• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

スペイン語のどういうところが魅力で学習していますか?

今年の10月からNHKラジオ講座でスペイン語を習い始めました。はじめは正直、発音などでちょっと戸惑うこともありました。どうしても英語と比べてしまって、変な感じがしたのです。 でも、そういうヘンテコリンな発音がどんどんと快感になってきたのです。 特に、英語と似ているつづりで読み方がちょっと違う単語。 「importante」とか「interesante」 英語と同じつづりなのに、ちょっと読み方が違うもの。 「euros」「television」 「hotel」 極めつけは 「universidad」(うにべるすぃだっど)でした! それで今は毎日の講座がとっても楽しみで、まだラ・ド・初心者(これは女性名詞ではないかな。。)ではあるもののテキストの音読が楽しくて仕方ありません。音が好きなので、読むこと自体が気持ちよく楽しみになる外国語は学習がはかどり楽です。 ただ、動詞の活用は難しいとかで、この点には躊躇していますが、そのヘンテコリンな変化もまた興味深いものです。 実は私は外国語学習の目的からすれば、かなり外道な学習者だと思います。なぜなら、本来外国語はツールであるべきと言われるけれど、私の場合、学習自体が目的というところがあるからです。 日々学習に励めば、その分(誰でも同じだけということはないですが)必ずいつか読めるように、聞けるように、話せるように、そして書けるようになっていく。その過程がとても楽しいのです。 私のような陰勉愛好者はあまり感心されないかも知れませんが、スペイン語を学習されている方は、どんなところに魅力を感じておられるのかお聞きしたいと思います。 スペイン語のどんなところが好きですか? 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2089
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#29108

スペイン語の独特のリズム感が好きです。「会話」という単語ひとつをとっても、英語なら、弱拍、強拍とカン!カン!なのがスペイン語ならコンヴェルサスィおン!とジャズのリズムなのが心地いいです。 ラジオスペイン語講座の先生の声がかわいいからです。今年前期の「スペイン語の宝を見つけよう」、tesoro のときの女の先生の声に惚れてずっと聞いていました。少しハニカムところもかわいい。フランス語講座の2003年後期の「ソフィーとジル」の中年の女性の役の声も色っぽかったです。(これは是非お奨め、バックナンバーを入手して聴いてください。)こちらはテレビになりますが、ドイツ語講座のナターシャ先生の恥らうような感じがとてもいいです。ペナルティとかいう吉本の?若手芸人も面白くて嫌味のないジョークで、とてもアディクティブです。方向が少しずれてきました。 私が思っているのは、勉強それ自体が目的なのはすごく結構なことだということです。音楽を聴くように語学を聴く、というのもアリです。適度に頭を働かせるので、精神的にもすごくいい。 人間同じことばかりしていたら脳が腐るじゃないですか。だから気分転換に語学は最適です。スペイン語はフランス語とかと違って発音が学びやすいので日本人にとってとっつきやすいからいいですね。 スペイン語は世界のいろいろな国で話されているので、その意味でも時間の無駄じゃぜんぜんないです。世界白地図でスペイン語が話されている国を塗りつぶせば結構わくわくしません? ではスペイン語を学ぶ同士に beso!(ぶちゅっ!)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Muchas gracias!(といきなり使ってよいものなのかなぁ?) お礼が遅くなってしまい、すみません。 ラジオ講座の先生の声が素敵というのは他の言語でもありますね。 私は中国語も勉強してきたのですが、やはりお気に入りのゲストの方の声があって、毎回聞き惚れていたのでよくわかります! 教えてくださった方々の声をいつか聞いてみねば!と思っています。 外国語の学習が右脳だとか左脳だとかによいというのは聞いたことがあります。 その効果以前に、いまさらのように勉強に勤しむ自分にちょっと酔ってるところがあるのかも知れません。 学生のときは勉強以外のことがしたくてたまらなかっのと同じで(笑)。 英語を再勉強し始めたときも、毎朝6時からのラジオ講座から勉強していましたが、寒いときでも起きるのが楽しみな毎日でした。 なぜだかわからないけど、外国語を勉強することが大好きなのです。 スペイン語を勉強しようと思うまで、まさか自分がスペイン語に興味を持つようになるとは思いませんでした。知人の影響ではあるのですが、知人にちょっと内緒で少し話せるようになれるまでとりあえずがんばろうと思っています。 スペイン語を始めてから知った、スペインの人たちのパワーなどもこれからの人生を面白くしてくれそうな予感です。 スペインの方はとても気さくな方が多いと聞いています。 そういうところにも魅力を感じますね。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • スペイン語に詳しい方にお聞きしたいです。

    英語では、1つの文章の中に人名がきたら つぎからheやshe、itのように省略していきますよね。 スペイン語でも、省略しなければいけないものなのでしょうか? Antes ibas a la universidad,pero ahora no vas a la universidad. 「以前、君は大学へ通っていたが、今通っていない」 という文章を考えているのですが、 pero ahora no vas a la universidad と書いても大丈夫なのでしょうか?

  • 第2外国語の学習法

    こんにちは。日本では外国語と言えば、英語が別格的な地位を占めていて、英語以外の外国語の履修者は英語よりもずっと少なく、習っても身に付かない人が多いんじゃないでしょうか? 第2外国語は英語の知識や学習経験が活かせるので、最初のうちは上達が早いでしょうけど、日常生活では接する機会も英語よりも格段に少なくたちまち忘れてしまいがちですよね。 このカテゴリーでも精力的に回答されていて、スペイン語も学習されている方も 英語はまずまずのレベルでも、スペイン語はなかなか初級の域を出ず、英語とスペイン語の実力には格段の差があるようです。 そこで初歩的な質問ですが、英語もある程度できて、第2外国語が英語と同等かそれ以上できる方に質問ですが、英語以外の外国語も基本的には英語の学習と同じだと思いますが、どのような学習をしてきたでしょうか? また、英語の学習とどのように両立してきたんでしょうか? 英語と関連付けされたりしてきたんでしょうか?

  • スペイン語の単語がなかなか覚えられない

    こんにちは。私は現在スペイン語を学習していますが、単語がなかなか覚えられません。英語だったら、日本語に夥しい外来語が流入しているおかげで覚え易かったんですが、mesaがテーブルで、cucharaがスプーンというように、覚えにくく しかもすぐに忘れてしまいます。 基本的な質問かもしれませんが、皆さんはどのようにスペイン語の単語を覚えていますか? 何度も繰り返すしかないんでしょうけど、どのような工夫をしたらいいでしょうか? 尚、スペイン語以外の外国語も同じだと思いますので、スペイン語以外の外国語を学習されている方のご回答も歓迎いたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
noname#27172

オークションでの購入はあまりお勧めできません。トラブルも多いですし、中古品よりは新品を使った方がいいです。語学教材は骨董品的な価値があるわけでもないし、中古で安く買ったとしても、テキストには アンダーラインが引かれていたり、余白にメモ書きしてあったりする場合も想定しなければなりません。 wowmakotanさんも 外国語Aで外国語Bを学習する方法に 随分関心を持たれているようですね。私はこの方法を「リレーメソッド」、又は「プロキシメソッド」と命名しています。この方法はある程度下準備が要ります。この方法の下準備や、勧め方についての質問があれば 改めて質問を立ててください。喜んで回答いたします。ご質問をお待ちしております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もお世話になります。 いろいろと参考意見をいただけてとても心強いです。 また質問させていただくと思いますが、 よろしくお願いします。 ありがとうございました。

  • 回答No.6
noname#27172

#5で紹介したURLはバグが発生します。トップページに戻り検索フィールドに「英語からスペイン語」と入れると いくつかのタイトルが現れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ありがとうございます。 入れ違いになってしまったようで申し訳ありません。 検索してみたところ、いろいろ見つけることができました。まだじっくり見る必要があるのですが、今のところでは「細川 幸夫」という著者のものが多いですね。 外国語Aで外国語Bを・・というのは、まったく日本語を介さないという意味かと思っていました。たとえばアメリカ人のためのスペイン語教材・・というものかと思っていたのですが、実際のところはどうなのでしょうか? そういえばオークションでも英語でスペイン語を勉強する教材がありました。以前は解説がすべて英語という中国語のカセット教材(カセットだったので購入を躊躇してしまいました)があったのを覚えてもいます。オークションを定期的にのぞくのも、価格的に安いのでお試しとしてはいいかも知れませんね。 また外国語については質問を立ち上げる予定です。 よろしくお願いします。 参考になりました。

  • 回答No.5
noname#27172

>、「外国語Aで外国語Bを勉強する」というの、やってみたいと思います。 この方法は 外国語学習の醍醐味を味わえ、hakkoichiuさんも実践されていますが、ハードルが高いですよ。この方法を使うには 外国語Aの知識が ボキャブラリーで最低1万は必要で、外国語Aの一ヵ国語辞典を使いこなせ、日本語を介在しないで外国語Aを理解でき、外国語Aの表現を同じような意味で少し文を変えて自在に言い換えられる能力が要求されます。とりあえず、↓で紹介する教材を使ってみてはいかかでしょうか?

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-3090326-3973807

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度回答をありがとうございます。 教えていただいたサイトを拝見しようとしたのですが、ブラウザのバグというものが出てしまって見られません。どうしてでしょうか。。

  • 回答No.4
noname#27172

私はスペイン語は昔 少し勉強しただけで スペイン語が得意な#2さんや#3さんの後で回答するのは少し気が引けますが、 少しだけ。確かにスペイン語って ヘンテコリンな発音が多いですね。「uno、dos ・・・・ocho」とか単語の数え方も 滑稽に聞こえたりもします。 >私の場合、学習自体が目的というところがあるからです。 ご安心ください。私はこの手においては wowmakotanさんよりもマニアックですから、、、。私の書き込みも探して読んでみてください。 私はフランス語が専門ですが、これからはスペイン語の方が役に立つと思いますよ。話者の数では英語と拮抗していますし、これからドンドン伸びると思います。何て言うか、スペイン語の話者は英語の話者よりパワーがあります。人口増加率をみても歴然としています。それと、アメリカで唯一話者が増加している第2言語でもあります。他の言語の話者は母国語を次第に忘れて英語しか話せなくなるなる傾向があるのに、スペイン語の話者のバイタリティーには驚きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をありがとうございます。 お礼が遅くなってごめんなさい。 以前もお世話になりました。 あれ以来も楽しんで勉強しています。 ひとつの言葉を習得するのには時間がかかるので、「接する」という長い時間が必要なのですよね。 英語をやりながら、並行して中国語も始めて、中国語は途中で何度も中断したものの、接している時間は無駄ではないし、必要なものだと感じています。 もちろん集中してやるのと、ダラダラただ聞き流しているだけでは上達の速度には歴然とするものがありますが。 そういう意味で、今スペイン語を始めておくことは無駄ではないと思うのです。 まだ英語も中国語も満足できるものではないですが、不思議なことに、ひとつ外国語を増やすたびに、もとの外国語が刺激を受けるという感覚がわかるときがあります。 そして、cherry77さんも他の方の回答でおっしゃっているような、「外国語Aで外国語Bを勉強する」というの、やってみたいと思います。 先日は日本語訳を見ながら中国語に訳す(NHKラジオ応用編テキストを利用して)というのをやっているときに、無性に日本語からではなく、英語から訳したいと思いました。 でも、実際やってみると、日本語から正確に中国語に訳するように英語訳をつけると無理のある不自然な英語になってしまうので、ちょっとあきらめました。私の場合、まだ自分の中国語のレベルが、日本語を正確に訳す練習をする必要のあるところなので。 もっと中国語がレベルアップしたら、日本語にこだわる必要がなくなるかも知れませんが。 ちょっと中国語に道が逸れてしまっていますが、いろんな教材を手当たりしだいに買った割には、今見直してみるとなかなか面白いと思える教材がなかったりします。 多いのは旅行で使う表現を扱ったものかと思いますが、今やりたいのはそういうものではなく、「携帯電話」「パソコン」など、現代の話題を扱ったものです。今はNHKのテキストの復習をしているので、これが制覇できたら少しレベルアップできていると思うので、また少し違った教材で勉強してみたいと思います。 スペイン語の話者たちがバイタリティーに溢れている、またとても気さくでちょっとくらい会話が間違っていても大目に見てくれるなど聞くたびに、そんな大らかなところが本当にいいなぁと感じる私です。

質問者からの補足

皆様、回答をありがとうございます。 順にお礼をさせていただきますので、もう少しお待ちください。

  • 回答No.3

1)あなたと同じく、音の響きに惹きつけられています。 音声学ではイタリア語が最も美しい言葉と本で読みましたが、スペイン語が次に美しい音の響きを持っていると感じます。 2)子供の頃から、ジプシー音楽、フラメンコ、それからアルゼンチンのタンゴを含む中南米の音楽をよく聞きます。  道楽と言うより「馬鹿の一つ覚え」の狂い者と家族から笑われております。  前置きが長くなりました。  リズムが第一ですが、歌入りの歌詞が理解出来ればもっともっと楽しめる。  生涯で初めて夢の中で女性歌手が、"Adios panpa mia, me voy, me voy a tierras extranyas.."と歌っているのが聞こえて目が覚めた時の興奮。  その時の血が沸き肉踊る感覚、忘れられない思い出になりました。 3)少し質問の主旨と違いますが、現役で商売に従事していた頃、CostaRica, IslasCanarias、Ceuta、Melillaの得意先が英語の通信をしてくれず仕方なく片言の西語で乙波("Oferta"/"Offer"/「オファー」 - 条件を提示しての売込)をかけて比較的高い確率で注文が来た時の驚き、喜び。  根がおっちょこちょいで調子者故、「よくぞ片言が通じた。」と何物にも代え難いものを得た気持でした。  これがあるから西語はやめられない。  大袈裟でよく社内で笑われました。 ーーーーー 以下は余談です。 私がここで度々ご指導を受けているフランス語と英語両方の熟達者の方が仰っています。  「勉強することが目的でもいいじゃないですか。」と。  継続していれば、話せる友達、E-mailをやりとり出来る知り合いを見つける方法も見えて来ます。  インターネットで音声付の画面もあります。  願わくば、あなたが世界の国境など取っ払う異文化理解の架け橋になられんことを祈っています。 上のことが少しでもあなたの勉学の助けになれば幸です。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#118466

スペイン人はスペイン語は神と話すための言葉、フランス語は恋を語る言葉などといいます。日本人にとっては 母音が日本語と同じ5ケで発音もよく似ているのが魅力でしょう。 日本では最初に習う外国語が英語(だけ)のため、外国語とは英語のようなものという固定観念を持つようになりますが、世界の主要言語を少しかじれば英語がいかに独特の難しい言葉(文法、発音、綴り)かということが分かるようになるでしょう。 世界でもっとも学びやすい言葉はエスペラント(語)だと思いますが、スペイン語はエスペラントの姉妹語といえます(エスペラントはラテン語をベースにした人工語です)スペイン語を学べば姉妹語であるイタリア語、ポルトガル語、フランス語、ルーマニア語などの学習が容易になります。従って語学を語学として学ぶ人にはスペイン語を経由してこれらの言葉を学ぶ楽しみがあります。 ご存知だと思いますがスペイン語は世界20カ国で公用語になっています。他にカリブのプエルトリコ、キュラサオ、ピレネー山中のアンドラでも通じます。米国には 3千万人以上のスペイン語話者がいます。 スペイン語を学ぶ楽しみを倍加させるのは音楽だと思います。20数カ国の音楽が共通のスペイン語で聞ける、歌えるのは楽しいと思いませんか・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をありがとうございます。 お礼が遅くなってごめんなさい。 母音に関しては偶然??と思ってました。 とても親近感を感じます。 スペイン語の単語を見ていると、発音でも綴りでも難解な英語に慣れていたせいか、「そのままで本当にいいの??」という気持ちになれて楽です。 先日ラジオでイタリア語講座をちょっと聞いて、スペイン語に似たところがあって驚きました。それから確かぜんぜん違う言語・・もしかしてロシア語講座だったのかなぁ、大学とかいう単語がそっくりでやはり驚きました。 スペイン語をある程度勉強したら、他のヨーロッパ言語をひとつやってみたいと考えています。 今学んでいる外国語で新しい外国語を学ぶというのも一度ぜひやってみようと思っています。 全世界にそんなに多くのスペイン語人口がいるなんて、本当にすごいですね。 そして、今まで外国語学習(英語・中国語)には、初頭からかなりいろんな教材を買いあさり、上達に反比例してしまったところがあったので、今回スペイン語の教材選びは慎重にいこうという気持ちがあって、まだNHKテキスト以外にはこれと言ってほとんど何も買っていない状態ですが、先日オークションで、英語とスペイン語の子供向けの辞典や歌のCDが出ていて、歌も歌えたらいいだろうなと思いました。 外国語の楽しみの一つに、歌を歌う、歌詞を理解するというのがありますよね。 お話ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 外国語Aで外国語Bを学習する

    私たちが英語を学ぶのは英語を介してですよね。そして、第2外国語としてフランス語や中国語を学習する時も やはり日本語を介しますよね。でも、外国語の達人ってがいるものでして、とある方は ある外国語で他の外国語を学習していらっっしゃるようです。パターン的には英語を介してフランス語やスペイン語というのが多いかと思いますが、逆のパターンも考えられますよね。そこで そのような学習法を実践された方に質問です。そのような学習法にはどのようなメリットがあるのでしょうか? また その学習法を実践するには どれくらいのレベルが要求されるでしょうか?

  • はじめてスペイン語を勉強します。アドバイスお願いします。

    NHKラジオ講座を利用してスペイン語を始めることにしました。 今まで英語と中国語を同様に勉強してきました。 英語は義務教育でやっているし、巷にも和製英語などが氾濫しているし、英語を題材とした音楽や映画などもたくさんあって、音的にはとっかかりがよいと思います。 中国語は意味は微妙に違うし発音はほとんど初めてのとっかかりとなるけど、同じ漢字使用ということで日本人には勉強しやすいと思います。 いざスペイン語のテキストを見ると、「!」や「?」 の文の際には同じ記号を文頭にも付けたり(これ不思議)、子音が文字と関連がなかったりと、けっこう戸惑っています。 講座では週4回、毎日ひとつずつの表現とそれを含む簡単なスキットを学習するので、まずはその例文を完璧に覚えるまで練習することしかないのでしょうが、スペイン語を学ぶ上で知っていたらよいこと等がありましたらよろしくお願いします。 挨拶の言葉すら「アミーゴ!」以外耳に馴染んでいない外国語を勉強するのは初めてなので・・・。 どんなことでも結構です!!

  • 他の外国語を学習して分かったこと

    こんにちは。性懲りもなく また少し意地悪な質問です。 英語を勉強していると、どうしてそうなるのとか、素朴な疑問を抱くことって多いと思います。しかし、その疑問の中には英語かなり出来る人でさえ上手く答えられないもの少なからずありますよね。それで、英語以外の外国語を学習することで初めて解ける疑問と言うのもあるかと思います。 私は大学の第2外国語で中国語を学習していますが、sheとseeの発音の違いも今まで気付かなかった点を発見しました。 そこで、アンケート的な要素を含む質問になりますが、英語以外の外国語を学んだことによって氷解、または解決の糸口に繋がった英語の疑問、また、英語以外の外国語を学んだことによって初めて気付いた英語の微妙な性質や特徴などを教えてください。発音、文法、語彙、語法など何でも結構です。

  • 祈りの意味する外国語を教えて下さい。

    題名通りなのですが、意味が祈りという英語以外で外国語のスペールと読み方(発音)を教えて下さい。 スペイン語でREZOらしいのですが、読み方が解らないのでこっちのほうも教えて下さい。

  • 外国語学習についての質問です。ケーブルテレビなどで英語やスペイン語、ま

    外国語学習についての質問です。ケーブルテレビなどで英語やスペイン語、またポルトガル語をずっと聞いたり見られるチャンネルを持ったケーブル会社などはありませんか?やはり日本で今まで勉強した外語のレベルを落としたくないので、そのようなものがありましたらよろしくお願いします。

  • スペイン語のyとllの発音

    スペイン語はスペルも原則的にそのまま読めばいいし、発音も英語よりは簡単ですが、やはり外国語、少し難しい部分がありますね。 そこで今回お伺いしたいのはyとllの発音です。この2つの子音は どちらも「ジャ行」のように聞こえますが、同じ音なのでしょうか? そして、どのように発音したらいいんでしょうか?

  • スペイン語学習 スペイン、中南米どちらを学ぶ?

    スペイン語を独学で始めました。 スペインでのスペイン語と中南米のスペイン語、どちらに重点を置くべきか迷っているのでご助言ください。 私は中南米のスペイン語に興味を持っていますので、中南米スペイン語に特化して学習をしたいのですが、現在のレベルではスペインのスペイン語を学習したほうがよいのか、中南米に絞って(特に単語や「ここが大きく違う」と言われているような箇所について)学習しても差し支えないのか、両方やっておいたほうがいいのか判断がつきません。 文法書はスペインのスペイン語ですが、会話の本はスペイン・中南米の両方を揃えました。 各国独特の方言については気にしておらず、スペインあるいは中南米のいわゆる「標準的」なスペイン語で十分であると思っています。 (とはいっても、中南米全体での標準語はあるのでしょうか) 現在のレベルは、初級文法にざっと目を通して、語彙を増やしたりチャットなどを通じて会話練習を少しずつ始めているところです。 学ぶ目的は将来の夢の為もありますが、現在のところは英語に続く外国語を身につけたいというところです。ホームスティや海外赴任、旅行などの計画はありませんが、アメリカ在住のヒスパニック系の人達が使っているスペイン語に興味があります。 よろしくお願いします。

  • 既習の外国語で新しい外国語を学習する為に特化した学習法

    こんにちは。この間、「低地ドイツ語を学習してみたい http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5436766.html」という質問を出したんですが、私が一番知りたかったのは、標準ドイツ語で低地ドイツ語を学習する為に備えた標準ドイツ語のレベルアップ法だったんですが、どうも 低地ドイツ語に関するサイトの紹介が目立ってしまい、私が求めていた回答とは方向性がズレてしまいました。そこで、論点を明確にして再度質問させて頂きます。 結局、何語でも同じだと思うんですが、複数の外国語を学習している人のほとんど全ての人はいずれの外国語も日本語を介して勉強すると思うんです。 つまり、最初の外国語として英語をマスターしても、次の外国語としてドイツ語やフランス語を学ぶ場合も、英語ではなく日本語を介して学習しますよね。これは、とある人が 「xx語,英語,日本語の3つの言葉が関係し,遠回りになるからです。また,英語で書かれた本は,英語を母語とする人の観点からかかれており,それ以外の言葉を母語とする人のためには書かれていないので,ある点説明が英語から見た目と考えから為されてい折,草でない人にとって不十分あるいは理解が難しい場合があるのではないでしょうか。」 と仰っているように、既習の外国語を介して学習するのは不合理だからですよね。しかし、日本語で書かれた教材がなかったり、あっても使い物にならなかったりして、止むを得ず、既習の外国語を介して新しい外国語を学ばざるを得ない場合も出てきます。 私たちが外国語を学ぶにしても、目的に応じて特化した学習をしますよね。受験の為の英語もそうですし、英会話なら それに応じた学習をしますよね。また、外国語も読むのが目的なら、興味のあるジャンルを題材にしますよね。 しかし、外国語で書かれたまた別の学習書というのは題材にしませんよね。どっちの言語を学習しているのかも分からなくなってしまいます。 そこで質問です。ドイツ語に限らず何語でもいいんですが、既習の外国語を介して新しい外国語を学ぶのに備えて、既習の外国語のレベルアップ法をご教授ください。ただ、今までの学習法を続けて 単にボキャブラリーを増やしていくだけではダメなような気がします。

  • スペイン語が身に付かない

    こんにちは。私はフランス語が得意なんですが、フランス語に似ていて、実用性も高いというのでスペイン語を勉強しました。 それで、フランス語で書かれた教材でスペイン語を学習したんですが、 あんまり身についていません。 フランス語とスペイン語は文法も似ていてほぼ対応関係があるので、長い文でも返り読みしたりする必要もほとんどなく、スラッシュリーディンも非常に容易でした。単語も似ているものが多いので、スラスラ覚えて行ったかのように感じました。ですから、英語なら高校で習う仮定法過去のような文も、スペイン語では接続法を使うのか という程度で特に難しい部分はありませんでしたした。 その教材を終えて1年になりますが、スペイン語をよく覚えていません。やっぱり、既習の外国語を介して新しい外国語を勉強してもなかなか身に付かないものなんでしょうか?

  • マルチリンガルの学習法

    自分は外国語に興味があり、マルチリンガルになりたいなぁと思っています。 現在、英語が話せます。 ドイツ語、スペイン語も学習経験があります。 最近韓国語の勉強を始めました。 マルチリンガルの方はどのようにして複数の言葉を身につけていかれたのでしょうか? 学習方法があれば、教えてくださいませ。