸水溶液20mlをホールピペットで測りとりそれに20℃の温度で0.1007mol/l水酸化ナトリウム水溶液を少しずつ加えながらpHを測定する。 実験の結果 A、水酸化ナトリウム水溶液の滴下量 0ml    pH2.91 ちなみにlog(1.23×10^-3)=-2.91です。 B、滴下量 10ml pH4.69 C、滴下量 20.25ml pH7.00 D、滴下量 20.44ml pH8.21(中和点) 問 B点の溶液中では100個の酢酸のうち何個の分子が解離しているか。必要ならばlog(2.04×10^-15)=-4.69を用いなさい。 答えは48個です。 なぜそうなるのかが解りません。 解答お願いします。

  • PH変化について

    等濃度のアンモニア40mlと塩酸20mlの混合溶液に0.01mol/Lの水酸化ナトリウム1ml入れてもPHが変化しないんですがどうしてでしょう? 単に全体に比べて水酸化ナトリウムの割合が少ないってことなんでしょうか??

  • 強酸と強塩基の中和滴定でpHが低くなる理由

    先日,塩酸を水酸化ナトリウムで滴定する実験を行いました.NaOH滴下量とそのときのpHから示差曲線を作成しました. これより当量点および,その時のpHを求めたのですが,当量点は約13.91ml,pH=5.54でした.どうして理想値であるpH=7よりもこんなに低くなってしまったのでしょうか?用いた塩酸の濃度が0.0990mol/L,水酸化ナトリウムの濃度が0.1438mol/Lであったために,pHが低くなった理由がますます分かりません・・・.考えられる理由がわかる方がいましたらご回答お願いします(m´・ω・`)m ちなみに,実験日の温度は22.8度,気圧は1002hPaでした.

  • 緩衝液調製時の計算方法について

    0.1Mクエン酸アンモニウム緩衝液(pH6.5)を調製しようとしています。 方法として、クエン酸にアンモニアを滴下してpH調整して完成とのことですが、 計算に手間取ってます。 一体、クエン酸濃度をどうすればいいのか、また、アンモニアをどの程度加えればいいのか、おおまかな値が知りたいので、どなたか計算方法含め考え方をご教授いただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 中和滴定 相対誤差の求め方

    濃度不明の食酢水溶液にpH指示薬をいれて そこに水酸化ナトリウムを滴下し、濃度を調べる実験をしました。 実験結果 シュウ酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液 1回目 滴定値 12.57 2回目 滴定値 12.59 3回目 滴定値 12.58 平均 12.58ml 実験結果 水酸化ナトリウム水溶液と食酢水溶液(10倍希釈) 1回目 滴定値 10.79 2回目 滴定値 10.72 3回目 滴定値 10.71 平均 10.74ml (1)0.1N NaOHの力価および相対誤差(%) (2)10倍希釈試料中の酸の濃度の相対誤差 (3)食酢原液中の酢酸の濃度・質量%濃度の相対誤差 (1)の力価は(実験値より求めたNaOHのモル濃度)/(0.1)で合っていますか? 相対誤差は、どの値を平均値で割り、100倍すれば求まるのですか? (1)から(3)の解説よろしくお願いします  実験値より、水酸化ナトリウム0.07949mol/L 食酢(10倍希釈)0.08537mol/L 食酢の質量%濃度4.9%を求めました。

  • 化学PHについて

    (1)0.010mol/Lの硫酸のpHは、同じ濃度の硝酸のpHより大きい。 (2)0.10mol/Lの酢酸のpHは、同じ濃度の塩酸のpHより小さい。 (4)0.10mol/Lのアンモニア水のpHは、同じ濃度の水酸化ナトリウム水溶液のpHより小さい。 この問題で、正しいものをwらべというものですが、 そもそも(1)0.010mol/Lという同じ濃度のものをくらべても、PHは濃度によって きまるんだから、同じじゃないんですか。硫酸が2価で、H+が硝酸より二倍あったところで なぜPHがかわるのでしょう。 (2)に関しては、酢酸は弱酸なのに0.10mol/Lで PHが1になってしまっているのもよくわかりません。。 これも濃度一緒なら同じじゃないんでしょうか。。 (3)も同じです、弱塩基でも強塩基でも濃度一緒じゃPH同じではないんでしょうか できれば丁寧にわかりやすくおねがいします

  • 中和滴定について

    0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液を使って酢酸を中和させました。 方法は... 10mLの酢酸に水を加えて100mLにしました(10倍に希釈) これに水酸化ナトリウム水溶液8.515mL滴下したら中和しました。 Q1…希釈前の酢酸のモル濃度を求めよ Q2…Q1から質量パーセント濃度を計算で求めよ(酢酸の密度は1g/mLとする) お願いしますm(._.)m